FC2ブログ
4月3日(われわれにとっては5日藤枝戦)の再開は、再び延期となりました。「J3は4月25日、J2は5月2日、J1は5月9日と段階的に再開する」としています。しかし、この発表の後も、事態は悪化の一途を辿っている。東京の感染者は連日40人以上を超えているし、熊本でも東部の温浴施設から新たなクラスターが発生しました。これを受けて、クラブもスタッフのクラブハウスへの入室制限や、報道関係者の取材制限などの新たな厳しい措置を始めているようです。

再々延期決定以前に、リーグは今季上位2クラブが自動昇格することと、J1参入プレーオフの中止も決定。「競技上の不公平」が懸念されるとして降格制度は採用しないことも発表しました。

また、再開移行も遠距離移動によるアウェー観戦の自粛を促すために「ビジター席を設けない」などの試合運営上の規制措置もあるようで、これは関東や関西住まいのわれわれのサポーターにとっては悩ましい問題になります。

いずれにしてもJリーグはこのコロナ禍に際して、素早い対応をとってきたと思えます。それはやはり全てのJリーグクラブの存在意義が“地域密着”であるということであれば、クラブが、チームが、あるいは実施するゲームが決してこの恐怖の感染症のクラスターになってはいけないという共通認識のうえに立ってのことだと思います。全く予断を許さない状況のなかで、今後も常に厳しい判断を迫られることでしょう。

延期によるクラブ財政の不安については、前に少し書きました。バスケットボールリーグは、今季リーグ戦の打ち切りを決断し、これによって熊本ヴォルターズは「予定の60試合のうち13試合(うちホーム6試合)を消化できないまま西地区4位で今季を」終えました(29日付・熊日)。そのなかで今期決算は「純損益がBリーグ参入後初の赤字となる見通し」(同)であることを明らかにしました。同じ地域プロスポーツクラブとして、切実な思いです。

一方、今年のビッグイベントであった東京五輪も、紆余曲折のなかおよそ1年先までの延期が決定。世界的なパンデミックのなかで賢明な判断だったと思いますが、われわれサッカーファンとしては、U23の年齢制限措置がどのようになるのかゆくえが注目されます。

もはやいつ自分が、あるいは身近な人が感染してもおかしくない、感染させてもおかしくない状況といえます。愛する人を守るために、愛するチームを守りゲームを再開させるために、今われわれ一人ひとりの行動(自粛)が問われています。

2020.03.13 再延期。
新型コロナウイルスの感染拡大に沈静化の兆しが見えません。WHOは11日、パンデミック(世界的な大流行)になったとの見解を表明。13日には、「緊急事態宣言」が発令できる改正新型インフルエンザ等対策特別措置法が参院本会議で可決、成立しました。

Jリーグは12日、公式戦の中断を3月いっぱいまで延長することを正式に発表しました。「4月3日の再開を目指し努力する」との方針を強調していますが、「予断を許さない状況が続いている」と語っています。われわれのJ3リーグはまだ開幕すらしていません。25日をめどに判断を下すとのこと。

再びの開幕延期ですが、この“決定”にも安閑とはできませんね。感染拡大が収まるのか、増え続けるのか。日々の状況変化が注視されます。

今年はよく見に行けていた練習試合ですが、とうとうこれも見学禁止になってしまいました。ファン・サポーターにとっては、とにかく我慢の時間が長く続きます。

一方で心配なのは、試合開催がないことによるクラブの財政面です。周知のように試合のチケット収入は、ホーム側の収入になります。ただ、幸いなことにわがクラブは、この延期期間に予定されていたホーム試合は1試合のみ。「昨季の1試合平均の売り上げは約500万円」、「永田求社長は『2019年1月期の純資産は約7600万円。前期も黒字でキャッシュはある。ただ、延期期間が長引けば経営が苦しくなる可能性もある』」(11日付・熊日)と言います。

AC熊本に以前いらっしゃったG専務から、「Jリーグ加盟クラブは、まるでフランチャイズの店舗経営のようだ」という話を聞いたことがあります。J3リーグに止まらず、J2も含めて脆弱な財政のクラブはいくつでもあります。Jリーグには、選手、観客の健康安全面、リーグのブランド管理だけでなく、加盟クラブの財政面に関しても一歩踏み込んだ支援の目を持って欲しい。今回は一律中断ですが、熊本地震の際のリーグ措置に、若干不満を感じたものですから・・・。

日本代表にも当然影響しているようです。3月下旬にU23代表と対戦予定だった南アフリカが来日を辞退。A代表が遠征予定だったモンゴルは日本人の入国を制限。「日本戦にとどまらず3月と6月に開催するはずだったW杯アジア予選は原則延期」(12付・日経)となりました。

もちろんサッカー界のみならずスポーツ界全体に、この激震は襲い掛かっている。大相撲は無観客。センバツ高校野球は中止。東京五輪もどうなるのか。足元ではヴォルターズも・・・。

熊本も、やがて桜の開花宣言が伝えられる頃。季節は春がやってきていますが、われわれの心は一向に晴れない。

大西・熊本市長のtwitterではありませんが、われわれも叫ばせて下さい。

新型コロナウイルスの、ばか野郎――――――!!!

例年なら、シーズン前の壮行会が開かれるこの時期なのですが、新型コロナウイルス感染対策で、今年は中止になりました。その代わり今年はTMをよく見に行けている。熊本での感染者発生のニュースを受けて、ちょっと心配ではあったのですが、22日(土)の鹿児島とのTMも見に行ってきました。

今月10日に新加入発表されたばかりの相澤が、岡本とのコンビでボランチを務めていました。「相澤!」「相澤!」と、まだ周りの選手からポジショニングの指示を受けてはいましたが、なかなかどうして、ボールを持たせると視野が広い。右左への配球はもちろん、時に鋭いスルーパスも送ります。楽しみな選手が加入しました。

45分の2本目には、ワントップに高橋、右に浅川が入りました。谷口もどこかで入ったと思いますが、このあたり前回の見学時はまだコンディションが・・・と書きましたが、それぞれかなり調子が上がってきている様子です。いい動きをしていました。

2本目にショートコーナーから相澤が入れたクロスを、ファーで誰かが折り返して酒井が押し込む。3本目は右サイドのパス交換で崩して、浅川が左足で巻くようなシュートを決めました。トップ下に入った小島が気の利いたパスを出しましたね。

順調そうに見えたのですが、最初の45分は大木監督の大声が始終飛んでいました。どうもポジショニングの指示のようでしたが・・・。

翌日の熊日によれば、「指揮官が語るキーワードは『知識、意識、無意識』」なのだと。「攻撃パターンを『知識』として頭に入れ、『意識』して反復練習し、『無意識』でプレーできるようになること」だそうです。要するに”オートマティズム”ということなのでしょうか。確かにこれまでもうちに一番欲しかったことです。

練習は見に行けていないのですが、TMのアップのときのショートパスのボール回しにも、それを目的としたような要素が見受けられますね。狭いところを打開するような・・・。

さて、J1、J2が開幕して、われわれのリーグ開幕まではあと2週間。春がやっとやってこようとしています。

追記
Jリーグは25日理事会を開き、新型コロナウイルス感染の拡大を受けて、3月15日までの全ての公式戦を中止し、延期することを決定しました。J3としては開幕戦と第2節が対象となります。われわれの春はまた遠のきました。


2020.02.10 練習試合見学
なかなか新チームの様子を見に行くことができなかったのですが、ようやく8日にあったヴェルスパ大分とのTMに都合があいました。

運動公園のサッカー場にできた見学者用のベンチで空き席を探していると、ジュー君の姿が。古い付き合いの彼の隣に座って、新加入選手の番号・名前を教えてもらいながら見学できたので、よーく分かりました。

まずは大木新監督が、どんなサッカーを志向しているのかが最大の興味だったのですが、想像していたこれまでの「ボールサイドに人数を集め密集を作る」スタイルではありませんでしたね。ただ、ポジショニングを意識してボールを奪ってから素早いダイレクトパスでつないで、相手の空いたスペースを突くという意図が垣間見れました。球際も強く、パススピードも早くなったような。

最初の45分。4-2-3-1のワントップは北村で、トップ下には竹本が入ってました。上村、岡本のダブルボランチ、右SBの黒木、この辺りは外せない。左SBは河原が務めていましたが、その後は右SHに回ったりしていたので、監督が選手に複数のポジションを求めているのが分かります。久しぶりに黒木のボランチ姿も見られました。

CBで酒井とコンビを組んだのはルーキーの菅田でしたが、なかなか落ち着いてボール処理していました。安定している。

ところが、メンバーを大きく入れ替えた後半は、ちょっと不安定になりました。前線に入った浅川、谷口、石川らは、これまで別メニュー調整中だったらしく、まだコンディションが上がっていなかったのでしょう。明らかに前線からのプレスの強度が落ちたため、鈴木、小笠原らのDFラインが押し込まれてしまいました。周りとの連携もこれからのようです。

あと目を引いたのは、ボランチで使われたユース上がりの田尻でしょうか。うまいし、立ち姿がいいです。

中原が近くで見たら随分胸筋が厚くなってびっくりでしたね。当たりに強くなろうとしているのでしょう。コンディションも上々に見えますし、今年も彼がキーマンになるのではないでしょうか。

TMで連続得点を決めている坂本も好調さが見てとれます。

守護神・山本の故障が発表されていましたが、もう走っていましたので、開幕には間に合うんじゃないですかね。もちろん内山も安定していましたが・・・。

熊日の報道でも怪我人が多いと報道されていました。練習の負荷が高いせいかも知れませんが、ここを乗り越えて、特に後半前線に入った故障明けの選手たちは、これからも数多く組まれているTMで実践感覚を上げて、スタメン争いに加わって行って欲しいものです。

明けましておめでとうございます。今年も皆様よろしくお願いいたします。

1月10日、ロアッソ熊本はえがおスタジアムで新体制発表を行いました。これまでだと、全体の初練習と同日だったと思うのですが、今年はちょっと趣きが違ったようで、各メディアの映像や記事では、新加入選手の自己紹介とインタビューが主になりました。

新加入選手のそのコメントは、熊本蹴球通信を見ていただくとして。

昨年末のエントリー(記事更新)からまず触れなければいけないのは、GK山本の残留でしょうか。岡本、伊東の残留は「非常に大きい」と書きましたが、昨シーズン全試合出場した”守護神”山本の残留は、とても”心配”していたからこそ、大いなる安堵を与えてくれました。山本が今思うところは、これも井芹さんがインタビューで掘り下げていて興味深い。ご覧下さい。

というわけで、新体制が発表されましたが、新たな加入で言えば、鳥栖から期限移籍の石川啓人選手は注目です。中盤はずいぶん競争が激しくなったのではないでしょうか。

コーチ陣は、北嶋ヘッドコーチの解任以外は補充、体制変更はありませんでしたね、大木進監督が特に招聘するコーチがいなかったということはちょっと意外ですが、監督が思うところの戦術指導に、特にコーチが必要ではないのかも知れない・・・。

【スタッフ】
監督:大木武(新任)
コーチ:藤本主税
コーチ:増嶋真也
GKコーチ:豊島幸一

【選手】
1 GK 野村政孝
2 MF 黒木晃平
3 DF 小笠原佳祐
4 DF 酒井崇一
5 DF 菅田真啓(←福岡大)
6 MF 河原創(←福岡大)
7 MF 中原輝
8 MF 上村周平
9 FW 谷口海斗(←岩手)
10 MF 伊東俊
11 FW 浅川隼人(←YS横浜)
13 FW 北村知也
14 MF 竹本雄飛(←立命館大)
15 MF 坂本広大
16 MF 田村翔太
17 MF 石川啓人(←鳥栖/期限付き移籍)
18 FW 高橋利樹(←国士舘大)
20 DF 衛藤幹弥
22 GK 山本海人
23 DF 小谷祐喜
25 MF 小島圭巽(←熊本ユース)
26 MF 田尻康晴(←熊本ユース)
27 FW 樋口叶(←熊本ユース)
31 MF 岡本知剛
35 GK 内山圭
39 DF 鈴木翔登

こうやって見ると、平均年齢を下げたとはいえ、要所にベテランも交えたバランスを得た布陣のように見えます。前線は”可能性”を秘めた能力を持った人材が揃いましたし、それを”生かす”中盤も多く控えている・・・。

新加入選手はこれで一区切りだという。「現時点ではこの26名でスタートするということですね。大木監督も今いる26名の選手の力を全て把握しているわけではありませんから、プレシーズンのトレーニングを積んで、あるいは開幕してから、もし、足らないというところがあれば、今いる選手たちでそこを補っていくのか、あるいは外から獲ってくるのかというところは、また改めて考えたいと思います」と、織田GMは言う。

ということで、このメンバーで2020年シーズンの熊本は始動します。バランスも考えたうえで、出来うる限りの新戦力を得た布陣を構えられたのではないかと思います。

早く試合が見たい。ファンにとっては、それがいつものこの時期の思いですが、チームとってはしっかりと作り上げなければいけない時期ではあります。熊本は新監督のもと、それに臨みます。