FC2ブログ
9月30日(日)
【J2第35節】(えがおS)
熊本 0-4(前半0-2)京都
<得点者>
[京]本多勇喜(17分)、田中マルクス闘莉王2(20分、81分)、小屋松知哉(74分)
<警告>
[京]仙頭啓矢(55分)
観衆:3,429人
主審:池内明彦


20180930京都

猛烈な台風24号が午前中に最接近。その吹き返しの強風雨のなか開催もあやぶまれた京都戦でしたが、3千人以上の観客が訪れました。もちろんそれは、この試合の重要性を皆がわかっていたから。消化試合数もようやく並び、勝ち点差は4に離されたものの、この一戦で勝利してなんとか付いていきたい。そんな20位京都との試合だったからに違いありません。

しかし、3千人のファン、サポーターは落胆して帰ることになった。

前半17分、20分と立て続けに失点。まだ1点でも返していければと思って見ていましたが、後半にも2点を失い、0-4の大敗となりました。

試合結果ももちろんですが、この“あっさり”と取られる、点の取られ方が、応援しているものをまたがっかりさせる。

「後ろの選手がやられたから後ろの選手の責任なのかっていうと、そこでもないですし、やっぱりもっとボールへのプレッシャーをかけていかないといけない、寄せないといけない。というふうに私自身は思っています」(熊本蹴球通信)と、渋谷監督は言う。「そこに配球する選手に対して、絶対に(クロスを)あげさせないとか、そういう気持ちが、気持ちで守備ができるかどうかはわかりませんけど、やっぱりそこの部分じゃないかと思います」とも。

この時期になって、まだこんなことを言わざるを得ない状況なのかという気がします。もちろん選手だけでなく、言わざるを得ない状況を招いてしまった監督の責任も重い。

一方、敵将・ジュロヴスキー監督は、「今シーズンのベストゲーム」と、この試合を評価し、熊本の11番、9番、14番を抑えることが重要だったと試合後言う。それは、もちろんどのチームもわかっていることでしたが、ジュロヴスキー監督は田中の使うスペースを徹底的に消しにかかった。ある程度のリスクも抱えながら。やむなく熊本は、中央を崩そうと試みますが、京都にがっちりとブロックされてしまう。カウンターで崩せる場面でも、後ろの上がりを待つ間に、相手は素早く戻って守備をセットする。

リーグ戦の早い段階から、どのチームも熊本対策は確立している。要するに“裸”だということです。対して、わがチームはどうなのでしょう。その裏をかくでもない。相手の強みを消す戦術にも見えない・・・。

確かに20位に沈んでいたとはいえ、京都との対戦は分が悪い。これまであまり快勝した覚えもありません。しかし、この大事な一戦。選手たちには特別なモチベーションを持って向かってくれるだろうと期待していました。けれど、これが現在の彼我の力の差なのでしょうか。

試合終了後、選手たちがスタジアムを一周するとき、いつもなら野次や、それを打ち消すような拍手まじりになるスタンドが、人数もあったのかも知れませんが、今日はやけにどちらも静かなような気がしました。それはまるで、嵐が去ったあとの静けさに似たようにも感じながら、雨上がりの家路を急ぎました。

4月21日(土)
【J2第10節】(西京極)
京都 1-2(前半1-0)熊本
<得点者>
[京]レンゾ・ロペス(28分)
[熊]黒木晃平(54分)、園田拓也(90分+4)
<退場>
[熊]中山雄登(70分)
<警告>
[京]本多勇喜(56分)、重廣卓也(79分)、大野耀平(90分+3)
[熊]中山雄登2(7分、70分)、伊東俊(77分)、小谷祐喜(86分)
観衆:4,405人
主審:野田祐樹


20180421京都

いやはや大逆転でした。過去の対戦で1勝しかしたことのない苦手・京都との対戦。連敗中の相手とはいえ、ホームの力を背景に、前半は相当押し込まれ、長身FWレンゾ・ロペスのヘディングで先制点を与えます。
しかし、後半早々右WBの田中から中山、その縦のパスに田中がえぐって折り返したニアに入ってきていたのは、なんと左WBの黒木。初得点で同点。
その後、中山が2枚目のイエローで退場になり10人になるものの、伊東、巻と交代カードを切った渋谷采配が的中。後半アディッショナルタイムのラストプレーともいえるFK。八久保のキックを巻が落とすと、園田が押し込み、劇的な逆転勝利を納めます。順位は6位に上げました。

10月14日(土)
【J2第37節】(西京極)
京都 2-1(前半1-1)熊本
<得点者>
[京]石櫃洋祐(38分)、田中マルクス闘莉王(71分)
[熊]オウンゴール(22分)
観衆:7,483人
主審:廣瀬格


2試合連続で、一番警戒していた選手に決められてしまいました。前節は「あれを放さない、しっかり最後まで頭を入れる」と“一瞬の厳しさ”を求める飯尾和也氏の言葉を紹介しましたが、「決勝点の場面は防ぎようがなかった」(熊日)と池谷監督は言う。マンツーで付いていた植田は、「自分が跳んだ後に跳ばれた。もう少し自分が我慢できていれば」(同)と後悔する。

20171014京都

1勝3分9敗と、一方的に分が悪い京都とのアウェー戦でした。高さのある京都。「闘莉王とイ・ヨンジェに入ったあとのセカンド争いがキーになることは確か」(熊本蹴球通信)と、戦前井芹さんも指摘していましたが、序盤はまさにそこがうまくいかない。ロングボールを跳ね返したところ、落ちた中盤での京都のプレスが激しくて、押し込まれる。

8分頃、京都の波状攻撃のなか右45度からのミドル。これはPA中の黒木がヘッドで跳ね返す。12分頃には左サイドに回され、石櫃からのクロスにファーで闘莉王が高い打点で打ちつけた。間一髪GK畑がセーブしましたが、後から考えるといずれもこの日の京都の得点を予兆させるようなものだったのです。

しかし流れを変えたのは上里からの一本の長くて速い左サイド奥へのグラウンダーパスでした。これには惜しくも片山が追いつけませんでしたが、京都の重心を少し後ろにさせた。中盤で拾えるようになると18分には上村がDFの裏を取ってPAに侵入しますが、GKに阻まれます。

京都のディフェンシブゾーンを襲えるようになると22分、左サイドからのFKに上里が、ニアに意表を突く低く速いキック。このボールがDFの足に当たって抜けると、おもわず闘莉王が足を出してボールはゴールに吸い込まれる。自責点としてしまいます。

運よく転がり込んだ先制点でしたが、凌いで自分たちの時間帯にしたからこそでもありました。その後も熊本のペース。京都は我慢の時間帯が続きます。

熊本はこのまま前半リードで終わらせたい。しかし京都も反転攻勢。右サイドPA前で仕掛けた田村を倒して植田がFKを与えると、石櫃のキックから小松屋が拾い直してクロス。しかし、グスタボのクリアが小さいとみた石櫃、グスタボが寄せてくる前に足を振った。抑えてドライブのかかったシュートが、PA内のDFの間を縫ってゴール左に転がり込んでしまいました。

振り出しに戻った後半。ハーフタイムでの指揮官の指示は、「セカンドボールをもっと意識しよう」「マイボールになったら、慌てず動かしていこう」。そして「相手にしっかり身体を当てていこう。耐えるところは我慢強く!」(公式)というものでした。

後半開始早々、京都の前線からのハイプレスで危うくPA内に入られそうになりますが、三鬼が奪って素早く前線に長いパス。これをグスタボが胸で前進方向に落とすと、黒木が拾って右から低いアーリークロス。左から上がってきていた嶋田に届くと、流し込むようにシュート。しかしこれはGKがブロック。それを再び拾った上村が嶋田とワンツーして放ったシュートは惜しくも枠の右。何度もない、決定的なチャンスでした。

その後いっときは攻守切り替えの早い攻防戦となりましたが、熊本にリズムがあるとみるや京都の布部監督が先に動く。ヨンジェに代えて大黒。田村には伊藤と2枚代え。

「大黒か。やっかいな選手を入れてきた」というわれわれの思いは、ピッチ上の選手たちも同じだったのでしょうか。京都がリズムを得て巻き返し始める。

すると71分、京都に与えた右CK。縦に並んだ京都の選手たち。動き出しに中央スペースを空けさせられると、陰から飛び出すように闘莉王がジャンプ一番、高い打点でゴールネットに突き刺します。

その直前にはかなり疲れている様子を画面越しに見せていた闘莉王でしたが、ここぞという場面ではやはり仕事をする。怖い男でした。この得点は自身100得点目の記念ゴール。試合後のインタビューでそれを祝福されると、「オウンゴールのことですかね(笑)?」とうそぶきました。

熊本も上村に代えて中山、片山に代えて田中。グスタボを諦め、コンディションが不安だった安を投入。最後は植田を上げてパワープレイ。

しかし、アディッショナルタイムの三鬼からのクロスに跳んだ植田のヘディングも、途中から入ったケヴィン・オリスに身体を張られて枠の左。万事休しました。

先制したものの逆転負けでした。せめて同点引き分けで勝ち点1は持ち帰りたい試合だったのですが。指揮官はDAZNのインタビューに、「後半の決定機で取れなかったのが大きい」と悔やみました。

「警戒していた“個”の力でやられた」とも言う。確かに闘莉王の高さはこのリーグでは“破格”に違いありません。しかし前述したようにあのセットプレーは、その“個”の力を活かすようにチームとしてデザインされてもいたように感じます。そして最後にケヴィン・オリスが、しっかり跳んだことも、チームとして徹底していると…。まあ、それを可能にするのもまた個なんですが。

ただ、熊本も4試合ぶりにアンカーに入った上里の展開力、三鬼の気の利いた縦パス。上村も嶋田もPAに顔を出せるようになって、京都を一時は追いつめた。どうしようもないような攻撃の手詰まり感は解消された試合でした。

まだまだ強豪チームとの厳しい対戦が続きますが、勝機は十分にあるように感じましたね。

6月5日(月)
【J2第17節】(えがおS)
熊本 0-3(前半0-1)京都
<得点者>
[京]ケヴィン・オリス2(23分、51分)、小屋松知哉(48分)
<警告>
[熊]イム・ジンウ(70分)
[京]ケヴィン・オリス(77分)、高橋祐治(80分)
観衆:4,533人
主審:清水修平


20170605京都

井芹さんはスポーツジャーナリストとしての視点と精緻な戦評。われわれは単なる一般素人のファン目線的雑感という立ち位置の違いがあるのは百も承知ですが、すいません今回の「熊本蹴球通信」のマッチレビュー「第17節 vs.京都サンガF.C./警戒していた高さとセットプレーに屈し、連敗。」は、一字一句思うところは井芹さんと全くおんなじで。もうすいません、手抜きでもなんでもなく、言いたかったことはここに全て書いてあります、皆さんこれを読んでください。としか言いようがありません。

奏功しなかった3バックへの変更に関して、「第17節 vs.京都サンガF.C./試合後の監督・選手コメント」(熊本蹴球通信)でその狙いとタイミングについて記者から質問されている清川監督。スタメンの発表を見たときから首を傾げたベンチメンバーの選考理由についても、「交代でどういう変化を想定しての選定だったのか」と聞かれ、「システムを流れの中で変える状況と、4−4−2で90分行けるというところの人の組み合わせと、その中で決めました」と指揮官は答えていますが、われわれが聞きたかったことをズバリ質問しているこの記者も、もしかしたら井芹さんかも知れませんね。

マッチレビューではさらに、高さのある京都の前線に対して「左右サイドバックの高さのギャップを狙われており、それをゲーム中に修正できなかった」とも指摘されていますし、相手のセットプレー時の守備でも必要だったと思った巻がベンチにもいなかったことに関しては、「以前から予定されていた指導者ライセンスの講習のためだったそうだが、流れやテンポを変えられるカードが用意されていたようには感じられず、ゲームに臨むにあたっての準備やマネジメント、ベンチワークが果たして適切だったかという点にも疑問符がつく」と。もう何も言うことはありません。

「黒木、気を吐く」という小見出しで熊日も記事を書いていたように、この日は右サイドからの攻撃が奏功していました。上里が復帰して、その展開力から大きなサイドチェンジのパスが高い位置に上がった黒木にピタリと合う。ボールを持たせたときのその視野の広さとパス技術はチームにとって最大の武器なのですが、今季のチームは、この人とコンビを組むボランチの選定に苦しんでいるような気がします。セカンドボールを含めた球際の緩さや、相手ボランチへのプレッシャーは、J2のどのチームの中盤と比べても熊本が今一番緩いのではないかと感じています。

試合終了後のブーイングに、林は「あらためてプロの厳しさを思い知った。サポーターの思いに応えるプレーを見せたい」(熊日)と言う。サポーターからすれば叱咤激励の表現。
その代わりいつまでも応援するし、勝ったときは飛び跳ねて喜ぶ。

「開幕から4カ月を経て、チームには課題ばかりが積み重なっている」(熊日)。そう野方記者も結んでいます。井芹さんの厳しい言及も野方記者のこの言葉も、一種のブーイング=叱咤激励に違いありません。

11月6日(日)
【J2第40節】(うまスタ)
熊本 1-2(前半0-2)京都
<得点者>
[熊]齋藤恵太(86分)
[京]イ・ヨンジェ(12分)、山瀬功治(14分)
<警告>
[京]石櫃洋祐(72分)、エスクデロ競飛王(77分)
観衆:5,686人
主審:塚田智宏


「試合の入り方が悪く、それが全てだった」「コンディションのもっていき方で自分にもミスがあった」(熊日)。そう反省するのは、試合後の指揮官・清川監督でした。一方、敵将・石丸監督は、「相手のプレッシャーももう少し前線からかかってくるのかなと予想していましたが、前半に先制点をうまく取れたところから、楽、ではないですけど、狙い通りの展開ができた」(熊本蹴球通信)と言う。

中二日の試合で選手たちのコンディションを気にしながらという状況は、6月の前回対戦時と全く同じでした。あのときは熊本が、岐阜から直接京都入りしましたが、今回は京都が、清水から帰らずに熊本入りしている。そして、その前節・清水戦で決めておきたかったPO出場権を1-4という大差の敗戦で逃した。そのあたりの京都の悔しさ、激しいモチベーションに対して、もっと熊本はしっかり準備しておく必要があったでしょう。

20161106京都

とにかく開始から一方的と言っていいほど押し込まれる。片山が累積警告で欠場のため、この日の4-3-3は、左SBに上原を持っていき、テヨンをアンカーとしたボランチは村上に加えて高柳が勤める。この逆三角形の底辺の2人がどれだけ前に行ってプレスを掛けられるか、あるいは中盤距離間よくボールを納められるかがこのシステムの身上。ただ、京都・堀米が「中盤が食いついてきてサイドバックの裏というのは狙っていました」と言うように、京都の早い球回しにプレスをうまく剥がされると、スペースをいいように使われます。
12分の失点の場面は、GK佐藤からのゴールキックを京都が撥ね返したところから。植田のクリアが高く上がってしまう。薗田が更にクリアしたが、それを拾った堀米がワンタッチで裏へ出すと、イ・ヨンジェが薗田と競ってマイボールにし、右足でコントロールシュート。ゴール右隅に決めます。

ただ、そんな先制点献上より”厳しかった”のは、すぐあと14分の失点。左サイドの裏を狙ったスルーパスに、黒木のスライディングをひらりと飛んで交わした堀米がエンドラインまでえぐるとマイナスクロス。これを山瀬が押し込みます。

これはマズイ。これほど思いのまま崩されるなら、大量失点もあるかも知れないと恐怖するほどでした。

黒木のスライディングをひらりと飛んで交わした堀米。以前熊本在籍中もそのプレースタイルを”牛若丸のように”と評したような気がするのですが、前期対戦時も書きかましたが、更に”線”が太くなった。また、前回対戦より存在感を増していて、左サイドを主戦場にはするものの変幻自在のポジショニングでゲームを作る。もはや京都は”堀米のチーム”と言ってもいいかも知れません。

ここで急遽布陣を4-4-2に変更したのは、清川監督の柔軟性とも言えるかも知れません。ひとつはトップが清武を加え二人になったことで前線からのプレスが効き始めた。もうひとつは堀米のサイドに守備的な村上が付くことで、かなり熊本の守備が機能し始めます。

清武が持つと左に流れた平繁に。平繁のクロスに入って来たのはテヨン。右足アウトで合わせますが枠の左。続いても清武から右サイドの裏のスペースにパス。黒木が追いついてワンタッチクロスに平繁のシュートは枠の右。チャンスが増える。しかし…。数少ない絶好機。きっちりものにしたい…。

後半からは、右サイドには齋藤を入れて、ボランチは高柳を一人外して村上を戻した正規の4-4-2の布陣ともとれるメンバーに。

早速、右サイド裏を齋藤に突かせる。PAに侵入するが切り返したところにDFが入ってゴールならず。

京都も攻め疲れていたが、長いこう着状態が続いたのを見た指揮官は、巻を入れてゲームプランを明確にします。

それでもゴールが割れない熊本は、岡本に代えて上村を入れると、再び4-3-3に。上村がセカンドボールを回収。パスを散らす。というより前線に素早く放り込む。京都をかなり押し込み始めます。

86分、DFラインからのロングボール。PA左で巻が落とすとゴール前の清武がDFを背負いながら反転してシュートを撃つ。これをGKが弾いたところに右から齋藤が詰めてゴールに押し込みます。1点返した!

行け行けの熊本。まだ時間はある。とにかく前線に放り込む。巻を目掛けて放り込む。もはや戦術は”巻”。

しかし悲しいかな、この勢いを持ってしてもあと1点が遠い。同点に追いつけず終了のホイッスルを聞きました。

熊本は勝ち点を上乗せできず43のまま。勝ち点3を得た京都はこの勝利で5位に躍り出て、最終節を待たずPO進出を確定させました。

気になる他会場はと言えば、群馬、山形が勝利して熊本を追い抜く。岐阜が横浜FCを下し勝ち点37を40に。夜の試合で金沢は千葉に先制するものの逆転負け。これで町田に敗れた北九州と、金沢が勝ち点37のままとなったものの、18位に落ちた熊本の下には勝ち点39の讃岐、40の岐阜を加えた4チームしかいない状況。

そして、この状況で次節いよいよ20位岐阜を迎えることになりました。相性がいいように思えて、調子に乗せたら怖いことを知っているJ2同期。しかも、ここ2試合連勝している。

それに勝ち点40とは言え、この土壇場に来ると最もマイナスの得失点差-25を背負う岐阜の心情はただならぬものがあるでしょう。最下位金沢の得失点差-24から、実質的に熊本は自動降格圏を脱したようですが。しかし、J3のほうはと言うと、1位栃木、2位大分。こんな入れ替え戦は想像するだけで吐き気がしそうです。

さあ、いよいよですね。ガチガチの緊張した堅い試合になることは仕方ないかもしれません。ただ、ホームだからこそ、われわれの応援で選手たちのその緊張を解いてあげたい。おそらくホーム最終戦ですから、試合後何らかのセレモニーも用意されているのでしょう。残留をきっちり決めて、カモン!ロッソで喜びあって。みんなで握手しあって。いろんなことがあって「ああ、キツイ年だったね」とみんなで笑いあって。そんなセレモニーで、今年のホーム最終戦を終えたいものです。