8月24日(日) 2014 J2リーグ戦 第28節
富山 0 - 2 熊本 (18:04/富山/3,371人)
得点者:52' 養父雄仁(熊本)、75' 巻誠一郎(熊本)


後半30分。熊本のFKの際の小競り合いで巻が倒され、相手DF秋本にはレッドカードが。与えられたPKの機会。真っ先にボールを持ったのは巻自身でした。「利き足は頭」と自らが認める男が、PKを蹴る姿はこれまで見たことがない。見ているこちらも動悸がするほど。画面の向こうのサポーターも手を合わせて祈っている。放たれたシュートがゴールネットを揺らした瞬間、本当にホッとため息がでました。想像していたようなシーンとはちょっと違うけれど、待ちに待った巻の移籍後初ゴールでした。

20140824富山

2-0での勝利。2試合連続の無失点。この字面だけなら、熊日が書くとおり「理想的な展開」と言うことですが…。実際のゲームは、主導権を取っているように見えて、なかなか攻めきれない時間帯が続く。逆に危ういシーンもあり、なんとか守り切ってくれと祈るような前半でした。

「パスをつなぎボールを動かせる時間は長かったが、前半はそれが相手のシナリオの上で進んでいて、危ないシーンがあることが気になっていた。」(小野監督)
「スピードを上げさせずに相手の特長を消し、ボールを持つ時間を長くしながら決定機を探る前半だった。」(富山・安間貴義監督)

両監督の見立ても符合する。熊本は、ブロックとは言わないまでも、自陣全体をゾーンディフェンスしているような富山の守備にスペースを消され、持ち味のタテの速さが封印され、サイドで行き詰まり、攻め手が見つからない格好。フラストレーションの溜まる展開。

これまでであれば、前半の終わりあたりに先制をくらって、一気にゲーム運びが厳しくなるような展開…などとテレビの前で不吉な想像をめぐらせていました。

それでも、富山にはそれ以上に攻勢に出るパワーは感じられず、熊本も焦れてバランスを崩すということもなく、何とか前半を終了。

そしてハーフタイム。「相手DFをいかにして後ろ向きにするか。前半はゴールを背にして守られていたので、なんとか裏返すことを考えようと話した。」という小野監督。
それに対して、「後半は熊本がまだ出してきていない養父君の飛び出しやミドルシュートがあるぞ、とハーフタイムに話していたが(養父選手に)先制点を決められた。その直前の斜めからの進入には対応したが、2次攻撃に反応できなかった。」という安間監督と、これもまた何となく同じようなイメージを描いているようで面白い。

「なんとか裏返すことを考えよう」という表現で選手にイメージを植えつけた指揮官。事実、後半は出だしからボール奪取のエネルギーがさらに高まり、高い位置の起点から攻勢を強めます。

このあたりのベンチワークの攻防。安間監督は、後半11分に井澤に代えて木本を投入した理由を問われて、「後半に入って中盤でパスがひっかかる場面があったので、もう1つ前に飛ばすことでゲーム(のテンポ)を速くしようとした。」「DFの背後にボールが行かなくなっていたので、ボールを隠すよりも、仕掛けるために早めの交代になった。」と答えます。

2-0ではあるが、印象としては“辛勝”。富山にはしっかり守られてしまいました。ただ、先制の場面、熊本の2次攻撃の揺さぶりに、一瞬、斎藤、養父への対応が遅れてしまった。熊本はこの一瞬を逃さず決めることができた。結果論ですが、いつものように勝敗を分けたのは後半の立ち上がり10分ということでした。

ある意味で、前半、受けて勝機を窺った富山に対して、あくまでも主導権を握ろうとした熊本は、後半への入り方、向かい方の部分で、具体的な攻撃面のバリエーションがイメージできていたのではないでしょうか。また、そのイメージの多彩さとそれを実際にプレーできたということ。そして、それを裏付けたのは誰の目にも明らかな、ボール奪取という基本戦術。プレスだけに終わらない、奪い切る連携。

久々の勝ち点3。ちょっと浮かれて、結果論というのもわかりきっているけれど、チームの成長というより、少しばかり強くなってきたな。そんなことを言ってみたくなる。

「シーズン立ち上げ当初は前線でアグレッシブにボールを奪いにいって素早くゴールを目指した。少しずつチームを成長させるために主導権を握るかたちを採り入れていった。夏場ということもある。かじを切り過ぎて、カウンターを食らったり、自分たちの良さが出なかったりした試合も何度かあり苦い経験はしてきた。つなぐところと脅威を与えるところのバランスが必要。」と、チームの現在を語る小野監督。

勝ちゲームだからこそ聞けるコメントでしょうが。引き分けの前節・千葉戦を今シーズン最高のゲームだったと振り返った指揮官。今日も、思うようにいかなかった前半から、より戦術的に、さらにアグレッシブに切り替えての後半。ラッキーもアンラッキーも含めてのこのゲーム。前節とは違った意味で、新たな到達点を示してくれるゲームではなかったかなと思います。

8月17日(日) 2014 J2リーグ戦 第27節
熊本 0 - 0 千葉 (19:03/うまスタ/5,357人)


格上の強豪を相手に勝つときは、こんな試合のときなんだろうな、と試合中ずっと思っていました。監督交代から負けなしという関塚・千葉に初めて土をつけるのは熊本だと。残り2分になって高橋が投入されたときも、「殊勲点を決めるのは祐太郎か」と想像したぐらい。それほど勝利の女神が近づいていた試合。悔しさもいっそうです。

直近の対戦を見返してみると、ケンペス一人にやられていました。
昨シーズン前半戦 0-3(前半10分にケンペス先制点、75分ケンペスダメ押し点)
昨シーズン後半戦 0-6(ケンペス3得点)
今シーズン前半戦 0-3(ケンペス前半2分に先制点)

これ以前の3シーズンの対戦成績は1勝2敗3分で、比較的よく戦っていたイメージもあって、われわれにもそこまでの苦手意識はなかったように記憶しているのですが…。いやはや、ここまでやられてしまうと、どうしたらいいのか…。

しかし、ひとつだけ言えるのは、課題はこの大量失点という表面的なことではなく、とにかくこのケンペスに仕事をさせないこと、そして早い時間帯での先制を“絶対に”阻止すること。われわれの素人評論では、ある意味で、これがほとんど全てと言っていいくらい重要なことのように思われました。

そして今日のゲーム、それは試合運び、特にゲームへの入りから徹底していたように見えました。

20140817千葉

「今日は立ち上がりの10分、15分が勝負になると思っていました。どの試合を見ても、ジェフは立ち上がりで圧力をかけて点を奪う、あるいはそこで主導権を取っていく。そこを何とかしのいでいけば、いくつかのポイントの中で自分たちのゲームに持っていけるんじゃないかということで…」(小野監督)

全神経を集中して試合開始のホイッスルを聞いた熊本の選手たち。監督の予想通り、パス数、パス成功率がリーグ1、2位という千葉の巧みなボール回し。ただ、それはわかっていたことであり、ゲーム序盤では織り込み済みのイメージ。ある程度、回されて押し込まれることは承知。

「15分くらいすると向こうも若干運動量が落ちて、そこでしっかりとつないで、ボールをコントロールしていくことによって逆に相手の消耗を誘うことができた。」
「そこで失点してしまうと向こうが疲れをそんなに感じなくなりエネルギーが増してしまうので、そこを何とかしのいで徐々にペースを持ってきた。」

指揮官がそう振り返るとおり、徐々に熊本がセカンドボールをひろいはじめ、主導権が移り始める。

「熊本が球際をキツく寄せてきたなかで、自分たちのミスからピンチを招いたり、悪い取られ方をしたりして、自分たちのリズムがだんだん掴めなくなってきた感じだった」。千葉のGK岡本もそう証言します。

さらに、主導権を奪い返してからも、このケンペスにプレーをさせないこと。フリーにしない、スペースを与えない、パスの供給源を絶ち孤立させる、振り向かせない…。多分、ありとあらゆる対策を集中して、…サッカーをさせないこと。90分間、一瞬のスキも与えない。ほぼ、完全に封じ込めることができた。

「たとえ相手に触られても、勝つヘディングと負けないヘディングということで少しトレーニングの中でやりました」と指揮官が言う。この一週間、ヘディングで競り負けない練習からやったというくらい。

「ケンペス選手はたぶん、片山と園田の間を取っていたんですけども、篠原が引っ張り出された時もボランチが下りてきてくれたので、センターバックと競り合うシーンというのは中盤がうまく作ってくれたんじゃないかなと思ってます。いいポジションを取り続けるのは大変だったと思うんですけど、そのことで確実な起点を作らせずに済んだと思ってます。あとは、園田、篠原を中心にしっかりと競って、周りもセカンドボールを拾ってくれたと思います」と、高い連携で守り切ったことも明かしています。

どうしようもない、崩された決定的なシーンは全くと言っていいくらいなかった。今日のそのわかりやすいシンプルな戦術が、全体の緊張感、集中力につながり、ゲーム自体の一貫性、統一感につながっていった。ゲームの質自体が高まっていった。

しかし、それでも千葉は千葉。
「…数少ないチャンスで決めるのが大事」と谷澤が言えば、岡本は「…こういう展開ならしっかり守りながらなんとか1点取りたいゲームだったと思う。どんなに内容が悪くても、1発で沈めないといけない。」と狙っているわけで、90分間のなかのその一瞬でやられてしまう。それこそワンプレーで全てが水の泡になってしまうような緊張感に痺れるような展開がアディッショナルタイムの4分まで続きました。

「今季の中でも本当に、素晴らしい試合をしてくれたと自分の中では思っています」と指揮官が評価する。それはわれわれも同じ。小野監督の優れたスカウティング力が結集したようなゲーム。だからこその引き分けの悔しさです。これだけのゲーム。結果論でも、タラレバでもない。勝ちたかった…。勝つべき試合だった。そう思います。

8月10日(日) 2014 J2リーグ戦 第26節
讃岐 1 - 1 熊本 (19:03/丸亀/2,066人)
得点者:44' 齊藤和樹(熊本)、90'+3 藤井航大(讃岐)


後半アディショナルタイムの失点。久々の勝ち点3が、スルリと手から抜け落ちた、みたいな表現がありますが、スルリどころか、ガツンとやられてしまって。まるで敗戦のような…ではなく、まさに敗戦。久々の勝ち点1も目に入らないようなショック状態でした。

それは対戦相手の讃岐が21位という下位に甘んじているチームだからということでもなく、北野監督はじめ、木島や高橋、山本など旧知のメンバーが多数いるからということでもなく。わがチーム自身の弱さ、未熟さを改めて思い知らされたからかも知れません。

猛烈な台風11号の通過により開催も危ぶまれたこの試合。予定より1時間遅らせてキックオフとなりました。

20140810讃岐

ゲームは出だしから強いプレスをかける讃岐の攻勢を、一歩も引かず押し返す熊本。序盤は互いに譲らない激しいせめぎ合い。徐々に熊本のボールが動き始め讃岐のプレスを剥がし、チャンスを作り出していく。

先制は時間の問題と感じながらも、なかなか押し込めず、このまま前半を終えるのも悪くはないと思い始めた44分。中山の浮き球に齊藤が反応。一瞬、裏に抜け出し絶妙の胸トラップからゴールネットを揺らします。

まあ、サッカー解説的に言えば、最高の時間帯の先制ということになるのでしょう。しかし、われわれは少しホッとしてハーフタイムを迎えはしましたが、それよりあと45分をどう戦うのか。今の熊本、ここからが難しいことは誰もが思っていたのではないでしょうか。

「最後の締めが締まらなかった」とCBの園田が言う。

このゲームを振り返るときの、一番のポイントに挙げられるのはゲーム終盤の試合運びでしょう。後半、木島、高橋と交代カードを切り、主導権を握っていった讃岐。それに対して、熊日は明確に“試合終盤に意思統一が足りない面もあった”として、篠原の「自分は前にガツガツ行かなくてもいいと思ったが、前線の選手はボールを放り込んで欲しいようだった」というコメントを引き、“困惑気味”だったと評しています。

確かに、後半も40分をとうに過ぎているのに。喉から手が出るほど欲しい勝ち点3であれば、ここは時間を使うことにためらいはないのではないかと思いながら見ていたわけですが。これと言って極端なキープもせず、2点目を取りにいく試合運びと見えました。逆に讃岐は最後のパワープレー。これがはまって熊本はズルズル押し下げられ、あわやのピンチを相次いで招いてしまいます。

そんななかで小野監督はちょっと見慣れないコメントを出しています。
「最後のほうも、相手がプレッシャーを掛けられないところからもう少し起点を作っていくことなど、そのあたりのゲームコントロールを上手く持っていく。」「真っ向からボールを奪いに行ってゴールに向かってというサッカーから、ゲーム巧者になる必要性を感じました。」

このゲームの終盤、残り10分あたりからのゲームの終わらせ方、ということでしょう。確かに、われわれは、正直なところ残り5分なら迷わずキープと思ってしまいます。相手も必死の力を振り絞ってくるわけで、そんな単純な話ではないことは分かっているつもりなんですが。“ゲームの終わらせ方”などというのもちょっと傲慢な言い方ですね。

ただ、象徴的だったのは、アディッショナルタイムに入ってすぐ。ハーフウェイライン付近、サイドで保持したボールを、前のスペースが空いているにもかかわらず、安易にアーリークロスを入れたシーン。この時点で、すでに膝が崩れ落ちそうでした。この局面でそこまでオープンな展開にする必要があるのかと。

追加点を奪おうともがいた後半。しかし熊本のシュートはわずか1本。対する讃岐のそれは終盤になって勢いを増し8本に。シュート数では逆転されてしまいました。

なかなか積みあがらない結果、勝ち点に、ついつい焦りがでて、物事を単純化してしまいがちですが、監督のコメントをよくよく見れば、それは多分、“意思統一”と言っても簡単に共有できるようなイメージではないような気がします。

「ただこれまでのチームも、とにかくアグレッシブにディフェンスに行く、ボールを奪ってアグレッシブにゴールに向かうというスタンスの中で成長してきているので、いきなりそこを求めて大事な部分が疎かになってはいけない」。

リードした終盤の10分を追加点も狙いながらゲームをコントロールする、とか、ボールキープよりも安全に時間を使える確率の高い戦術とか…。などと勝手に想像するだけですが、なかなかイメージにまでは結び付きにくいのは確かです。

「徐々に一歩ずついろんな経験の中で成長してくれればと思います」「一朝一夕にはいかないでしょうが、少しずつ求めていきたいと思います」。

わがチームはまだまだそんなに小器用なことはできるわけがなく、慣れないパターンで動くと、せっかく少し身についてきた本来の動きが後退してしまう、そんな危惧もあるのかも知れません。


8月3日(日) 2014 J2リーグ戦 第25節
熊本 0 - 1 群馬 (19:03/うまスタ/4,870人)
得点者:50' ダニエルロビーニョ(群馬)


DFラインに片山と橋本が戻ってきた熊本は、前節デビューさせたキム・ビョンヨンを一列上げて中山とともにアンカーの位置に。2試合連続ゴール中の養父をより前線に押し出して、4-2-3-1のような布陣にしてきました。

20140803群馬

気温が高くて暑いというより、体をベタッと包み込むような生暖かい湿気が充満したような体感は、直前に雨が降ったせいかも知れません。水曜日のアウェイ戦で敗れ、コンディションも厳しい中で、立ち上がり、選手の動きも、重く、キレがありません。ちょっとした省エネの戦術なのか?と思うくらい。

それでも序盤は熊本が単発的なシュートチャンスを作り、群馬が受ける展開。しかし、徐々に群馬のダイレクトプレーがつながりはじめ、熊本のプレッシャーが効かなくなり、起点を失っていく。両者とも、あまり見せ場もないまま前半はスコアレス。

そして後半立ち上がりの重要な時間帯。またも失点、先制を許してしまいます。FKのクリアを拾った黄からの素早いスルーパス。右から裏に飛び出したロビーニョに流し込まれました。

もちろんこの時点ではまだまだ時間も十分に残されており、取り返すぞという気持ちがありありで、やっと目が覚めたような感じ。その言葉通り、慌てることなくじっくりと状況を見極めながら同点機を狙う熊本。

しかし、後半17分、キム・ビョンヨン→ファビオのカードを切ったその直後、ロングフィードに素早く反応し裏に抜け出そうという齊藤を、相手DF青木良太が競り合いのなかで倒してしまい一発退場。残りのほぼ30分を数的優位で戦うことに“なってしまい”ます。

11対10ということには、結果論としては色々と見方はあるかもしれません。会社の同僚いわく、このときスタンドの3分の2は手を叩いて喜び、残り3分の1は「この試合は難しくなった」と思ったのではないかと。われわれも、確かに得点機会を阻止するファウルではあるが、一発退場でなくても…と、一瞬思ったのは事実です。

最終ラインに5人も6人も。完全に引いてセンターを固める群馬ですが、マイボールになれば、ポンポンとボールがまわり、ポゼッションして時間を使う戦術。この気候条件のなかでは、いったん相手にボールがわたると、そうそうプレッシャーをかけて奪うということは、言うほど簡単ではないように見えました。時間は経過する、追いかけるスタミナも使う。

後半31分、群馬の出方がはっきりしたところで、養父→巻の交代。熊本は前線を厚く、さらにシンプルに行くべき時間帯。以降は、基本、ファビオ、巻をターゲットにサイドからボールを入れて、直接、あるいは落とし、折り返しでゴールを狙う。

あれだけ、ゴール前の密集のなかでボールが行き来すれば、確かにスペースはないけれど、アクシデントの確率も非常に高い。打てば何が起こるかわからない状態。これが延々15分以上続く。打ったシュートは後半だけで13本。

しかし、起こったアクシデントはいずれも相手にラッキーをもたらしたうようです。

「いいゲームをしても取りこぼしてしまうことがある。ただそれによって、本来進むべき方向にしっかり進んでいるのに、自分たちからそれを放棄してしまうということは避けて、次に向けてのステップを踏んでいくことが、いちばん重要かなという風に考えています」
「試合内容に関しては、1回の敗戦で崩れることなく、しっかりと次、さらに修正した形で選手達にはやっていってもらいたい。内容的には決して悲観する内容ではなかったと考えています」

終盤、ベンチで非常に厳しい表情を見せていた小野監督。しかし、もうその考え方や姿勢は十分にわかっているし、もういちいち監督が表現を替え、言葉を選んで説明する必要もない。

「1点取れれば全てが変わるという試合で、その1点が取れなかったかなと思う」「相手も必死にやっていたけど、それを上回る気迫とか執念とか、そういうのも含めて、相手を上回らないといけない」(片山奨典)

ファンの誰もが、かなりなストレスを感じたであろう今日のこのゲーム。片山のこのコメントがその原因を語ってくれているような気がしました。

「気迫、執念」。あのゴール前。汚いプレー、危険なプレーを望んでいるわけではありませんが、見方によっては綺麗すぎたような。もっともっと激しく、強引に行って欲しかった。やはりこれも球際ということでしょうが…。引いた相手をさらに体ごと押し込むような。相手の気力を削いでいくような。多分、そんなプレーを見たかったんだろうと思います。

さて、試合前日、土曜日の熊日朝刊、池谷社長のインタビュー。7000万円を目標としていた増資にほぼメドがつき、増資分だけで債務超過解消の見込みが立ったとのこと。記事にもあるように、Jリーグのチェックを通って、正式にライセンスが下りるまでは何が起こるかわかりませんが、ひとまず最大の危機は回避されたようです。対応の出遅れもあって、今回ばかりは、ダメかも…と正直心配していました。増資に応じていただいた出資者の方々、また関係者の頑張りにお礼を申し上げないといけません。