来ましたね、エジミウソン。クラブの新体制発表記者会見に遅れること2日。単独記者会見が行われ、池谷GMから「今年の補強の目玉」と紹介されていました。赤いユニフォームも似合うし、意外と若い。さらにいえば今のこの時期にしては結構、“絞れて”いるようにも。「いつでも行けるぞ」というふうに見えたのは贔屓目というものでしょうか。

前回も書きましたが、守備的MFはこのエジミウソンが期待通り動けるなら、新加入の根占とのダブルボランチがファーストチョイスでしょうか。エジミウソンがあくまで守備的に陣取り、根占がスルスルっといつの間にか前線に顔を出している。そんなシーンを想像してしまいます。しかし、大分でかぶっているか定かではありませんが、原田拓とのコンビネーションも見てみたい。原田の左足はやはり捨てがたい。もちろん吉井の運動量も。組むパートナーとの相性によっては、吉井の攻撃性がさらに開花する余地も大いにあると思います。さらにそこに2年目の加藤がそろそろ食いこんでほしいし、FC岐阜SECONDから新加入の片山、果ては柏からレンタル移籍の武富のボランチ起用も考えられる選択肢らしい。一気に層の厚いポジションになったと言えるのではないでしょうか。

前線の松橋はRKKラジオの番組で、「エジが敵の攻撃の芽を潰して、そこからのロングフィードに僕が飛び込む」と、大分時代からのホットラインを思い起こして、エジミウソンの入団を大歓迎していますね。今季はまぎれもなくこの男がFWの“軸”です。10点以上の得点をこの番組でも宣言した松橋。持ち前の速さだけでなく、サッカーの“上手さ”も兼ね備えている選手だとわれわれは見ているだけに、今季のさらなる活躍を期待しています。

その相棒を務めるのは、昨季の実績からいえばファビオか。ただし元々の登録はMF。その特徴からいえば、トップ下ぐらいに位置させて、幅広く動き回らせボールキープで敵を掻き回したい。ちょうどアジア杯での本田のように。

これに絡んでくるのは清水からレンタルの長沢になるのか、インカレ準優勝・中京大で大会ベストFWを受賞してきた斉藤か。長沢の191センチの体躯はまるでハーフナーマイクを思わせます。高木監督が欲しかった前線のターゲット。ポストプレーを相当仕込むのではないでしょうか。斉藤は前評判も高く、いっときの水戸の荒田のようにルーキーながら大ブレークしてくれないかなと期待しています。この二人の加入で岡村の尻にも火がついているものと思われます。

宇留野はやっぱり右SHがいいのではないでしょうか。左はもちろん片山でお願いします(笑)。そこに割って入るのは、3年目の大迫か。あるいは柏からレンタル移籍の武富も即戦力でしょう。今、日本でも有数の育成組織である柏ユースの出身。かなり将来を嘱望されている選手らしいので、どんどん出場機会を与えてほしい。「ドリブル、パス、シュート、全て1つ1つにこだわっていくので、全部見てください」という会見時のコメントも、なにやら自信に満ちあふれているようで。変則的なドリブルが持ち味とも。また柏時代にモジミリンECに短期留学していた際、ファビオともプレーしていたらしく、そのコンビネーションも楽しみ。そこに同じく柏ユースの後輩・仲間、大阪教育大出身の田中が食い込んでくるかといったところでしょう。

長沢と同じく清水からレンタル移籍のDF廣井は、たしか駒沢大の主将で、筑城とはチームメイトだったんですよね。清水ではなかなか出番に恵まれず、一昨年は高木監督が指揮する東京Vにレンタル移籍していました。その年の11月の対戦で、(高木監督は既に解任されていましたが)先発左SBで廣井の名前があったので、ビデオを見返してみました。あまり奥までえぐるシーンはなかったものの、要所要所でサイドを上がり、右足でクロスを上げていました。ちょうど去年の堤のような。長身を活かしてセットプレー時はゴール前に上がってましたね。ただ、自身「センターバックなので」と会見で言っていますから、福王、矢野のコンビを脅かして、筑城との相性の良さを発揮してほしいですね。状況によっては、筑城を下げたあと市村を一列上げて、福王、矢野、廣井の3バックでというのもありかな~などと想像したりしています。

GK岩丸の獲得はちょっと驚きでした。南の控えは木下で十分と思っていたので。しかし、GKは最も危険なポジションと言ってもいいので、何があるかわからない。年齢的にも間を埋める位置、それに実績も申し分ない選手補強だと思います。07年の一年間、高木監督が見ているようですね。

というわけで、今季の選手補強は、Jの下部組織、大学からは練習生を経て。他チームからは、柏ラインや清水ライン、そして高木監督の過去の“教え子”といった傾向が強く出ました。それにしても“めぐり合わせ”というのかあるいは“縁”というべきか。以前のチームメイトだったり、高木監督がよく知る選手だったり。RKKの山崎アナも、ネタに事欠かない感じですが(笑)…。

前エントリーでも書いたように、横浜FCの岸野監督は元鳥栖の選手を集め、富山の安間監督は甲府を戦力外になった大西と池端に即座にオファーを出した。過去にも、徳島の美濃部監督は古巣の京都の選手の多くに声をかけた。栃木の松田監督もまたしかり。ただこれは、“かって知ったる”選手への“情”のようなものではなく、チーム補強の重要戦略ではないかと思うのです。名前やデータだけではなく、ともに戦い、確実に見て知っていることで軽減されるリスクの重みは、この勝負の世界では決して小さくはないのではないかと。さらにはその監督の戦術への理解といった意味でも。それはまるで映画界で、かつて小津組や黒澤組と呼ばれ、監督の下に優秀で熟練したスタッフ、俳優たちが事あるごとに参集したことのように。今でも通じる“結束”にも似ていることなのかも知れません。

さて、池谷GMは先の会見で、今季の補強のコンセプトについて「昨シーズン改善できていた守備というものを一層強化しないといけないという中で、センターバックであったりボランチであったりという補強。そして、少し課題であった得点を増やしていかなければいけない。そういうところから今回の補強を」したと言います。確かに、派手さはないものの要所を押さえた堅実な補強。そして顔ぶれ。相変わらず高いコストパフォーマンス。限られた原資枠のなかで、チームの課題をとらえた現実的な体制ができたのでは、というのがわれわれの感想です。池谷節は「私の中では 100%の補強ができた」これが結果的に「120、130、150となるように期待したい」と続きました。

興味深いのは、高木監督の、今季は「点を取ることに特化していきたい」「もっとシンプルに攻撃を構築していきたい」という談話。「自分たちのボールを長く保持するということ、自分たちの時間を作るということを、少し優先的にする」と言っている点。多少、ポゼッションを指向するのかなと思えます。ただそれは、あくまで昨季築き上げた守備の部分をベースにしながらのことだろうし、“今年積み上げるもの”が明確に見えているのが、就任2年目の強さでもあります。

「1人1人の個性をもっと出していって、それをうまくつなぎ合わせるようなサッカーをやっていきたい」と語る高木監督。おそらくその“積み上げる”ための要所要所の「ピース」を、GMと相談のもと手に入れたという実感が言わせたセリフだろうし、今季への意気込みが伝わってきます。

なかなかいいじゃないか、この顔ぶれ。「be REAL」。J1昇格を現実的なものとして視野に入れたチームの戦略が、はっきりと見えてきているように思えます。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。われわれもすっかりシーズンオフ気分に浸かってしまい、今年初めてのエントリーがこんな時期になってしまいました。どうぞ今年もサカくまをよろしくお願いいたします。

年末のRKKラジオ番組で池谷GMが予告し、翌日の西日本スポーツにも報じられたエジミウソン・アウベス選手へのオファー。年が明けて熊日が合意と伝え、いよいよ公式にも発表されました。が、しかし「合意に達した」ものの「正式契約はメディカルチェック終了後」という珍しい発表の仕方。わがクラブでは初めてではなかったでしょうか。それもこれもJ1でのプレー経験が豊かなブラジル人選手を初めて獲得するという“快挙”のなかにも、昨シーズン来、故障がちなことを考慮しての慎重な措置なんでしょう。そこまでさせるということは、わがクラブにとって結構な“お高い”選手なのかも知れませんね。大分時代を含めてあまりプレーを見たことはないんですが、プレーエリアが広く、危ない場面を潰す選手らしい。守備的中盤。年末にも書きましたが、昨シーズンは原田や吉井が守備の組織構築に専念していたきらいがありますので、これで少しは負担が減って、前に行けるようになるといいですね。そしてとても人柄のいい選手だと伝えられる。正式契約が待ち遠しいです。

そして更にボランチの層を厚くするのが、横浜FCからの根占の獲得。これまでの対戦でも片山同様になかなか嫌な相手だった印象があります。高木監督とはJ1昇格の年に一緒だったようです。J1・39試合、J2・95試合という豊富な出場経験もあり、頼もしい即戦力といえましょう。

それにしてもこのストーブリーグ。いつも以上に選手が流動的なのに驚かされます。これも新制度下での移籍市場が、いよいよ今年になって本格化したというべきなのでしょうか。それでもまだまだ落ち着かない市場半ばの様相ですが、現時点のところでJ2他チームの状況に触れてみましょう。

北からいきます。札幌は石崎監督が続投。多くの選手の契約を満了にしましたが、その後、藤田征也の新潟移籍など思わぬ状況に陥り、慌てて砂川と再契約したことがこのオフのドタバタ感を象徴しています。しかしそんな中でも熊本と競合したと言われる河合(横浜Fマリノス)をきっちり押さえ、外国籍選手の獲得も積極的なようで。個人的には熊本出身の高木純平(清水)を完全移籍で確保したのは大きいかなと思います。

水戸は木山監督が退任して、新たに柱谷(弟)哲二監督が就任。知将として知られた木山氏から、闘将というイメージの柱谷氏へのバトンタッチは、どんなサッカーに変わるのか興味深いところです。中山悟史や片山、大橋などを契約満了し、森村や大和田などレギュラークラスが抜けることになっていますが、いつものとおりそこを多くの大卒選手で埋める戦略のようです。

そしてやはり気になるのが栃木。得点力のあるロボが残留。そのうえ昨季大分にレンタルされていた新潟の河原を再びレンタルとはいえ獲得。新外国人のトリポジは未知数なれども、水戸から大和田も移籍し、昨年をベースにしてさらに上積みを図っている感じです。

草津。ここは広山、秋葉、高田などを満了にし、若返りを図る戦略か。鳥栖の萬代がレンタルで移籍します。

千葉は江尻監督を解任し、ドワイト・ローデヴェーヘスという外人指揮官へ。ネットが抜ける後には身長204センチというノルウェー人オーロイが加入。工藤や倉田が抜けるし、アレックスも鹿島に移籍。噂されていた藤田俊哉の加入も正式に発表されました。いよいよ今季は敵として藤田と戦うことになります。

降格組のFC東京。大黒、赤嶺の流出はあるものの、多くの主力が残留して、更に矢澤が千葉から移籍。高松(大分)、上里(札幌)をレンタルで獲得。ちょっとJ2では反則級の強力な布陣ですが、いやそれだからこそ対戦が楽しみです。

東京ヴェルディは、ボランチの柴崎を川崎に、攻撃的MFの高木(兄)敏幸を清水に抜かれてしまいましたが、川崎からDF森を完全で、岡山からMFキム・テヨン、広島からFW平繁(徳島)をレンタルで獲得。あとは下部組織からの昇格組というところですが、それでも十分補えるのがこのクラブの強みかも知れません。

横浜FCは岸野監督がGMも兼務していますが、相変わらず自身が鳥栖にいたときの選手をかき集めています。このオフには遂に精神的にも鳥栖の支柱と言われていたDF飯尾(鳥栖)と、鳥栖在籍時代点取り屋として活躍した藤田祥史(大宮)まで獲得。昇格戦線を覗き、あと一歩だった一昨年をイメージしているのかも知れませんが、ただどうなんでしょうか、この手口。そうは問屋が卸さないとわれわれは思っています。

1年で降格してきた湘南は、反町監督が続投。ジャーンがいなくなりましたが、アジエルが残留。セレッソからSBの石神を完全で、名古屋からは巻佑樹と熊本にいた平木をレンタルで獲得。昨シーズンは多くの選手の故障で苦戦したため、若返りを図っての再構築でしょうか。

富山は昨季途中から指揮を執った安間監督が続投。JFLからの選手の多くが引退などで退団したところに、いつもどおりの大卒選手に加え、甲府を戦力外になった大西と池端が加入しました。J1昇格に際し、積極的な補強を敢行している甲府。大西と池端は、契約満了するにはもったいないと思っていたのですが、さすがにその実力をよく知る安間監督が呼び寄せましたね。

岐阜は倉田監督が解任されて木村監督に。広島で長く指導者を務め、前職は吉備国際大監督ということですから、今西社長の秘蔵っ子というところなんでしょう。選手補強は徳島からDFの三田の加入があったくらいで、あとは大卒が二人と小規模に止まってます。

降格組の京都。秋田監督を解任して実績のある大木監督が就任しました。水本、増嶋、角田らのDF陣の流出に対して、ディエゴの残留は好材料なものの、今のところ甲府から秋本、千葉から工藤の他はユースからの昇格や大卒の加入に止まっています。どういう構成で、どんなサッカーになるのか、全く未知数な感じです。

JFL優勝を果たし昇格してくる鳥取も、横浜FCからDFの戸田、セレッソからGK多田といったところで、今のところ小規模な補強に止まっています。ご存知のように元日本代表のFW岡野や、MF服部などが在籍するチーム。JFL時代には苦戦しており、あまりいい印象がなかっただけに、あなどれません。

広島を戦力外になったDFストヤノフが岡山に入ったのには驚かされました。昨季は故障がちだったそうですが、完治すれば相当のDF強化でしょう。課題の得点力はどうなるのか。熊本出身の東大卒FW久木田選手は、強化指定で昨季も出場していましたが、いよいよ今シーズン本格的に真価が問われそうです。

徳島は美濃部監督が続投。FW津田のレンタル延長に加え、更に名古屋からFW杉本、鳥栖から衛藤が加わった攻撃陣は脅威でしょう。守備陣にも札幌から西嶋、神戸からGKの榎本を加え、着実に戦力補強を行っている感があります。

愛媛は千葉から池田、札幌から吉弘の両DF陣と仙台のGK萩原が移籍。今のところ小規模で、バルバリッチ監督の戦術の浸透を図るといったところなのでしょうか。

昨季苦戦を強いられた北九州は、大きく選手を入れ替え、チームの一新を図ろうとしています。監督は与那城氏から三浦泰年氏に交代。ガンバからMF安田晃大、水戸にいたFC東京の森村祐太、FWでは栃木の林など各ポジションで積極的に補強しています。監督としては初采配になる三浦泰年氏。どんなチームを作ってくるのか全くここも未知数です。

鳥栖は昨季から続く横浜FCへの選手流出について書きましたが、何より気になるのは、大卒を中心に育成して強い鳥栖を作りあげてきた松本育夫氏の退任が、今後どう影響するのか。主だった選手補強は徳島から米田、湘南から永田亮太といったMF陣といったところですが、FW豊田のレンタル延長はうれしいところでしょう。

ようやく最後になりました。西を略奪した憎っくき大分(笑)は、それでも高松、松橋優、前田、河原などのFW陣、菊地、東などの中盤もごっそり抜けました。戦力ダウンは免れないでしょう。監督には清水でコーチをしていた田坂氏を招聘。出直しの年ですね。

駆け足で各チームの補強状況をおさらいしました。ちゃんと全チームありますかね?もちろん大卒やユースから昇格する選手についての情報には詳しくないし、そもそもJ1の選手をよく知らないこともありますので、戦力比較という意味では、あまり当てにしないでください。これに加えて監督が敷く戦術の浸透度や完成度もあれば、誰かが故障して計算が成り立たなくなるとか、長いシーズン、知ってのとおりたくさんの“変数”があります。まぁ、そこがリーグ戦の面白さ。今季も熱い戦いが待ち遠しいですね。