4月22日(日)13:00 水前寺陸上競技場
ロッソ熊本1-0アルテ高崎
得点者 後半7分高橋(熊本)

中村俊輔の所属するセルティックがリーグ優勝を決めましたが、そこで昨シーズンまで主将を務めていた、ブルガリア代表(当時)でペトロフというMFがいました。「豊富な運動量で中盤を支配する。チームに献身的でいて積極的な攻撃参加を見せ、守備、攻撃共に優れた能力を兼ね備える。その統率力にも高い評価が与えられている。」と紹介されるような選手でした。スカパーの解説者が、たびたび「ペトロフのチーム」という表現を使っていました。戦術重視の現代サッカーで、いささか時代がかった表現ですが。

そう。「高橋のチーム」 そんなことを考えながら試合を見ていました。

2連敗。そしてなんと言っても、あの雨。豪雨と言ってもいいようなあの雨なかで集中力を切らさずプレーするというのは、なかなかに難しいことです。アルテ高崎は明らかに、カウンター狙い。前半は引いているのではなくて、狙っているのがありあり。ヒヤリとする場面が2度3度。そんななかで、相手にいきそうになる試合のペースを引き戻そうと懸命に走り、守り、果敢にスライディングを仕掛け続けていた11番の動きが印象に残りました。

確かに連敗の重圧やコンディションの問題もあって、ゲーム自体は重苦しいものでしたが、雨中のゲームでのリスクを回避しながら、相手に持たせない、回させない、振り向かせない、を90分間、徹底できたこと。特に、前半、我慢に我慢をして凌いだところに勝因があった、と思います。それを身を挺して体現していたのが高橋ではなかったかと。

確かに後半は、アルテも引いてスペースを潰しにかかり、また、チーム自体の地力の差もやや出ましたが、高橋のFKからの決勝点。距離的にはめったに決まるものでありませんが、私には全く正当な報酬に思われました。

J参入を目指すチームとして「失点しない」「負けない」「我慢する」という意識になれば、「勝ち点1にこだわる」「ガチガチに厳しい」ゲームになることは当然です。それはワンプレー、ワンプレーの厳しさの積み重ねですね。決して見ていて面白いとか、快勝というゲームではありませんでしたが、選手は終始、厳しいプレーを見せてくれて、それがジワーツと伝わってくるゲームでした。

<スタメン>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・高橋・・・・・・・小林・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・熊谷・・・・・・・・・・・・・・・河野・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・小森田・・・喜名・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・有村・・・・・・・・・・・・・・・市村・・
・・・・・・・・上村・・・矢野・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・小林・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・