まず冒頭に、熊本日日新聞社名誉会長にして熊本県体育協会会長、永野光哉氏の急逝の報に接し、謹んでご冥福をお祈りし生前のご労苦に対し心から感謝の気持ちを表したいと思います。Jリーグ昇格の際のエントリーで書いたこともありますが、熊本モデルともいえる「県民運動」のリーダー(「ロアッソ熊本をJ1へ」県民運動推進本部本部長)として、わがホームチームの成長を支えていただきました。願わくはチームがJ1の舞台で戦う姿を見ていただきたかった…。本当にありがとうございました。
合掌



さて、ファンにとっては長い長い3ヵ月あまりのオフシーズンがようやく終わり、J4年目の開幕が目前に迫ってきました。開幕直前になって練習生だったイヴァンの正式加入も発表されました。その開幕戦、実は、これまで一度も白星を挙げていないことは意識してはいました。ただ、白星でこそないものの、昨シーズンは強豪・千葉を相手に引き分けて、その後の5戦負けなしスタートダッシュに成功。今振り返ってみれば、あの引き分けは勝ち点1以上、いやチームの歴史を左右するくらいの(ちょっと大袈裟ですが)価値があったとも言えるでしょう。長いシーズンの中の1試合とはいえ、それぐらい重要な意味を持つのが開幕戦だと思うのです。どのチームにとっても。

今年の相手は東京ヴェルディ。過去の対戦成績を振り返れば、昨年は前期・後期ともに勝利。通算でも4勝1敗と勝ち越しているため、苦手意識もなく、むしろ相性の良ささえ感じる相手なのですが、実は昨季リーグ最終順位では熊本より上であり、そして今シーズンの開幕前の各種予想でも熊本より上どころか、多くの評論家がJ1昇格の有力候補と評している前評判の高いチームです。だからなおさら、この初戦で叩いておくことは、われわれファンの想定以上に低い、熊本に対する評論家の下馬評を覆すだけでなく、昇格戦線を占うちょうどいい“物差し”にもなるのではないか。われわれはそう思っています。

それにしても手強い。いくつかの媒体で予想されている先発フォーメーションを列記してみました。

スカパー!JAGS開幕直前特番予想
 平本 
 河野 
マラニョン高木
佐伯菊岡
福田
富澤土屋
 土肥 

サッカーマガジン選手名鑑予想
 平本 
 河野 
飯尾高木
佐伯菊岡
福田
富澤土屋
 土肥 

サッカーマガジン3月8日号予想
 平本 
 河野 
マラニョン高木
佐伯飯尾
福田
富澤土屋
 土肥 

いずれも4-2-3-1のフォーメーション。変わらないのは、GKの土肥と左から森、宮澤、土屋、福田の4バック。そしてトップの平本、トップ下に河野、右SHの高木、ボランチの佐伯。土屋と宮澤のCBは堅い。そこに川崎から攻撃的なSB森が加わり要注意です。問題はボランチで大きな存在感を放っていた柴崎が抜けた穴かと。菊岡を一列下げるのが大方の予想ですが、飯尾も試されているとか。その影響で2列目には昨年は主に交代カードだった高木(弟の方)が食い込んできているようです。平本はご存知のようにその体躯を活かしたポストプレーが上手。そこに河野も加えた2列目が飛び出してくるか、あるいはサイドからのクロスに平本が飛び込むかといったイメージがします。これに甲府から移籍したマラニョンが加わってくるとやっかいな感じ。ドリブルで突っかかってくるし、遠目からも撃てるし…。痛い目にあわされた記憶も消えていません。

熊本は急造といえる東京のボランチとDFラインの間のスペースを使いたいですね。富沢か土屋を引き出してギャップを作らせたい。あるいはそこからはたいてサイドを抉らせたり、クロスから長沢の高さを活かしたり。見所は東京の左サイドと熊本の右サイドの駆け引きもあるかと。森の上がりを誘ったところに、奪ってスペースを使うとか、大きなサイドチェンジとか。いずれにしても右のSHとSBのスムーズな意思疎通、連携が重要になってきそうです。あとはドリブラーの多い相手に対して、自陣ゴール前での無用なファールに注意してほしい。

チームは直前の練習試合や今週前半の練習を非公開にし、ファンに対しても動画投稿やメンバー情報書き込みの自粛を求めています。かなり神経質になってきているなと思ったのですが、既に“情報戦”のなかでの激しい駆け引きが始まっているということなのでしょう。今シーズンにかける思いとともに、それほど重要な一戦ということを改めて認識させられます。

選手たちにはベストのコンディションで迎えてほしい。東京ヴェルディ、相手にとって不足はない。相手も手強いが、ウチはもっと強い。いいゲームになりそうな予感。春風吹き渡る真っ赤に染まったスタジアム。早や4年目のシーズン。開幕戦初勝利の喜びをみんなで分かち合いたい。永野本部長もきっとKKの空の上から見守っていてくださるような…。われわれもそんな思いを胸に試合に臨みたいと思います。さあ、いよいよ開幕です。


遅ればせながら、明けましておめでとうございます。われわれもすっかりシーズンオフ気分に浸かってしまい、今年初めてのエントリーがこんな時期になってしまいました。どうぞ今年もサカくまをよろしくお願いいたします。

年末のRKKラジオ番組で池谷GMが予告し、翌日の西日本スポーツにも報じられたエジミウソン・アウベス選手へのオファー。年が明けて熊日が合意と伝え、いよいよ公式にも発表されました。が、しかし「合意に達した」ものの「正式契約はメディカルチェック終了後」という珍しい発表の仕方。わがクラブでは初めてではなかったでしょうか。それもこれもJ1でのプレー経験が豊かなブラジル人選手を初めて獲得するという“快挙”のなかにも、昨シーズン来、故障がちなことを考慮しての慎重な措置なんでしょう。そこまでさせるということは、わがクラブにとって結構な“お高い”選手なのかも知れませんね。大分時代を含めてあまりプレーを見たことはないんですが、プレーエリアが広く、危ない場面を潰す選手らしい。守備的中盤。年末にも書きましたが、昨シーズンは原田や吉井が守備の組織構築に専念していたきらいがありますので、これで少しは負担が減って、前に行けるようになるといいですね。そしてとても人柄のいい選手だと伝えられる。正式契約が待ち遠しいです。

そして更にボランチの層を厚くするのが、横浜FCからの根占の獲得。これまでの対戦でも片山同様になかなか嫌な相手だった印象があります。高木監督とはJ1昇格の年に一緒だったようです。J1・39試合、J2・95試合という豊富な出場経験もあり、頼もしい即戦力といえましょう。

それにしてもこのストーブリーグ。いつも以上に選手が流動的なのに驚かされます。これも新制度下での移籍市場が、いよいよ今年になって本格化したというべきなのでしょうか。それでもまだまだ落ち着かない市場半ばの様相ですが、現時点のところでJ2他チームの状況に触れてみましょう。

北からいきます。札幌は石崎監督が続投。多くの選手の契約を満了にしましたが、その後、藤田征也の新潟移籍など思わぬ状況に陥り、慌てて砂川と再契約したことがこのオフのドタバタ感を象徴しています。しかしそんな中でも熊本と競合したと言われる河合(横浜Fマリノス)をきっちり押さえ、外国籍選手の獲得も積極的なようで。個人的には熊本出身の高木純平(清水)を完全移籍で確保したのは大きいかなと思います。

水戸は木山監督が退任して、新たに柱谷(弟)哲二監督が就任。知将として知られた木山氏から、闘将というイメージの柱谷氏へのバトンタッチは、どんなサッカーに変わるのか興味深いところです。中山悟史や片山、大橋などを契約満了し、森村や大和田などレギュラークラスが抜けることになっていますが、いつものとおりそこを多くの大卒選手で埋める戦略のようです。

そしてやはり気になるのが栃木。得点力のあるロボが残留。そのうえ昨季大分にレンタルされていた新潟の河原を再びレンタルとはいえ獲得。新外国人のトリポジは未知数なれども、水戸から大和田も移籍し、昨年をベースにしてさらに上積みを図っている感じです。

草津。ここは広山、秋葉、高田などを満了にし、若返りを図る戦略か。鳥栖の萬代がレンタルで移籍します。

千葉は江尻監督を解任し、ドワイト・ローデヴェーヘスという外人指揮官へ。ネットが抜ける後には身長204センチというノルウェー人オーロイが加入。工藤や倉田が抜けるし、アレックスも鹿島に移籍。噂されていた藤田俊哉の加入も正式に発表されました。いよいよ今季は敵として藤田と戦うことになります。

降格組のFC東京。大黒、赤嶺の流出はあるものの、多くの主力が残留して、更に矢澤が千葉から移籍。高松(大分)、上里(札幌)をレンタルで獲得。ちょっとJ2では反則級の強力な布陣ですが、いやそれだからこそ対戦が楽しみです。

東京ヴェルディは、ボランチの柴崎を川崎に、攻撃的MFの高木(兄)敏幸を清水に抜かれてしまいましたが、川崎からDF森を完全で、岡山からMFキム・テヨン、広島からFW平繁(徳島)をレンタルで獲得。あとは下部組織からの昇格組というところですが、それでも十分補えるのがこのクラブの強みかも知れません。

横浜FCは岸野監督がGMも兼務していますが、相変わらず自身が鳥栖にいたときの選手をかき集めています。このオフには遂に精神的にも鳥栖の支柱と言われていたDF飯尾(鳥栖)と、鳥栖在籍時代点取り屋として活躍した藤田祥史(大宮)まで獲得。昇格戦線を覗き、あと一歩だった一昨年をイメージしているのかも知れませんが、ただどうなんでしょうか、この手口。そうは問屋が卸さないとわれわれは思っています。

1年で降格してきた湘南は、反町監督が続投。ジャーンがいなくなりましたが、アジエルが残留。セレッソからSBの石神を完全で、名古屋からは巻佑樹と熊本にいた平木をレンタルで獲得。昨シーズンは多くの選手の故障で苦戦したため、若返りを図っての再構築でしょうか。

富山は昨季途中から指揮を執った安間監督が続投。JFLからの選手の多くが引退などで退団したところに、いつもどおりの大卒選手に加え、甲府を戦力外になった大西と池端が加入しました。J1昇格に際し、積極的な補強を敢行している甲府。大西と池端は、契約満了するにはもったいないと思っていたのですが、さすがにその実力をよく知る安間監督が呼び寄せましたね。

岐阜は倉田監督が解任されて木村監督に。広島で長く指導者を務め、前職は吉備国際大監督ということですから、今西社長の秘蔵っ子というところなんでしょう。選手補強は徳島からDFの三田の加入があったくらいで、あとは大卒が二人と小規模に止まってます。

降格組の京都。秋田監督を解任して実績のある大木監督が就任しました。水本、増嶋、角田らのDF陣の流出に対して、ディエゴの残留は好材料なものの、今のところ甲府から秋本、千葉から工藤の他はユースからの昇格や大卒の加入に止まっています。どういう構成で、どんなサッカーになるのか、全く未知数な感じです。

JFL優勝を果たし昇格してくる鳥取も、横浜FCからDFの戸田、セレッソからGK多田といったところで、今のところ小規模な補強に止まっています。ご存知のように元日本代表のFW岡野や、MF服部などが在籍するチーム。JFL時代には苦戦しており、あまりいい印象がなかっただけに、あなどれません。

広島を戦力外になったDFストヤノフが岡山に入ったのには驚かされました。昨季は故障がちだったそうですが、完治すれば相当のDF強化でしょう。課題の得点力はどうなるのか。熊本出身の東大卒FW久木田選手は、強化指定で昨季も出場していましたが、いよいよ今シーズン本格的に真価が問われそうです。

徳島は美濃部監督が続投。FW津田のレンタル延長に加え、更に名古屋からFW杉本、鳥栖から衛藤が加わった攻撃陣は脅威でしょう。守備陣にも札幌から西嶋、神戸からGKの榎本を加え、着実に戦力補強を行っている感があります。

愛媛は千葉から池田、札幌から吉弘の両DF陣と仙台のGK萩原が移籍。今のところ小規模で、バルバリッチ監督の戦術の浸透を図るといったところなのでしょうか。

昨季苦戦を強いられた北九州は、大きく選手を入れ替え、チームの一新を図ろうとしています。監督は与那城氏から三浦泰年氏に交代。ガンバからMF安田晃大、水戸にいたFC東京の森村祐太、FWでは栃木の林など各ポジションで積極的に補強しています。監督としては初采配になる三浦泰年氏。どんなチームを作ってくるのか全くここも未知数です。

鳥栖は昨季から続く横浜FCへの選手流出について書きましたが、何より気になるのは、大卒を中心に育成して強い鳥栖を作りあげてきた松本育夫氏の退任が、今後どう影響するのか。主だった選手補強は徳島から米田、湘南から永田亮太といったMF陣といったところですが、FW豊田のレンタル延長はうれしいところでしょう。

ようやく最後になりました。西を略奪した憎っくき大分(笑)は、それでも高松、松橋優、前田、河原などのFW陣、菊地、東などの中盤もごっそり抜けました。戦力ダウンは免れないでしょう。監督には清水でコーチをしていた田坂氏を招聘。出直しの年ですね。

駆け足で各チームの補強状況をおさらいしました。ちゃんと全チームありますかね?もちろん大卒やユースから昇格する選手についての情報には詳しくないし、そもそもJ1の選手をよく知らないこともありますので、戦力比較という意味では、あまり当てにしないでください。これに加えて監督が敷く戦術の浸透度や完成度もあれば、誰かが故障して計算が成り立たなくなるとか、長いシーズン、知ってのとおりたくさんの“変数”があります。まぁ、そこがリーグ戦の面白さ。今季も熱い戦いが待ち遠しいですね。

2008.11.17 JFL佳境。
以前のエントリーで密かに“お知らせ”していたとおり、今月の東京出張のついでに1試合観戦してきました。と言っても結局選んだのは近場の試合。JFLの後期第15節横河武蔵野対岡山というカードです。
今期のJFL。門番Hondaが優勝を決めたものの、2位から4位までは混沌とした戦い。古豪横河が気を吐くのか、あるいは1年目の岡山が来るのか…。そういう興味で訪れた武蔵野。本当は中央線三鷹駅からのほうが近いのに、吉祥寺からぶらぶら散策しながら30分あまり。閑静な住宅街のなかに忽然と現れたのが武蔵野陸上競技場でした。

ファンが貼った「目指せJリーグ。東京第三勢力」という横断幕に、この横河武蔵野というチームの置かれている微妙な状況を垣間見ます。確かに東京を冠するJチームに“おらが街”のアイデンティティは感じにくい。そのなかで横河電機という企業チームから出発してクラブ化したこのチームが今後進歩していく“マーケット”は、確かにあるように感じるのですが…。しかしいかんせん、この日の観客動員数も千人あまり。第一、第二との差は歴然としてあるようです…。

一方、岡山というチームは、これまで熊本とも一度すれ違ったことがあります。大津球技場で行われた、あの地域リーグ決勝大会1次リーグ。あの頃はまだ、体制の整わない新参チームの印象がありました。決勝リーグで訪れた岡山の地でも、ファジアーノの名はまだあまり浸透していませんでした。それがいまや、今期JFLに昇格するや、そのままJ2昇格を伺う位置。岐阜と同じような勢いを感じるチームになりました。
この武蔵野のアウェー戦にも、岡山からか数十人のサポーターが駆けつけていて。そのレプリカユニの色はチームカラーの“ワインレッド”。ちょうど神戸のクリムゾン・レッド、あるいは琉球のべんがら色にも似て。同じ赤ではありますが、ロアッソ・レッドとは微妙に違うカラーです。

横河のスタメンのなかに遠藤の名前を発見。柏ユースからロッソ発足と同時に加入しましたが、公式戦出場は叶わず契約満了。横河に加入。小林陽介からバイト先まで紹介されたという苦労人の姿がピッチにありました。旧サカくまで選手プロフィールのページを作る際、お父様から写真つきの丁寧なメールをいただいたことが思い出されます。あの頃の幼さも残る18歳の少年の笑顔。そして今、ピッチを走る遠藤からは、すっかり逞しさを増した表情が。

遠藤は左サイドハーフに位置。序盤から横河がペースを握ると栃木から移籍した金子、日本体育大から新加入の冨岡という高さと速さのある2トップが岡山ゴールを脅かす。しっかり熟成された組織サッカーを思い出させました。対する岡山。ここにきて昇格のプレッシャーからか動きは硬く、連動性がない。前半終了間際に右から入ったクロスがこぼれたところを押し込んで横河が先制。ファーサイドにいた遠藤の得点でした。

岡山は数人のマネージャーらしきスタッフと手塚監督とでアウェーに乗り込んでいたようです。選手のアップから手塚監督がひとりで仕切っていました。この元日本代表FWの熱血漢が、ハーフタイム、相当の檄を飛ばしたのは想像に難くありません。

後半開始早々、岡山はDF尾崎を下げてMF妹尾をサイドに投入。前半左サイドでひとり奮闘していた関をボランチにスライドさせシステムを変えました。これが功を奏した。
草津の松下にちょっと風貌が似たこのMFが、そのスタミナよろしく攻守で駆けずり回り、中盤を押し上げることに成功します。そしてサイド、サイドと攻撃の意図も統一されてきた。横河がどうしても中を通そうとするパスはカットされ、2トップへはアバウトなロングボールが増える。中盤が間延びしてくるという悪循環。

後半9分に左45度からのFKがそのままゴールし同点にされると、明らかに横河が意気消沈。同15分にはエース喜山が勝ち越し点。25分にはGKのキャッチミスを突いて妹尾が駄目押しの3点目を入れ試合を決めました。

リーグ得点ランキング3位に位置する岡山の喜山。まだ若いのにエースナンバーに恥じない存在感でした。「巧さ」と「位置取り」で勝負するFWなのかなと。そういう意味ではうちの高橋にも似ている感じがします。ヴェルディからのレンタルですが、岡山は“喜山のチーム”。要注意人物なのは確かです。

遠藤は後半途中で退き、前半自らの得点も勝利には結びつかず…。モノクロのこの日のマッチディプログラム。ピックアップ選手のコーナーで、「もう一度プロの世界でチャレンジしたい」とその夢を語っていた遠藤。頑張れ。薄暗くなった武蔵野競技場の森には、いつまでも岡山サポーターの歓喜のチャントが響いていました。

JFLは今節、5位鳥取が佐川印刷に足元をすくわれ勝ち点54どまり。栃木が高崎を下して勝ち点61になったため、残り2試合を待たず4位以内が確定。まずはJ参入の成績条件面をクリアしました。他のJ準加盟チームについては、次節富山が草津。岡山は栃木との結果に持ち越されました。最終節は岡山と富山の直接対決。鳥取も連勝すれば他の結果次第で、まだ4位以内もありうるという状況です。北九州は今期すでに戦線離脱…。

駅前で買ったエルゴラッソ。そのJFL特集のページでは、成績条件面4位以内確保の熾烈な争いのレポートと同時に、その他の参入条件チェックと題して○△×で各チームの評価・分析がなされていました。集客面、財政面で両方○なのは富山のみ。栃木、岡山は財政面で△。鳥取は集客面△、財政面×となっています。

成績面だけでJFLを留年したわれわれにとっては、ちょっと違う雰囲気の今年のJ参入戦線。いずれにしても、まずは成績条件。それをまず栃木がクリアしてきましたが、これから12月上旬のJリーグ理事会での正式発表までは、胃が痛い日々が続くのでしょう。

J‘sゴールのトップページにもJFL順位が表示され始め、われわれとしても目が離せない時期。さて何チームが昇格・参入してくるのか。各チーム、サポーターの思いはいかばかりか。残すはあと2ゲーム。昨年のわれわれにもあった、あの歓喜の季節がやってきました。

熊本がJリーグに上がるまでは、一番好きな大会が天皇杯でした。日本のあらゆるカテゴリーのチームが、トーナメント一発勝負で雌雄を決し、元旦の決勝戦を目指すこの大会。草サッカーチームですら、理論的には元旦の決勝に直結しているという裾野の広さ。高校生がJリーグチームを倒すなんてジャイアントキリングも楽しみのひとつではありますが、各県代表おらが町のホームチームを応援できる大規模な全国大会でもあります。
過去にはブレイズから始まり、アルエット、そしてロッソと、わがホームチームがJチームに挑んできました。それはまるで熊本のJ加盟までの挑戦の歴史のようでもあり。
そして、いよいよ今年はわれわれが挑戦を受ける立場になりました。

先日、第88回の大会概要が発表されました。ロアッソの緒戦は10月12日。相手はJFL前期1位でシード権を得た栃木SCとのこと。昨年までJ昇格を競い合っていたチーム。そして来年は間違いなく同じカテゴリーで戦うことになるであろう、あの栃木との対戦。栃木サポからは“足利の屈辱”などと語り継がれているJFLでの対戦など因縁には事欠かない間柄です。

昨年の失速経験を糧に、今年は大幅な選手補強を敢行した栃木。あのHondaを抑えて、現在堂々リーグ首位を走る栃木。おそらく今回の対戦では、J2で下位に沈む熊本相手に、自分たちの実力がどの程度のものか、“挑戦”というより“腕試し”のような気持ちかも。ロアッソを打ち破って、昇格のためのリーグ戦終盤を一気に駆け抜ける。そんなモチベーションで来られると非常に嫌な相手です。
栃木の、あの馬車馬のように“走るサッカー”は健在なのでしょうか。熊本スピリッツの落合は出場するのでしょうか。なにより、わが熊本がこの半年J2で戦ってきた経験値の差を示せるのか。先輩としてどれだけ昨年から変化・成長しているかを示せるか。
ファンならずとも非常に興味深い対戦なのですが、残念なことにアウェー開催。ちょっと参戦は難しいかなぁ。NHKさんに期待します。

一方、ロアッソがJ2枠で出場することで注目される熊本県代表枠の方は、8月3日を皮切りにNHK杯としてスタートします。初戦はFCKマリーゴールド対熊本学園大、九州ルーテル学院大学対ルーテル学院高校。その勝者が24日にそれぞれ大津高校、ヴァンクール熊本と戦い、31日の決勝戦で決定する予定です。本戦は9月14日にKKウイングで大分県代表と対戦。こちらもまた楽しみですね。

話は変わりますが、それにしても今年のJFLはすさまじいことになっているようです。
前述したとおり栃木が開幕からスパート。後期4節現在で、これを追撃するのが門番Honda。ここに今期昇格したばかりの岡山がくい込んでいます。
古豪同士の合併劇で「あっ」といわせたカターレ富山は、連携がスムーズにいかなかったのか立ち上がり不振でしたが、ここにきて4位まで順位を上げてきました。これに今年は横河がからむ。
主力の移籍がやはり堪えたのか、あの佐川急便(改めSAGAWA SIGA FC)が11位に低迷しています。
J準加盟チームでは、そのほか初年度の与那城・北九州も健闘し、4位内を伺う状況。しかし、今年こそはと、背水の陣で臨んだ鳥取が厳しい。アルエットと同期JFL昇格組として、長いことなかなかしぶとくこのリーグを戦ってきたチーム。頑張ってほしいと切に願います。

残り13節、まだまだ予断は許しませんが、こうなってくると来年3チーム同時昇格も現実味を帯びてきます。栃木、岡山、富山。一気にJ2が18チームに。これでJリーグの「2010年構想」の枠は満たされてしまいますが、その後、J2は22まで増やすという方針を発表し、追随するJを目指す全国各地のチームにも光を与えました。
それも埋まってしまうと、いよいよ下位カテゴリー(そのときJFLがどうなっているのか?)との入れ替えも構想されているようです。
一度手にしたJリーグの資格を失うということ。それはクラブ経営としてはとんでもない深刻な事態を意味します。その入れ替え戦があるとすれば、たとえば地域リーグ決勝大会の何倍ものプレッシャー(ちょっと想像できない・・・)。降格を恐れるあまり、かつてのような一時的で無謀な選手補強、それによる債務超過などで苦しむクラブが現れてこなければいいが。そう思います。

われわれが幸にして他のチームより少し先にJに上がれたということ。今、チームはそのことで他より少し先に経験値を上げることができている。そして同時にクラブも経営基盤を安定させる時間を少し余計に与えられたと理解すべきでしょう。
勝敗の行方に一喜一憂することもファンの大いなる喜びですが、その喜びを失わないためにわれわれがすべきことも、まだまだ多そうです。

第一クールのこれまでの戦い。対戦する全てのチームがある意味で格上。われわれファンもまずは“胸を借りる”という気持ちで臨んできました。しかし、どうしても負けられない、いや“負けたくない”チームがひとつだけあります。
そう、FC岐阜です。

このJ昇格同期のチーム。緒戦に甲府と引き分け、次は仙台に黒星を喫したものの、3節に山形に撃ち勝つと、その後も徳島や福岡、水戸に白星を挙げ、現在4勝6敗2引分の堂々9位。昇格チーム旋風を巻き起こし、熊本を見下ろす位置につけています。

なんだか、同期入社のライバルが、大学は現役合格のひとつ年下で、会社に入ってからも派手な仕事振りで差をつけているといった心境。こちらは一浪のうえに、今コツコツと下積み仕事からこなし、なんとか会社に慣れようとしているのに・・・。
なによりJFL時代の二度の対戦、ここに勝ったことがないのです。なんとなく漂う相性の悪さ、根拠のない苦手意識。

しかも、あの時と今の“岐阜”は全く別物です。メンバーも戦術も。
確かにリーグ序盤のころは、昨年の面影がありました。すばやく自陣にリトリートして、相手がハーフウェーラインを越えたあたりでチェックを入れる。手数を掛けずに前線のFWにあずけるカウンター戦法。
ポゼッションは明らかに相手にあるのですが、守備の要である小峯の執拗なまでのマーク、福岡から移籍した高さのある川島の壁で攻撃を辛抱強く跳ね返し続けると、徐々にペースが転がりこむといった印象。ちょうど、テニスや卓球で守りのうまいストロークプレーヤーが、ラリーを続けて相手の自滅を待っているような。

ところが最近の試合では、攻撃力が上がっている。現時点の総得点21は広島の22に次いでリーグ二位です。
地域リーグから新加入のFW片山がひとりで6ゴールも取っていて注目がいきがちですが、実は中盤まで下がったり、サイドに開いたり、ドリブルで仕掛けたりと縦横無尽な動きの地元選手・片桐が攻撃の起点。
それに大分から獲得した右サイドの梅田がアタックしてくるし、高知大卒ルーキーのボランチ菅あたりがバランスよく上がってくる。
小峯、片桐といった従来のメンバーに、こういった新戦力がうまくはまって、いまの好調さがあるのだと思われます。

熊本としては、これまでとはちょっと違った試合運びになる可能性もあります。ある意味、ボールを“持たされ”たら、変なペースに持ち込まれそう。
お互いがコンパクトな陣形で、ポゼッションを奪い合う、文字通り「人もボールも動く」展開に持ち込みたい。だからと言ってサイドからの単調な放り込みや、後方からのロングフィード狙いでは、小峯の統率するDFラインの思うつぼにはまる恐れも。

“すっぽん”のような小峯のマーク。あのサッカープレイヤーに似つかわしくない体型に油断は禁物。読みに長けたポジショニングが身上で、後方からチームを鼓舞します。
高橋対小峯といった構図も避けたい。逆に小峯をペナルティエリアの外まで引き出したら勝機です。両サイドからの攻撃は、ファーサイド狙いで落とす、折り返すような揺さぶりが欲しい。その意味では、サイドプレーヤーの運動量への期待はかなり高くなるでしょう。

とまぁ、こんな素人のスカウティング以前に、池谷監督とスタッフは、しっかり岐阜を研究しているでしょう。前節、上村が奪ってすぐ前線に徹底してフィードを送り続けたのも、「(福岡の)最終ラインがロングボールの処理、セカンドボールの処理が良くないと感じていた」(J‘sゴール:池谷監督インタビュー)という事前のスカウティングの成果でした。

一方、敵将・松永監督も徹底した分析家として知られています。両司令官の事前の準備がどうおこなわれ、そして試合のなかでどう発揮され、そして90分の間にどう修正されるのか、それもまた次節の見所かも知れません。