FC2ブログ
ストーブリーグに入り、井芹さんの「熊本蹴球通信」では興味深いインタビュー記事が続いています。織田GM、鈴木主将、そして渋谷前監督・・・。

もう前エントリーでわれわれの総括を終えたので、過ぎ去ったシーズンをあれこれ振り返るより、現在も進行中の織田GMの”チーム作りのコンセプト”が気になります。

まず新監督に大木氏を選んだ理由は4つあるという。①人間性、②サッカーに対する情熱、③サッカーの志向、④経験。

特に③に関しては、「自分たちでボールを大事にする、だけど攻めに行くというところ。今季、我々に足りなかったものを彼に託したいと思っているんです。ファイナルサードで勢いがなかったり、アイデアが足りなかったり、中盤ではボールが横にまわっても縦に入らないとか、そういう部分の改善に彼の力を借りたいと思いました」(熊本蹴球通信・2019シーズン総括/織田秀和ゼネラルマネージャー(後編))という。

また、④経験については「日本代表コーチというトップトップの経験もあれば、地方クラブの経験もある」としながらも、「もちろん、解任されたりもしていますが、地方クラブでいい時もあれば悪い時の経験もしている。そういう意味で、このサイズのクラブに合う中でも、多くの経験を積んでいるいい監督だと、このチームを成長させる可能性を持っている監督ではないかなと思いました」(同)と期待を寄せています。

さらに、「目標は間違いなくJ2昇格です。そこは当然のことです。しかし、そこに至るプロセス、やり方として、ここまで積み上げてきたものをご破算にするのではなくて、そこからさらに積み上げができるチームにしていきたい。それがこの先の将来につながっていくという思いがあるので」(同)ともGMは言う。

恒例の熊日のシーズン総括の連載「遠いゴール 2019 J3ロアッソ」(中)(26日付)は、その思いを、「ボールを保持して『自らアクションを起こすサッカー』を熊本の”チーム哲学”に据える覚悟が見て取れる」と書きました。

ただ、予算規模が確実に縮小するなかで、気になるのは選手層の問題です。ユースから3人の昇格、大卒ルーキーも4人の獲得が既に発表されていましたが、それに加えて今日現在(26日)までに、同じJ3リーグのYSCCからFW浅川、岩手から同じくFWの谷口の獲得が発表されました。

浅川は今シーズン13得点で得点ランキング6位。谷口が9得点で15位。「年俸は低いけれどJ3で活躍している選手は何人もいる」(同)と言ったGMの答えがこれなのでしょう。まるで、JFL時代、1年でのJ2昇格を逃した2年目のシーズン、北陸(現富山)から北川、武蔵野から小林という点取り屋を強奪したときのようです。対戦相手から奪い、自らの戦力を上げる。これも昇格を目指すリーグ戦の戦い方の重要なコンセプトだということを思い出させてくれたし、期待できる若手の獲得でした。

いずれにせよ、今季活躍した大卒ルーキーも含め、若手を「育てながら勝つ」という方針の継続に思えます。

一方で、契約を更新された選手は、FW北村、MF田村、中原、上村、坂本、岡本、伊東、DF小谷、衛藤、酒井、鈴木、小笠原、GK野村、内山といったところ。まだ、数名の選手と交渉が済んでいないようですが、われわれとすれば若いチームのなかにあって、ベテランで技術もある岡本と伊東が残ったことは非常に大きいと思うところでした。

さて、まだハッキリ全容は固まっていませんが、この選手たちと共に、大木監督は実際どんなサッカーをしていくのでしょう。これもまた「熊本蹴球通信」の新監督発表記者会見の記事 から引用させてもらうと・・・。

質問に対して、「戦術のことを言っても分からないと思いますので」とにべもない(笑)。これはなかなか記者泣かせだぞと思わせましたが、「攻撃的とか守備的とかいうことよりもですね、簡単に言ってしまえば動きのある、少しこう、躍動感のあるようなゲームをしたい」と説明する。

一番分かりやすかったのは「テンポを上げたいということ」「リズムよくプレーしたい」という言葉。なるほどこれまでの大木サッカーを思い返すと、よく表したキーワードです。

ちょっと驚いたのは、大木新監督の就任が発表されると、「また大木さんのサッカーが見れるのが楽しみです!!」(神戸・古橋選手のtwitter)といったように、過去大木門下生だった選手たちからの喜びの声が多かったこと。それほど選手たちからすれば魅力的なサッカーだったということか。岐阜→神戸→日本代表と一気に駆け上がった古橋のような若手が、わがチームから出てこないとも限りません。「若いということは(起用に)関係ない」(同・熊日)。そう新監督は言い切っていますから。

さて、年の瀬も迫り、われわれも年末のご挨拶をさせていただきます。

1年でのJ2復帰を逃した残念なシーズンではありましたが、もはや吹っ切れて、来シーズンの大木・熊本にワクワクし始めています。これも「ホームチームがある喜び」。来る年もなにも楽観はできませんが、ご一緒に応援していければ幸いです。

皆様、どうぞよいお年を。

2018.11.27 降格決定
J3降格が決定してしまいました。先週は「覚悟はできている」と書きましたが、いざとなるとなんだか寂しい、哀しい気持ちになるものです。

昔の話をすると若い人たちから嫌われますが、われわれは“青の時代”に一度JFLから九州リーグへの降格を経験しました。ようやく上がった全国リーグから地域リーグへの降格は、それはそれは辛く哀しいものでした。

その後、「熊本にJリーグチームを」県民運動推進本部が立ち上がり、プロ化を目指してアルエットがロッソに姿を変え、九州リーグからあの過酷な地域リーグ決勝を這い上がり、けれどJFL初年度はJ2昇格に失敗。2年目にして念願のJリーグ入りを果たしたことは、みなさんもご存じのとおりです。

その間、多くの人に支えられ、多くの選手たちが「熊本」の名のもとに戦ってきた。J2参入後もそうでした。そんな、短くもないこのクラブの歴史を思うと、少しはセンチメンタルになる時間を許していただきたい。

ただ、戦う場所は違っても、チームが、クラブが無くなってしまうわけではない。クラブの体制も、取り巻くスポンサーも、なによりファン・サポーターの数も、あの降格時とは比べ物にならない。

先日、「2018シーズン感謝の集い」に参加させていただく機会を得ました。

印象的だったのは、スポンサーを代表して挨拶された平田機工の藤本取締役執行役員のお話し。ロアッソのスポンサーとして社内の特命チームを任されたご苦労。先輩スポンサーの高橋酒造の久保田部長を招いて話を聞いたが、飲み過ぎて翌朝すっかり忘れたと、最初は笑い交じりのお話しでしたが、そのあと最終節で久しぶりに勝利したとき、ゴール裏で振り返ると、一緒に苦労した社員たちの満面の笑顔があった、というくだりでは、感極まって長い間があり、もらい泣きする人も少なくありませんでした。

重要だったのは、最終節翌日の熊日朝刊に掲載されたあの広告の意図。ただちに支援継続を表明されたのは、「ファン・サポーターにいらぬ不安を与えたくなかった」ことと、「この場にお集まりのスポンサー各社にも、同様に変わらぬ支援をお願いしたかった」から。
「大企業が親会社のJ1ビッグクラブと違って、ロアッソはここにおられる1社1社のスポンサードがなければ成り立たない」と自ら訴えられました。万雷の拍手でした。

“show the flag”。旗色をはっきりさせる。先週のエントリーでわれわれが、監督続投や知事の支援継続表明とともに、素早い対応で良かったと評価したのは、「いらぬ不安の払しょく」。まさにこの点でした。早い決断は、次に向かう準備が早めに取れるということにもつながります。

藤本取締役は一方で、チームに対して苦言も忘れませんでした。自分の会社も田舎の一機械メーカー。なんとか利益は出ているが、なかにはなけなしの利益からスポンサー料を払っておられる会社もあろう。そういった支援のうえで成り立っているということを肝に銘じて、選手たちには奮起をお願いしたい。といった内容でした。

2月。このシーズンの開幕前の「チーム壮行会」に参加したときに感じた期待感を、「熱量。」というタイトルで記事にしました。今頭に浮かぶ言葉は「覚悟」。それは冒頭に書いた「J3降格を覚悟していた」の覚悟ではなく、1年でJ2に戻るために、われわれファン・サポーターも来シーズン「覚悟を持って臨む」。という意味の覚悟です。

2018.02.16 熱量。
仕事が忙しくて、練習試合どころか日頃の練習さえ観に行けず、なんのネタもありませんでした。悔し紛れに14日にホテル日航であった「2018シーズン チーム壮行会」に出かけてみました。

翌日の熊日によれば参加者は約260人だったとか。初めて参加した当方は、「案外少ないものだ」という印象だったのですが、例年来ている人によると、今年は多い。それも期待の表れだと。

それにしても、永田社長の挨拶も来賓の挨拶もそうでしたが、なによりスポンサーを代表しての平田機工さま(平田社長の文面を代読しながら)の挨拶と、マイナビさまの乾杯の際の激励が“熱かった”こと熱かったこと。一気に会場のボルテージを上げて、われわれ参加者も意気上がりました。

「熊本のためになにができるか」とか「どんなときもロアッソを愛し続けて」などという言葉(フレーズ)は、よくある業界や経済界パーティーのとおり一遍のご挨拶ではなかなか聞けない台詞。スポーツを支援(スポンサード)する会合ならではの雰囲気、と思った次第です。

というわけで歓談に移ったあとは、旧知の方々やスタッフ、特に首藤君の姿を探してご挨拶したりしましたが、一番の目的であった織田GMと少しだけお話しできたことが最大の成果でした(笑)。

就任のいきさつは、これまで伝聞ながら書いてきたことを裏付けるものでした。一番聞きたかった「なぜ熊本を選んでいただいたのか?」という当方の問いに対しては、「永田社長ほかの方々の熱意に打たれて」ということと、「広島の社長を務めたが、もう一度自分の大好きな強化の仕事をやりたかった」ということが大きかったのだと。その心意気。われわれにとっても、生涯においてどんな仕事人生を送るべきかということと重ね合わせずにはいられません。

社長退任というタイミングと、“縁”と“熱意”。この3つが相まって、この大物と熊本が結ばれることができたのですが、いやいや本人はそういうことを向けると恐縮至極で、とても腰の低い、物腰の柔らかい人でした。

来賓の挨拶にも端々に、今年は“結果”も問われるという言葉が聞かれました。「”奇跡的に”降格を免れたのだから」という厳しい表現も加わった叱咤激励・・・。

会場にまん延したそういった“熱量”を選手たちはどう受け止めたのでしょうか。あいにく選手たちとはあまり話しはできず。唯一、通りかかった池谷ジュニアに「点を決めてるね」と声をかけたばかり。受け答えの印象は、けっこうクレバーな青年だなと思いました。父親ゆずりかも知れません。

「開幕・山口戦は伺います!」。出口で見送るスタッフに、おもわずそう宣言してしまったのは、酔った勢いか会場の熱量のせいだったのか。開幕まであと2週間を切りました。

2017.12.28 年末ご挨拶
恒例により年末のご挨拶を申し上げます。

熊本地震に見舞われた昨年。逆境のなかで残留をつかみ取ったシーズンを終えた後の年末ご挨拶を読み返してみたら、「この震災を経験して熊本というクラブが間違いなくひとつランクアップしたのだということ。」と記していました。そのときは、これ以上の苦境はない(だろう)と思っていたのです。

しかし蓋を開けてみれば今シーズン、これほど勝てない試合が続くとは。清武の穴を埋めきれなかった選手補強が甘かったのかも知れない。開幕から怪我人続出でベストメンバーを組めなかったことも災いした。2度目のシーズン中の監督交代。そして、再び(いや三度)チームの指揮を執った池谷氏でしたが、浮上させることは叶わなかった。自動降格圏の21位に終わりましたが、幸運なめぐりあわせで降格を免れました。

ならば、この“幸運”を活かすしかない。

シーズン終了後、翌日の池谷氏の辞任の報には、クラブの行く末に不安が先立ちましたが、その後もたらされるニュースは、今のところわれわれを明るくさせるものばかりと言っていいでしょう。クラブもこの機に“脱皮”を図って第2形態に変わろうとしているかも知れない。この状況を見た北九州サポーターが「とにかくJ2に残ってさえいればいいことがある」とTwitter上でつぶやいていたのが、なんとも重く感じられました。

25日には、織田GMと渋谷新監督の記者会見が熊本市で開かれました。

永田代表が語った織田さんの就任要請の経緯は、ほぼわれわれが見聞きしたとおりのようです(熊本蹴球通信)。
織田さんのコメントを読むと、「アカデミーで育てるということももちろんですが、アカデミーに限ることなく、高卒や大卒の新卒の選手、あるいは他クラブで出場機会が得られていない若手の選手、もしかするともう一花咲かせたいと思っているベテランの選手、そういった選手達を我々のクラブでしっかり育成をして、そしてチームを作っていく」(公式)という方針のよう。

また、今シーズン大宮の監督を解任された渋谷監督は、降格圏内に終わった熊本に重ねて、「自分自身の悔しさもそうですけど、熊本さんの今年の結果の悔しさもとにかく晴らすために一緒になって戦いたい」と、就任の抱負を語りました(公式)。

新監督のチーム戦術は、大宮時代から志向していた「堅守多攻」を引き続き目指していくようで、「これから新しい選手なども来て、今までの選手だったらこうだなとイメージがあるので、そこをしっかりと積み上げていけるようにしたい」(公式・渋谷監督)と。

これまでDF高瀬優孝(大宮)、DF青木剛(鳥栖)を完全移籍での獲得。FW皆川佑介(広島)の期限付き移籍加入などがあった半面、三鬼海が山形に移籍するなど、選手人事も動きが大きくなってきました。

「年内は広島に籍がありますが、了解を得た上で、熊本さんの来季に向けた編成に加わらせていただいております」という織田GM。「渋谷監督に自信を持っておまかせできる編成にしたいと思っています」という言葉がなんとも頼もしい。

この正月は、いいシーズンを迎える初夢を見たいところですが、いや待て。自己紹介の場面で「魔法使いではございません」と言ったGM(熊本サポーターの流行語になりそう((笑))。われわれも一歩ずつのチーム改革を見届けていきたいと思います。

今年も弊ブログをご覧いただきありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

2017.12.17 新たな体制。
10日の朝刊でまず熊日が伝え、クラブからは11日、HPで公式に発表されました。今月12月末を持ってサンフレッチェ広島社長を退任する織田秀和氏のわがクラブのGM就任のニュース。いやぁ、すごい大物を引っ張ってきましたね。

前エントリーで書いたように、池谷氏に全てを依存してきたロアッソの創設期を知るわれわれの一番の心配は、「今後、サッカー界とのパイプがどうなるかということ」。その役割を誰が代わりに担うのかということでした。そんな心配のうえでの問いかけに対して、先に”池谷王国”と批判を口にしていたと書いた株主も、「いや大丈夫だから」と言っていましたが、その株主が今回の人事を察知していたとは思えず。とにかく少なくとも池谷氏”差配”の限界が、クラブ内で表面化してきているのだと感じさせたのは確かなだけで。そのあたりのニュアンスは、熊本蹴球通信で井芹さんがインタビューした「池谷友良監督/Last Messge」でも、池谷氏の言説の反証として感じさせられました。

そんな不安のなかにあったわれわれにもたらされたこのニュース。なんとも”大物”のGM就任。”サッカー界とのパイプ”という意味では、失礼ながら池谷―飯田ライン以上のものかも知れない。みなさんもそうでしょうが、経歴を見てすぐピンときたのは、筑波閥。熊本にゆかりのあるあの協会会長の線ということでしたが、それにしてもよくこのタイミングで”空いた”ものだと。今季最後のクラブ社長会議の際に、こっそりチェアマンが永田社長に「こんな人が空くよ」と耳打ちしてくれたときには、もう接触を始めたあとだったと聞きますから、わがフロントもなかなかのものです。

その手腕は、経歴から推して知るべし、ということでしょう。われわれはなにより公式サイトで発表されたコメント、「熊本の皆様の宝であるロアッソ熊本の」という出だしの言葉に、心を鷲づかみにされました。そして、「とはいえ、前シーズンを降格圏内の順位で終えたチームをいきなり優勝争いに導くような魔法はございません」という部分を多くのメディアが取り上げたように、その表現は、この人が、このクラブ、このチームと真摯にそして腰を据えて向き合ってくれることを強く印象付けるものでした。

そして14日には、渋谷洋樹監督の就任発表。

正直言って、渋谷新監督の力量については、われわれはよくわかりません。この新監督人事も、筑波ラインで予想していたわれわれからは、全く枠外、予想外からの人選でした。ただ、清川監督辞任の際にも名前が挙がっていたそうですね、ただ、その際は丁度大宮を解雇されたタイミングで、印象が悪いだろうと敬遠されたとも聞きます。これもまた、熊本蹴球通信の「大宮担当記者に聞く「渋谷洋樹監督ってどんな人?」が非常に参考になりますが、これを読む限りは、オーソドックスな戦術をベースに、やはり保有選手の能力次第で色(強み)を加えていく方法論なのか。ただ、公式サイトのコメントからは熱い人柄が伝わってきます。大宮の選手からもサポーターからも愛されていた熱血指揮官には間違いないようですから、うちの選手たちに与える影響が非常に楽しみです。

さらに、16日には、ユニフォームの胸スポンサーに平田機工株式会社が着くことが発表されました。これもまたビッグニュース。ただ、これは決してこれまでの高橋酒造が撤退する代わりということではなく、それ以上のスポンサー料をもって入れ替わるということ。クラブは同日、高橋酒造に対しても「今回の申し入れを熊本のための高い志と広いお気持ちを持って受け入れていただき、引き続き変わらぬご支援をいただけることになりました。重ねて厚く御礼申し上げます」とHPで感謝の意を示し、高橋酒造は同じく「ロアッソ熊本への今後の支援につきまして」というページで、「平田機工様であれば、これからロアッソ熊本が目指す高いステージにふさわしいスポンサーと思いますし、熊本にとっても喜ばしいこと」「弊社は今後も、スポンサーの1社として、ロアッソ熊本を支えていくことには変わりはございません」と表明されました。

いや、このことは熊本にとって、平田機工が地元企業として決意してくれたことという画期的なことに留まらず、クラブ創設以来、長きにわたり支援の柱としての役割を続けていただいた高橋酒造が、快くその場を譲ったという意味において、クラブの歴史においてもエポックメイキングな出来事なのだという気がしています。かねてより、その経営陣の人柄やビジョンの涼しさに定評のある平田機工の英断はもちろんですが、大義のためには自ら一歩退いても、という高橋酒造の器の大きさもあってこそという感じがしています。こんなスポンサーの気概に恵まれたクラブもそうそうない。

ポジティブな、明るいニュースが続いています。それはこの際、生まれ変わらなければいけないというクラブやサポーターやスポンサーなどの”決意”に沿うように。しかし、これはわれわれがこれまで想定していたようなイメージからも大きく飛躍する、ダイナミックな変化であり。クラブにとっては、まるで、血を入れ替えるような大きな変革かも知れません。ただしかし、その血の色は”赤い”。それだけは変わらないロアッソ熊本の事実でしょう。