2017.04.25 連勝。金沢戦
4月23日(日)
【J2第9節】(石川西部)
金沢 0-2(前半0-0)熊本
<得点者>
[熊]グスタボ(70分)、嶋田慎太郎(87分)
<警告>
[熊]片山奨典(57分)
観衆:3,322人
主審:井上知大


「最初に風上を取ろうと話していたが、コイントスで取れなかったので前半は耐える展開になると予想していた。その前半を耐えられたことが勝利につながった」(熊日・GK佐藤談)。

一番後ろから見ていた、佐藤の冷静なコメントがこの日の試合内容を端的に表しているようで。それにしても、色々と難しいことの多かったこの試合を、よく勝利しました。

もちろん佐藤が言うように風下になった前半の難しさもあった。その風に乗じて金沢は前節の敗戦を挽回すべく、これまでホームでは無敗という自信をベースに出だしから勢いよく押し込んでくる。

一方の熊本は、前節”特別な日”の勝利で4連敗を止めた。しかし、これがひと仕事を終えた”達成感”になって、どことなくひと安心になってしまっていないか。そんな事情もあり、快勝のあとの指揮官の手綱さばきも、難しいものがあったと思うのです。

システムは互いに4-4-2。完全にミラーゲームですが、マンツーマンディフェンスを敷く金沢の方が、やり易さを感じていたでしょう。熊本の2トップは、前節初得点をあげたグスタボ。それに平繁。

20170423金沢

今節、日曜日最後の時間帯の試合であり、終了した他会場の結果を加味すると、金沢は20位、熊本は19位という対戦。互いに2勝2分4敗。今季から経験豊富な柳下監督が率いている。負けた方が20位に確定する。

セカンドボールを拾い、金沢のプレスをうまく剥いでボールを進める。それが清川・熊本の狙いでしたが、金沢の球際の強さに後手を踏む。セカンドは金沢に収まり、ボールを動かしてゴール前に運ぶ。熊本も村上のミドルや、嶋田のバー直撃のシュートなど惜しい場面を作りますが、やや防戦の雰囲気。

そして、この日のDAZNの中継。実況のアナウンサーや解説の佐藤悠介氏が、金沢の出来を誉めるに誉める。けれど、ホームとはいえ「これぐらいのプレーで、ここまで”手放し”で誉めるかなぁ」という違和感。そして、この二人がホーム金沢を誉めれば誉めるほど、何故か「勝機があるな」と思えてくるのでした。記憶は確かではありませんが、いつか栃木に勝ったときも、こんなちょっと偏った解説があったあとだったような気がして・・・。

そういう意味では、落ち着いて見ていたかも知れませんね。金沢がボール支配率は上回っていましたが、コースは切れて、枠は外れていた。唯一ヒヤリとしたのは前半終了間際、金沢が左サイドを抜けて入れたクロス。ニアでFW佐藤が角度を変えた。中央に走り込んだ大槻のタイミングはドンピシャ。しかしシュートは片山がブロックしました。

そんな前半を評して、柳下監督は「悪くはないけど、難しいゲームになると思う」と言って控え室に去る(DAZN)。試合展開の”臭い”を感じていたようです。

後半風上に立った熊本が押し込む。バックパスに球際厳しく金沢が行く。よくセカンドを拾って作り直している。

金沢のFW中美をべた褒めの解説・佐藤氏。「あとは得点だけ」。しかし柳下監督が、その中美を下げて山崎を入れると「中美はまだ出来た感じがしましたけどね」と。かみ合わない…。

熊本は平繁に代えて巻。このシーズン、巻の役割が際立っているような気がします。ターゲットとして前線に張るだけではない。中盤に落ちてきて、敵のCBやボランチを引き寄せ、潰れ役になってボールを繋ぐ。そしてそれがチャンスに繋がる。

先制点はカウンター攻撃でした。自陣深くから村上が出すと、巻がヘッドで繋ぐ。一旦金沢のDFにカットされますが、このバックパスにグスタボが追いつく。奪ってドリブルで運ぶと背走するのは廣井。グスタボはPAに侵入するや否や意表を突いて左足トゥキックのシュート。これが廣井の股を抜いて、ゴールニアサイドに突き刺さります。我慢に我慢を重ね、ワンチャンスをものにした先制点でした。

前節に続き連続得点で、その能力を見せ付けたグスタボでしたが、この1週間の練習では”心配”もありました。水曜日の練習では清川監督からの説教をくらいます。「気が緩んでいて、あまりによくなかったので練習を止めさせた。そのまま帰らそうかと思ったくらい。(トレーニング中の通訳を兼ねる)フィジカルコーチを通じて説教した」(くまにちコム・がんばれロアッソ熊本!)。
調子に乗ればどこまでも乗る。乗らない場合との波の激しいブラジル人気質。ここでも、ちょっと難しいマネジメントを清川監督がやっていたことがわかります。その結果が、この日の連続ゴールなのだと。

セカンドボールが熊本に収まり始める。それまで勢いのあった金沢がなんだかモタモタしてきた。熊本は黒木のところに小谷を入れた。怪我から復帰してきた小谷でしたが、右SBはぶっつけ本番。しかし、この起用に応えるように要所で金沢の攻撃の芽を摘む。非常に効いている。

この1点をなんとか守りきりたい。そう思っていた終了間際の87分。中盤で奪って嶋田がはたくようにグスタボへ渡す。グスタボは縦にドリブル。金沢のDFが慌てて背走すると、グスタボはエリアの前で追走してきた中央の嶋田へ折り返す。背後を抜けたパスに、回り込みなおした嶋田が冷静に左足で蹴りこむ。きっちりと追加点にします。さすがの解説の佐藤氏も、もう黙り込むしかありませんでした。

強引に撃つこともできたグスタボ。人を使うことも出来る視野を披露してアシストを付けました。

9節にしてアウェー初勝利。そして今シーズン初の連勝。それも2試合連続でのクリーンシートによる勝利。これは大きな自信になるに違いありません。それも、ピンチを凌いで凌いで、粘り強く戦って”勝機”を掴んだゲーム運びの勝利。順位はまだまだ17位ですが、中位はもちろん、上位もうかがえる状況です。

終了間際には、モルベッキも試せた。これから迎えるGWの連戦。総力戦のなか、多くのタレントの力が必要です。次はどの選手が活躍するのか。期待が膨らんできます。

【J2第25節】(石川西部)
金沢 0-0(前半0-0)熊本
<警告>
[金]山藤健太(45分)、安柄俊(90分+1)
[熊]八久保颯(21分)、上原拓郎(30分)、清武功暉(38分)
観衆:3,304人
主審:岡部拓人


われわれは、これまであまり「アウェーでの勝ち点1は御の字」といった書き方はしてこなかったつもりです。前々節の横浜FC戦もそうは思いませんでしたし。しかしこの試合だけは、よく勝ち点1をもぎ取ってきた。そう思います。

前節、清川監督は対戦する徳島のことを「前回対戦とは別のチーム」と評しましたが、今節この金沢も、あのベアスタをホームにしたリーグ復帰後初勝利の対戦時とは全く別のチームのように変貌している。その大きな要因となっているのは、その後鳥栖から期限付きで加入した中美、そして同じく岐阜から移籍の秋葉の存在だったでしょう。順位は20位とはいえ、山形、岐阜を倒し、3連勝を目論む試合。そして熊本へのリベンジでした。

20160724金沢

「出だしから少し金沢さんの勢いがあり、ほぼセカンドボールなど拾えなく、リズムが相手の出足に完全に負けてしまって、良い場面をほとんど作れなかったです」(公式)。試合後のそんな清川監督のコメントが、全てを語っています。試合開始早々からずっと自陣内での耐える時間が続きました。

前半、唯一のチャンスは22分頃。カウンターから右サイドを上がってきた清武。平繁、八久保の姿も見えたでしょうが、得意な角度、エリアに入ると自分で撃つ。しかし、枠の右に外れます。

ミッドウィークのゲームを挟んだ3連戦最後の試合。しかも移動距離の長い金沢の地とあって、熊本の選手たちの疲れはさすがに隠せない。ボールへの出足は鈍くセカンドボールをことごとく拾われ、なんとか奪って攻撃に転じても、なかなか後ろから追い越す動きまでには至らない。角度のいいパス回しで中盤を崩していくというシーンも作れない。悪い時の熊本でした。

60分頃、八久保からのカウンター。右の清武に渡すと、清武は左にサイドチェンジ。平繁が受け取ると、追い越した片山へて縦に入れる。しかしこれを片山がうまくトラップできず。

69分には、左サイドから清武のFK。金沢のクリアを八久保が拾ってクロス。中央清武のヘディングはしかし左に反れる。

後半も、熊本の見せ場はその場面くらい、あとは金沢の猛攻をゴール前で死守する時間が続きます。何度もヒヤリとさせられますが、懸命にボールを掻き出し、身体を投げ出し、最後は金沢のフィニッシュの精度にも助かっている。

「崩されたところもあったが、皆、身体を張って最後のところはやらなかった。皆、疲労は多少あるが、後半は疲労が出たのか、ずっと押し込まれたが、結果0で抑えることができた」(公式)。DFリーダーの植田が振り返ったとおりの試合展開でした。

もちろんこんな一方的な試合でも、一瞬の隙を狙ってカウンターやセットプレーでゴールを割り、勝利を手にするということもあります。(何年か前の厚別・札幌戦がそうでした)

しかし、今日ばかりは全く勝ち点1狙いの試合でしたね。敵ゴールには遠かった。けれど自ゴールは死守する。それを確実に達成した(2試合連続で完封を達成した)チームの頑張りに、大いに拍手を送りたい試合となりました。

これまでは、”勢い”のある相手に対したとき、自らのコンディションの問題もあって、なすすべなく屈してしまっていました。今節もこんな押し込まれっぱなしの試合でしたが、結果として勝ち点1をもぎ取れるように”しぶとく”“我慢強く”なった。そんな成長を感じる試合でした。同じ引き分けでも、きっと金沢はショックのほうが大きいでしょう。

「チームとして守って、チームとして攻めるのが、ロアッソなので、チームとして守った結果、得点が取れなかったのは、自分も含めてもっと攻撃に参加できればよかった」(公式)。数々のスーパーセーブで窮地を救った守護神・GK佐藤は、そう言います。守備陣がいて、攻撃陣がいてということではない。今の熊本の一体感を現しているような言葉。そんななかで掴んだ勝ち点1のような気がしました。

【J2第17節】(ベアスタ)
熊本 5-2(前半5-0)金沢
<得点者>
[熊]平繁龍一2(1分、31分)、清武功暉(9分)、キム・テヨン(36分)、黒木晃平(44分)
[金]山藤健太(49分)、安柄俊(78分)
<警告>
[熊]高柳一誠(54分)、片山奨典(70分)、清武功暉(79分)
[金]可児壮隆(9分)、安柄俊(47分)、辻尾真二(71分)
観衆:2,638人
主審:清水勇人
副審:中井恒、中野卓


先制点がこの試合を決めたと言ってもいいでしょうね。胸のすくような得点でした。

キックオフからの流れ。ゴールラインぎりぎりで奪った嶋田の粘り。平繁がバックステップでDFの死角に入り直して右足一閃。開始からわずか20数秒のこの得点が、選手たちをいろんな呪縛から解き放って、ゴールラッシュの呼び水となりました。

9分にはPA左で得たFKを、清武が速い弾道で直接ニアに蹴り込む。31分には岡本の高速グラウンダークロスに、DFの後ろから滑り込んだ平繁が押し込む。36分にはCKからキム・テヨンのバックヘッドでゴール右に流し込む。圧巻だったのは前半終了間際、金沢のセットプレーを凌いでからのカウンター。嶋田が左サイドを駆け上がると、右サイドからは黒木が猛烈ダッシュ。ピンポイントで合わせて5点目とします。

その1点1点が、これまでの辛さや悔しさを吹き飛ばすようで。併せて、これまでお世話になった柏や神戸だけでなく、応援に駆けつけてくれた多くの他のJチームサポーターへの感謝のゴールのようでした。それにしても前半放った5本のシュートがすべてゴールに結びつくなんて…。

20160608金沢

この日の”ホーム”は鳥栖スタジアムを貸していただきました。この通称”ベアスタ”のピッチに立つのは実に2011年12月以来。あの「堅忍不抜」の横断幕で、鳥栖をJ1に見送って以来です。

あれから約束どおり鳥栖はJ1で待っていてくれている。この日、山口佐賀県知事は挨拶で「ロアッソとサガンの待ち合わせ場所はJ1です!」と言ってくれ、バックスタンドで赤い服をまとってくれていた鳥栖サポからは「友よ ようこそベアスタへ いつでも力になるばい」という横断幕が掲げられました。この温かさと絆は、鳥栖ならではです。そんな”ホーム”アドバンテージにも大いに助けられましたね。

そして試合前日の宿舎での夕飯後、GK佐藤の呼びかけで、選手たちだけでの話し合いをしたのだという。やはり「勝てなくて、内容も悪くて、チームの雰囲気も悪くなっていった。みんなどこか自信なくやっていて、迷いながらやっている感じだった」(サッカーキング)と岡本は言う。それは「ミーティングなんて大げさなものではないんですが、みんなで少しずつでもしゃべってもらった」。しかし、そのなかで「一人ひとりが『何とかしなきゃ』と思う中で、チームとして機能しなくなっていた。それぞれが一人でプレッシャーを感じていて、『みんなで戦う』ということがなくなっていたんだと気付けた」(岡本)のだという。メンタルを”整理”して共有する貴重な時間が取られたことは、この試合を迎えるにあたって重要なことでした。

「コンディションが良く、近いうちに点を取ると思っていた」(清川監督)と言う平繁の、実に平繁らしい2得点。清武本来の力を示したようなFKやドリブル。岡本や嶋田の視野の広いアシスト。けれど前線の選手だけが切れきれだったわけではなく、高柳やキム・テヨンが要所を締め、片山や黒木がサイド攻撃に加わり、DFの園田、植田からのフィードも効いていました。

さすがに後半、プレスが弱くなって2失点。PKの失点はともかく、CKの流れからの1失点目、あの角度から決められるのは、これまでの繰り返しのようで。課題が残ります。ただ、後半をどう凌ぐのかというこの課題は開幕以来のもの。その本来の課題に”戻ってきた”のだとも言えます。

震災以降の復帰戦で、「勝ち方を忘れていた」と巻は言いました。「どうすれば勝てるのか」と清武も悩んだ。選手たちは相当苦悩していたのではないかと。待ち望んだ勝利なのに、試合後の選手たちはまだどことなく固い。喜びを爆発させるということではない、とにかくまずホッとしたという表情。「ようやく勝利を納められた」。その正直な感想に、選手たちはそこまで追いこまれていたのかと。

佐賀大学時代、鳥栖の強化指定選手としてこのスタジアムでJデビューを果たした黒木は、インタビューで感極まって答えに詰まりました。「鳥栖でこんな形で試合ができて、ゴールまでできるとは思っていなかった」(熊日)と言いました。この震災での経験。色々な思いが交錯した涙でした。

チーム全体のメンタルコンディションを取り戻したともいえるこの試合。「ここからがスタート」と主将の岡本が言いました。次のアウェー群馬戦を踏ん張って、次のホーム戦も鳥栖ベアスタでの開催。また、鳥栖の方々の力を借りることになります。いつか我が家へ帰る日まで勝ち続けようじゃないか。決してひとりじゃないんだ。そんな気持ちにさせてくれる今日のスタジアム。選手だけではなく、われわれファンのメンタルも前に向いたような。今日の勝利と鳥栖の仲間たちの気持ちを力にして。

【J2第34節】(石川西部)
金沢 1-1(前半0-0)熊本
<得点者>
[金]作田裕次(66分)
[熊]清武功暉(90分+2)
<警告>
[熊]嶋田慎太郎(81分)
観衆:3,163人
主審:吉田哲朗
副審:大友一平、藤沢達也


前節に続き相手の術中にはまってしまったようなゲーム展開。しかしアディショナルタイムの清武の殊勲弾でなんとか連敗だけは免れることができました。とりあえずよかった。

開幕から気を吐き、一時は昇格圏内にもいた金沢でしたが、ここまで14試合勝ちがなく、現在9位と苦しんでいます。前期うまスタでの対戦も黄金週間の過密日程のなか。0ー2で敗れてどん底の4連敗を喫した相手でした。同じ轍は踏まない。負けたとはいえ前節の戦いも悪くはない。内容では優っていた。過密日程の3連戦を勝利で終えたい。熊本も意気込んで乗り込んでいたはずです。

対する金沢もホームで勝利を飾り、なんとか再浮上のきっかけをつかみたい。

20150927金沢

そんな金沢が立ち上がりから押し込んできました。ロングフィードを右サイド奥まで秋葉が追いかけて茂木にパス。茂木のマイナスパスに中央、佐藤が走り込んでのシュートはダニエルがクリア。続いても中盤で奪うと斜め左。上がってきた大槻につながるとグラウンダーで狙ったシュートは枠の右外。事なきを得ました。

しかしその後は熊本がボールを保持する。嶋田が右サイドから狙ったミドルはGKがジャンプ一番、クリアされる。黒木が左から入れたクロスを常盤がつないで、嶋田が落としたところに齋藤がシュート。しかしこれはGK正面。養父の右からのクロスがファーまで抜けるも齋藤がグラウンダーで入れ直し、中央岡本のシュートはブロックされる。しかしこれを拾った養父が角度のないところから打ったがGK。波状攻撃。

金沢のリトリートぎみの最終ラインを考えて、今日は裏への飛び出し要員として常盤を入れてある。そして前節も調子の良かった岡本が色々なところに顔を出し、起点になる。積極的にシュートを打つ熊本。シュートで終ったプレーにうなずく小野監督。金沢のカウンターを警戒しての戦術だったのでしょう。小野監督が試合後言った「お互いに予想どおりの展開だったと思う」(熊日)というコメントは、前半をスコアレスで終えた金沢にも言える。プランどおりだと。終了間際のFKのチャンス。嶋田が山なりのボールでゴール右隅を狙いますが、キーパーがギリギリ弾き返しゴールを死守しました。

ピッチを大きく使って揺さぶる熊本でしたが、サイドからのクロスも金沢の真ん中は厚い。へたに中央に入っていっても金沢の守備ブロックに捕まってカウンターを仕掛けられそう。熊本は後半、早い時間帯で前線に巻を投入します。

直後の熊本のカウンター。嶋田が右足でアーリークロス。上村のシュートはブロックされるが、それを拾って波状攻撃。しかし実らず。攻める熊本。しかししぶとく守る金沢という構図は続く。

そんななかでの金沢のCKでした。この日、ダニエルの高さを警戒してか、前半にあった3回のCKのチャンスをショートコーナーでつないできた金沢。しかし山藤の左足から放たれたボールに、いつものとおりゾーンで守る熊本のニアサイド、ハンジンの頭の上から打ち込んできたのは作田。ゴールに突き刺します。

警戒し、また恐れていたワンチャンスでの失点。まるで前節の福岡戦を思い起こさせる。熊本はこれで下を向いてしまうのか。焦るのか。

先制した金沢に余裕が生まれたのか、かえって攻撃に厚みが出てくる。熊本はテンポが崩れる。繋げられない。

局面打開をはかる熊本は高柳に代えて中山をボランチに投入。これが奏功。アンカーに位置どった中山が、その運動量に任せて大きなサイドチェンジを多用して攻撃を組み立てる。76分に迎えたCKのチャンス。ここぞとばかりに養父が早いリスタートで入れますがクリア。それを再び拾った養父からのクロス。中央の園田がフリーで合わせますがふかしてしまう。思わずテレビの前で崩れ落ちました(笑)。

残り時間も10分を切ったところで岡本を諦め、清武を入れる。眼光鋭い清武がまたキープ力を生かしてかき回し始める。金沢は高さのあるDFメンデスを入れて守備固め。時間がない。

そしてアディショナルタイム4分が告げられた直後、ダニエルからのロングフィード。巻と競った作田にファールが示される。Pアーク左外の絶好の位置。ボールの前には当然、嶋田と清武。どちらにとってもいい位置と言えました。

GKは嶋田と読んでいたのでしょうか、ボールが見えていなかったような動き。清武の右足から放たれたボールは綺麗な弧を描いてゴール右隅に収まりました。

金沢の手中から15試合ぶりの勝ち点3がスルリと抜け落ちた瞬間でした。丁度自分たちが前節、長崎をそうさせたように。

金沢のゲームプラン、堅守速攻の術中にまんまとはまるところでした。2列に敷いた守備ブロックに攻めあぐねた熊本でしたが、1本のFKが連敗から救いました。

しかし「清武は『流れの中から点を決めないといけない』と課題を挙げる」(熊日)。

なんとか勝ち点1を得たものの、この3連戦で積み上げた勝ち点は2に止まり、順位を15位まで下げました。シーズンも残り試合は8試合。プレイオフ圏内までの勝ち点差は11に広がりました。ただ、中位から下位まで混戦状態といえる今シーズン。これから対戦するどのチームも、勝ち点という結果だけを意識したがむしゃらなゲームプランで臨んでくることが、この連戦でよくわかりました。最終コーナーを曲がって、ゴールまで一直線に入って鞭が入った。最後は鼻差の勝負になってきたような気がします。

【J2第9節】(うまスタ)
熊本 0-2(前半0-1)金沢
<得点者>
[金]秋葉勝(2分)、清原翔平(68分)
<警告>
[熊]養父雄仁(24分)、常盤聡(67分)、黒木晃平(70分)
[金]チャ・ヨンファン(72分)
観衆:4,790人
主審:池内明彦
副審:中野卓、櫻井大輔


20150426金沢

16時キックオフとはいえ、西日の差し込むスタジアムは暑い。熊本の短い春が終わりを告げたのを感じました。

熊本のスタメンは、ボランチに養父が帰ってきて、その左に黒木。CBには強化指定選手の高校生・野田が入り、園田が右SBを務めます。GKを畑に代えたのにはちょっと首を傾げましたが…。この黄金週間を挟んで2週間での連戦にあたり、「常にピッチの中では100%のエネルギーで満たそうということで、少し変えながら5連戦を戦っていくことになる」(九州J-PARK)という小野監督の思惑を聞かずとも、今年もこの時期、総力戦で戦っていくだろうことは予想できました。

しかし…。開始2分でまさかの失点。多少の気落ちはしたものの、ただ時間はたっぷりある。そう思って観ていた。けれど、後半68分には追加点を与えてしまう。いずれも今シーズン鬼門とも言えるセットプレーからの”あっけない”流れ。

前節のエントリーで最後に、「しばらく辛抱の時期が続く。そう覚悟しました。」、そう書いたものの、さっそく辛い試合結果になってしまいました。わずか1週間そこらで、そう言うのも酷なのかも知れませんが、今日の試合では、チームに全く何の変化も、兆しすらも感じられなかった。それが何より残念でした。

堅守速攻を売り物にして、参入1年目にして現在リーグ2位につける金沢。「しっかり守備から入ろうと」いう森下監督の意図のもと敷かれた2列のブロックは、まるで横浜FCのときを思わせる。そしてブロックに引っかかったボールは、高い位置で居座っているFWの水永が制空権を独占し、そこに清原や田中が飛び込んでくる。わかりやすい。典型的なカウンターサッカー。

それに対して、ブロックを破れない熊本は、金沢のカウンターへの対処から、ボールを奪う位置がどうしても自陣内になってしまいます。そして、”ガツん”と行った球際がファールを取られてしまう悪循環。これまで金沢の得点の多くはセットプレーから得られていたにもかかわらず、なにしろ自ゴール前でのファールが多い。

全く金沢の戦術どおり、ゲームプランどおりに“ハマって”しまった90分を見せられてしまいました。前節のエントリーで引用したサッカーコラムJ3plusの記事、フレーズが再び思い浮かびました。「相手チームから見ると『戦いやすい相手』」。まさに、そんなゲームを見せられたような気がして。

プロとしてはデビュー戦となった田中達也のプレーが観られたのが唯一の収穫だったかも知れません。途中から入って、サイドで何度か起点を作りました。やはり今のチームには、ドリブルで変化をつけるタレントが欲しい。しかし、その田中も、巻と片山の交代で、左SBに下げられると、一気に攻撃から遠ざかることになりました。

フラストレーションを溜めたファンの心理は、試合後にスタンドに挨拶に来た選手たちに怒号を浴びせかけていました。そんななかにも、叱咤激励の言葉は確かにあり…。

われわれがいつまでもがっかりしている暇もなく、もう明日の千葉戦が待っています。