11月23日(日) 2008 J2リーグ戦 第43節
山形 1 - 1 熊本 (13:04/NDスタ/13,018人)
得点者:64' 木島良輔(熊本)、88' 豊田陽平(山形)


やりましたね。胴上げ阻止。1万3千人で膨れ上がるスタジアムのファンも、多くのメディア関係者も、この日の山形の勝利とJ1昇格を目の当たりにしようと集まっていたのでしょうが、熊本の“意地”が彼らの期待を打ち砕いてしまいました。

寒波が訪れたあとのNDスタジアム。遠く望む山々の白い稜線が、TV画面からもその寒さを感じさせます。朝まで降っていたらしい雨をしっかりと含み、スリッピーな様子のピッチ。故障が発表されていた高橋、木島、市村がなんとか間に合い、しかし河端のいないDFラインには、闘将・福王が入った熊本のスタメン。満員のスタジアムにも何ら気負うところなく、いやむしろその雰囲気を楽しんでいるかのように…。

山形にしてみればこれまで2回の対戦で2-1、3-1と下している下位チームとの対戦。初めてのJ1昇格のかかった試合で、すっきりと一発で下して1万人のファンと歓喜を分かち合う腹積もりだったのでしょう。ただ、熊本がここまで7戦負けなしという状況は気になっていた。それにスカパーの解説者が戦前言っていた、山形は「熊本と同じ3トップ、4-3-3というシステムの甲府に勝ち星がない」という言葉も、妙に熊本に味方したようでした。

山形 (先発フォーメーション)
15長谷川 11豊田
7宮沢16北村
17佐藤31馬場
13石川14宮本
23石井3レオナルド
 1清水 
観ていて息苦しくなるような展開は、開幕戦以来でした。これが初めて経験するリーグ終盤、昇格を掛けた試合の雰囲気というものなのでしょうか。プレッシャーからなのか、山形は明らかに硬さが感じられ、これまで対戦したときのような、勢いのよい攻め上がりがない。やはりうちの3トップに山形得意のSBの上がりが封じられているのか。いや、3トップ以上に向こうのSBを押し下げていたのは、うちの両SB。最終ラインは福王、矢野の両CBにボランチの山本が下がって、チャも市村も驚くほど高い位置でプレーしていました。

「上がれ、上がれ」という山形・小林監督の声が集音マイクを通じて再三聞こえてきます。前半も終わり近くになってようやく山形の最終ラインも高い位置になりましたが、熊本の全員守備の前に、スコアレスで後半を迎えます。左SB石川からのクロスに豊田のヘッドがクロスバーに嫌われたのが、唯一の決定機でした。

後半開始早々の山形の攻勢をしのぐこと15分あまり、チャンスは熊本に訪れました。山形の攻めから反転した熊本のボール、あっという間の攻守の切り替え。ボールは木島に渡る。得意のドリブルでPAに迫る木島。DFを振り切って撃ったシュートは、GKの正面。しかし、これがまさかのファンブルを誘いゴールに突き刺さりました。「えっ?」という瞬間。おそらくNDスタジアムの1万人が一瞬沈黙したのではなかったのでしょうか。そして次の瞬間、遠くアウェーの地に駆けつけた熊本サポの歓喜の雄叫びが聞こえたような気がしました。

この日の山形なら勝てる。そう思わせたのですが、サッカーの神様はそんなに易々と微笑んではくれませんでしたね。25分に市村がこの日2枚目のイエローで退場。ひとり少なくなった熊本は、追加点を奪うことよりもこの1点を守りぬくことが優先順位になってしまいました。

FW中山を下げてDF鈴木を投入。守り抜くという意思統一がはっきりしたとはいえ、山形の嵩にかかった攻めには、さすがに守りきれなくなってきます。明らかに足も止まり始め、残り時間もあとわずかとなったところ、左サイドからのクロスに豊田が飛び込んで万事休す。同点に追いつかれてしまいました。

引き分けで勝ち点72に止まり、3位仙台が67で追いすがるため、山形の2位確定は見送り。ドローに持ち込んだものの、山形イレブンからは当然笑顔は見られるはずもありません。一方、追いつかれたロアッソ・イレブンが試合後、挨拶に駆け寄るゴール裏には「今シーズンありがとう。by aweyサポ」の横断幕が…。アウェー戦に駆けつけてくれる関東地区のロアッソサポーターにとっては、この日がシーズン最終試合なのかも知れません。

山形に引き分けたことで、今期すべてのチームからなんとか勝ち点を奪取することができました。しかも、この昇格が掛かった、恐らく今期の熊本のゲームとしては、最も注目を集めた舞台で相手に足踏みをさせ…。思えばリーグ終盤に入り、昇格戦線に意気込む鳥栖の出鼻をくじき、湘南の足元をすくい、仙台にも大阪にも勝ち星を挙げ、食い下がりました。J1年目にして、リーグ戦の軸となるゲームにしっかりと絡み、その存在感を示せたのではないか。最終順位がどうなるのかは別にして、「あのときの熊本戦が…」と対戦相手からいわれるリーグ戦歴を、熊本が戦った足跡を、しっかり残せた1年目だったのではないのでしょうか。

そしてその1年の締めくくりに、何と8戦負けなしの戦績を携えて、リーグ最終戦のホームゲームで王者広島にぶつかっていくという“舞台”が与えられました。文字通り今期のロアッソ・サッカーの“集大成”という内容になるように。ホームのファンも「今シーズンありがとう」と言えるように。一週間が待ち遠しくて仕方ありません。

2008.11.17 JFL佳境。
以前のエントリーで密かに“お知らせ”していたとおり、今月の東京出張のついでに1試合観戦してきました。と言っても結局選んだのは近場の試合。JFLの後期第15節横河武蔵野対岡山というカードです。
今期のJFL。門番Hondaが優勝を決めたものの、2位から4位までは混沌とした戦い。古豪横河が気を吐くのか、あるいは1年目の岡山が来るのか…。そういう興味で訪れた武蔵野。本当は中央線三鷹駅からのほうが近いのに、吉祥寺からぶらぶら散策しながら30分あまり。閑静な住宅街のなかに忽然と現れたのが武蔵野陸上競技場でした。

ファンが貼った「目指せJリーグ。東京第三勢力」という横断幕に、この横河武蔵野というチームの置かれている微妙な状況を垣間見ます。確かに東京を冠するJチームに“おらが街”のアイデンティティは感じにくい。そのなかで横河電機という企業チームから出発してクラブ化したこのチームが今後進歩していく“マーケット”は、確かにあるように感じるのですが…。しかしいかんせん、この日の観客動員数も千人あまり。第一、第二との差は歴然としてあるようです…。

一方、岡山というチームは、これまで熊本とも一度すれ違ったことがあります。大津球技場で行われた、あの地域リーグ決勝大会1次リーグ。あの頃はまだ、体制の整わない新参チームの印象がありました。決勝リーグで訪れた岡山の地でも、ファジアーノの名はまだあまり浸透していませんでした。それがいまや、今期JFLに昇格するや、そのままJ2昇格を伺う位置。岐阜と同じような勢いを感じるチームになりました。
この武蔵野のアウェー戦にも、岡山からか数十人のサポーターが駆けつけていて。そのレプリカユニの色はチームカラーの“ワインレッド”。ちょうど神戸のクリムゾン・レッド、あるいは琉球のべんがら色にも似て。同じ赤ではありますが、ロアッソ・レッドとは微妙に違うカラーです。

横河のスタメンのなかに遠藤の名前を発見。柏ユースからロッソ発足と同時に加入しましたが、公式戦出場は叶わず契約満了。横河に加入。小林陽介からバイト先まで紹介されたという苦労人の姿がピッチにありました。旧サカくまで選手プロフィールのページを作る際、お父様から写真つきの丁寧なメールをいただいたことが思い出されます。あの頃の幼さも残る18歳の少年の笑顔。そして今、ピッチを走る遠藤からは、すっかり逞しさを増した表情が。

遠藤は左サイドハーフに位置。序盤から横河がペースを握ると栃木から移籍した金子、日本体育大から新加入の冨岡という高さと速さのある2トップが岡山ゴールを脅かす。しっかり熟成された組織サッカーを思い出させました。対する岡山。ここにきて昇格のプレッシャーからか動きは硬く、連動性がない。前半終了間際に右から入ったクロスがこぼれたところを押し込んで横河が先制。ファーサイドにいた遠藤の得点でした。

岡山は数人のマネージャーらしきスタッフと手塚監督とでアウェーに乗り込んでいたようです。選手のアップから手塚監督がひとりで仕切っていました。この元日本代表FWの熱血漢が、ハーフタイム、相当の檄を飛ばしたのは想像に難くありません。

後半開始早々、岡山はDF尾崎を下げてMF妹尾をサイドに投入。前半左サイドでひとり奮闘していた関をボランチにスライドさせシステムを変えました。これが功を奏した。
草津の松下にちょっと風貌が似たこのMFが、そのスタミナよろしく攻守で駆けずり回り、中盤を押し上げることに成功します。そしてサイド、サイドと攻撃の意図も統一されてきた。横河がどうしても中を通そうとするパスはカットされ、2トップへはアバウトなロングボールが増える。中盤が間延びしてくるという悪循環。

後半9分に左45度からのFKがそのままゴールし同点にされると、明らかに横河が意気消沈。同15分にはエース喜山が勝ち越し点。25分にはGKのキャッチミスを突いて妹尾が駄目押しの3点目を入れ試合を決めました。

リーグ得点ランキング3位に位置する岡山の喜山。まだ若いのにエースナンバーに恥じない存在感でした。「巧さ」と「位置取り」で勝負するFWなのかなと。そういう意味ではうちの高橋にも似ている感じがします。ヴェルディからのレンタルですが、岡山は“喜山のチーム”。要注意人物なのは確かです。

遠藤は後半途中で退き、前半自らの得点も勝利には結びつかず…。モノクロのこの日のマッチディプログラム。ピックアップ選手のコーナーで、「もう一度プロの世界でチャレンジしたい」とその夢を語っていた遠藤。頑張れ。薄暗くなった武蔵野競技場の森には、いつまでも岡山サポーターの歓喜のチャントが響いていました。

JFLは今節、5位鳥取が佐川印刷に足元をすくわれ勝ち点54どまり。栃木が高崎を下して勝ち点61になったため、残り2試合を待たず4位以内が確定。まずはJ参入の成績条件面をクリアしました。他のJ準加盟チームについては、次節富山が草津。岡山は栃木との結果に持ち越されました。最終節は岡山と富山の直接対決。鳥取も連勝すれば他の結果次第で、まだ4位以内もありうるという状況です。北九州は今期すでに戦線離脱…。

駅前で買ったエルゴラッソ。そのJFL特集のページでは、成績条件面4位以内確保の熾烈な争いのレポートと同時に、その他の参入条件チェックと題して○△×で各チームの評価・分析がなされていました。集客面、財政面で両方○なのは富山のみ。栃木、岡山は財政面で△。鳥取は集客面△、財政面×となっています。

成績面だけでJFLを留年したわれわれにとっては、ちょっと違う雰囲気の今年のJ参入戦線。いずれにしても、まずは成績条件。それをまず栃木がクリアしてきましたが、これから12月上旬のJリーグ理事会での正式発表までは、胃が痛い日々が続くのでしょう。

J‘sゴールのトップページにもJFL順位が表示され始め、われわれとしても目が離せない時期。さて何チームが昇格・参入してくるのか。各チーム、サポーターの思いはいかばかりか。残すはあと2ゲーム。昨年のわれわれにもあった、あの歓喜の季節がやってきました。

11月8日(土) 2008 J2リーグ戦 第42節
愛媛 0 - 1 熊本 (13:04/ニンスタ/2,485人)
得点者:6' 高橋泰(熊本)


今日の試合を観ていて、ちょうど1年くらい前に書いた「他人事の報道姿勢」というエントリーで、ニッカン記者ブログの「この時期、降格のないJ2の下位チームの試合は、もはや消化試合でしかない。」という表現に対して、激しく毒づいたことが脳裏によぎりました。

スカパーのアナウンサーも再三言っていたように、この試合、両者にとっては消化試合という意味合いは全くなくて、むしろチームの最終順位とそして選手たちにとってはまさに生き残りを賭けた真剣勝負。所詮ニッカンなど第三者にはわかるわけがない。応援するチームを持たなければわからない…。1年前に書いたことが間違いではなかったと実感しました。

寒風吹きすさぶニンジニア・スタジアム。天皇杯からの連戦の疲れを配慮したのか、愛媛はスタメンを何人かいじってきました。2トップには若林と横山。対する熊本は、中2週間で休養十分。4-3-3の3トップは高橋、木島、中山と攻撃的な布陣。

愛媛 (先発フォーメーション)
24横山 30若林
7千島16赤井
27青野10宮原
14三上13関根
28高杉3金守
 1川北 
この日の勝敗を分けたたったひとつの得点は、開始早々の6分。長い故障から復帰したばかりという愛媛の左サイド千島からの鋭いシュート性のクロスを、この日久々に熊本のゴールマウスを守る小林が、がっちりセーブすると、自陣まで帰ってきていた木島にフィード。これを敵陣までひとりで持って上がると、右サイドに上がってきた市村にパス。このセンタリングにニアで吉井がDF2人を連れて潰れ役になると、中央に走りこんだのは高橋。愛媛DF関根の前に飛び込む。プレイバックでは、関根が左手でハンドし、自分の右足に当てて入ったオウンゴールのように見えますが、公式記録はまぎれもなく高橋。得点王争いで広島・佐藤に追いすがる貴重な1点となりました。

開始早々の得点に意気上がる熊本のゴール裏。美しいロアッソ・レッドの群れ。

その後も、熊本は中盤と最終ラインとの2ブロックのシステムで愛媛の攻撃を組織的に囲い込み、奪うやシンプルに前線に運ぶ。逆に愛媛の最終ライン前では、前目のチェックで反転の芽を潰す。戦前、「セカンドボールを拾いたい」と言っていた愛媛・望月監督でしたが、これも熊本の手中にありました。宮崎、吉井が愛媛のボランチ宮原、青野を押し込んで上げさせない。愛媛は前線との間が間延びし、ロングボールで若林の頭を狙うのみの単調な攻撃。

22分、愛媛の宮原が抜け出してバイタルエリアに侵入。ここは危ない場面でしたが、右の赤井へのパスをチャがクリア。再び宮原に納まり、上がってきた千島がシュート。これはゴール左に反れました。しかし、このプレーあたりから徐々に愛媛が息を吹き返し、宮原が前線に顔を出すようになる。42分には混戦のなかで千島の決定的なシュート。完全な愛媛の時間帯が続きましたが、ここはGK小林が、勇気ある飛び出し、パンチングなど素晴らしい集中を見せ凌ぎ切りました。

1点のリードで迎える後半。このリーグで戦い始めた今年、幾度となく、ハーフタイムでの“修正力”を訴えてきましたが、この試合での興味もそこに集まりました。

まず、愛媛は左サイド千島を江後に代えてきました。幾度かチャンスに絡んでいた千島でしたが、怪我上がりという事情もあったのでしょうか。あるいは、若林へのロングボール頼みではなく、もっとサイドを起点にしたいのか。何にせよ、江後こそ愛媛では最も警戒すべき選手ではありました。

一方、熊本は選手交代なし。しかし、後半が始まってみると、中盤に指示があったのは明らかでした。もう一度コンパクトに修正したいのだと見てとれました。また、ロングボールを多用する相手に対して、思わずロングボールで対抗してしまう悪いくせに対し、池谷監督は「繋ぐところは繋げ」と指示しました。

51分、左サイド深くから上げられたセンタリングにフリーで撃たれますが、これをゴール前の市村が逆足でクリア。この日の一番の決定的な場面でした。しかし、相手の修正を見切り、その猛攻をきっちり“15分間”凌ぎきると、熊本はチャに代えて福王を入れます。福王がCBに入り、矢野が左SBにスライド。これぞ熊本の磐石の最終ライン。さらに木島が傷んで斉藤が入ってからはチームの守備ブロックを堪能する時間帯となりました。もはや愛媛に付け入る隙はありませんでした。

思えば、古傷を抱える木島を含めた3トップという攻撃的な先発布陣。ベンチにはFWの控えは存在しない。先制逃げ切りで、先発選手がいけるところまで。前線、中盤の誰かがいっぱいになったら、斉藤か松岡で4-4-2。最終ラインに何かアクシデントが起こったら、ユーティリティのある福王。もし、同点や逆転を狙うシチュエーションだったら小森田というシナリオだったのではないでしょうか。とにかく今日の愛媛には“勝ちたい”“結果が欲しい”という池谷監督の気持ちが強く感じられるベンチワークではなかったでしょうか。

ここで改めて認識させられるのが、福王が控えにいることの安心感。福王が入ることの安定感。しかし、その機能性ゆえにベンチスタートとなってしまう役回り…。

もちろん矢野のSBも、守備的どころか後半、超攻撃的で追加点の匂いをプンプンさせました。そして本領を発揮している市村の活躍。この4バックこそ現時点で、というか、今シーズン、熊本がたどり着いたベストのベースラインなのかも知れない。しかし、今この4バックで先発したときの控えの層の不安感。チャという攻撃的カードの使い道…。

監督にとっては悩ましい。非常に微妙な判断によって今の先発システムは成り立っているのではないかと思わせます。

加えて、何より今節の勝因は、そんなベンチワークの期待に応えるように、中盤の3人が最後まで走りきれたこと。前半の戦いを見ていて、中盤が最後まで行けるかどうか。その一点を集中して見ていたぐらいです。これは選手本人にとっても“ギリギリ”、ベンチワークにとっても“ドキドキ”のギャンブルだったのかも知れません。そして決して忘れてならないのは小林の奮闘。

今期10勝目という記念すべき勝利。そして7試合負けなしといううれしい記録。池谷監督が「全体的には凡戦」と卑下しているように、第三者から見れば、これと言って話題もない消化試合に過ぎないのかも知れません。しかし、ちょうど8ヶ月前のこの日、この同じスタジアムでのJ開幕戦で厳しい現実を思い知らされたわれわれにすれば、チームの成長を実感し、その成果を示せた“最高の”試合内容だったと思います。同一カードで始めての勝ち越し。今年のキャッチフレーズ「国獲り宣言」から言えば、“松山城陥落”です。

さて、この7連戦で培ったチームの組織的な守備・攻撃の連携。これを持って、最後に山形、広島と連続して戦えることは、めぐり合わせとは言え、今シーズン最後の“ご褒美”と感じています。1シーズンを費やして手にいれた今の“システム”が、来期のJ1チーム(あるいは昇格するのではなかろうかという上位チーム)に対して、どこまで通用するのか試してみるまたとないチャンスを与えられたのだと。さあ、本当の強敵に思い切ってぶつかっていくわがチーム。考えるだけでワクワクします。

天皇杯に早々と敗れたわが熊本。今週は、他チームの試合の傍観者となってしまい寂しい週末でした。その間、お隣のJ1チーム大分はナビスコ杯決勝で清水を下し、遂に初タイトルを取得。J草創期の旧日本リーグ出自の大企業系クラブではない、県リーグから“町おこし”として生まれたチーム。それもわが九州の一地方クラブの快挙として、素直にその快挙を祝福したい。そしていつかわれわれもという思いがつのるのは当然です。

一方、徳島の若き社長、高本浩司氏がシーズン終了を待たずに辞意を表明。3期連続最下位の責任をとってのことでしょうが、氷川高校出身の“熊本スピリッツ”な人物だっただけに、身近な戦友を失ったような、なにかとても残念な気持ちです。同志社大でも大学選抜チームで活躍。徳島の前身、大塚製薬に入社後は、主将としてチームを引っ張りました。徳島ヴォルティスとしてJリーグに参入と同時に、大塚から代表取締役社長として出向。ところどころではGMも兼任してきました。

Jに上がったばかりの弱小地方クラブ(われわれを筆頭に)にとって、一番やっかいなことは、毎年毎年の戦力が不安定で整わないことだと言われています。それは、選手獲得市場において存在する資金的、地理的、環境的不利。かといってまだユースから優秀な人材が上がってくるほど育成組織も成熟していない。ちょっと秀でた選手が出ると、資金力に任せたクラブがさらっていってしまう。そういう蟻地獄のような悪循環。

そんななかで、おとなりの鳥栖は、無名の大卒即戦力を揃えることをコンセプトにして成果を上げ、わが熊本は、他のJチームから早期に契約満了になったが若くてまだ伸びしろのある選手をかき集めることで、地域リーグからここまでのし上がってきました。

そういった新参J地方チームにあっても、徳島は大企業大塚製薬をスポンサーそして出資社の軸にして比較的潤沢かつ安定した財政基盤を持つクラブ。そのチームが何故、成績が“安定”していかないのかが不思議でした。いや、今ここにきて思うのは、逆にその経営的安心感と、そして皮肉なことにその会社が同時にクラブの前身のチームだったということが逆にことを難しくしているのではないかと…。

われわれが知っているJFL時代の大塚製薬というチームは、戦術もはっきりした、それはそれは憎たらしいくらい強い“企業チーム”でした。しかし、ほんの数年前のことなのに、今はあの頃活躍した選手の姿が全くといっていいほど見あたらない。かといって下位に甘んじるチームのご多分に漏れず、安定しない選手編成。毎年のように変わる指揮官(監督)。しかし一方で、常にコーチ陣は旧大塚製薬出身者で固められている…。残念ながらこの部分においての結果責任は、高本氏が兼務していたGM的?職務のうえで免れないものだったのでしょう。

いえ。いつものことながら他者を批評するような立場で言っているつもりは毛頭ありません。徳島にしても、こんな表面的なことだけでない複雑な事情があることは間違いないでしょうから…。

財政安定だけが順位を決めるわけではないというこのリーグの現実。逆に、大分にしても、あの小室事件の危機を乗り越え、MARUHANに敬意を表して胸スポンサー・ロゴを未だに付けないユニフォームで、堂々、国立での栄冠を手にすることができた。

われわれ一年生にとっては全て他山の石(ケーススタディ)。
要は全てクラブの歴史という経験の“積み重ね”の差なのですが、大分にしても徳島に対しても、一朝一夕には追いつけないその経験の差を、われわれがいまから一年一年埋めていく作業のなかに、漫然とした不安を感じてしまうのも正直な気持ちです。

さて、自身の足元に目を転じれば、最下位は免れたなどとのん気なことを言っていられない。今季目標としていたはずの平均観客動員数5,000人という“控えめな”目標にすらまだ達していないのです。あとホーム1試合を残して、15,000人という達成目標。われわれファンが自らの力で積み重ねるべき今季目標…。

かの高本氏が先日、母校の同級会のために帰郷してきたとき、友人にこう洩らしたそうです。「熊本(というクラブ)には可能性がある」と。
面識こそありませんが、いつか時が許せばその言葉の“真意”を知るために、氏と杯をかたむけたいものです。同じ志を持つものとして。「ご苦労様でした」という言葉を添えて。