8月5日(土)
【J2第26節】(維新公園)
山口 1-2(前半0-1)熊本
<得点者>
[山]レオナルド・ラモス(51分)
[熊]植田龍仁朗(24分)、八久保颯(75分)
<警告>
[山]レオナルド・ラモス(60分)、岸田和人(63分)、宮城雅史(90分+3)
[熊]上原拓郎(79分)
観衆:4,999人
主審:清水修平


群馬戦でも書きましたが、順位が近い相手との戦い。これぞ「勝ち点3ではなく6の価値」がありましたね。この勝利で熊本は、順位こそ19位と変わらないものの、勝ち点を26まで積み上げ、20位山口との差を7まで広げることができました。そして17位、18位の背中も見えてきた。

前回対戦時は、池谷監督に代わってすぐ。その前の天皇杯・水戸戦で試したばかりの3バックで挑みましたが、試合後のエントリーでは「対する山口も同システム。ミスマッチが生まれるどころか、ボールの動かし方、プレスの剥がし方すべてにおいて『向こうの方に一日の長があった』(池谷監督)」(2017.06.28 山口戦。5連敗)と書いています。

それからすると今日は、指揮官が「4枚できてくれて良かった」(熊本蹴球通信)と試合後言うような一面もありましたが、守備はしっかりオーガナイズされ、攻撃も前回は「攻撃の際の約束事がないように感じます。ここに付けたら誰がどこに走って、次にどうするのかと言ったような…」(同)と嘆いたことが嘘のような成熟度を示しました。

20170805山口

上里に代わって先発したボランチの三鬼が、「パスでリズムをつくる自信はあった」(熊日)と言うように、ボールを受けては縦に横に、いい角度で敵のプレスをかいくぐるようなパスを供給する。

前線の巻は中央でどっしりと構え、相手DFを押し込むだけでなく、ボールを受けてはシンプルにはたくことによって、八久保、嶋田の両シャドー、あるいは両WBを走らせる。

山口の反転攻撃には、今までのような全員で押し上げ、後ろから追い越してくるような勢いがない。逆に熊本の選手たちのポジションへの帰陣が早いせいもあるかも知れない。

先制点の場面はCKから。「練習で何度もやってきた形」(熊日)と植田が言うが、ニアの巻が潰れたところに入ってきたボールを植田が頭で押し込んだもの。しかし、この得点シーンから以前に熊本のいいリズムが続き、ボールを動かしながらバイタルを襲っていた。このCKを取った前のシーンは、左サイドにいた三鬼からの縦パスを、セットプレーで残っていた小谷がすらして、そこに走り込んだ嶋田が奥からクロスを入れたのがブロックされたもの。3人目、4人目が係わる攻撃も出来ていた。そんないい流れのなかで、きっちりと”練習どおり”の点が取れました。

この流れのなかで追加点が欲しかった熊本でしたが、前半途中から山口が3バックに変更してシステムをマッチアップさせて来るとスペースがタイトになる。後半さらに山口は球際を強めてきました。

すると山口に、中盤からDF裏を狙ったボールを送られると、レオナルドラモスと競った小谷がファールを取られてPK。これをラモス自身に決められて同点にされます。

ホームサポーターの声援に勢いづく山口。熊本は自陣に押し込まれ、山口の時間が続きますが、この不利な時間帯を辛抱強く凌ぐことができるのが、今の熊本の真骨頂かも知れません。

その前から足を伸ばすシーンがあって、「攣ったな」と心配していた八久保でした。ベンチの池谷監督は交代カードに関して、「ディフェンスが破綻するのがいちばん怖い」(熊本蹴球通信)という思いのなか、「少し我慢をしながら準備をしていた」と言う。そんな時間帯。

GK畑からのキック。前線で巻が粘って落としたところに、八久保が奪うように拾って素早くミドルで撃つ。ドライブが掛かったシュートは、「前半から相手のキーパーの位置が高くて」(熊本蹴球通信)と狙っていた八久保の読みどおり、GKの頭を越えて、綺麗にゴールネットを揺らし、勝ち越し点とします。

すぐに八久保に代えて岡本。八久保はベンチの控えの選手たちの祝福に迎えられる。

後半アディッショナルタイムは6分。山口にすれば同点はもちろん、逆転するにも十分な時間が与えられました。しかし、この日もGK畑の90分間通した安定したプレー、片手一本のビッグセーブなどもあり、その後のゴールを死守しました。終了のホイッスルの後、両手の拳を振り上げて喜ぶ指揮官の姿が、この勝利の価値を物語っていました。

「いつも通り、目立たないようにプレーしていました(笑)」(同)。こんな軽口が巻の口から聞けるのもいつ以来でしょうか。それもこれも、最後まで走り続けたこの試合90分間の自身の”出来”に十分満足しているからでしょう。この試合での彼の働きは、監督はもちろん、観ていた誰もが認めるところでした。シュート数こそゼロでしたが、これぞポストプレー、これぞ前線での守備、これぞ巻というプレーの質、そして存在感、貢献度でした。

巻、グスタボ、安・・・。全くタイプの違うワントップを相手のスカウティング次第で使い分ける。その相性も見ながら、シャドーの選手や、ボランチにコンバートした三鬼も使いながら全体を構成する。このゲームの成果は、勝ち点3を得たことはもちろんですが、それに加え、指揮官に多くの”システム的オプション”を与えてくれることになったのではないでしょうか。それは3バックのこのシステムの成熟度が、あの前回対戦時よりは進化したという意味も含めて・・・。

6月25日(日)
【J2第20節】(えがおS)
熊本 0-2(前半0-1)山口
<得点者>
[山]岸田和人(29分)、星雄次(63分)
<警告>
[熊]米原秀亮(17分)、グスタボ(20分)、イム・ジンウ(26分)
[山]宮城雅史(45分)
観衆:4,568人
主審:山岡良介


熊本は10試合勝ち無しの最下位山口に7試合ぶりの勝利を与え、勝ち点15のまま足踏み。順位は19位と変わらないとはいえ、完全に最下位グループに飲み込まれてしまいました。

なかなかうまくいきません。

「リーグ戦とは違ったカップ戦という公式戦を戦えることは”いい巡り合わせ”」と書いた水曜日の天皇杯・水戸戦でそれなりの手応えを得たと思ったのですが。だから中三日とはいえ、その試合から村上、巻を代えただけというスタメンも、アウェー水戸戦が見られなかっただけに、期待しかありませんでした。

しかし、開始早々こそワンタッチの流れるようなパス交換でバイタルを襲うシーンがありましたが、度重なる自分たちのファールでリズムを失うと、山口にボールを支配される時間が長くなる。そうなるとさすがに疲労が表面化し、球際の弱さでプレスが剥がされ、相手に繋がれる一方。

「疲労は当然あるんでしょうけど、疲労を言い訳にできるようなことではないと思います」(熊本蹴球通信)と池谷監督は言う。それよりも問題は大きいと言いたげな。

20170625山口

熊本はスタートから新布陣の3-4-3で臨みましたが、対する山口も同システム。ミスマッチが生まれるどころか、ボールの動かし方、プレスの剥がし方すべてにおいて「向こうの方に一日の長があった」(池谷監督)と言う。確かにそうですが、他のチームと比べて熊本は、攻撃の際の約束事がないように感じます。ここに付けたら誰がどこに走って、次にどうするのかと言ったような…。

失点はいずれもCKのこぼれ球を拾われ、押し込まれたもので、相変わらずセットプレーに弱点を露呈しているのですが、これも昨日今日に始まったことではなく、大きな課題として続いています。

監督交代してから「ドタバタしての3試合だったので、今週1週空くので、メンバーも含めてですけどしっかり立て直していきたい」と指揮官は言う。確かにそういったことはあるかもしれない。

しかし、「どこでスイッチを入れて1/3を攻略するのか、シュートで終わるのか。そういうところが今日でいくと、ほぼできていないので。これを今週、しっかり落とし込んでいきたい」とも。

監督が代わったり、システムを変えることで、チームが激変するなんてことはそうそうないのでしょうが、次節で全チームとの対戦を終え折り返しを迎える時期に、うちはまだ指揮官がそんなことを言っている状態なのかと思うところもあり。やはり開幕前のキャンプから今まで、次々に、代わる代わる怪我人が出てきてしまったツケが、こうなった要因なのでしょうか。どうなんでしょうか。

10月2日(日)
【J2第34節】(下関)
山口 0-2(前半0-2)熊本
<得点者>
[熊]菅沼実(10分)、植田龍仁朗(33分)
<警告>
[山]ユン・シンヨン(43分)、三幸秀稔(90分+4)
観衆:7,609人
主審:三上正一郎


やりましたね。8試合ぶりの勝ち点3。しかも完封勝利です。

思えば4月9日の前回対戦のこの山口戦が、震災前の最後の試合。そしてそれは1-2の敗戦でした。7節にして順位は5位。しかし、スカパー実況の山崎アナの「もう連敗は許されない試合!」という絶叫に、まだまだ長いシーズンのなかで「『もう』とはどこからくる感覚なのか。」と、その試合のエントリーで苦言を呈しています。あれから色々なことがありましたが。17位の順位で迎えた今節。遠い昔のような感覚にも襲われます。

山口は、6試合勝利から遠ざかっており現在10位。一時期の勢いはないものの、前節も岐阜に2-3まで追いつく得点力はあなどれない。警戒すべきはボランチの庄司と三幸が作る攻撃。そして前線の中山の決定力。

対する熊本は、今節も4-1-4-1。ただし前線右サイドには齋藤を先発させる。J3対戦時に、山口相手に2得点している齋藤。そのイメージで山口に警戒させる意図もあったのかと。

20161002山口

山口のボールでキックオフ。2人でドリブルで持ち上がろうと試みる。”らしさ”を見せる山口に、熊本のボランチ上村は「『やっぱり、こうくるのか』と感じたという」。(熊本蹴球通信)「庄司と三幸の両ボランチにパスを出させない、ゲームを作らせないことを念頭においてゲームに入ったが、このファーストプレーでその意識がいっそう強くなった」と。

入りから飛ばしてきた山口は、左サイドを抜き去りクロス。抜けたところで右サイド拾ってバイタル右からグラウンダーで入れる。島屋がDFラインの前で受けると反転。迷わず右足を振りぬいた。ひやりとしましたが枠の右にそれます。

ただ熊本も、右サイド奥に送られたボールを齋藤が粘り強く奪って、エンドラインぎりぎりからクロスを送ると、ゴール前清武はダイレクトボレーシュート。惜しくもこれは大きく枠の上に外れましたが、「立ち上がりから構えることなく、アグレッシブにボールに行って、自分たちのプレーをしようということで」(公式)と清川監督が言うように、コンパクトな陣形から奪ってチャンスを作って押し込みます。

その姿勢が”実った”のが1点目。一旦DFラインまで下げたボールを植田がロングで放り込んだ。山口のDFとGKがお見合いするように重なり、DFのヘッドのクリアは真上に大きく上がる。菅沼が落下点に入り、クリアしようとしたGKのファンブルを誘うと、バイシクルシュートのように反転してシュート。ゴール枠に収めます。開始10分の早い時間帯でした。

キーパーチャージという反則はもうありませんが、GKがもんどりうったら、大半の場合攻撃側にファールの笛が吹かれる。キーパー側が守られる印象が強い。しかしこの場面、落下地点に先に入っているのは菅沼。あとから入ったGK一森が、菅沼のブロックに横転しただけでした。三上主審の目は確かでしたね。

その後も右サイドで上村が敵DFに挟まれるなか粘って反転切り返しから齋藤が縦に入ってエリアに侵入。シュートは惜しくも枠の上でしたが、山口の守備を大いに脅かします。

山口の攻撃に関しては、上村と中山で庄司と三幸を警戒すると、テヨンが前線に入るボールのコースを消し、CBの小谷と植田がCFに入るくさびのボールを潰す。山口の得意な、DF裏へのダイレクトパスを予測して対応する。山口に攻撃されても、フィニッシュ(シュート)まで行かせない守備を徹底していました。

33分。熊本の右CK。清武のボールは、ニアの植田の高い打点にピンポイントで合うと、反らしたボールはゴールイン。GK一歩も動けず追加点を上げ、前半のうちに2点差とします。山口は高さに弱点がありました。

しかし、指揮官はハーフタイムで「次の点を取るか、取られるかでわかれるぞ!」と、選手たちを叱咤します。2-0がサッカーで一番危ない点差。それを知ってのこと。前回対戦では、全く逆のシチュエーションでした。あのときは熊本が1点を返した。しかし敗れた。

後半のカギは、いかに陣形をコンパクトに保てるか。熊本は中盤を引き締めるために、この試合も中盤の中山に代えて村上を入れる。山口が福満に代えて岸田を入れ、中山との2トップにすると、さすがに山口に一方的に攻められ始めます。前半、面白いように転がってきたセカンドボールも、一向に取れなくなってくる。同じ頃に、頼みの清武が足を攣る。走れなくなる。

ここで我慢してラインを上げる必要がある。それが熊本の勝利の条件でした。ただ、見ていてわれわれは何故か負ける気がしなかった。勝気に逸る山口に、何故かゴールを割られる気がしなかった。前節、前々節に無失点で凌いだ長い長い時間を思えば、この後半くらいだったら自信を持って守りきれる時間に感じたのです。勝ち点1に終わった前の2試合がこの日は勝ち点3を確信させてくれました。

4-1-4-1なら守れる。失点しない。その自信は4試合目にして勝ち点3を呼び込みました。リーグ有数の攻撃力、得点力を誇る山口を零封。これはなにものにも替え難い、この時期の成果に違いありません。

順位は15位に上げ、降格圏21位金沢との勝ち点差は8となりましたが、残りゲームはあと8試合もあります。まだまだ安全圏と言える状況ではありませんが、3試合連続の無失点。ひところのチームコンディション問題も上向いてきた手応えがあり、この勝利の価値は小さくありません。ちょっとした転機になったゲームかもしれません。われわれは、今しばらくこの余韻に浸りたい気持ちです。

2016.04.11 山口戦。連敗
【J2第7節】(うまスタ)
熊本 1-2(前半0-2)山口
<得点者>
[熊]平繁龍一(46分)
[山]中山仁斗2(1分、45分+1)
<警告>
[熊]嶋田慎太郎(22分)、巻誠一郎(88分)
[山]北谷史孝(20分)、三幸秀稔(51分)
観衆:6,731人
主審:大坪博和
副審:竹田明弘、鈴木規志


20160409山口

試合中、「これはちゃんと山口をスカウティングしていたんだろうか?」と首を傾げたくなりました。ファンレベルのわれわれでさえ、山口が短いパスを繋いで攻撃に一気に人数をかけてくることぐらい知っている。それに対して、なすすべなく後手に回る熊本。

前節のエントリーでは、ちょっと清川監督に厳しいことを書きましたが、熊本蹴球通信のマッチプレビューでは、この山口戦を前にして清川監督は、「去年から選手もあまり変わっていないようだし、つなぐサッカーをやり通してきている。周りの選手が分かって動き出していて、流動的。身体が自然に動いているので、慌ててしまうと後手後手になっていく。行ける時には厳しく行って、相手のやりたい事に制限をかけたい」と、まさにその通りで、決してスカウティングが出来ていないことではない。では、何故にその悪い事態を招いてしまったのか。スカウティングビデオは今季誰が作っているのか。それによるミーティングと対策は?前節、ベンチワークと書いたように、これは監督だけでなく、3Sという首脳陣全員、そしてそれを支えるスタッフ全員の責任のような気もします。

「慌てて」という意味では、立ち上がりのいきなりの失点が、選手たちをそうさせてしまったのでしょうか。電光掲示板の時計が、まだ1分を数えない時間でした。熊本にとっては右サイドからの山口のスローイン。短く繋いでバイタルを崩すと福満が正面から強烈シュート。GK佐藤がこれを弾いたところに中山に詰められました。山口のパス回しに熊本の選手は全く対処できず。最後は詰めた黒木も交わされて。

戦前の選手たちの言葉、「つながせるところはつながせる」(平繁龍一)、「最終的に入ってくるところの“狙いのパス”を摘んでいければ問題ないかなと思う」(上村周平)から察するに、そういう戦術だったのか。いや、井芹さんも今度は試合後のマッチレビュー(熊本蹴球通信)で書いているとおり、「立ち上がり早々の失点で『飛び込んではまずい』という意識も働い」たのか。試合後の監督インタビューでは、「プレスをかけるということは伝えています」と応えていますが、今日の熊本の守備は2列のブロックを敷いて、いつものようにはボールを取りにいかないように見えた。逆に山口の方が前からプレスを掛け、球際強く奪っていく。われわれがやりたいサッカーを山口にやられてしまった。

早い失点でしたが、熊本も前半の半ば頃にはチャンスを作り始める。嶋田がドリブルで敵をひきつけて、左から上がってきた黒木にパス。黒木の強烈シュートはGKがクリア。黒木のモビリティは、山口も苦しめます。

しかし、「相手のボランチが2人とも引いたときに、前へ出るかとどまるか駆け引きしたが、うまく捕まえきれなかった」(熊日)と高柳が言うように、山口の攻撃を組み立てる庄司と三幸をフリーにさせると、攻撃をクリアしてもまた山口に拾われ、パスを出してもカットされる。特に、足元で待つパスを後ろからカットされては、危ない場面を作られるシーンに、スタンドからも「後ろ!後ろ!」という声が飛びます。

前半終盤、GK佐藤からのキックを清武が収めてパスを出すと平繁がPエリアに侵入。しかしシュートはGKに阻止される。そのあと、アディッショナルタイムに入った時間帯でした。1点目と同じような展開。山口がスローインからまた短く繋いで島屋に入れるとPエリア左から角度をつけてシュート。これを佐藤が横っ飛び触って出そうとしましたが、右に詰めていたのはまたしても中山。ふかすことなくゴールに突き刺します。熊本にとっては、なんとも残念な時間帯での追加失点でした。

熊本は後半メンバーを代えませんでしたが、ハーフタイムでは戦術面の修正が図られたのではないでしょうか。そして清川監督は「自分達からパワーを出さなければ、この2点ははね返せない。信頼している。45分しっかりやろう」と選手たちを送り出しました。清武が胸のエンブレムを何度もたたく。スカパーでは解説者の松岡康暢氏が「2-0はサッカーでは一番怖い点差。立ち上がりで取れればわからない」と言う。そのとおり。

その後半開始早々でした。左サイド奥で得たFK。清武の右足から放たれたボールはニア。飛び込んだ平繁がブラインドになってGKがこぼす。これが平繁の身体に当たってゴールに転がります。まず幸先よく1点返した!

続いても左から嶋田のクロスに平繁がシュート。これはGKがクリアするも、熊本は前半とうって変わって、守備をセットして待つのではなく、激しくプレスに行き始めました。

しかし、2-0から1点返された山口の選手たちに、慌てた様子は見られませんでした。戦前「熊本はボールを取りに来てくれるのでやりやすいところもある」(スカパー)と敵将・上野監督が不敵なことを言っていたように。63分には右から作って星のシュートを、また佐藤がクリアしたところに中山が詰めてきましたが、その前で藏川が足を出してCKに逃れます。危ない。3点目は許せない。

この日の気温から選手たちの消耗も激しい。熊本は中盤の運動量を上げるために上村。そして昨季J3で山口を苦しめた齋藤と2枚替えのカードを切る。78分には岡本を下げて前線に巻。

上村こそ、狙いすましたインターセプトから気の効いたパスを出し、次は回り込んでの攻撃と、攻撃を活性化させましたが、同時に入った齋藤は、ファーストプレイでDF裏に飛び出しPエリアでDFと競いあったものの、その後は意気消沈したように良いプレーが出ない。活かされない。どうしたのか。

頼みの黒木も、兄恭平をストッパーに入れられて苦戦すると、アディショナルタイムは4分。清武のロングスローからニアでこぼれて、そのクリアを拾った上村の抑えたミドルシュートを、黒木が角度を変えようとヘディングしましたが枠の左。好機を活かせず、残念ながら主審が終了の長い笛を吹きました。

うーむ。残念な敗戦です。しかし、この試合についての疑問点は、冒頭に書いたとおりで、選手たちがどんなイメージで試合に入っていったのかというところに尽きる。試合後、挨拶に来た選手たちに、スタンドから野次や怒号も飛んでいたようですが、それにもちょっと違和感が…。ましてやスカパーでは試合途中、「もう連敗は許されない試合!」と実況の山崎アナが叫んでいましたが、「もう」とはどこからくる感覚なのか。

確かに敗戦は悔しいし残念です。そして連敗ということも。もちろんわれわれもガッカリしています。しかし、敢えて言うなら”連敗は避けたい試合だった”というような状況ではなかったかと。結果は残念ながら力及ばず敗戦となりましたが・・・。

あの最下位に苦しんでいた昨季。どん底の選手たちを鼓舞するようにひとつのチャントをずっと歌い続けた、われわれの誇らしいゴール裏はどうしたんでしょう。スタートダッシュに成功して、一時単独首位に立ったことで、ファンもサポーターも、周りのマスコミも、少し“感覚”がズレてしまったのでは…。

次節はアウェイで京都と対戦。2勝4分1敗、順位は10位と苦しんではいますが、熊本にとってはあまり良い印象のない、どちらかと言えば相性は悪い。けれど、このリーグに簡単に勝てる相手などいないと同時に、最初から負けと決まっている相手もいない。

7節にして順位は5位。上等です。長いシーズン、今日のように思うようにいかないゲームもある。どんな時にもわれわれのホームチームを、選手たちを信じていこうじゃないですか。チームには、今日の敗因を省み、相手を上回るスカウティングと戦術的修正、自分たちの強みを前面に押し出した戦いを望みます。まだまだリーグ戦は長い戦いです。