6/29(金)13:00 龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド

ロッソ熊本4-1流通経済大学

得点者
20分 高橋 泰(ロッソ熊本)
32分 高橋 泰(ロッソ熊本)
35分 北川 佳男(ロッソ熊本)
64分 船山 貴之(流通経済大)
86分 矢野 大輔(ロッソ熊本)

昨日のNHKのニュース映像と今日の熊日・萩原記者のレポートを見ただけですが、やはり北川。切れ味鋭いステップワークでゴール前のスペースを突っかけていくシーンが二度ほど。惜しいシュートが1本、もう1本はPKをもらった突進。最近は佐川急便戦で先発するもシュートゼロに終わり、前期終盤の3試合は、出場機会に恵まれていませんでした。久々の登場のような気がしましたが、ほんとに体もかなり絞れてきて、動きにスピードとキレが増していて、コンディションの良さを感じました。(基本的に北川好きです)

萩原記者も書いているように、北川は前線でディフェンスを背負ってもしっかりとボールを納め、ポイントになり、タメを演出する、と言ったプレースタイルが目立っています。しかし、FWとしての本当の魅力は、前を向いたときのパワフルな突進と破壊力溢れるシュートではないか、と思っています。流通経済大のディフェンス陣は前を向いた北川に、ゴール前のエリアで正対してしまい、ドリブルで突っかけていけるスペースを与える状況を作ってしまいました。あの突進力で加速するスペースが与えられれば、かなりの確率でチャンスに結びつくのではないでしょうか。

さて、後期第1節の勝利です。前節の敗戦から、若干、先発メンバーをいじってきました。中盤の忠実なバランサー・熊谷。後期のスタート、何としても連敗を避けたいという監督の思いなのか。そんな監督のメッセージが伝わってくるような起用のように思います。

これで勝ち点40。

確かにリーグ戦のなかの一つの勝利なんですが、後期のこれからのゲーム、勝利は、そのひとつひとつのがJに向かって、現実に一歩ずつ近づいているように思いたいですね。今しかない、そういう楽しみ方をしてみたい。残り16試合。GK小林は全勝するとコメントしていましたが、とりあえず勝ち点70をひとつの”メド”としてあと30。あと10勝。
3月18日(日)13:00KKウィング
ロッソ熊本2-1流通経済大
得点者59分北川(ロッソ)、74分徐(流通経済大)、84分高橋(ロッソ)

いやぁー。とにかく開幕戦で勝ち点3を奪ったことをまずは喜びましょう。
開幕までの練習試合の数々で、徐々に不安に襲われネガティブになっていましたが、開幕後は一切忘れ、サポート一辺倒で行きたいと思います。

開幕の相手は流通経済大。前期16位の大学生チーム相手とあって、一般的に勝って当たり前のような前評判がありましたが、あなどるなかれと思っていました。このカテゴリーでは、格下、格上など決してない。結局、走り勝ったほうが勝つのだと。
案の定、開始早々、流経大のFKからフリーでヘッドされ、これは幸運にもロッソゴールのバーが遮ってくれます。その後も攻め込む流経大をファールで倒して、FKからピンチを招くこと数回。一方ロッソの攻撃は、形は作るもののゴールは遠いという感じ。開幕のプレッシャーからか、選手もサポーターもなんだか緊張感が漂い堅い、堅い。監督いわく「我慢の」印象で前半をスコアレスで折り返します。

後半の入り方も昨年を思い出させるように悪い。攻め込む流経大をなんとか凌ぐこと15分、ようやくロッソにチャンスが訪れます。攻め上がった左の有村から関にパス。関のセンタリングをファーサイドに走りこんだ松岡が折り返すと、重量FW北川がドスンとジャンプした。GKとDF二人をはねのけてボールは敵ゴールに押し込まれました。緊張の糸がほぐれたかのように喚起するサポーター。
その後はロッソペース。松岡に代わって入った喜名がボランチに、熊谷が右サイドハーフに上がります。

しかし、この時間、実は我々が願っていたことは追加点ではなく、無失点で凌ぐことでした。昨期後半からロッソ守備陣の失点が目立ちました。爆発的な得点力もないものの、堅守で無失点に抑え、最小得点で勝利をものにしてきたのがロッソだったのですが・・・。
しかし今日も願いかなわず、CKを防いだ流経大がカウンター。詳しくは書きませんが、センタリングをGK小林が弾いたところにFW徐が詰めて、同点にされてしまいます。
時間にして後半30分。一瞬、場内が静まりかえりました。

その後も互角勝負。ところが勝利の女神は最後にホームに降り立ちます。39分、高橋のセンタリングに飛び込んだ関を敵DFが倒してPKを得ると、これを高橋がGKの動きを見切ってきっちりと決める。いい時間帯に勝ち越したロッソがホーム開幕戦を勝利で飾りました。

辛勝のロッソでしたが、練習試合よりも攻撃の形は作れていたと思います。やはり市村、有村のサイドが絡んだときチャンスが生まれます。同点にされたあとの時間帯、敵DFがまだ揃わないうちの、有村のこれぞアーリークロスというキックは攻撃として見応えがありました。惜しくもFWに合いませんでしたが・・・。
松岡も途中交代しましたが、悪かったからではありません。牛若丸のような機敏な動きで、先制点を演出しました。
あとは今一歩の連携。裏が狙える瞬間にパスが出ない、逆サイドフリーなのにパスが出ない場面が数度ありました。課題です。

3200人の今日の観衆に不安視する向きもありますが、まぁ上々ではないでしょうか。後ろの席に「オフサイドってなぁに~?」っていう女の子二人がいましたが、それでも「奪え、奪え!」、「走れ、走れ!」と、始終叫んでいました。それがとても楽しそうで・・・。
イケメンを追いかけるギャルもいれば、冷ややかにウンチクを語りたがるオヤジもいれば、サインをねだりに走り回る子供もいれば、飛び跳ね鼓舞するアルデラスもいる。爆発的には増えませんが、それでも徐々に徐々に、スタジアムでの自分の居場所が見つかった人が増えればいいのかと。

21日はアウェーで佐川印刷。そして来週日曜もKKでFC琉球戦です。