9月10日(日)
【J2第32節】(ピカスタ)
讃岐 0-0(前半0-0)熊本
<警告>
[熊]三鬼海(74分)
観衆:3,208人
主審:野田祐樹


否が応でもモチベーションが高まる試合でした。勝ち点2差で上を行く讃岐との直接対決。更には前日の敗戦で金沢も足踏みしたので、この試合で勝利すれば一気に順位は2つ上がる。

しかし、結果はスコアレスドロー。DAZNの実況も、休刊日明けの熊日も「痛み分け」と言いますが、酷な言い方をすればこの引き分けの意味はふたつある。讃岐にとってはこれで7試合負けなし。一方の熊本にとっては6試合勝ちなしと言われるということ。

熊本はかなり選手を入れ替えて臨みました。ボランチに木村。黒木を左に回して右のWBには田中。シャドーに中山と嶋田。

20170910讃岐

讃岐にとって熊本は1勝2分4敗と、分が悪い。しかし、好調の今だからこそ、この”因縁深い”熊本を倒したかったでしょう。そういう敵将・北野監督の「過剰に意識した部分」(熊本蹴球通信)が出るカード。だからなのか、試合直後のDAZNのインタビューには、「勝ちゲームであり負けゲームであった」と、憮然として応えました。

確かに試合前のDAZNのインタビューで北野監督が「池谷さんは相手の良いところを消してくる」と予測していたように、熊本は讃岐の勢いある攻撃を抑えにいきました。特に”熊本キラー”ともいえる原に仕事をさせなかった。

攻撃も12分頃の安の遠目のFKがワンバウンドで枠をかすめたときは、”今日は行ける”という感じがしたし、26分頃には田中がワンツーで右サイドを駆け上がってのクロス。これをファーから上がった黒木が切り返して撃ったシュートは、実況も「入ったか」と叫んだほどでしたが、アランに阻まれました。

32分頃には右サイド遠目からのFKを園田がゴール前に送ると、アランと入れ替わるように中山がGKの前で触って反らした。ボールはゴールに向かっていましたが、アランが戻って描き出します。いずれにせよゴールまであと一歩というところ。

一方、38分の讃岐は熊本ゴール前の原に向かってロングボールを送ると、下がってクリアしようとした村上がGK畑と交錯。クリアしたボール、無人のゴールをヘディングで狙われますが、園田が戻って撥ね返す。しかし、これで村上が痛んでしまって小谷と交代。素早い指揮官の判断でした。

ハーフタイムに北野監督がどんな檄を飛ばしたのかはわかりませんが、前半あれほどあったスペースが縮まり、セカンド争いも熾烈になってきました。当初は中山、嶋田がボールに触るシーンが増えてきたと感じていましたが、徐々にアタッキングサードで出しどころがなくなる”いつもの”展開に。前半の自分たちの時間帯に点が取れていれば、という反省の言葉もいつもどおりです。

「ゴールエリア内でも動き回り、パスの出し手、受け手以外の3番目の人が出てこないと、こじ開けられない」(熊日・三鬼)と、選手自身も分かっているのですが・・・。

熊日・樋口記者は、「相手のゴール前に入り込む選手は1、2人止まり。攻撃の迫力、スピードいずれも足りない」と評しました。確かに重心がどうも後ろにある感じがするのは、まず池谷監督就任後に着手した守備の構築のところで、帰陣を早くし、ポジションニングの”曖昧さ”をなくすことを徹底したことが、まだ”ここぞ”というところで行くという、攻守切り替えの速さのバランスを欠いているのかも知れない。そして、今置かれた現状で「先に失点をしたくない」という意識が、そうさせたているのもあるでしょう。それは讃岐の方にも感じられ、なんとも堅いゲームになりました。

起用する選手が確かに持ち味は出すものの、それが試合毎には相手もあって、全体としてうまく相手に”はまらない”というジレンマも監督にはあるかも知れません。今日も、安が中盤に落ちてきたときに、そのスペースに八久保なら入っていただろうという場面がありました。

熊日には、6試合無得点を踏まえ、見出しで「ゴールへの執念どこに」と煽り、「池谷監督は『最低限の結果』と厳しい表情で振り返った」と書いてありました。

確かに”最低限”の結果でしかなかった。しかしゼロではなく1であったことは、熊本蹴球通信で井芹さんが書くように、降格圏の山口との差を1試合以上に広げ、まだ次節で金沢と讃岐を抜くことができる位置にしているということ。この状況では勝ち点1を積み重ねるサッカーがベースになりはしないかと。

今節も群馬が千葉に完封勝利を納めたように、戦う前からの勝ち点計算など無意味なこのリーグ。この勝ち点1を強くかみ締め、次節福岡に向かっていくのみです。


2017.09.05 町田戦。連敗
9月2日(土)
【J2第31節】(えがおS)
熊本 0-1(前半0-1)町田
<得点者>
[町]戸島章(8分)
<警告>
[熊]三鬼海(76分)
[町]深津康太(28分)、増田繁人(51分)、谷澤達也(70分)、鈴木孝司(89分)、吉田眞紀人(90分+3)
観衆:3,944人


われわれの下手な文章をどんなに綴るよりも、勝利こそ「拍手」数に影響するというのは百も承知ですが、そんななかでも毎回「拍手コメント」を送っていただく“ゆうらん”さん、ありがとうございます。

また負けてしまいました。

今節の0-1は、力の差どおりの点差でした。同点に迫る攻撃も見せたのですが、逆転できるほどの勢いはありませんでした。これで5試合得点もなし。ゴールが遠い。

負け試合のシーンを細かく書いてもしょうがないので、今週も簡潔に振り返ります。

20170902町田

これまでの「入りの悪さ」を払しょくするようなスタートではありましたが、それが持続しない。ボールサイドに人数を掛けてくる町田に対して、大きなサイドチェンジでスペースを突くという意図は、最初から感じられましたが、片山が相手に入れ替わられたあたりから、様子がおかしくなってきました。

「やはり早めにクロスを入れてくるな」と思っていると、右サイドで作って入れたクロスが、この日の強風に煽られてGK畑はパンチングで逃れる。それを左サイドで作りなおして井上が入れ直すと、中央で長身の戸島がほぼフリーの状態でヘディング。ゴールに転がり込みます。DFラインを上げ切れていませんでした。

早々と失点。

しかし、普通なら「まだ十分時間はある」と考えるものですが、今の熊本のメンタルではそう思えなかったのか。「1点がかなりビハインドとしては重い感じになったゲームだった」(熊本蹴球通信)と池谷監督は言う。

ただ、前半も左サイドをえぐった片山からのクロスのクリアを拾った黒木が中央で撃つ。DFに当たったこぼれ球を安が拾ってGKと1対1。これはGK高原のビッグセーブというシーン。あるいは後半も、スローインから巻が繋いで、ニアの安が反転してシュート。こぼれをファーの片山がシュート。このGKブロックの跳ね返りを上里が放ったヘディング。これはゴールマウスに立っていたフィールドプレーヤーに跳ね返されたシーンなど、冒頭書いたように、同点に迫る決定機もいくつかあったのですが…。

指揮官は、「攻撃の3分の1に入っていったときの冷静さや余裕が無い」(同)と悔やみますが、それよりわれわれが問題視したいのは、サイドからアタッキングサードに運んでからの手詰まり感。町田が次々に入れ代わり立ち代わり選手がスペースに動いて崩す、いわば身体が覚えているようなオートマティズムを見せるのに対して、熊本は動かず足元のパスを求めるので楽に奪われてしまう。ここに点差どおりの“差”がありました。

この部分を選手たちのアイデア任せにしていては苦しい。練習で出来ないことが試合で出来るとしたら、それはまったくの幸運でしかないわけで…。

監督交代からまず守備の再構築から取り掛かったので、そこには“ツケ”が回っているのかも知れませんが。

ただ、もはやこの時期。「点が取れないという中で、攻撃にテーマにシフトするのかどうかという課題もあるんですけど、この1週間、もう一度、守備の湧き出てくるようなパワーというものを呼び起していきたい」(同)という指揮官の言葉には賛成です。この試合もセカンドボール争いでことごとく負けていましたので。

そして、順位が近い他チームとの勝ち点差を今日はくどくど書きませんが、「一つ、二つ勝てば抜け出せるということではなくて、残り11試合、最後まで厳しい状況の中でやっていく」(同・池谷監督)という言葉にも賛成します。

ただ、「逆にそういう部分を楽しんでいけるような」(同)という気分には、われわれファンはなれませんけれど…(笑)。

8月27日(日)
【J2第30節】(えがおS)
熊本 0-1(前半0-1)岡山
<得点者>
[岡]オルシーニ(45分+1)
<警告>
[熊]木村祐志(38分)、植田龍仁朗(73分)、安柄俊(83分)、モルベッキ(90分+4)
[岡]オルシーニ(69分)
観衆:4,517人
主審:窪田陽輔


前節のエントリーでは、勝ち負けや点差の結果だけでは内容は計り知れない。という意味のことを書きましたが、今節翌日の熊日は「スコアは0-1。しかし、それ以上に力の差を見せつけられた」と書き出してありました。惜敗、とも見えるような点差ですが、この岡山戦の評価については、全くの同感でした。

次節の町田戦も見据え、『ここで2つ(連勝)取れるとだいぶ状況が変わって、目標値をクリアできればおのずと次も見えてくる』(熊本蹴球通信)と戦前、指揮官も意気込んで臨んだ試合でした。練習でも、相手のスカウティングの上、「守備陣はロングボール対応とセカンドボール回収、そしてそこからの切り替えにフォーカスしたメニューに取り組んで」いました(同)。井芹さんも、「入りから流れを引き寄せる」ことを課題として、見出しを付けられました。しかし…。

20170827岡山

開始早々、先手を取ったのは岡山でした。選手入場から整列した段階から「でかいな」と思っていたのですが、故障しているらしい赤嶺に代わって前線を張るFW・オルシーニを目がけたロングボールが収まり、DFラインを押し下げる。シャドーの豊川の出来はいまいちにも見えましたが、それでも変幻自在な動きは、捕まえきれないことこのうえない。

『攻撃のところはイージーなミスがかなり多かった』(熊本蹴球通信)と池谷監督は試合後の会見で述べていますが、これは岡山が周到なスカウティングから戦術を徹底し、“はめて”きたせいも大きいかと。『試合を通じてボールの失い方が良くなかった』(熊日・監督談話)とも言うように、ボランチの二人に前を向かせず、サイドに逃げるとそこからの長いグラウンダーパスもことごく奪われ、鋭いカウンターを食らいます。

もちろん岡山の各選手のポジショニングも、ボールへの出足も良かった。球際も強かった。熊本の選手たちは、出しどころが見つからずミスを犯していったかという印象。それに加えると、プレスをかいくぐるようなワンタッチパスのテンポも出ませんでした。終始、ツータッチで出しどころを探していました。

前半は全くと言っていいほど攻撃の形が作れず。連続したCKも耐え続け、後半巻き返しを、と思った前半も終了間際でした。スローインを貰った喜山がドリブルで中に運ぶとオルシーニにパス。オルシーニは貰ってターンするとDFラインの前ですかさず足を振った。これがゴール左隅に突き刺さりました。痛い失点。

後半も開始から岡山の攻勢。モルベッキが出てからすぐ、大きなサイドチェンジパスに片山が左サイドえぐってクロスを入れるチャンスシーンが2度ほど見られましたが、あとはまた岡山に対処されていきます。

小谷を下げてグスタボを入れ、システムも4-3-3にしたあたりから勢いも出てきましたが、遅きに失しました。指揮官も「もう少し早く動いても良かったかなとは思います」(熊本蹴球通信)と言う。

上里の出場停止もあって、先日加入したばかりの木村がシャドーで初先発を図りましたが、彼が活きるようなシーン、展開はなく、残念な熊本デビュー戦となりました。今季出場回数が減り、試合勘がまだ取り戻せていないのかも知れません。

前日に讃岐が5連勝を飾り、一気に抜かれていたので、今日はどうしても勝って抜き返さなければいけない試合でしたが、落としてしまいました。20位に転落。熊日が書くように「残留争い抜け出せず」。

それより何より、今季のワーストゲームと言いたくなる内容でした。

直近4試合、勝利がなかった岡山は、この勝ち点3で9位に上昇。まだまだPO圏内への望みを残しました。その長澤監督の、『(リーグ戦は)最終コーナーを回った』(熊日)という試合後のコメントが、同じく4試合勝利無しになったわれわれに、重くのしかかるように感じられます。

8月20日(日)
【J2第29節】(BMWス)
湘南 0-0(前半0-0)熊本
<警告>
[湘]山根視来(62分)、アンドレ・バイア(78分)
[熊]上里一将(65分)
観衆:8,027人
主審:山岡良介


スコアレスドロー。でも見ごたえのあるゲームでした。

翌日の新聞で結果だけ知ったという人から、よく「負けたね」「引き分けたね」とだけ言われるのですが、内容が良かったのか悪かったのか、完敗もあれば惜敗もあるのに、説明してもあまり興味を持たれない。この試合は、相手が首位・湘南だということもあったのでしょう。熊日は「ロアッソ 首位に互角」と見出しに取ってくれました(笑)。終了間際には決勝弾の好機もあった、またしても惜しい引き分けでした。

熊本は出場停止明けの村上をCBの真ん中に戻した他は、前節と同じ布陣。対する湘南は、3バックと見せかけて、開始から4バックを敷いてきた。どうもここのところ色々なチームがこの手を使ってきますね(笑)。

20170820湘南

熊本は当初混乱もあったものの、シャドーの上里を一列下げ、八久保を安との2トップにして4バックに当てた。「3-5-2に戻したなか中盤3人の中でうまく対応できた」(公式サイト)と、池谷監督の“修正”が素早く図られます。残念ながら上里シャドーの”真価”がこの試合でも評価できませんでした。

一時は一方的な湘南の攻勢でしたが、前半途中からは熊本もボールを動かせるようになってきました。ただ、40分頃の湘南・表原の至近距離からのシュートは“万事休す”と顔を覆った。しかし、この日も当たっていたGK畑のセーブで事なきを得ました。

「相手に押し込まれていてもカウンターの準備を!」(公式サイト)というハーフタイムの指揮官の指示には、当然もっと細かいポジショニングなどの修正指示が伴っていたでしょう。DFラインでの跳ね返しのボールが中盤によく収まり、そこからボールも人も動いて、繋いで上がるシーンが増えてきました。

しかしリーグ最少失点を誇る湘南の守備も堅い。八久保に代わって入った嶋田が、右サイドをえぐった黒木のクロスにニアに飛び込みましたが、湘南DFにクリアされる。

運動量が落ちてきた湘南に畳みかけようと、熊本は田中を投入。さらには巻を入れて前線からのプレスを高める。

アディッショナルタイムは4分。左サイドからDF裏に出たパスに田中が飛び出すとGKと1対1。しかし田中のシュートは湘南GK・秋元の好セーブに合ってしまう。タイミングをずらしきれませんでした。

思えば、前節・岐阜戦と似たような展開になりました。相手の攻撃を凌いで凌いで、足が止まり始めたところを仕留めようという狙い。「プラン通りのゲーム展開になったし、欲を言えば最後のシーンで点が取れれば、自分達が描いたゲーム展開になった」(公式サイト)と指揮官も言う。

前節は大木監督に褒められた熊本の組織的守備でしたが、今節も試合後に握手を求めに来た曺(チョウ)監督が、「守備が・・・」と、日立の先輩・池谷監督に話しかけた声をDAZNが拾っていました。残念ながらそのあとの言葉が聞こえなかったのですが、間違いなく褒めていたのだろうと。

監督交代からまず着手した守備の再構築は、形になった。あとは得点力というところでしょうか。

また讃岐が勝利して、勝ち点2差に迫ってきました。

8月16日(水)
【J2第28節】(えがおS)
熊本 0-0(前半0-0)岐阜
<警告>
[岐]福村貴幸(82分)
観衆:4,188人
主審:大坪博和


惜しかったですねぇ。しかし終始ボールを保持され猛攻を受け続けた前半を思えば、ドローもやむなし、というところかも知れません。

そのあたり、「前半は少し引いて、後半勝負というプランだったでしょうか?」と試合後に記者に聞かれて、そうではないと前置きした池谷監督。「立ち上がりからプレッシャーをかけるというなかから、自分たちのゾーンに入ってきたら行くという約束事だったんですけど、中盤がボールホルダーに対して甘かった」(熊本蹴球通信)と続けます。

この日のスタメンは、出場停止の村上の代わりに3バックの左にジュニオールを入れ、ボランチの一角には三鬼。上里をなんとシャドーに上げた。熊日や熊本蹴球通信の予想スタメンを裏切るものでしたが、これはこれで大いに期待させるのでした。

20170816岐阜

しかし岐阜は、4バックの中2枚が低い位置でボールを回し、司令塔の庄司も下がってボールを受け、そこから散らす。自由に動き回るシシーニョも捕まえ切れず、なかなか熊本は喰いつけない。ボールの取りどころが決まらないと、両サイドも押し込まれ、終始5バックに近い形になってしまいます。

そういう意味では、故障者もあったのかも知れませんが、“奇襲”のようなこの布陣が奏功したとは言えず、「上里をあそこに置いてもう少しボールが収まるかなと思ったんですが」「いつもボランチをやっているので、どうしても受けるという感じが強かった」(同)と指揮官の思い通りにならなかった。相手のシステムとの“相性”が悪かったということでしょうか。

それでも、ハーフタイムで「まずボールに行け」「90分もたなくてもいい!走りきれ!」(公式)という指揮官の指示に応えるようにプレスを高めた熊本は、後半から巻き返しを図ります。

片山、黒木の両SBが攻撃に参加できるようになり、62分、上里に代えて嶋田を入れると更にチャンスの数が増える。大きなサイドチェンジを黒木が落とすと、嶋田が受けてカットインして打つ。これはGKビクトルがパンチングで逃れる。

岐阜も疲れてきたせいかDFラインにギャップが生まれ、そこを突いて八久保、嶋田、さらには黒木とパスが繋がり好機が増える。

岐阜は中島に代えて難波を入れてくる。熊本キラーとも言える嫌な名前。その難波がロングパスに抜け出し、一人二人と交わしてPエリアに侵入するもGK畑が対応。

終盤には、「90分持たなくていい」という指揮官の言葉そのままに攻守に走り回った上村が、ついに足を攣って上原と交代。そして最後のカードは黒木に代えて田中。田中が入ってすぐ、上原が右にアバウトなパス。そこに走り込んだ田中がファールを貰う。田中の特徴を生かした好プレー。

すでに時間はアディッショナルタイム。熊本のクリアぎみのボールを嶋田が拾い、右から運んでエリアに入ってからのシュートは、しかしGKビクトルの片手ファインセーブに合ってゴールならず。結局、両者得点を奪えず、痛み分けとなってしまいました。

翌日の熊日朝刊。「ロアッソ 決定力不足」の見出しには、ちょっと首を傾げたくなりました。確かに数々あったCKの好機も生かせず、シュートもGK正面があった。しかしどちらかというと、両チームゴールキーパーの好守が優った試合ではなかったかと。

この日も前半のうちから、素晴らしい反応でピンチを救ったシーンがあった畑。すっかり“守護神”の座を自分のものにした感があります。安定感が増している。

リアクションの力が上がったのかと尋ねる記者に、「体力的な要素はあると思うけど、それ以上に“予測”がうまくできるようになった」と答えました(熊日・がんばれロアッソ熊本!)。

順位の近いチームから勝ち点3を奪えなかったことは残念ですが、敵将・大木監督に「すごくコンパクトでした」「ハーフラインを越えた後もですね、やっぱりそのコンパクトさは崩れないので、そこから行けない」(熊本蹴球通信)と言わしめた守備。最後まで破綻せず、ゴールを守り切りました。

順位は19位のままですが、少し足踏みしている間に下が迫ってきました。ただ、新たな選手の獲得情報もあり、まだまだ今後の躍進に期待したい。ちょっと涼しくなった夜風に猛暑の終わりを感じたことも、そう思わせる一因でした。