FC2ブログ
7月16日(月)
【J2第23節】(えがおS)
熊本 2-3(前半1-2)町田
<得点者>
[熊]安柄俊2(31分、47分)
[町]中島裕希2(9分、19分)、藤井航大(70分)
<退場>
[熊]安柄俊(76分)
<警告>
[熊]安柄俊2(12分、76分)、伊東俊(73分)
[町]井上裕大(39分)、福井光輝(84分)
観衆:3,571人
主審:池内明彦


20180716町田

ぐぬぬぬ・・・。なかなか勝てません。前半戦からのターンを挟んで、これで3連敗。順位こそ19位のままでしたが、下との差がジリジリと縮まってきました。ふーっ。

またしても開始早々の失点という悪癖。19分にも追加点献上。いずれも警戒すべきFW中島。このあたりまで町田に押され続け、熊本のシュートはゼロではなかったでしょうか。

これには試合後の渋谷監督も「残念ながら今日はスタートから、本当に戦いに挑んでいるのかなというような、選手たちがプレーをやめるというわけじゃないですけど、しないように見えるような、非常に残念な戦いでした」(熊本蹴球通信)とさすがに手厳しい。

この日の観衆3,571人のなかには、この時点でもう帰ってしまう人たちもいましたが、2点先取されたあと、ようやくこの日の狙いだった左CBの多々良からの大きなサイドチェンジのパスが右WBの田中に通り始めます。

そんな田中のクロスは大きく左に抜けますが、それを対局の黒木が拾って入れ直すと、ニアの伊東がフリック。安が持って回り込んで脚を振った。DFの股を抜いてゴールに突き刺さります。飛び上がって吠えるように喜んだスタンド。ファン、サポーターに勇気を与える安のゴールでした。

2-0は怖いスコア。それを文字通り体現するように、後半開始早々にも安の追加点で同点。後半から黒木に代わって入った坂本が俊足を飛ばして左サイド奥から入れたクロスを、ニアの皆川が落として、そこに安が飛び込んで来たカウンター攻撃でした。

しかし、「2−2になって、その後も勢いを持って取りに行くのか、2−2になったのでコントロールしてサッカーをやるのか、その部分ではベンチワークもあるかもしれません」(同)と指揮官が反省するように、同点にされても動じる様子のない町田は、サイドの杉森に代えてFW鈴木で押し込んでくる。

70分には再び右CKから藤井に決められ、突き放されてしまいました。

セットプレーに定評がある町田とはいえ、「なんでそこ“どフリー”なの?」と現地では思いました。DAZNで見直してみると、中島も藤井もうまく熊本のマーカーを外してますね。3点目のシーンなどスクリーンプレーのようでした。かなり研究している。

熊本はこの試合、3-4-3から再び3-5-2に戻し、安と皆川が距離間よくプレーし得点も取れた。ただし試合を通して感じたのは、セカンドボールの取れなさ。このシステムの難点なのか、それとも出足の問題なのか。

勝負強さをみせた町田は、一気に2位に躍り出ました。熊本は次節、得点源の安の出場停止を抱えるものの、鳥栖から期限付き移籍した水野が出場できるかも知れない。「悪くない」「今日はたまたま勝てなかった日」「熊本の日じゃなかった」などなど。自分を励ますようにそう思いながら、家路に着きました。

4月8日(日)
【J2第8節】(町田)
町田 2-2(前半0-1)熊本
<得点者>
[町]深津康太(73分)、ドリアン・バブンスキー(90分+4)
[熊]安柄俊(24分)、皆川佑介(76分)
観衆:3,727人
主審:佐藤誠和


20180408町田

惜しかった。もう少しで負けなし町田に土を付けさせるところだったのですが。ボールサイドに密集して細かいパス回しから裏を突く町田の戦術に対して、渋谷監督はピッチを大きく使う、DFの裏に飛び出させる。まさに戦術対戦術の戦いでした。小谷から出たロングパスにGKより先に触ってゴールに冷静に流し込んだ安の先制弾は見事でした。同点にされたあとも、すぐに皆川のヘッドで勝ち越した。しかし、最後の最後、アディッショナルタイムももう残りわずかのラストプレーで再び同点にされ、勝ち点2を失いました。順位は6位に踏みとどまりました。

2017.09.05 町田戦。連敗
9月2日(土)
【J2第31節】(えがおS)
熊本 0-1(前半0-1)町田
<得点者>
[町]戸島章(8分)
<警告>
[熊]三鬼海(76分)
[町]深津康太(28分)、増田繁人(51分)、谷澤達也(70分)、鈴木孝司(89分)、吉田眞紀人(90分+3)
観衆:3,944人


われわれの下手な文章をどんなに綴るよりも、勝利こそ「拍手」数に影響するというのは百も承知ですが、そんななかでも毎回「拍手コメント」を送っていただく“ゆうらん”さん、ありがとうございます。

また負けてしまいました。

今節の0-1は、力の差どおりの点差でした。同点に迫る攻撃も見せたのですが、逆転できるほどの勢いはありませんでした。これで5試合得点もなし。ゴールが遠い。

負け試合のシーンを細かく書いてもしょうがないので、今週も簡潔に振り返ります。

20170902町田

これまでの「入りの悪さ」を払しょくするようなスタートではありましたが、それが持続しない。ボールサイドに人数を掛けてくる町田に対して、大きなサイドチェンジでスペースを突くという意図は、最初から感じられましたが、片山が相手に入れ替わられたあたりから、様子がおかしくなってきました。

「やはり早めにクロスを入れてくるな」と思っていると、右サイドで作って入れたクロスが、この日の強風に煽られてGK畑はパンチングで逃れる。それを左サイドで作りなおして井上が入れ直すと、中央で長身の戸島がほぼフリーの状態でヘディング。ゴールに転がり込みます。DFラインを上げ切れていませんでした。

早々と失点。

しかし、普通なら「まだ十分時間はある」と考えるものですが、今の熊本のメンタルではそう思えなかったのか。「1点がかなりビハインドとしては重い感じになったゲームだった」(熊本蹴球通信)と池谷監督は言う。

ただ、前半も左サイドをえぐった片山からのクロスのクリアを拾った黒木が中央で撃つ。DFに当たったこぼれ球を安が拾ってGKと1対1。これはGK高原のビッグセーブというシーン。あるいは後半も、スローインから巻が繋いで、ニアの安が反転してシュート。こぼれをファーの片山がシュート。このGKブロックの跳ね返りを上里が放ったヘディング。これはゴールマウスに立っていたフィールドプレーヤーに跳ね返されたシーンなど、冒頭書いたように、同点に迫る決定機もいくつかあったのですが…。

指揮官は、「攻撃の3分の1に入っていったときの冷静さや余裕が無い」(同)と悔やみますが、それよりわれわれが問題視したいのは、サイドからアタッキングサードに運んでからの手詰まり感。町田が次々に入れ代わり立ち代わり選手がスペースに動いて崩す、いわば身体が覚えているようなオートマティズムを見せるのに対して、熊本は動かず足元のパスを求めるので楽に奪われてしまう。ここに点差どおりの“差”がありました。

この部分を選手たちのアイデア任せにしていては苦しい。練習で出来ないことが試合で出来るとしたら、それはまったくの幸運でしかないわけで…。

監督交代からまず守備の再構築から取り掛かったので、そこには“ツケ”が回っているのかも知れませんが。

ただ、もはやこの時期。「点が取れないという中で、攻撃にテーマにシフトするのかどうかという課題もあるんですけど、この1週間、もう一度、守備の湧き出てくるようなパワーというものを呼び起していきたい」(同)という指揮官の言葉には賛成です。この試合もセカンドボール争いでことごとく負けていましたので。

そして、順位が近い他チームとの勝ち点差を今日はくどくど書きませんが、「一つ、二つ勝てば抜け出せるということではなくて、残り11試合、最後まで厳しい状況の中でやっていく」(同・池谷監督)という言葉にも賛成します。

ただ、「逆にそういう部分を楽しんでいけるような」(同)という気分には、われわれファンはなれませんけれど…(笑)。

2017.05.05 連敗。町田戦
5月3日(水)
【J2第11節】(町田)
町田 2-1(前半1-0)熊本
<得点者>
[町]戸島章(42分)、井上裕大(78分)
[熊]齋藤恵太(62分)
観衆:3,853人
主審:佐藤誠和


負け試合なので短く。

20170503町田

勝ち点12で順位も15位と近いところに位置する町田とのアウェー戦でした。2連敗中の町田は、試合開始から風上を利用して一気に攻めてくる。それに対して「前半を無失点でいきたかった」(熊日)という清川監督は、それが当初からのゲームプランだったのか、状況を見ての感想なのか、なんとも消極的に感じます。

14分には町田GK高原のロングキックを戸島が頭で落として前に出すと、FW中島がPエリアに侵入してシュート。これはポストの右に反れて事なきを得ました。

前節まで、短く繋いでボールを動かすことに専念していたのに、この日の熊本はDFの裏を狙いたいのかロングボールを多用。しかし、逆風で押し返されるばかり。

「セカンドボールが拾えた部分で点が取れた」(DAZN)と、前半を終えた時点で相馬監督がインタビューに答えたように、ボールは完全に町田が支配し、一方的ともいえる攻勢。42分に町田は、右サイド奥に吉濱が運ぶと、囲んだ熊本の二人のDFに対してヒールパスで出す。拾った大谷がすかさず右から低いクロスを送ると、ゴール前で死角から入り直した戸島が頭で反らしてゴール左隅に流し込みました。

この試合で勝敗を分けた”セカンドボール”の争い。ハーフタイムのロッカールームで清川監督も「セカンドボールを緩めないこと」(DAZN)と檄を飛ばします。そして「背後を狙っていこう」と。

それが実ったのが62分。右SB黒木の自陣からのロングボールが、高い町田のDFラインの裏を取った齋藤に収まり、一気にスピードに乗ってドリブル。GKの飛び出しを冷静に見極め、ゴールに押し込み同点とします。

しかし町田も諦めませんでした。78分、左CKからの展開。途中から入っていた井上が、クリアを拾うとゴール前に入れる。ゴール前で深津が足を出しましたが直接ゴールイン。深津が触っていないまでも、完全にプレーに関与していたので、オフサイドかと思われたのですが、ゴールが認めらました。

前節の”急造”感と違って、この日のGK野村は落ち着いて守っていました。2度ほどファインセーブもありましたが、このシーンは一歩も動けず。「目の前に相手選手がいて、その動きにつられてしまった」(熊日)と言う野村。まだまだ試練は続きます。

熊本は林、モルベッキ、田中を途中投入しましたが、生かしきれず。敗戦となって、順位は18位のまま。逆に町田を12位に押し上げました。

勝敗を分けたのはセカンドボール争いと書きましたが、逆風の前半にロングボール一辺倒だった戦術も解せません。齋藤の一発が決まったものの、その速さや、グスタボの身体能力、いわば”飛び道具”に頼るばかりのように見えた。熊日は「気になるのは、試合を通じて攻撃の形をほとんどつくれなかったこと」と書きましたが、全く同意です。

次節、ゴールデンウィークの最終日は、再び中三日でホームに現在最下位の群馬を迎えますが、このままの戦い方ではかなりの苦戦が予想されます。奮起を!

まず最初に。
今月15日の熊日朝刊で、荒木時彌さんの訃報に接しました。元県サッカー協会長。大津を“サッカーの町”として発展させた元町長でもあり、この人がいなければ今の大津高校がこんなに強豪校にはなれなかったとも言えます。そしてなにより、株式会社アスリートクラブ熊本の初代社長として、その人望のもとにロッソ熊本(現ロアッソ熊本)の設立に貢献していただきました。2008年5月のエントリーで「初代社長・荒木前サッカー協会長が立ち上がりの急場をしのぐ形で就任されました。健康面の不安もありながら(大津町長を退かれたのもそのあたりがあったと聞いています)、これも本当に無理を押してつないでいただいた。そしていよいよ九州リーグがスタートというタイミングでグランメッセ理事長を満了した前田社長にバトンタッチされた…」と書いています。謹んでご冥福をお祈り申し上げますとともに、生前のご労苦に対し衷心から感謝申し上げます。

さて、今節アウェー町田戦は、0-1の敗戦でした。

10月16日(日)
【J2第36節】(町田)
町田 1-0(前半0-0)熊本
<得点者>
[町]松本怜大(48分)
<警告>
[町]畠中槙之輔(90分+1)
[熊]齋藤恵太(42分)、巻誠一郎(74分)
観衆:4,218人
主審:上村篤史


20161016町田

試合開始から、右サイドアウトの齊藤のスピードを生かしCKを得る熊本。5分頃には、アーリークロスをワントップの清武が落として、菅沼がDF右の裏に絶妙のスルーパス。齋藤がGKと1対1になるも、このダイレクトシュートを吹かしてしまいます。しかし、前線の3人の距離感はいい。

対する町田も右CKを得ると、一旦ファーに抜けたボールを中島が入れ直す。ヨンアピンの強烈なダイレクトシュートにヒヤリとするものの枠の上に反れました。セットプレーでの得点数は現在リーグ中2位なのだと、スカパーのアナウンサーが紹介する。

すると直後の16分。小谷と植田の間に蹴られたロングボールに、一気に加速して駆け込んだ仲川のスピードに慌てた小谷が、エリア内で倒してPKの判定。キッカーは場数を踏んだ中島でしたが、これをGK佐藤がぴったりと読み、左に飛んだ。しっかりとキャッチして町田の先制点を阻止します。

これで勢いに乗るのは熊本の方のはずだったのですが、町田の厳しいプレスに押し込まれる時間が続く。バイタルで人数を掛けて細かいパスで崩そうとする町田。仲川の速さに手こずる小谷。そんな前半でした。

「フィニッシュで終わろう」。そんな敵将・相馬監督のハーフタイムでの指示が効いたのでしょうか。後半開始早々の町田のポゼッションのなか、クロスをパンチングで跳ね返す佐藤。何度も拾いなおして入れ続ける町田に、ゴール前、体制を立て直そうとする佐藤でしたが、左45度の角度から町田・松本が、思い切りミドルで振りぬくと、ゴール右隅に決まってしまいます。

その後、熊本は嶋田を入れ、巻を入れ、最後は平繁を投入して、アディッショナルタイム4分が終わるまで惜しいシーンを演出し、最後のCKでは佐藤まで上がって攻撃しますが、結局この1点が、結果的に決勝点となってしまい敗れました。

この敗戦により順位は17位に後退。6位京都との勝ち点差が20に広がり、今シーズンのプレイオフ進出の目がなくなっただけでなく、21位北九州、22位金沢との差も6に縮まってしまいました。

これからは(これからも)1戦1戦、薄氷を踏む思いの戦いが続く。

これももう7年前のエントリーになりますが、日経の名コラム、吉田誠一さんの「フットボールの熱源」から引用した文章を思い出しました。

JリーグのGM講座で講師を務めたリバプール大学のローガン・テイラー博士が「プロサッカークラブは観客に何を売っていると思いますか」と受講生に尋ねる。博士の答えは逆説的。「プロサッカークラブは苦痛を売っているんですよ」と。吉田さんはこう続けます。「支持するチームが先制されれば、サポーターは心を痛める。負ければ、なおのこと。リードしていても、『追いつかれるのではないだろうか』とひやひやする。勝ったとしても、『次は鹿島戦かよ』と心配になり、『こんなことで1部に残留できるのだろうか』と思い悩む。いつになっても心は休まらず、苦しみは続く。」それでも「それがわかっていても、またスタジアムを訪れる。」

しかし、受講者はある思いに至ります。「苦痛を感じてくれるのは、そこに愛があるから」だと。

2009年のあの頃も、相当の”苦痛”を感じていたからのエントリーでしょう。あれからも色々なことがあり、2013年も降格圏を彷徨い、財務状況からクラブ消滅の危機にも遭遇した。

そして今季、熊本を廻る”未曾有の出来事”の状況下で迎えるこの”苦痛”。それはまさしくホームクラブへの”愛”との裏返しに違いありませんね。

荒木さんをはじめ、先人たちの努力があって出来上がったJリーグ100年構想のクラブのひとつわが熊本。引き継いでいくわれわれは、この”苦痛”から逃れようとすることは決してできない。ここから残り6試合を懸命に応援する。ただただそれだけです。