2010.01.31 練習試合見学
先日、行きつけの整体院で、ロアッソのある選手と遭遇しました。年明けのチーム始動からまだ1週間とたたない頃だったのですが、「一生のうちで一番走っています」という彼。それは大げさにしても、「去年は最初からボール回しで、一度も“走り”はなかったから…」と。整体師の施術にヒィヒィと悲鳴を上げるその姿には、相当の肉体疲労感が伝わってきます。「最後まで諦めないサッカーをするためにフィジカルを徹底的に鍛えなおす」。そんな発言をしていた高木監督の新シーズンが始まっているのだなと実感。それを確かめるために、そして、久しぶりに“動いている”選手、チームを見たいと、先週のユース、今週の宮崎産経大と、真面目に練習試合見学に行ってきました。

先週は、小雪まじりの極寒の日。まだ始動して1週間目。初めてゲーム形式で身体を動かした、という程度の練習試合でした。トップチームは10人という変則マッチ。南の後方からの指示、宇留野のキレのある動き、松橋の落ち着き。そんなベテラン勢の存在感が目立ちました。新生ロアッソを背負う“若き”ベテラン陣です。それにしても、ロアッソユースくんたちの、意外に体躯がよいこと。そしてトップに似てパス回しがうまいことには大いに期待が持てました。

宮崎産経大学とは40分×3本。ロアッソ側は練習生も多く連携もままならず、チームとしては成り立っていない感じ。走り疲れているのか、体も重たい感じ。相手の大学生は「プロに一泡吹かせてやろうか」という欲も感じられ、プレスもなかなか厳しくコンタクトもそこそこ激しく。一人少なくても優勢に組み立てられていた高校生相手とは、当然ですが、勝手が違っていました。連携という意味では、GKからこそ声が出ているものの、みんななんとなく静か。この雰囲気はちょうど新学期が始まったばかりのクラスのよう。「あいつは頭がよさそう」とか「こいつは運動神経がいい」、あるいは「怒らせると怖そう」といった理解や、気軽に軽口を叩き合う間柄になるためには、まだまだこれから授業の数をこなし、一緒に弁当を食べたりしなければいけないのかな、と。

いずれにせよ今の時期の練習試合は、実戦形式のなかで選手の体力面を向上させることが狙いなのでしょう。監督も試合中、戦術的な指示をするわけでなく。選手の特徴を見極めているようにどっかりと座っています。3本の選手編成も、まだ特にスタメン、控えといった意図を感じさせない構成。チームとして形を作っていく(そして競争を激化させる)のは、まだまだこれから。スケジュールでいえば、千葉とのTMあたりからなのではないのでしょうか。

さて、あまり多くは書きたくないのですが、練習試合を観て気になった(気に入った?)選手たち。新加入のなかでは新卒の加藤。ボランチに入っています。小柄ながら運動量、状況判断、技術とも十分にリーグ戦で通用するのではないのでしょうか。落ち着きがあるのがなにより頼もしい。そして笹垣。左SHで使われていますが、高卒ながら思い切りよいプレーぶり。切れ味があるドリブルは非常に面白い。もっと見てみたいと思わせます。筑城は左右SBのできるユーティリティプレーヤー。バランス重視のプレーぶりでした。ちょうど森川コーチのようなプレーヤーに成るのではないかと。三浦天悟。まるでベテランのような貫禄あるコーチングでした(笑)。

そのほかは…。先週別メニューだった西も今週は合流。体調を見極めながらも、時おり見せる独特のドリブル突破のリズムはさらに磨きが。練習生の渡辺匠(元山形)は、昨年、原拓が見せたようなチームへのいきなりのフィット感を感じさせる。そんな原拓はといえば、今季の“意気込み”を感じさせる安定した、しかも熱いプレーぶり。間違いなく彼が軸になっていくでしょう。あとは別メニューの平木のプレーを早く観てみたいな、と…。

件の整体院の院長。かの選手の身体を施術しながら「みんなが開幕の直前に壊れなければいいけど…。」と危惧の言葉を漏らしました。それは厳しい練習方針への危惧というより、ホームチームを愛するが故の心配のようでした。フィジカルを高めながら、ひとり一人がチーム内で競争し、そしてチームとしての戦術を構築させていく。これから開幕まで怪我なく故障もなく、最良のコンディションでシーズンを迎えたい。“運”も大きく左右するようなそんな難しいコンディションの管理を、この時期、毎年黙々とやっている選手たち。

「開幕が楽しみ」。でも「無理をしないくらいに無理をして…。」今のこの時期、それが院長とわれわれの、一ファンとしての揺れるような素直な気持ちです。

16日、今季の新体制発表記者会見が開かれました。そこで表明されたのは、J1昇格への強い意思であり、それを成し遂げるための確かなビジョンだなと感じました。ある意味、この時期の新体制記者会見で、これだけはっきりしたビジョンを示したクラブは他にはないのでは(…そこまで言ってしまうのは言いすぎでしょうか)。

「今までは言葉が先行していたようにも感じていたJ1という目標について、選手も、クラブも、そして地域も含めて本当にそれを感じ取れるようにしたい」と語った池谷総監督・GM。クラブとしてのシーズン目標のなかで「クラブ専用練習場の見通しを立てる」ということを第一義に掲げました。岡社長もこの日の会見で、この専用練習場も含めたクラブの“環境面”による見劣りが、ゴン中山獲得戦の敗因だったと明言しました。

公的な施設環境には比較的恵まれているだろうと思う熊本県。しかし、それは公的な故にロアッソという一民間クラブについての優先使用権を認めてはくれない。ご存知のようにチームは日替わりで練習場を渡り歩くという現状が続いています。かと言って、自力で練習場を整備するためには、億という額の資金が必要。徳島というクラブは、3シーズン近く下位に沈んでいたものの、そういった環境整備は着々と進めて、いよいよ本格的な飛躍(チームづくり)を目指すのかと言われています。徳島にみる大塚製薬のように大きなバックボーンを持たない熊本、われわれは公的施設の「指定管理者」という制度が有効ではないだろうかという私案を持っていました。AC熊本が、その施設の指定管理者として運営することによって、トップチームの優先使用権を得ながら、その他のチームやその他の市民スポーツに関しても利用運営を行っていく。ロアッソのクラブハウスがあるホーム練習場であって、その他の市民スポーツも活用できる“ロアッソタウン”のような場所。いかがでしょうか。実際には色々と制約があるのかも知れませんが…。

いずれにせよ、この「見通しを立てる」という言葉は微妙で、年度中の着工とか完成ということではなくても、計画の道筋は立てるつもりと言ったような、まったくの夢ものがたりではない可能性を含んでいるようなニュアンスを感じます。期待するだけでなく、大いに応援していきたいものです。

次に掲げられた目標は「個人協賛の拡大」。これは先に発表された「『ロアッソ熊本をJ1に』愛募金」によるものですが、目標額も明確に5,000万円とされました。次が入場者数1試合平均7,000人という目標。ファンクラブ会員3,000人。企業協賛(企業スポンサー)300社。いずれも数値目標が明確化されました。こういったわかりやすい数値が示されたことは、次に進むべき道標のように感じます。J1昇格へ一歩一歩登っていく、今何合目なのかという道標です。

しかし、このような環境面、経営面での明確な目標に比べて、チームについての数値目標ははっきりさせていませんでしたね。これは、高木新監督に長期的に任せるということと捕らえていいのか。チーム作りについては、昇格までの逆算で新監督に基盤づくりから託していこうということなのかも知れません。これまで蓄積してきたものの上に積み重ねるのだとはいっても、そこにはどこか“仕切りなおし”をするような大きな体制変換を感じる。池谷GMが、現場を預ける二人三脚の相棒として高木監督への厚い信頼感が伺えるようです。

昨年、空席だったヘッドコーチには、柏から清川浩行氏を招聘しました。長く柏の育成畑を歩いてきた人のようです。本人はトップチームのコーチは初めての経験のようですが、池谷監督時代の北野氏のように、高木新監督を陰で支えるポジションは、チームにとって非常に重要です。

もうひとつ目をひいたのは、これも柏からやってきた飯田正吾氏が就任したチーム統括部長という新たな役職。想像するに、これはGM職の下に置かれる、いわば強化部のようなものなのかと。スカウト担当だった森川氏が、コーチとして現場に移ったことでその役割はどうなるのかと思いましたが、この飯田氏の職が、その部分もカバーするのかも知れません。これも、J1昇格を伺うこれから数年において、競合チームに対して競争力のある“スカウティング能力”を組織的に強化する狙いなのではないかと思いました。

さて、肝心の戦力補強面を見れば、年明けから名古屋の平木良樹選手のレンタル、そして神戸を解雇されていた松橋章太選手の獲得が発表されました。平木は、西や山下と同期の流通経済大で10番を背負っていた逸材。松橋はいわずと知れた国見高出身のスピードスター。地味に見えるようですが、これは期待できる確かな補強ですね。

加えて会見で池谷GMは、まだ補強は終わっていない風のことをほのめかしています。昨年末お話したときに「補強は真ん中、中心ライン」と言っていた池谷氏。GKに南という大補強を実現したものの、CBやFW、まだまだ新加入発表があるのかも知れません。いつものようにそれは“相対取引”に持ち込まれるのか。ファンとしては、楽しみが残されました。

新体制発表会見もこれで何度目でしょうか、しかし、今回のこの会見を眺めていて、改めてこのクラブが“大きく”なってきたことを実感しました。それは、高木琢也や南雄太や松橋章太というビッグネームの加入ということだけでなく、コーチ、スタッフ、あるいは育成部門の陣容の充実など、このクラブは着実に成長してきたんだなあと。

九州リーグ。わずか3人の事務局スタッフ。何もないところからスタートしたことをすぐに思い出してしまいます。しかし、ややもすればその頃との比較で、今あるこの現状に満足し、甘んじがちになっていたのも事実です。例えば「J2でも、いやJFLでも充分楽しめる」あるいは「あの頃からすれば、雲泥の差だ」「今のこの状況自体がすごいことなんだ」などといった感傷的な現状追認…。今、改めてこのクラブのこの着実な“成長”と、その先の“躍進”へ向けたビジョンを見て、そろそろ、われわれもそういった懐古趣味的な自己満足を封印し、次に踏み出すべきところに来ているのだと省みさせられました。過去と比較していた現状から抜け出し、“ビジョン”との差を比べるべきなのだと。チームや選手に対しても、また、ひとつひとつのゲームに対しても、掲げられたビジョンと比べてどうなのか? という視点や“厳しい”評価も求められるということ。“ないものねだり”をするつもりはないと常々言ってきましたが、チームの成長とともにわれわれファンの側も成長し、大人になっていかねばならないシーズンなのかなと思います。「県民運動」を掲げているこのクラブ、そういう意味ではまだ何も達成していないのかも知れない、そういうところも忘れてはいけないと。
「Strong Will~強い意志~」。こうやって見ると、今年のスローガン、とても深くて、なかなかいい言葉だと思いませんか。

改めて、明けましておめでとうございます。2001年に旧サカくま(サッカー情報熊本)を開設して以来、今年でちょうど10年目になります。相変わらずの長文、駄文ではありますが、よかったらお付き合い下さい。

まず、新年早々ですがこの厳しい経済状況を反映した残念なニュースがありました。ロッソの母体となっていわば“Jへのたすき”を繋いだアルエットの選手、スタッフが中心になってその後立ち上げたヴァンクール熊本が、この春、解散するというニュースでした。財政状況の悪化と、メンバーが試合に揃わないという体制の問題が理由とのこと。県内では長く国体代表の母体でもあったチームだけに、その現実は残念としか言いようがありません。われわれも最近は近所の益城のグラウンドで開催される九州リーグの試合を覗いてみるくらいでしたが、確かに、メンバーのやり繰りも苦心の様子が見え、われわれの知らない選手の名前が連なっていました。しかし、それでも監督は中尾太三郎であり、代表は河野忍であることには変わりはなく…(ちょうど10年前、彼らが率いるNTT熊本がJFL昇格を果たして以来の経緯はここでも何度か触れています)。地域のサッカーに対する彼らの並外れた情熱と献身については、いつか改めてまとめる必要があるでしょう。今後の動向が気になるところです。

また、年末年始は高校選手権、わが県代表ルーテル学院の快進撃に俄然注目が集まりました。初戦突破が目標だった同校が、国立での開幕戦に古豪・帝京を下すと、FW山本の連続ゴールもあり2回戦、3回戦と勝ち進む。とうとうベスト8の一角を占めました。惜しくも準決勝進出は成らなかったのですが、忠実なカバーリングなど組織的な堅守から攻撃に転じるスピード、オートマティズムあふれるパスワーク、そして前線の山本の才能あふれるプレーぶりは、郷土の代表という贔屓目を抜きにしても実にみごとだったと言えるではないでしょうか。それにしても、熊日にも書かれていたとおり今大会は名のある古豪が次々に消え、新進気鋭の学校の躍進が目立ちました。これも優秀な指導者層の広がりと、Jの下部組織やその他クラブチームでの育成年代のレベルアップといった、競技人口の裾野の広がりと同時に、総体としてのレベルアップが進んできた成果のひとつではないかと思いました。

さて、ストーブリーグ真っ只中のロアッソに目を転じれば、南雄太、筑城和人に続いて先日、名古屋から平木良樹選手のレンタル移籍が発表されました。選手補強はまだ道半ばとは思われますが、徐々に新生・高木ロアッソのかたちがうっすらとではありますが見えてきたなという感じがしています。

昨年暮れ「高木琢也氏 新監督就任」というエントリーを書いた後、就任会見やテレビ番組等のインタビューなどマスコミ等での露出が相次ぎましたが、逆に言えば、われわれとしては新監督についての情報は今のところそのあたりにしかありません。そこで、とりあえず今までの発言を“分析”というと大げさですが、少し整理してみようかと思いました。色んな場での発言の断片をつなぎ合わせ、推理してみることで、何とか、今の段階での高木新監督のチーム作りのイメージがちょっとは垣間見えてくるのでないか、そういった妄想でも楽しんでみようかな、などと思ったわけです。

まず、熊本の監督就任を決意させたもの。この点に関してはRKKの年末の特番でのインタビューが一番わかりやすく語られていました。それには次のような3つの理由があると。
1)クラブ(池谷氏)から必要とされていると感じた。何回も話し、熱意に打たれていくうちに、このチーム(この人)のためにという気持ちが自分のなかに沸いてきた。
2)このクラブは歴史も浅いが、ちゃんとした方向を向けばどんどん大きくなっていくだろうという可能性を感じた。現場の選手も鍛えていけばもっともっと大きくなると。
3)(自分の出身である)同じ九州のチームだということ。自分との共通したところ。
そうした3つの理由に加えて高木氏は、「もうひとつ言えるとすれば、遠くになってしまう家族の理解があったこと」だと述べました。「1、2、3揃ったとしても家族の理解がなければここにはこなかった」と。おそらく熊本へは単身赴任ではなかろうかと思われる高木監督。ルーテルが初戦で破った帝京高校のMF高木利弥は、氏の長男だったということを試合後に知りました。

どんなチームにしていきたいかという思いは、監督就任会見でも語られていました。まず触れているのは失点が多いという現状。「(昨季の)82失点というのは減らさなくてはいけない。それがうまく減っていけば、毎年ステップアップするチームができるんじゃないかと思っています」と真っ先に守備面の強化を挙げています。横浜FCでの実績では堅守で鳴らした高木監督。しかしながらそれは「(目指すのは)攻撃の時は本当に攻撃するし、ディフェンスの時もそれができるチーム。要は、相手が点を取りたくても取らせない、守りたくても守れない、そういう臨機応変なサッカーをしていきたいなと思っています」という言葉で補足されるように、単に引いて守るスタイルとは一線を画すもののように感じられます。そのためには「トレーニングでも、攻撃から守備への切り替えを早くするということを意識づけていきたいなと」と述べています。

そしてどのインタビューでも必ずと言っていいほど言われているのが、「最後の15分で点を取るチーム」を目指すということ。その点に関しては就任会見でも、「残り15分というのは、どちらのチームもしんどい時間帯。そこでの頑張りが勝ちに繋がる」という意味のことが述べられている。と同時に「昨季の熊本のこの時間帯での得点はわずか7点。これを少なくとも二桁には持っていきたい」と明確に数値目標化されていました。

ただそれはデータ上のことでは決してないようで、「まずメンタル的な部分というのは変えなくてはいけないのかな」と述べると同時に、「クラブとしても歴史が浅く、J2に上がってそんなに時間が経っているクラブでもない。若い選手が多い。クラブの規模、そういった諸々の状況に対して、ひょっとしたら『負けても仕方ない』というような言い訳をどこかに持っていないか。そうではなくて、ひとつひとつの勝負に対してこだわりを持ってやってほしいし、ゲームに対して貪欲にやってほしい」と述べて、選手の“メンタル面”の重要性を強調しています。更に年明けのNHKのインタビューでは、その点に関して「最後まであきらない。最後まで走るサッカーをやっていきたい。ハードワークして、とにかく最後まであきらめないサッカーをしたい」と加えています。

シーズンの目標はと問われて「真ん中あたり、1桁行ければ」という表現と同時に、「数字にはこだわらないと結果はついてこないだろう」とも言い放った高木監督。一試合一試合の勝負への執着心どころか、練習内にもあるだろう“勝ち負け”にこだわる気持ちがないと「向上」という結果はついてこないのだと選手達に求める(TKU「夜はホンネで」)。と同時に、「熊本県民の皆様に、おもしろいサッカーというか、サッカーというのはこういうものだというのが我々のゲームから知識として芽生えて、今まで以上に、この熊本そして九州でサッカーの文化が根付くように、一生懸命頑張っていきたいと思います」(就任会見)と言うように、長期的な、ある意味マネージャーとしての視野でもこのクラブを捉えているようです。

それは池谷GMが高木監督に関して言及した「サッカーのことや地域のこと、このクラブの生い立ちなどを話す中で、同じ絵を描いていける、『高木琢也に託してもいいな』という気持ちになった」という表現に繋がるし、「このクラブはずっと続いていかなくてはいけないし、地域の中でも勝ち残って全国に発信していけるクラブを目指したいと思っています。その中で彼が必要だと思ったということです」と明言した所以なのだと思います。

「やれること、やれないことも何となくわかっています」。「その中でやれることを、クラブには一生懸命やっていただきました。ほとんど補強に関してですが、その点は非常に感謝しています」と就任会見で発言した高木監督。このオフシーズンの補強活動に関しての言及なのでしょうが、まだ発表されない、われわれの知らないことが待っているようで…。その発表とともに、来るべきシーズンへの始動=練習開始が今か今かと待たれるところです。年末から続く厳しい寒波のなかで、暖かい春を待ち焦がれる思いに似ているような気がしています。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
知り合いに「『ルーテル』で検索したらひっかかったから、何か書いてるのかと思ったら、試合結果だけじゃん」と責められましたが。すいません、まだよく試合も観ていません。これは自分達用の記録(忘備録)のようなものです。あしからず。

1月5日高校サッカー選手権準々決勝(さいたま市駒場スタジアム)
ルーテル学院 0-1 山梨学院
得点者:後半5'藤巻(山梨)

監督 小野秀二郎
部長 太田一仁
GK 市原拓巳 (3)180 ルーテル中
DF 上杉健太郎(3)170 フォルテ熊本
DF 野田佳祐 (2)175 ルーテル中
DF 内倉大輔 (3)180 ESPADA
DF 村上裕亮 (2)175 ルーテル中
MF 新田己裕 (1)170   〃 
DF 向江翔太郎(3)185 ESPADA
MF 西田浩平 (3)170   〃 
FW 小牧成亘 (2)170 ルーテル中
MF 藤原孝  (3)170   〃
FW◎山本大貴 (3)180 宇土鶴城中
GK 松岡修平 (2)170 ルーテル中
MF 柴田宗寛 (2)175   〃
DF 長船仁  (3)170   〃
MF 五嶋雄史 (3)175   〃
MF 嶋昂心  (2)175 フォルテ熊本
FW 伊津野竜征(3)165 ランザ熊本
DF 藤村喜楽 (2)170 西合志南中
DF 上原俊喜 (1)175 ルーテル中
FW 伊藤卓  (1)170   〃
GK 辛島涼太 (2)185 アビスパ福岡
MF 竹田竜成 (3)170 宇土鶴城中
FW 城天平  (2)170 ブレイズ熊本
MF 佐藤諒  (3)170 ルーテル中
MF 河上佑紀 (3)170 小川中
*選手は背番号順。◎は主将。名前の後は学年、身長、前所属
1月2日高校サッカー選手権2回戦(等々力陸上競技場)
ルーテル学院 2-0 富山一
得点者:後半5'山本(ルーテル)、10'山本(ルーテル)

1月3日高校サッカー選手権3回戦(等々力陸上競技場)
ルーテル学院 1-0 日章学園
得点者:前半39'山本(ルーテル)