数分前に、敵エンドライン近くまでの長い距離を、ルーズボールを追いかけ懸命に走りチャンスを創出、サポーターから拍手喝采を浴びた男が、ロスタイムのその時、足が止まり、エンドラインを割るボールを見送りました。
「まずいな・・・。」という不安は的中。スローインから前線まで運ばれたボールは、ループシュートとなり、慌てて後ずさりするGK小林の頭上を越えて同点弾となってしまいます。その瞬間、5500人のホームサポーターは、こらえていた89分間の憤懣のはけ口を見失って、ただただ大きなため息を吐くばかりでした。

小森田と吉井のダブルボランチによるキックオフという珍しいシーンに象徴されるように、前半から前がかりで行ったロッソ。開始早々1分もないうちに、左サイドを駆け上がった関から、逆サイドのスペースに走りこんでいた熊谷にパスが通りシュート。みごとな先制点を奪います。
「アップを含めて気持ちを入れていこうと話し合っていた。それが先制につながった。(熊谷:22日付熊日より)」というように、立ち上がり、入り方が悪いといわれるこれまでの試合運びに対して、ひとつのチャレンジ、もう一段上の段階に行こうというチームの意志が感じられました。
その後も早いパス回しからソニー仙台のゴールを脅かすロッソ。早くも顔の汗をひたすら拭うばかりのソニーのセンターバックの姿に、ナイトゲームとはいえ、熊本の夏の蒸し暑さをホームの利にして戦えると確信したのですが・・・。
それまで、いわゆる人もボールも動く状態だったロッソでしたが、30分過ぎのソニーのCKの頃からか、逆に足が止まりはじめ、パスは足元中心になってしまいます。確かに90分間の流れのなかで、ギアダウンする時間帯も必要だとは思ったのですが、敵のフィニッシュの精度のなさに慢心が生まれたのか、その後シフトアップすることはかないませんでした。

特記したいのは、関の”持ちすぎ”感。あるいは判断の遅れ。もちろん彼の特徴は、キレキレのドリブルではあるのですが、今の彼に敵数人に囲まれて抜き去る力はないし、それが必要な場面とも思えないのです。
「人を活かして自分も活きる」というパス回しこそ必要であって、それがあってこそ、要所でのドリブルが活きるのですが・・・。同じことは北川にも言えるような気がします。今日も高橋が、トラップやワンタッチパスの瞬間に、敵の一人ないしは二人を置き去りにし、数的優位な状態を作り、次のスペースでボールを受けることを意識しているのに対し、北川はどうしても足元もしくは頭、胸でまずトラップ、キープすることを好みます。瞬間囲まれ敵に奪われるというケースが多い。プレースタイルの違いと言えばそれまでですが、この北川の特徴をつかんでしまうとDFは守りやすい。チーム全体での”有機的な動き”という点では、どうしてもブレーキになってしまいます。だから同時に”活かされない”。”持たない”高橋と”持つ”北川というべきか・・・。

「選手はよくファイトしていた。(池谷監督:同日付熊日より)」というコメントは、その後のベンチワークの後悔の裏返しではないのでしょうか。熊谷に代えて松岡投入というのは、最初からシナリオにあったのでしょうが、今日の関の出来は予想外だったはず。中盤での活性化は達成せず、バランスだけを崩す結果に見えました。小森田をあそこまで引っ張らざるを得なかったのは何故なのか・・・。控えのメンバー選択にミスがあったのでしょうか。
33分、DFが抜かれてソニーのシュートがあわやポストに当たって事なきを得ると、この試合は1点で逃げ切ることが重要になってきました。しかしいつもなら40分頃から徹底したボールキープで逃げ切りを鮮明に打ち出すロッソが、この日は守るのか攻めるのか中途半端。この時のベンチの指示もどうだったのでしょう。

もはや足が止まるというより、ボールウォッチャーという状態。そして冒頭のロスタイムの瞬間が訪れます。残り時間1分の失点。
「相手のシュートコースは絞っていたのに、なんで前に出てくるんだ!」というのが怒れる上村の主張だったのでしょう。ループシュートでやられるというのは完全にGKのミスですから・・・。しかし小林は、もしかしたら最終ラインは振り切られるかも知れないという一瞬の不安にかられた・・・。ほんの一瞬の信頼関係の微妙なズレ。しかし、そこまで守備陣に負担を掛けさせた攻撃陣にも責任はある。いやベンチワークも含めて、チーム全員の失点といわざるを得ません。

勝てる相手に引き分けられたのか、負けそうな試合を拾ったのか、とりあえず勝ち点1。これから夏場に向けての失速を心配する声もありますが、この時期だからこそ、冒頭触れたような試合運びへのチャレンジに対しては拍手を送りたい。そして、この引き分け劇をテストケースとして、更に高みを目指してほしいものです。
7月7日(土)16:00 水前寺競技場
ロッソ熊本3-2ガイナーレ鳥取

得点者:11分田村(鳥取)、26分高橋(熊本)、32分上村(熊本)、51分北川(熊本)、89分高木(鳥取)

試合開催も危ぶまれるほどの集中豪雨の熊本の空でしたが、16時のキックオフの頃はようやく雨も上がりました。昨シーズン2引き分け、そして前期は全くいいところなく敗れたガイナーレ鳥取。(われわれファンにとっては)苦手意識のある相手をホームに迎えました。

そして苦手意識だけでなく、鳥取はほんとにシンプルないいサッカーをするチームだいうのが実感です。前期は最後までよく動きまわられ、実にいやな形の逆転負けを喫しています。逆に鳥取はそんないいイメージを持って向かってきているのか試合開始からいい動き。鳥取の左SB樋口は鹿本高校出身。また後期に入ってFC刈谷から移籍したFW秋田はかつてブレイズ熊本にも籍を置いていたというベテラン。この水前寺でもプレーしたことでしょう。また前期苦しめられたMF鶴見も左サイドで活発な動きを見せます。しかし今日、出色だったのはWボランチとFWの連携によるプレス。うちの司令塔・小森田が、がっちりとマークされて仕事をさせてもらえません。今日の鳥取、コースが少しでも空けば、意識的に枠を狙って抑えたいいシュートを打ってきました。そんなシュートが2本、3本。ついに11分、ゴール前混戦からDFのクリアが弱いところを押し込まれ鳥取に先制されます。

しかし、早い時間で先制されましたが、今日のロッソ、それに動じることなくやるべきことをしっかり繰り返していきます。雨の影響で気温もしのぎやすいせいか動きも軽快。高い位置から積極的にボール奪取に向かいます。シンプルにワンタッチパスから徐々にポゼッションを確保、次々に鳥取の両サイドを侵食していきます(今日はどちらのサイドもバランスよく仕事をしていたという印象)。そうそう、前期対戦ではこれが出来なかったのです。

26分に、熊谷のパスから市村が右サイドをえぐり、タッチラインギリギリのセンタリング。これがファーサイドにいた高橋のアタマにどんぴしゃ。さらに32分には、CKから上村のヘッドで逆転に成功します。ここまでの、敵を翻弄するようなロッソのパスワークは見事。ため息のでるようなワンツーは相手の戦意をくじくような、連携の完成度を感じさせるものでした。

後半に入って反撃を仕掛けたい鳥取に対して、ロッソは前半同様、厳しい試合運びでピッチを支配、7分、カウンターから北川が決めて追加点。しかし鳥取はこの点差でも安心させてくれませんでした。

ここからはベンチワークの戦いも激しさを増し、一手一手で戦局が動いていきます。追加点の直後、9分に鳥取はボランチに実信を投入。いやーな選手が出てきたなと思いましたが、予想どおり、実信が散らすボールで、鳥取の攻撃が再び活性化。対照的にロッソは前節と同じように、徐々に(と言うかガクンと)運動量が落ちてきます。再三サイドを脅かされますが、なんとか相手フィニッシュの精度に助けられて事なきを得ます。

しかし20分あたりを境に、ロッソはゲームを支配できなくなり、25分には熊谷に代えて山口を投入。鳥取はセレッソから最近移籍の高木ケインを前線に。29分には明らかに疲れのみえる小森田を引っ込めて関。中盤を再構成。対する鳥取も畑野に代えて堀池を入れ更に攻撃を活性化。終了間際の40分、ロッソは北川に代えてDF森川を投入。これで守り切るかと思われたのですが、そこが90分間諦めない鳥取の強さか、ゴール前のFKからのこぼれ玉を高木が押し込んで追いすがります。

残り時間が少なく、なんとかそのまま逃げ切りには成功しましたが、鳥取の粘り強さに再びヒヤリとさせられる結果となりました。準加盟チームのなかではもはやほとんど今期昇格の可能性(4位以内)が消えかかっている鳥取ですが、今日のように何度もゲームの流れを戦術的に引き寄せていくチーム力はベンチワークを含めて、不思議な強さを感じます。

今日のロッソ。押し込んでいる時間帯に、きっちり点を取れたことがなによりの勝因でしょう。スタミナにやや難がある小森田のペアに吉井を配し、小森田が切れたときには山口にスイッチするというのが、今のベストパターンか。惜しむらくは、上村の交代要員に欠けるところが今のロッソの不安材料。早く福王、河端に復帰してほしい。

試合中印象的だったのは、有村が同サイドの西森に対して、激しく指示していたこと。おそらく有村がボールを持った瞬間の西森の動き出しに対する不満だったのかと想像しました。もっと「感じろ!」と言っているような。これからロッソが更に磨くべきは、攻守に通じて全員の意志統一、イメージの共有ではないかと。消極的なバックパスからボールを奪われ、再三ピンチを招く場面があったのも、なんとない意思疎通の欠如ではなかろうかと・・・。

とはいえ、苦手な鳥取に初めて勝てたこと。そしてこの勝ち点3によって、”J”にまた一歩、近づいたことを素直に喜びたいと思います。
首位を窺う今の位置で、今日のこの結果はやはり最高です。

残り15試合。勝ち点70の”メド”まで27。あと9勝。

ロッソのメインスポンサーのひとつ「白岳」の高橋酒造が、ロッソ熊本応援キャンペーンとして「しろ」のロッソボトルを発売するというニュースをキャッチしました。しかも売上の一部を活動資金としてチームをサポートするシステムとのこと。
あかしろ

ファンとしてはこのボトルを見ただけで、ううっ、と涙が出てきそうになる…感動ものの立ち姿です。実に美しい。

店頭では8月から本数限定での発売ということですが、7月下旬のホームゲーム(7月21日ソニー仙台戦?)では先行発売も予定されています。

とりあえず1本は観賞用に1本は晩酌用に。あるいは、週末の祝勝会用に2~3本。また12月上旬のJリーグ臨時理事会後に仲間と開くであろう、祝“昇”会のためにまとめて買い置きなど…。

いよいよJを懸けた戦いがカウントダウンに差し掛かろうかというこの時期のこのキャンペーン。昨年までのクールショットグラスや、ユニフォーム型キープホルダーももちろん持っています。しかし今年は主力商品のラベルから作り変えてしまうとは・・・。

赤い“しろ”。

高橋酒造の本気と誠意が伝わってきて、グッとくるものがあります。いささか旧聞ではありますが、先日の「ゆめタウンサンクスマッチ」や「コカ・コーラpresentsロッソ熊本サポーターズクラブ交流会」、あるいは今年で3年目となる熊日の「ロッソうちわ」(土曜日の鳥取戦で無料配布予定)などなど。スポンサー側もおつきあいで名前を連ねているというだけでなく、また販促目的だけでもない動きが目立ってきたように思います。ロッソを通じて“みんなで楽しもうよ”という明確なメッセージを感じます。これもひとつのサポーターズ“文化”と言うのでしょうか。

さて、われわれも、今週末の祝勝会はWHITE-WAVEでもBLACK-MISTでもない。きっぱりと赤い“しろ”を指名です。

http://www.coolshot.jp/
今日の拍手は高橋酒造に!