10月23日(土) 2010 J2リーグ戦 第31節
柏 0 - 0 熊本 (16:04/柏/8,141人)


「人間として、アスリートとして俺がリスペクトする南雄太だから。だからこそおまえから絶対ゴールを奪う。俺の全戦闘力を持って、倒しにいく」。戦前、自身のブログでそう書いていた北嶋秀朗。その「南雄太へ」と題するエントリーが、逆にフラグになったのでしょうか。開始直後に迎えた、この試合最大のチャンス。一本のパスでDFの裏を取った北嶋でしたが、「飛び出してくるタイミングも身体を置く場所も距離もキーパーのベストポジションだった」という南の前に、ボール一個分、右に外してしまう。そしてその後も何度もあったシュートチャンスに、最後まで旧友・南の守るゴールマウスを割ることができませんでした。

深まる秋を感じさせる柏の空の下、スタンド一面黄色に染まる日立台。この歴史ある専用球技場のピッチに再び立つ南雄太。今はアウェーチームの守護神として。

コイントスでエンドの交換を求めた熊本。南が柏の選手たちのなかを、なにやら言葉を交わし、あるいはタッチしながらゴールに向うと、びっしりと埋まった柏ゴール裏からも盛大な拍手の渦。これに手を上げて応える南。「“いつも前半こんな感じでプレーしてたなぁ”って感じて、ロアッソでは自分だけだと思いますが正直、全くアウェイな感じがしなくて変な感じでした(笑)」(ブログ)と。皮肉なことに、この黄色に染まったスタジアムが南にいつもより以上の、神懸ったような力を与えてくれる結果になりました。

柏 (先発フォーメーション)
17林 9北嶋
18田中14大津
7大谷20茨田
22橋本25村上
3近藤6パク ドンヒョク
 21菅野 

熊本 (先発フォーメーション)
32カレン10松橋
 27ファビオ 
33片山11宇留野
30渡辺22吉井
6福王2ソンジン
 19堤 
 18南 

前回対戦のときは、まるで自分達の今の力を試すようにガチンコ勝負を挑んだ熊本・高木監督でしたが、今回は「守備に徹してカウンターで点を取ること、もしくはセットプレーで点を取る」というプランを選択しました。そこには天皇杯での鹿島との戦い、あるいは前節守りきられた徳島の戦い方が脳裏にイメージとしてあったのではないでしょうか。そして、矢野を欠くDFラインは、中央に堤、右ソンジン、左福王という3バック。それは前回対戦時の後半に奏功したシステムであり、前節、柏に土をつけた大分も敷いていたフォーメーション。勝機を狙っていました。

柏は、レアンドロ・ドミンゲスを出場停止で欠く反面、大津が怪我から復帰という好材料もありました。その大津を起点にして攻め込む柏。セカンドも拾われ波状攻撃を受けますが、跳ね返し続ける。北嶋と林の2トップに対しては3人のDFがスペースを与えず、玉際厳しく執拗に競り続ける。

ようやく18分頃から熊本にもチャンスが巡ってくるようになります。今日はトップ下に入ったファビオがボールを奪うと、渡辺から右に上がってくる松橋に。松橋45度のシュートは惜しくも枠の左。23分には右奥、松橋がクロスを入れると市立船橋高で北嶋の5年後輩のカレンのダイレクトボレー。抑えの効いたシュートはしかしキーパー正面でセーブされました。

さらに、柏は大谷から縦にパス。受けた大津がエリア内で切り替えて打つ。近距離からのシュートは南が弾き飛ばす。「シュート練習に付き合ってくれた南さんに恩を返したい」と語っていた大津に、「まだまだ」とでも言っているかのような南の反射的なセーブ。36分にはクリアボールを拾った田中が右に回りなおしてグラウンダーで入れる。ゴール前、林のシュートは、これも南が片手で弾き出しました。

サイドではSHとボランチが挟んで潰す、中は3バックが通させない。最後は南が立ちはだかる。奪っては鋭くカウンター。ある意味、熊本の狙い通りの形ができつつありました。これに対して後半、敵将・ネルシーニョ監督が策を打ってきます。田中と大津をやや中に絞らせることで熊本のサイドのスペースを柏SBに使わせる。FWは出入りを繰り返しつつ、ときに落ちてクサビになる。さらに大津がダイアゴナルな動きを加えることで、3バックのマークを絞らせない。知将が仕掛けた巧妙な戦術的“罠”は、熊本の体力を消耗させると同時に、その知力をも試そうというものでした。もちろん、これまでも単に跳ね返していただけではない熊本でしたが、さらに考えながら守り、攻める必要がありました。その局面は、まさに“我慢くらべ”といった様相を帯びてきます。

ただ、崩れそうになる瀬戸際も、柏のここぞというところでのパスミスに救われる。あるいはクロスボールの質がいまひとつ。度重なるアーリークロスにもソンジンが身体を寄せて自由にヘッドを打たせない。51分にはカレンが宇留野のパスに右サイドを抜けてエリアに侵入。角度のないところから打ちましたが、枠の左に抜けていきました。

柏は田中を下げて、U-21のFW工藤を投入。さらには林を諦めホジェル。それに対して熊本は運動量の落ちた宇留野に代えて西。代わったばかりのホジェルが、左でもらうと強引にミドルを放つ。これは間一髪か、あるいは予測の範囲だったのか、南が横っ飛びでクリア。81分にはロングボールをホジェルが落として、走りこんだ北嶋。左足で撃ったシュートはサイドネット。熊本もカレンが右へ流れて、上がってきた吉井に出す。吉井のグラウンダーのミドルは左に反れる。

後半途中に南が攣った足をケアする時間があったことで、アディッショナルタイムは6分という長めのものになりました。それは柏にとっても熊本にとっても、勝ち点3をとるための得点1を奪うには十分な時間だと言えました。

柏の攻撃を潰した福王が、ここぞとばかりにロングフィード。西が一騎で左サイドを粘り中央に入れる。しかし走り込んだカレンには一歩追いつけないタイミングの早いパスでした。今度は柏が北嶋から途中出場の小林にはたくとダイレクトでクロスを入れる。ゴール前の大津のシュートは決定的でしたがまたもや南がセーブします。激しい攻防。奪い奪われ、最後の力を振り絞るように反転する両軍。ホイッスルが鳴った瞬間、柏の選手の多くがピッチに倒れ込みました。勝ち点3を奪えなかった悔しさなのか、攻め続け消耗しきったためなのか…。

終わってみれば柏のシュート数は21本。しかし堅固な守備システムで戦った熊本。最後までゴールを割らせませんでした。ただそこには、圧倒的にポゼッションされてはいるものの、完全に引いて篭るという戦術イメージではなく、潰したら、どこからでも一気にカウンターに持っていくんだという明確で強い意志、戦略がありました。ゴールまで一直線で持っていくイメージを常に全員が共有しながら網を張っているような。だからこそ最後まで、その戦術的“意志”が揺らぐことも緩むこともなかった。そして実際に幾度も相手ゴールを脅かしました。柏と同様、熊本にも、あれが入っていれば、というシーンがいくつもありました。勝てはしなかったものの、勝ち点1をもぎ取った。そして、「最短なら次節で優勝」という柏の計算をみごとに狂わせた。試合後の高木監督が、どこかしら満足気な笑みに見えたのはわれわれの思い過ごしでしょうか。ゴール裏が繰り返した「ロアッソ熊本!ロアッソ熊本!」というチャントは、「よく頑張った!」という声に聴こえました。

試合後、わざわざ柏のゴール裏まで行ってお辞儀をする南に、再び大きな拍手が送られました。そして帰り際、シジマールを始め多くの柏スタッフとも互いの健闘を称えあう。クールダウンする姿に、いつまでも柏の子ども達から「ユータ!ユータ!」と声が飛ぶ。試合前にはゴール裏のコールリーダーが、南の応援歌だった「太陽に吠えろ」のテーマをアカペラで歌い、相変わらずのユーモアで煽る。この試合、柏の攻撃を完封に抑えた熊本のヒーローは、このピッチで12年間という長い長い時を過ごした、柏というチームそのものだった男でした。ほんとに愛された選手だったんだなぁと実感する。われわれが知らないその長い時間を、なんだか“嫉妬”してしまいそうです。

後半途中で珍しく足を攣ったことをブログで「アドレナリンが出すぎちゃって」と恥ずかしがった南。「また来年?再来年?かわかりませんが、いつかまた日立台でプレーするのを心の底から楽しみにしています」と書きました。北嶋は先制のチャンスを棒に振ったことを悔やみつつ、「相手のGKが改めて良いGKだと思った」とコメントしました。そんな北嶋に南は「この2、3年お互い紆余曲折、色んな状況があったけど、またこうして同じピッチで敵としてだけど戦えた事を誇りに思う」と。「また必ず試合しようなっ!」と。「次も絶対0に抑えるから」と。そうエールを贈りました。

ブログの最後を「ロアッソ熊本 南雄太」と締めくくった南。絶対J1に上がろう。この南と一緒に。われわれに改めてそう強く感じさせてくれた、そんな男の在り様を見た思いです。


4月24日(土) 2010 J2リーグ戦 第8節
熊本 1 - 3 柏 (13:03/水前寺/5,156人)
得点者:26' 近藤直也(柏)、30' オウンゴ-ル(柏)、61' フランサ(柏)、70' 松橋章太(熊本)

「試合前から有利も不利もない。スコアは常に0-0から。誰に対しても平等だ。」そう言ったのは漫画「ジャイアントキリング」の主人公・達海監督でした。首位と3位の上位対決、勝てば勝ち点で並ぶシチュエーションとはいえ、いまだリーグ戦負け無しの柏。これに土を付けることは、われわれにとってはまさしく“ジャイアントキリング”に違いありませんでしたが、その実力差はやはり大きかった。古巣の対決に闘志を燃やす守護神・南の幾度ものスーパーセーブがなければ、3失点では終わらなかったかも知れない。そんなゲームでもありました。

前節、横浜戦の勝利後、ゴール裏で「柏に絶対勝つ!」と宣言した南の想い。今節のピッチ練習に登場した瞬間の柏サポーターからの大きなブーイング(それも彼への“愛”だと感じられましたが)。それを押し返すような、わがホームのサポーターからの声援と拍手の渦。「俺たちの南」という団幕。そんな騒然とした雰囲気の水前寺競技場。そんなことがメンタル面にも影響したのか、今日の熊本イレブンには、どこかいつもとは違う微妙な硬さのようなものが見受けられました。

藤田が今季初先発で入る。高木監督の意図のひとつは「強豪と対戦するうえで、ベテランの力が必要」というものでしたが、同時にそれは、中盤のプレスの厳しい相手に対して、ガチンコでさばいて、繋いでいこうという戦術をとったことも意味していました。この相手に対して、今の自分達がどこまでやれるのか。現在の実力を測るうえで格好の相手でした。

柏 (先発フォーメーション)
8澤 19工藤
14大津11レアンドロ
7大谷28栗澤
22橋本13小林
3近藤6パク・ドンヒョク
 21菅野 

序盤は熊本にも勢いがありました。開始早々、市村のクロス。惜しくもボールは中央の松橋の頭を越えていく。西森と西が、両サイドから起点を作る。しかし中央の枚数が足りずにフィニッシュには至りません。対して、細かいところを崩してくる柏はやはり強くて巧い。大津や工藤は中央で受けても、そのままターンする力がある。なによりそれに澤とレアンドロを加えた柏の前線は、フォーメーションなど無意味のごとく流動的に動きまわる。いや、連動して次々に飛び出してくる様は、組織的かつ創造的だと言えました。

藤田が試合後、「前半は、少し面食らった。尻込みしてしまう面もあった」と述べているように、柏の球際の強さもあって、次第に下がって行ってしまう熊本。これまでの対戦相手とはちょっと違う質の高いゲーム運びに、チーム全体が順応出来ていないような様子。くさびのボールへのチェックが甘い。球際に一歩遅れる。柏はボールを渡さない。ゲームを支配し始めました。

工藤から大津。中央を崩して大津が反転。強烈なシュートは南がクリア。南の気迫が勝ります。熊本も右サイドのスペースに松橋を走らせる。CBパクを交わそうとしますが、その突破は阻止される。パクのバックパスは交錯したGK菅野を越えてあわやオウンゴールかと思われましたが右に反れていきます。返す刀でレアンドロが小林を走らせる。西森が追いついて蹴りだす。そんな切り替えの早い展開のなかでした。柏としては4本目のCK。レアンドロの右足から放たれたボールは、低くて早い。福王が付ききれないところに近藤が中央からドンピシャのヘッドで遂に均衡が破れます。

勢いに乗った柏は畳み掛ける。ボランチのところで奪って右からクロス。ファーサイドの大津のヘッド。これは南がまたしても防ぎます。大津も苦笑い。しかし、続くCK。中央でパクの頭が捕らえる。南が横っ飛びでクリア。今度は右から工藤がボレー。これに大津が詰めて(公式記録は吉井のオウンゴール)追加点とします。

いずれもセットプレーからの失点とはいえ、その前段で押され続けていることは事実でした。熊本得意のサイド攻撃は、前後に挟まれて奪われる。あるいはバックパスを選択させられる。柏の準備が十分できている。それがまた焦りを生んでいく悪循環。西の果敢なドリブルも、二人がプレスバックしてくる。セカンドボールも拾われる。全く持って打つ手なしなのか。前半シュート数0対8が、試合内容を物語っていました。

「点を取っていかないと勝てない。チャレンジしていこう」。指揮官のハーフタイムの公式なコメントはあたり前で静かに聞こえますが、ロッカールームでは相当の激が飛んだのではないでしょうか。更に高木監督は、後半に向けてシステム変更を企てます。そこまで柏の小林に押し込まれ防戦一方だった左SBの筑城を下げて、渡辺をCBに入れた3バック。初めて見る布陣でしたが、これによってサイドを制しようという意図でした。柏は大津が傷んだのもあって、フランサを投入。生で観たかったフランサではありましたが、こんな状況で遭遇するとは。入ったフランサは明らかに大津の役割とは全く違う。自由気ままといった風情で、ジョギングよろしくあちこちに顔を出しては、ボールに絡む。

ところが一変したこの柏の前線の“運動量”が、熊本には奏功します。左から吉井が運び、中央松橋が右にはたくと上がってきた市村がフリー。しかしシュートはバーを越える。惜しい。今度は原田、松橋と繋いで市村がクロスを上げる。これはパクがクリアに逃げる。フランサに入るボールを藤田がカットする。ボックス型の柏の中盤の更に外にシフトした市村、西森のSHを、松橋、藤田がうまく使っていきます。

しかしフランサはやはりフランサ。異次元の人でした。澤から工藤、橋本と繋いだところに、それまで重そうに走っていたフランサ。エリアに入るなり躊躇せずシュート。アウトに掛けたボールは南を横転させサイドネットに突き刺さります。「相手のGKは、いいキーパーだと知っていたからね。」旧友との駆け引きを制したその言葉には、南へのレスペクトも滲んでいました。

「やはり柏は強い」。この決戦を見届けようと駆けつけたたくさんの熊本ファンから、ため息にも似た声が発せられます。“流れ”は熊本にあるのに点を奪えないのは、決定機の数の問題なのか、それともその精度なのか。

しかし熊本は3点ビハンドのなかでも誰も下を向いてはいませんでした。バイタルでボールを回して松橋が強烈なミドルを放つ。さすがの菅野がこれを弾くと、宇留野が詰めましたが惜しくもオフサイド。しかし、アタッキングサードで人数を掛けてパスを回せるようになっている。柏をサイドに散らすことで中盤にもスペースが出来てきた。そして70分、宇留野、藤田、吉井、市村と何度も何人も繋いで、最後は右に居た松橋へ渡す。DFを交わすと強引にシュート。遂に名手・菅野の守るゴールマウスをこじ開けた。起点の福王から計8本のパスが繋がり、柏にとっては今季初めての“流れ”のなかからの失点。堅い柏の守りを熊本がようやくこじ開けました。

すぐ後、柏にペナルティ・アーク付近でFKを与えてしまう。危険な距離。レアンドロの振り幅は小さいが強烈なシュートは、間一髪南が防ぐ。
まだ2点のビハインドはありましたが、熊本はさらに“走り続け”ます。今日の残り15分を託されたのは井畑。藤田は熊本に来て初めてボランチに入る。その藤田からまた市村を走らせるスルーパス。今日の藤田はこの位置が落ち着きどころだったのかと思わせます。井畑、エリア内でシュートも菅野の好反応に阻まれる。レアンドロとフランサの中央突破はがっちりブロック。両者とも運動量が落ちない。最後の最後まで攻守の切り替えの早いゲーム展開。熊本のCK。こぼれ球を再び入れる。DFがこぼしたところを井畑が詰めて押し込む。「決まったか!?」。思わず皆が立ち上がりましたが、ボールはゴールの枠を反れていきました。

終了のホイッスルを聞いて、勝者の柏側に笑顔がなかったのは、不満の残る内容だったのか、それとも勝ってあたり前だったのか。後半のシュート数は7対5で熊本が勝りました。もちろん熊本にも笑顔はありませんでしたが、守護神・南の表情には、負けた悔しさというよりどこかさっぱりしたものが見えなくもありませんでした。それは誰よりもこの一戦に特別の思いを持って臨んだ男だけが知る心境なのか。何度も何度も、南が一人で跳ね返した。それでも12年間在籍した古巣は強かった。若手も逞しく成長していた。

「いつもよりもモチベーションも高かったし、試合自体は楽しんでやれたけど、負けた事は悔しいし、相手が柏ということで余計その気持ちは強い。その中でもやれた事、やれなかった事がハッキリしたと思うし、切り替えて連敗しないようにしたい」。南の気持ちはすでに次節に向かっていました。「俺たちの南」。風にはためくゴール裏の団幕は、熊本ファンの今の心情を語っているように思われます。

月並みな表現になりますが、この柏との一戦は、冒頭にも書いたように今の自分たちの実力を測るうえで格好の物差しになりました。さらにその物差しはことのほか質が高く、多くの課題をたくさんのデータとともにわれわれのチームにもたらしてくれたように感じます。貴重な経験値とともに。堅守を標榜しようとしている熊本において、強豪にはこうやって破られること。堅守を自認するチームをこじ開けることの難しさ。後半で見せたシステムの切り替え。流れを引き戻したゲームプラン、等等…。監督が言う「まだまだ強くなる過程」のなかで、敗戦とは言え、その収穫の大きさは素人目にもわかります。

これからゴールデンウィークの連戦に入っていくチーム。鳥栖、札幌、福岡と注意すべき難敵が続きます。しかし相手にとって不足なし。この踏ん張りどころをどう戦い抜くのか。集中力が問われるのは、チームばかりではなく、われわれファンも同じことだと。

水前寺からの帰り道。ごった返す赤いサポーターの群れのなかにあって、皆の表情がどこかしら明るく見えたのは、強豪相手に一矢報いた安堵感か、このメモリアルとも言えるゲームを見届けた満足感ではないのかと。南はもちろん、池谷GM、清川HC、森川C、熊谷氏など熊本に根付いた太く、厚い柏人脈。ほとんどゼロの状態から作り上げたチームが、ようやく本家の柏と対戦できるところまで来たというのは、熊本にとってひとつの節目でしょう。スカパーの山崎アナによれば、池谷GMが熊本に請われて赴任する際に、柏のクラブ幹部から「そこ(熊本)に“サッカー”はあるのか?」と問われたのだと言います。もしかしたら、その時、GMは答えに窮したかもしれません。しかし、5年余りが経った今日なら、きっと、黄色のサポーターを取り囲むようにぎっしりと詰まった赤いスタジアムを指差しながら、胸を張って答えてくれたことでしょう。「もちろん。ここはサッカーがある街です」と。