FC2ブログ
ロアッソ熊本は18日、新体制発表と新加入の選手・スタッフの記者会見、19日はえがお健康スタジアアムで初練習、20日にはサポーターやスポンサーを招いて新体制の“お披露目”を行いました。

ただその前に、やはり触れておかなければいけないのは、15日に公式発表された巻誠一郎選手の引退でしょう。

「クラブは、巻選手との契約を更新するべく話し合いを続けてまいりましたが、巻選手から引退の申し出があり、その意志が固いことから現役引退を受諾することといたしました」(公式)。チーム最年長選手。いつかは来る日でしたが、この機会とは思ってもみませんでした。

翌日の記者会見で引退理由を問われ、「J3降格に終わった昨季を踏まえ『チームをまとめきれなかった』と述べ、リーダーの役割を果たせなくなった点」(熊日)を上げた巻。「自分の価値を還元できなくなった時はプロをやめようと思いながらプレーしてきた」と言う。

16年間のプロ生活のうち、5シーズンを熊本で共に戦いました。熊本出身で初のW杯戦士。その加入は、長いことわれわれ熊本側の“片思い”でしたが、あれは忘れもしない2014年の新体制発表会。最後に名前を呼ばれ、突然ステージに姿を現した巻。「今日契約を取り交わした」という池谷GM(当時)のコメント。と同時に、ロアッソの公式HP、全く時を同じくしてヴェルディのHPで移籍が発表されました。まさにサプライズでした。

この5年間。ピッチ上はもちろん、ピッチ外でも欠くべからざる選手でした。やはり思い出すのは、熊本地震後、チームが熊本に残ってやっていくことを発表した、クラブハウスでの涙の記者会見。練習後も自主的に避難所を精力的に訪問するその姿。その後、リーグ戦に復帰してすぐに連敗し、結果が伴わない悔しさもどかしさを吐露した試合後のインタビューでの涙。常に“熊本”を引っ張り続けたリーダーの姿でした。

「出場機会は少なかったけれど、わずかな時間に90分間のエネルギーを注いだ」(熊日)という。それは見ているこちらにも十分伝わってきた。決して満足のいく5年間ではなかったでしょう。けれど「このロアッソ熊本というクラブが僕の中で、もちろん誰にもそういう話はしてないんですけども、最後のクラブにしようという覚悟を持って(2014年に)帰ってきました」「やっぱり最後は、生まれ育った自分の街のクラブで引退できるのは幸せなこと」(熊本蹴球通信)と言ってくれた。

「新たなリーダーを育てる必要に迫られる」(熊日)と言う織田GMの言葉は正直な気持ちでしょう。ひるがえって、J3に舞台を代えて戦う新体制のわがチーム。1年でJ2復帰というミッションがあるなか、“降格組”“優勝候補”と目される熊本に対して相手チームもしゃかりきになって戦ってくるに違いありません。相当なプレッシャーが予想される。

そのとき、チームメイトを鼓舞するのは誰になるのか。もちろんピッチの外からは、われわれファン・サポーターに課せられた仕事にもなってくるでしょう。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018.12.28 年末ご挨拶
恒例により年末のご挨拶を申し上げます。

昨年の年末ご挨拶を読み返してみると、震災に見舞われ逆境のなかで残留した一昨年より苦境だったと書いています。しかし運よく降格は免れた。「ならば、この“幸運”を活かすしかない」と。

けれど今シーズン同じ轍を踏み、同じ21位という順位。幸運には恵まれず、あえなくJ3降格という結果に見舞われ、ファン、サポーターにとっては辛い年となってしまいました。

と、感傷的な書き出しになってしまいましたが、そんな気持ちに浸っている暇もないように、クラブからは移籍情報が発表され続けています。先日の原一樹に加えて、今週はFW三島康平、ボランチの岡本知剛をいずれも松本山雅からの完全移籍で獲得。十分な実績を兼ね備えた両選手の加入。先に「熊本蹴球通信」の記事で、織田GMが言っていたとおりの“チームの形”が出来ているようで、期待感が高まります。

「熊本蹴球通信」では、その後も渋谷監督インタビュー、初めての試みとして蔵原専務を始めとしたスタッフの次期シーズンへの方針などが読めて、非常に興味深いものがありました。

こういった内部の情報や考え方を明らかにしていくクラブ側の姿勢もうれしいですが、それを引き出すメディアに恵まれていることも、熊本の良さのひとつではないでしょうか。井芹さん、この1年も大変ありがとうございました。

それから弊ブログとしては、毎回のように拍手コメントをいただく読者の方にも1年のお礼を申し上げなければいけません。お名前を上げてご返信できませんが、ありがとうございました。

古巣に戻る皆川、新しいチャレンジをする安。二人のFWもたくさんのゴールをありがとう。タオルマフラーをびゅんびゅん回したシーンを忘れません。

さて、われわれは来季、明らかになりつつある新しい陣容でJ3を戦い、1年でのJ2復帰という“ミッション”を達成しなければいけません。それ以上に、目標はJFL時代も達成できなかった「リーグ優勝」。その願掛けに、元旦は初詣に出かけます。

寄る年波に負けそうになりますが、なんとか綴ってまいります。来年もどうぞよろしくお願いいたします。


2018.12.19 移籍
選手たちの契約交渉の進むこの時期、かねて報道もされていた田中達也選手のガンバ大阪への完全移籍が、14日にクラブから正式発表されました。

今シーズンの攻撃のかなめだった選手の流出は痛いところではありますが、ガンバというJ1でも有数のビッグクラブへの移籍。長くはない選手生命のなかで、「自分自身のサッカー人生のために挑戦させてもらうことを決めました」(公式)という彼の決断に、拍手を持って送り出したい。

これは契約に関わる話なので、書いていいものかどうか迷いましたが、聞いた話ということで勘弁ください。田中の今季の活躍を見て、シーズン途中に当然他のクラブから声がかかっていたそうです(ガンバかどうかは不明)。しかし、苦境にあるチーム状況を鑑みて、その話は断った。そればかりか、シーズン途中で自ら提案し、クラブに移籍金が残る契約に変更したのだとか。(おそらく今シーズンで切れる契約だったのでしょう)

美談にもほどがあります。

さて、もうひとりの個人昇格移籍は米原。移籍先が松本山雅というのが、個人的にはちょっと残念なのですが、五輪代表監督の経験もある反町監督のたっての希望だったと聞くと、うまく育ててもらって、是非東京五輪メンバーに食い込んでもらいたい。こちらも応援したいものです。

お金の話ばかりで申しわけないのですが、米原の場合は下部組織出身なので、その在籍年数を換算した育成補償金がクラブに支払われるものと思われます。意外に高額だとか。
こうやっていい選手を育てて、クラブに移籍金を残してくれるという形は、“プロビンチャ”たるわがクラブのある意味理想の形でもあると思っています。

田中の移籍発表と日を同じくして、まるでその悲しみを吹き飛ばすように、讃岐の原一樹の完全移籍加入も発表されました。これには正直驚かされました。

原一樹といえば、ネット上では「熊本絶対殺すマン」と称されたように、対戦のたびに点を決められた選手(その他のチームからも○○絶対殺すマンと呼ばれていたとか笑)。神出鬼没な裏への飛び出しや、決定力は脅威でした。昨日の敵は今日の友。前線の選手たちの去就が不安視されるなか、これはビッグネームの獲得でした。

クラブは大学新卒選手4人の加入も発表しています。駒澤大学10番を背負うMF中原輝、筑波大学の主将、DFの小笠原佳祐、東海大学熊本からDF酒井崇一、宮崎産業経営大学からFW北村知也。いずれも即戦力を期待しての獲得。織田GMは、「池谷(友喜)に対してそういう厳しい判断をしているわけですから、大卒の選手は即戦力でやってもらわないといけない」と断言する(熊本蹴球通信)。

「夏ぐらいには、次の構想の芯はできていました」と言う織田GM()。

フロント側の反省として、「やっぱり選手の人数が多かった。33人でスタートして、夏の補強で36人。これではトレーニング効率が下がりますし、試合に絡める選手と、ちょっと試合から外れてしまうメンバーとに分かれがちで、チームの一体感を醸成しにくくなっていた」(同)「来年はスタートが28人くらいになる」(同)と明言します。

一方では契約満了の選手たちも発表されました。われわれは選手を追いかけたりすることはあまりないのですが、一度は赤いユニフォームに袖を通した、縁ある選手たちには、今後もどこかで頑張って行ってもらいたいと思います。

寂しさもあり、わくわくする気持ちもありの師走。「1年でJ2に戻るために、来年は臥薪嘗胆」だと言う織田GM。今最大の腕の見せ所です。

2018.11.27 降格決定
J3降格が決定してしまいました。先週は「覚悟はできている」と書きましたが、いざとなるとなんだか寂しい、哀しい気持ちになるものです。

昔の話をすると若い人たちから嫌われますが、われわれは“青の時代”に一度JFLから九州リーグへの降格を経験しました。ようやく上がった全国リーグから地域リーグへの降格は、それはそれは辛く哀しいものでした。

その後、「熊本にJリーグチームを」県民運動推進本部が立ち上がり、プロ化を目指してアルエットがロッソに姿を変え、九州リーグからあの過酷な地域リーグ決勝を這い上がり、けれどJFL初年度はJ2昇格に失敗。2年目にして念願のJリーグ入りを果たしたことは、みなさんもご存じのとおりです。

その間、多くの人に支えられ、多くの選手たちが「熊本」の名のもとに戦ってきた。J2参入後もそうでした。そんな、短くもないこのクラブの歴史を思うと、少しはセンチメンタルになる時間を許していただきたい。

ただ、戦う場所は違っても、チームが、クラブが無くなってしまうわけではない。クラブの体制も、取り巻くスポンサーも、なによりファン・サポーターの数も、あの降格時とは比べ物にならない。

先日、「2018シーズン感謝の集い」に参加させていただく機会を得ました。

印象的だったのは、スポンサーを代表して挨拶された平田機工の藤本取締役執行役員のお話し。ロアッソのスポンサーとして社内の特命チームを任されたご苦労。先輩スポンサーの高橋酒造の久保田部長を招いて話を聞いたが、飲み過ぎて翌朝すっかり忘れたと、最初は笑い交じりのお話しでしたが、そのあと最終節で久しぶりに勝利したとき、ゴール裏で振り返ると、一緒に苦労した社員たちの満面の笑顔があった、というくだりでは、感極まって長い間があり、もらい泣きする人も少なくありませんでした。

重要だったのは、最終節翌日の熊日朝刊に掲載されたあの広告の意図。ただちに支援継続を表明されたのは、「ファン・サポーターにいらぬ不安を与えたくなかった」ことと、「この場にお集まりのスポンサー各社にも、同様に変わらぬ支援をお願いしたかった」から。
「大企業が親会社のJ1ビッグクラブと違って、ロアッソはここにおられる1社1社のスポンサードがなければ成り立たない」と自ら訴えられました。万雷の拍手でした。

“show the flag”。旗色をはっきりさせる。先週のエントリーでわれわれが、監督続投や知事の支援継続表明とともに、素早い対応で良かったと評価したのは、「いらぬ不安の払しょく」。まさにこの点でした。早い決断は、次に向かう準備が早めに取れるということにもつながります。

藤本取締役は一方で、チームに対して苦言も忘れませんでした。自分の会社も田舎の一機械メーカー。なんとか利益は出ているが、なかにはなけなしの利益からスポンサー料を払っておられる会社もあろう。そういった支援のうえで成り立っているということを肝に銘じて、選手たちには奮起をお願いしたい。といった内容でした。

2月。このシーズンの開幕前の「チーム壮行会」に参加したときに感じた期待感を、「熱量。」というタイトルで記事にしました。今頭に浮かぶ言葉は「覚悟」。それは冒頭に書いた「J3降格を覚悟していた」の覚悟ではなく、1年でJ2に戻るために、われわれファン・サポーターも来シーズン「覚悟を持って臨む」。という意味の覚悟です。

11月17日(土)
【J2第42節】(えがおS)
熊本 3-0(前半0-0)愛媛
<得点者>
[熊]伊東俊(52分)、上村周平(57分)、田中達也(80分)
<警告>
[熊]鈴木翔登(6分)
[愛]林堂眞(69分)
観衆:5,647人
主審:上村篤史


20181117愛媛

得失点差では讃岐を大きく上回ってはいるものの、勝ち点では同じ。結局、最終節までもつれた最下位争いは、熊本にとっては「讃岐の結果に係わらず、とにかく最後目の前の相手に勝てばいいんだ」という開き直りに近い決意に繋がったと思います。

ファン、サポーターの気持ちも同じ。秋晴れのスタジアムで声を嗄らして後押しするのみ。

難敵・愛媛を相手に前半をスコアレスで折り返しますが、出来はいつもと違っていました。なにより際立ったのはDFラインの高さ。それによるコンパクトな陣形。DAZNの解説松岡氏も「自陣ではなく、敵陣でポゼッションするのはいい」と誉める。

そして、奪われたら奪い返す。流行りの言葉でいえばトランジション。攻守の切り替えの速い展開。こんなサッカーが見たかったのです。

試合が動いたのは後半52分。中山の自陣からのロブに右サイド田中が追いついてクロス。皆川がニアにDFを引き付けてできたスペースに走り込んだ伊東の頭にドンピシャ。先制点を上げます。

俄然スタジアムのボルテージが上がると、すぐ5分後には中央を崩す。佐野の縦パスを伊東がワンタッチで出すと、上がってきた上村が右足一閃、ゴールに突き刺した。見事!

愛媛も選手交代を絡めて攻勢をかける。けれど今日の熊本の守備ブロックを割れない。熊本が伊東に代えて黒木をWBに入れ、田中をシャドーに回すとこれがまた奏功した。自陣から鈴木、中山、皆川と繋ぐと、前がかりになっていた愛媛DFのギャップを突くように田中が飛び出した。GKとの1対1を見事に制してダメ押しの3点目を入れます。

ゴール裏に駆け寄りガッツポーズの田中達也。ああ、きついシーズンだったけど、今季のこのヒーローの姿はしっかりと目に焼き付けておきたい。

終わってみれば3-0のクリーンシートでの快勝。敵将・川井監督に「完敗」と言わしめました(18日付・熊日)。

恒例のセレモニーでは、永田社長がこの成績で終わったことの「お詫び」と、それでも引き続きの支援を発表している蒲島知事や、スポンサーに対して、そしてめげずに応援し続けてくれたファン・サポーターに「感謝」を述べました。

おあずけになっていた「カモン!ロッソ」が秋の夕暮れにこだまする。ホーム戦では実に5月20日の水前寺以来。えがおスタに至っては4月1日の新潟戦まで遡る。

熊本は最後に“意地”を見せ、J3の結果次第では降格を免れる21位を自力で掴みましたが、翌日の試合で沼津が引き分けに終わったため、状況は極めて厳しいと言わざるを得ないでしょう。いや、誰もが覚悟はできている。

このところの言動から薄々予想はしていましたが、翌日には渋谷監督の続投が発表されました。シーズン最後の頃は、戦術に批判的なことを書いてきたわれわれでしたが、この人事はこれで良かったと思います。

なによりまず、早く次の体制を発表したのがいい。いらぬ憶測もブレも生む前に。それは知事の支援表明しかり、平田機工の翌日熊日朝刊広告しかり。

それと。前への意識を高めた最後の4戦、なぜもっと早くこの方向転換ができなかったかとも悔やまれますが、井芹さんが新潟戦のレビュー記事で書いていた、「ただ、岡山戦でも新潟戦でも、前への意識が強調されてはいたが単純に蹴っていたばかりではなく、落ち着いて動かすべき場面ではボールを握り、時間を作り、相手を動かそうと試みていた。もちろん質の問題はまだあれど、ここまで積み重ねてきたことが無駄だったかといえば決してそうではない」という見解に、われわれも全く同意です。

大宮のときがそうであったように、落とした監督がきっちりと上げる。そんな責任の取り方があっていい。もともと強く生まれ変わらせるために長期的視野で連れてきた人だから。

ただ、そんなに簡単なリーグは日本のどこにも存在しないことは、九州リーグから上がってきたわれわれが一番知っている。「来季は勝負にこだわる戦いを前面に出」すと監督は言う(公式)。願わくば、多くの“引き出し”も持っていていただきたい。それは、クラブもそう。織田GMにもAプランでダメならBプランという“引き出し”を。そういう体制でなければ、永田社長が挨拶で言った、「必ずや1年で戻す」という目標は達成されないのではないでしょうか。