平日だったのですが休みを貰ってTMを観に行ってきました。先日のHOYO戦では主力が登場していなかったので。

土曜、日曜の県民運動公園サッカー場での試合は、多くのファンがびっしりとフェンスを囲んで(これも今季の期待の現われなんですが)とても見辛い状況なのですが、平日のこの日は、ピッチ全体を見渡せるポジションをなんとか確保できました(笑)。

おそらくこのTMの最大の狙いは、開幕を間近に控えた段階で、同じカテゴリー相手に対して、先発と目される選手たちを“90分間”戦わせるということだったでしょう。対する札幌の目論見は違って、前後半、中心メンバーを入れ替えたり、後半の途中も大量に選手交代したり。そういう意味では、札幌のスタートの選手たちが果たして先発候補なのかも怪しいし、1-1という試合結果から単純にリーグ公式戦を占うわけにもいきません。

それにしても、初めて見た今季の吉田ロアッソの印象。色々な報道、文字情報で得ていたとはいえ、確かに“攻撃的”です。現代サッカーが求めるところの“人もボールもよく動く”。熊日が書くように「吉田監督が求める『運動量と攻守の切り替えの早さ』」がまさしく目の前にありました。

攻撃的な所以は、積極的な守備にありました。高木時代のように2ブロックでしっかり固めて、そこが相手ボールの取りどころというのではなく。かと言って、池谷時代の前線から激しくチェイシングしてショートカウンターを狙っていくのでもない。何と言うのか、中盤で相手のパスコースを読んでインターセプトする(そこには組織的な動きと狙いがあるのでしょうが)シーンが目立つ。そして、そこからの反転がいかにも速い。確かに相当な運動量を必要とする。だからこそ鳥栖から移籍のボランチ黒木の前評判が高いのだろうと思いました。さらに彼は鋭いミドルも持っています。

アタッキングサードに至ってもチームに迷いがない。特に養父の動きが際立つ。何かの束縛から放たれたように。意表を突くスルーパスは健在だし、迷いなく自身もゴール前に迫ります。これまでのロアッソには見られなかったような、バイタルで縦に入るパス。そこに飛びだす選手がいる。それだけでも攻撃時、人数を掛けている違いがあります。

ただ心配がないといえば嘘になります。積極的な守備は、コンパクトな布陣を要求する。故にDFラインも高く、インターセプトを剥がされたとき、一発で相手に大きな背後のスペースを提供します。矢野やジャフェルソンが故障のなか、最終ラインに高さがないのも心配。そしてなによりこの攻守に渡る運動量が、果たして90分、いや長いリーグ戦で保持できるのか。特に熊本のあの異常な暑さのなか。

加えて、主力組の連携は目を見張るものがあるものの、バックアップメンバーの不安。吉田監督は、TMで主力組と控え組をはっきりと分け、その結果その差が大きいという事実も分からせてくれました。長いリーグ戦のなかでは、多くの怪我人が出てくる。そのときにスムーズにチーム入っていける選手層は。チーム力は維持できるのか。育成年代を率いた経験が試されます。

ネガティブな癖は、多分に歳のせいだとご勘弁いただくとしても、開幕戦、対する鳥取も昨年と同じ鳥取ではありません。水戸から岡本、甲府から永里という、熊本にとっては実に面倒な選手を補強しています。昨シーズンの対戦成績2勝などという慢心はご法度。それでなくともなかなか実力が発揮できないのが開幕戦というもの。ホームで迎えられるという地の利もあれば、選手たちに要らぬ“緊張”を強いることにもなりかねない。クラブが努力したワンコイン動員策も開幕戦に相応しい演出ですが、展開次第では大動員されたスタジアムの喧騒が選手たちに伝播しないとも限らない。

あらゆる可能性を変数と捕らえて、選手たちをバックアップすることだけを考えて、開幕というこの一戦を迎えたい。この時期特有の期待と不安とを胸にしながら、新しい吉田ロアッソを観られることを楽しみにしたいと思います。指折り数えて。

さあ、2013年シーズン。まずその開幕を勝利で。

1月の厳しい寒波が嘘のような暖かい日差し。この日、県民運動公園サッカー場で行われたHOYO大分とのトレーニングマッチ。新チーム初めての地元での週末の試合。人また人。開幕を待ちきれないファンが大勢集まりました。

開幕を待ちきれない、という気持ちは、この時期毎度のことですが、今日は2つの場面を思い出しました。ひとつは2005年の1月。出来上がったばかりのロッソ熊本の選手自主トレ開始日。セレクションを終えて入団が決まったばかりの選手たちが、これもまた支給されたばかりのプーマの赤いトレーニングウェアを着込んで、大津で練習を始めるというので見学に行ったときのこと。寒空の中、ニット帽を目深に被った髭面の朝比奈の大きな身体が確かにプロ選手だということを感じさせるには十分で、とても頼もしく感じたことを思い出します。

もうひとつは2008年。やはり1月の練習始動。しかしこの年の熊本は”Jリーグチーム”としての始動でした。

「北風に震えながらの例年どおりの練習見学。しかし、唯一違うのは、いま目の前で見ている選手全てがJリーガーであり、これはJリーグチームの練習風景なのだということでした。雁ノ巣でもなく、大分でもなく、この熊本・大津でJ リーグチームが練習しているという実感でした。」

そのときのエントリーを読み直すと、昇格のあの年の感慨が蘇ります。

そんな2つのシーンを思い出したのはやはり、吉田・新監督を迎えた今季、池谷社長が言うまでもなく、われわれファンとしても改めて熊本の”元年”、再スタートのシーズンととらえているということではないかと。あの年と同じようにワクワクする気持ちが、多くのファンの足を練習試合見学に運ばせたのではないかと。ただ確実に違うのは、大津の片隅を借りるように練習していたあの頃と違って、今は優先使用できるサッカー場の背景には、クラブハウスとして利用できる施設が建っているということです。

さて肝心の練習試合の方はといえば、前日鹿児島に遠征しV神戸戦に出場した主力はほとんどこの日お休みのようで。前線の仲間、サイドの五領、左SBの片山、右SBで試されている白谷。筑城に至ってはCBの一角を努め、そして昨日も出たはずのボランチの原田の他は練習生や、ユースの選手で構成された布陣。後半に至っては、ほぼユース選手と言っていいくらい。JFLのチームといえども、HOYOのスピードに手を焼く熊本。

練習生の見極めという目的はもちろんあるにせよ、公式ゲーム(九州クラブユースサッカー大会)も同時に行われていたこの日、多くのこのユース選手の起用が意味するものは何なのか。吉田監督の意図が垣間見えるなどというのは、ちょっと考えすぎでしょうか。

それにしても吉田新監督。日ごろの練習もウォッチングしている人の話によれば、メディアに対するソフトな印象とは違って、ピッチ上では大きな声を出し、そして自ら動いてみせる、とにかく”熱い”指導者らしい。今日の練習試合中も、あの独特な”高い声”が響いていました。

幾人かの選手コンバートといい戦術といい。新監督の考えていることが、今一番われわれが知りたいこと。どんなチームができていくのか。作ろうとしているのか。それが少しずつ見えてくる。毎年のこの時期、そこがファンとしての楽しみどころ、一番の興味ですね。