FC2ブログ
10月27日(日)
【J3第28節】(えがおS)
熊本 3-2(前半0-1)沼津

<得点者>
[熊]岡本知剛(48分)、高瀬優孝(64分)、北村知也(72分)
[沼]染矢一樹(40分)、石川大地(81分)

観衆:4,501人
主審:上原直人


20191027沼津

1点のビハンドで迎えた後半。いつもならゴール裏のトランペットの前奏で始まるお決まりのチャント「コーヒールンバ」がありませんでした。その代わりに坂本、村上、高瀬ら選手チャント。そして続いたのが、「カモン!ロッソ」。そう、まさしく後半、こっちのゴールに来い。そして点を奪え。逆転するまでこのチャントを続ける。そうゴール裏のサポーターは決意したそうです。

後半開始から前線2人のうちどちらかを代えるのでないかな。われわれはそう見ていました。確かに前節の途中から試した中原のトップ下は面白いし、代わりに右サイドに入った坂本も、積極的に前を向いてスペースを突いていました。しかし、いくら沼津のDFラインに高さがないとはいえ、北村と中原前線2人では攻撃の選択肢が限られる。

しかし、それは全くわれわれの素人分析で、ハーフタイムのロッカールームで指揮官が厳しく叱咤したのは、切り替えと球際の強度のところでした。

「北村と(中原)輝があまりにもプレッシャーをかけない。奪われた後にプレッシャーに行かない。彼ら2人が、今回の戦いの中で本当に本気になってゲームに入っていたかというところ」(熊本蹴球通信) 。試合後の会見で、そう渋谷監督は明かす。

確かに前半40分にPKを与えたシーン。自陣深くで高瀬がクリアパスを繋ごうとしたが、鈴木が気付かず、上村がカバーして相手を倒したものですが、その前に「 FWのプレッシャーが足りないからあそこにボールを入れられる」(同)といった遠因がありました。

そして前節からの課題は、攻撃の際にパワーと人数を掛けて攻めきれるかということ。

後半、その成果がすぐに表れます。3分、中原がボックスの左外から入れたクロスはブロックに入ったDFの足に当たり大きく跳ね上がる。それを坂本が競るとボールはファーサイドに流れた。そこに詰めた岡本がダイレクトボレーでしっかりミートしてゴールに突き刺します。同点!

スタジアム中のタオルマフラーが回される。しかし、ゴール裏は「カモン!ロッソ」を歌い続ける。より声量を増して。まだだ、まだだ。逆転するんだ!と・・・。

確かに引き分けも許されない試合でした。これ以上、上位との差を広げるわけにはいかない。

追いつかれた沼津も、波状攻撃で押してくる。熊本はゴール前で懸命の守備。

すると後半19分、敵陣右奥で作った熊本。一旦奪われますが、プレスから奪い返し、中原がDFを交わして左へパス。上がってきた高瀬がフリーで打つ。逆転弾とします。

およそ20分弱。歌い、飛び跳ねたゴール裏の想い、熱量が伝わった瞬間でした。

すぐ後に坂本が痛んで担架で運ばれる。久々の試合で足を攣ったか。しかし、この日の活躍にメインスタンドから万雷の拍手。それに坂本が顔をゆがめながらも上半身を起こしてガッツポーズで応える。

27分には更に、山本のキックを沼津DFがバックパスでGKに戻すが短い。そこを見逃さず北村が出足早く拾うとゴールへ一直線。戻ったDFを切り返して交わすと右足一閃。3点目を奪います。よし!

ただ、沼津も簡単には勝たせてくれません。36分、山本からのキックを頭で落とした途中投入の田村のパスが沼津に渡ってしまい、そこからの縦パスに詰めた村上が逆を突かれて交わされ、石川にシュートを決められる。1点差に迫られます。

残り10分と+α。坂本、岡本、中山と足を攣って交代したが、高瀬も痛がっている。交代カードはもう残されていない。追いつかれたくはない・・・。

田村が右奥でキープ。時間を使う。人数を掛けてキープ、キープ。

主審が両手を挙げて笛を吹く。ようやく勝利の瞬間が訪れました。

今節、北九州が勝利して勝ち点55に伸ばし、共に引き分けに終わった藤枝が51、群馬が50。そこに熊本が50で食いつきました。

冒頭の会見。「我々が置かれている状況からして、切り替えが遅いとか球際が相手より弱いとか、そういう戦いをしている場合ではない」(同・渋谷監督)。全くそのとおりでした。今日の勝利で、次節から続く群馬、北九州との直接対決の舞台が整ったと言っていい。

そんななか厳しく叱責された中原でしたが、この新しいポジション、新たな役割は、チームにとっては新たに増えた攻撃のオプションと言えるでしょう。

ヒーローインタビューで殊勲の高瀬は「これから6試合連勝します!」と宣言しました。最後の最後でチーム状態が上がり、さらにピークにいく予感が。まずは群馬戦。この大きな山場を勝利で収めましょう。

2019.04.29 連勝。沼津戦
4月28日(日)
【J3第7節】(愛鷹)
沼津 0-2(前半0-1)熊本

<得点者>
[熊]高瀬優孝(3分)、佐野翼(55分)
<警告>
[熊]上村周平(60分)
観衆:3,327人
主審:上田隆生


20190428沼津

沼津戦は、前節から右SBを黒木に代えただけの先発メンバーで臨んだ。開始3分、ゴール前右45度で得たFKのチャンスに、高瀬が素早いキックで突き刺し先制に成功すると、その後の沼津の猛攻を凌いだ後半10分、右から左に回して、上がってきた高瀬がファーにふわりとしたクロス。これを佐野が下がりながら頭で押し込んで追加点。
この展開に、つい相模原戦が頭に浮かんだが、あの戦いの反省からイレブンは、球際強く守り抜き、GK山本の好セーブもあって、無失点でゲームを終わらせた。連勝し、順位を5位に上げた。