FC2ブログ
Jリーグは5月29日、臨時実行委員会を開き、延期していたJ3リーグ開幕を6月27日にすると決定しました。中断していたJ1は7月4日から、J2も6月27日から再開。しばらくは無観客で実施し、7月10日以降に状況を見極めて段階的に観客を入れるとしています。

これに先立つ5月25日、政府が緊急事態宣言を全面解除し、プロ野球は6月19日の開幕を決定していましたが、ようやくサッカー界にもトンネルの出口が見えてきました。

およそ4か月遅れの開幕。待ちましたねぇ。そして皆がよく我慢しました。

当面は移動距離を小さくするために、近隣のクラブ同士で対戦。日程や対戦カードは6月15日に発表されるそうです。
スケジュールを消化するためには週2試合の過密日程が避けられないでしょう。リーグはそれに対応するために、選手交代枠の拡大も検討中とか。なるほど。

それに対してロアッソは、「今季、経費節減のためアウェー戦の帯同人数を減らすことも考えていたが、織田GMは『(2位以内に入り)J2昇格を達成することが最優先。帯同メンバーを増やすことになるだろう』と見直す考え」(5月30日付・熊日)だそうです。

延期で幸いだったこともなくはありません。キャンプ中に故障した選手が、治して戻ってこれたこと。新監督の新たな戦術を、より全員に、より浸透させる時間ができたこと。等々・・・。

ちょっと驚いたのは、Jリーグ全選手に対して2週間に1度のペースでPCR検査を実施していく。その体制の見通しが立っているという発表です。“出口戦略”のなかで、しっかりとリーグとしての“警戒”も、プロスポーツとして一般社会よりさらに高いレベルで敷いている。そういうことに、しっかりコストを掛ける。村井満チェアマンの気の配り様だと思いました。

この未曾有の厄災のなかで、村井チェアマンの対応の素早さ、賢明さを、われわれは高く評価しています。わがリーグのリーダーが、この人で良かったと。

そしてチェアマンといえば、このコロナ禍でまだ出口が見えていない5月15日、Jリーグ発足27周年にあたり語った言葉が胸に刺さりました。

「手を使わずにプレーするサッカーはミスがつきもの。味方のゴールに蹴り込んでしまうことさえある。誰も望まず、予想もしない困難に直面しても、選手は折れた心を立て直してプレーする。コロナ禍に見舞われた現在の状況と同じだ」(5月15日付・熊日)。

「試合が遠ざかり、もうスタジアムに戻らない方もいるのでは、という強烈な恐怖心がある。サッカーより生活を優先しなければならない方もいるだろう。そんな状況で足を運んでくれる一人一人を、Jリーグは忘れない。恩返しのために全力のプレーを約束する。これは再開前に全選手に伝えたい。その日まで、私は全力を尽くす」(同)。

開幕日は決まったものの、予断は許しません。現に北海道を始め、北九州など第2派と思われる感染者数の動きがある。

このまま予定通り開幕を迎え、そして無観客ではあるけれども、DAZNで、しっかりとわがチームの躍動する姿が見たい。サッカーが見たい。

心配しながら。それでもワクワク。待ち遠しい時間です。

2020.04.20 活動休止。
政府は16日、東京など7つの都府県以外でも感染が広がっていることから、来月6日までの期間、緊急事態宣言の対象地域を全国に拡大することを決めました。これまでの宣言の対象の7都府県に北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府の6つの道府県を加えたあわせて13都道府県については、特に重点的に感染拡大防止の取り組みを進めていく必要があるとして、「特定警戒都道府県」と位置づけました。

そしてその前日、15日。遂にロアッソ熊本も活動休止を決定しました。

「選手・スタッフ及び家族の感染予防のため、4月16日(木)~4月30日(木)まで、トップチームの活動を休止することとなりましたので、お知らせいたします。ただ、今後の社会情勢によっては、活動再開時期が変更となる可能性もございます。」(公式HP)とあります。

同日、Jリーグは臨時理事会で決定した事項をリリースしました。

「今後クラブによって消化試合数が異なる可能性も考慮し『基準試合数』の導入も決定。『基準試合数』は全試合数の75%、かつ全クラブが50%の試合数(ホーム、アウェイ問わず)を開催すれば満たされるというもので、同条件が満たされなければ大会は不成立と判断。その場合、各カテゴリーの順位決定や昇格は行われず、賞金の授与や各種表彰も行われない予定だという」(サッカーキング)。

新型コロナウイルスの感染は止まるところを知らず、熊本県内でもじわりじわりと感染者が増えてきています。再開は全くの白紙状態のままですが、仮に再開されても、当分は無観客試合での実施ではないかという話もあります。

これと前後する14日、そして16日は、奇しくも熊本にとってはそれぞれ前震、本震から4年という”記憶”の日でした。
前エントリーには、久しぶりに我らがイサムちゃんから「どうなるんでしょうかね。先が読めませんね。」という拍手コメントを貰っていました。

新聞やテレビの報道でご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、益城の理髪店主のイサムちゃんも、地震の被災者の一人です。益城町の道路拡張計画のために、散々悩んだあげく(多分、新たに相当の借金をして)新店舗を完成させたばかりでした。

イサムちゃんのためにも、残り少なくなったとはいえこれからも散髪に足しげく通わなければと思っています(笑)。

コロナ禍のために営業の自粛を余儀なくされている方々も多くなっています。企業活動にも影響が出てきている。ファン・サポーターの生活への影響はもちろん、今回はスポンサー企業それぞれの経営にも相当な影響が出てきそうです。

苦しいときこそわれわれにはサッカーがあったので、この”中断”が骨身に堪えます。「ホームチームがある喜び」を、また皆さんとおう歌したい。そのためにも今はただひたすら感染予防に徹します。

7日、安倍首相は遂にというか、ようやくというべきか、新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言を発出しました。対象地域は東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県で期間は来月6日までと言います。

それに先立つ3日の段階で、Jリーグ村井チェアマンは、「J3は4月25日、J2は5月2日、J1は5月9日」としていたリーグ戦再開の予定も、「全くの白紙」に戻すと表明していました。

その判断には、この間、神戸の酒井高徳を始めとして、Jリーグ選手にも感染者が発生したことが大きかったでしょう。無観客試合も取りざたされ、元々再開日(熊本は26日富山戦)の試合はアウェーだっただけにDAZNでの観戦を期待していたのですが、それも叶わぬことになりました。

しかし考えてみれば、無観客といえども、選手・スタッフは大人数で移動するわけで。この切迫した情勢では、考え直さざるを得なかったでしょう。当然の判断です。

公式戦再開の「白紙」を受けて、首都圏のチームを中心に、しばらくの活動休止を決めたところも増えてきました。緊急事態宣言の対象となった都市のクラブも、それに続くのではないでしょうか。

思えば4年前の今頃、熊本も活動休止状態に陥りました。あの時と違って、今回は広くJクラブに広がった“災難”となっています。

幸い、熊本は練習を続けていけていますが、選手移動を伴う対外とのTMは中止を余儀なくされているようです。

ただ、再三の延期措置、再開の目途が立たない状況で心配されるのは、選手たちの“ピーキング”の問題です。アスリートたちは、“本番”に最高のパフォーマンスを発揮する(ピークを合わせる)ために、練習・調整をするわけですから。宙ぶらりんのような精神状態なのではないでしょうか。

いつも“拍手コメント”を寄せていただく「ゆうらん」さんも、「ここまで来ると今年は開幕すらしないかもと思ってしまいます」と書かれました。ひょっとしたら選手たちの心のどこかにも、そんな気持ちが芽生えているかも知れない。

そんななかで毎日練習に励む選手たちに、直接激励の声を掛けることも今はできません。なんとも歯がゆい状況ですが、まずは自分たちが感染しないように、気を緩めずに生活していきましょう。

例年なら、シーズン前の壮行会が開かれるこの時期なのですが、新型コロナウイルス感染対策で、今年は中止になりました。その代わり今年はTMをよく見に行けている。熊本での感染者発生のニュースを受けて、ちょっと心配ではあったのですが、22日(土)の鹿児島とのTMも見に行ってきました。

今月10日に新加入発表されたばかりの相澤が、岡本とのコンビでボランチを務めていました。「相澤!」「相澤!」と、まだ周りの選手からポジショニングの指示を受けてはいましたが、なかなかどうして、ボールを持たせると視野が広い。右左への配球はもちろん、時に鋭いスルーパスも送ります。楽しみな選手が加入しました。

45分の2本目には、ワントップに高橋、右に浅川が入りました。谷口もどこかで入ったと思いますが、このあたり前回の見学時はまだコンディションが・・・と書きましたが、それぞれかなり調子が上がってきている様子です。いい動きをしていました。

2本目にショートコーナーから相澤が入れたクロスを、ファーで誰かが折り返して酒井が押し込む。3本目は右サイドのパス交換で崩して、浅川が左足で巻くようなシュートを決めました。トップ下に入った小島が気の利いたパスを出しましたね。

順調そうに見えたのですが、最初の45分は大木監督の大声が始終飛んでいました。どうもポジショニングの指示のようでしたが・・・。

翌日の熊日によれば、「指揮官が語るキーワードは『知識、意識、無意識』」なのだと。「攻撃パターンを『知識』として頭に入れ、『意識』して反復練習し、『無意識』でプレーできるようになること」だそうです。要するに”オートマティズム”ということなのでしょうか。確かにこれまでもうちに一番欲しかったことです。

練習は見に行けていないのですが、TMのアップのときのショートパスのボール回しにも、それを目的としたような要素が見受けられますね。狭いところを打開するような・・・。

さて、J1、J2が開幕して、われわれのリーグ開幕まではあと2週間。春がやっとやってこようとしています。

追記
Jリーグは25日理事会を開き、新型コロナウイルス感染の拡大を受けて、3月15日までの全ての公式戦を中止し、延期することを決定しました。J3としては開幕戦と第2節が対象となります。われわれの春はまた遠のきました。


2020.02.10 練習試合見学
なかなか新チームの様子を見に行くことができなかったのですが、ようやく8日にあったヴェルスパ大分とのTMに都合があいました。

運動公園のサッカー場にできた見学者用のベンチで空き席を探していると、ジュー君の姿が。古い付き合いの彼の隣に座って、新加入選手の番号・名前を教えてもらいながら見学できたので、よーく分かりました。

まずは大木新監督が、どんなサッカーを志向しているのかが最大の興味だったのですが、想像していたこれまでの「ボールサイドに人数を集め密集を作る」スタイルではありませんでしたね。ただ、ポジショニングを意識してボールを奪ってから素早いダイレクトパスでつないで、相手の空いたスペースを突くという意図が垣間見れました。球際も強く、パススピードも早くなったような。

最初の45分。4-2-3-1のワントップは北村で、トップ下には竹本が入ってました。上村、岡本のダブルボランチ、右SBの黒木、この辺りは外せない。左SBは河原が務めていましたが、その後は右SHに回ったりしていたので、監督が選手に複数のポジションを求めているのが分かります。久しぶりに黒木のボランチ姿も見られました。

CBで酒井とコンビを組んだのはルーキーの菅田でしたが、なかなか落ち着いてボール処理していました。安定している。

ところが、メンバーを大きく入れ替えた後半は、ちょっと不安定になりました。前線に入った浅川、谷口、石川らは、これまで別メニュー調整中だったらしく、まだコンディションが上がっていなかったのでしょう。明らかに前線からのプレスの強度が落ちたため、鈴木、小笠原らのDFラインが押し込まれてしまいました。周りとの連携もこれからのようです。

あと目を引いたのは、ボランチで使われたユース上がりの田尻でしょうか。うまいし、立ち姿がいいです。

中原が近くで見たら随分胸筋が厚くなってびっくりでしたね。当たりに強くなろうとしているのでしょう。コンディションも上々に見えますし、今年も彼がキーマンになるのではないでしょうか。

TMで連続得点を決めている坂本も好調さが見てとれます。

守護神・山本の故障が発表されていましたが、もう走っていましたので、開幕には間に合うんじゃないですかね。もちろん内山も安定していましたが・・・。

熊日の報道でも怪我人が多いと報道されていました。練習の負荷が高いせいかも知れませんが、ここを乗り越えて、特に後半前線に入った故障明けの選手たちは、これからも数多く組まれているTMで実践感覚を上げて、スタメン争いに加わって行って欲しいものです。