FC2ブログ
3月10日(日)
【J3第1節】(えがおS)
熊本 2-2(前半0-0)長野

<得点者>
[熊]原一樹2(81分、88分)
[長]東浩史(51分)、山田陸(86分)
<退場>
[長]大島嵩弘(80分)
<警告>
[熊]中山雄登(85分)
[長]山田陸(33分)
観衆:6,478人


J1、J2に遅れること2週間。ようやくわが熊本にもサッカーのシーズンが訪れました。この2週間のなんと長く感じられたことか…。

開幕カードはAC長野パルセイロ。全く初めて対戦する相手ですが、昨季まで栃木を指揮していた横山監督の手腕は知らなくもないし、前線の木村、三上、東の名前も聞き覚えがある。それにしてもJ3チームとは一体どんなサッカーをしてくるんだろう。そんな不安と緊張感でキックオフの笛を聞きました。

20190310長野

開始1分でいきなり訪れたビッグチャンス。ロングフィードに長野のDFがかぶってボールを失うと、原が保持して、追い越してくる伊東へ。ところがPA内で伊東がぬかるんだピッチに足をとられてスリップ。原が拾ってシュートしますがGKにブロックされてしまいます。

その後は、なんとも硬い。ホーム開幕戦独特の雰囲気からか、予報通りに激しくなってきた雨脚のせいなのか、なかなか自分たちの思うようにボールを動かせない。長野の前線3人のプレスも厳しく、上村、中山の両ボランチも前を向けません。しばらく我慢、我慢。

長野の波状攻撃をしのぐ時間帯が長く続きますが、そこからカウンターで持ち込んで黒木が上げたクロスをDFがクリアして得た熊本のCKのチャンス。中原のキックにGKが飛び出し、かぶってゴールマウスを留守にする。ファーで拾った鈴木がすかさずシュートしますが、立ちはだかったDFがブロックしました。

長野。なかなか強いな。前半五分五分といった感じと思いながら折り返した後半早々、試合が動きます。51分、鈴木が鋭い読みから長野のくさびのパスをカットするものの、出しどころを探したのか球離れが悪く、サンドされると奪われ左に流される。左から内田がクロスを入れると、戻りきれていなかった熊本DFの大外に東が飛び込みジャンピングボレーで押し込みます。

先制された熊本は、すぐさま坂本に代えて三島を投入。伊東を一列下げた。三島の頭という明確なターゲットが出来た熊本は、アーリークロスの供給者として高瀬も投入。三島が落として原が走りこむ形ができ始めます。このあたりは「技術の高さより、戦術が明確なチームが強い」(3月9日付熊日朝刊 昨季J3福島で全試合に出たMF田村翔太のコメント)を思い出しました。

長野のFW陣も疲れが見え始め、ボランチへのプレスが緩くなってくると、そこに更にフレッシュな田辺を入れる。今日のベンチワークは早め早めの決断。

すると81分、長野から送られたロングボールを最後列で跳ね返すと、そのボールを三島がワンタッチで前に。PA内に抜け出そうとした原のランニング。それを代わって入ったばかりの大島が後ろから引っ掛けて笛が鳴る。一発レッドで退場。PKを奪取します。

これを原がきっちりと決める。ゴール裏からは新しく原のために作られたチャントが繰り返し歌われます。

ところが一人少なくなった長野に追加点を与えてしまう。FKのクリアが小さいところをドライブの掛かった敵ながらあっぱれなミドルでゴール左に決められます。

「正直、気持ちも折れかけました」(熊本蹴球通信)と、そのときのことを原も振り返る。しかしすぐ2分後、田辺のふわりとしたクロスをゴール前で三島が落とすと、反対側にいた原が体勢を崩しながらもボレーで押し込む。再び沸き上がるスタジアム。

結局、試合はこのままドローで終わりますが、新加入・原の2得点が新チームの“エース”の存在感を明確に示したゲームになりました。

「あそこまで繋いでもらったからこそのゴールだし、それも途中から出たナベ(田辺圭佑)と三島からなので、サッカーって本当、11人だけじゃなく、ベンチにいる7人や他のチームメイトだったり、雰囲気を作ってくれるサポーターたちでゴールは取れるものだと思う」(同)と言う原。DAZNのインタビューを終えて、チームメイトより遅れて一人、バックスタンドからゴール裏、メインまで小走りで回りながら手を振り、挨拶した。ファン・サポーターの心を、この1試合でワシづかみにしました。

しかし、「しっかり勝ちにつながるゴールを取れるように、もう1点取れるように、早い段階で先に点が取れるように、成長しなきゃいけない」(同)とも言う。

そう。攻撃に関してもそうだが、この試合の失点の部分も曖昧にせず、しっかりとフォーカスして修正しなければならない。

甘くない。そして、長いシーズンが始まったようで、実はあっという間の34節のJ3リーグなのではないかと思ったからです。