10月26日(日) 2014 J2リーグ戦 第38節
長崎 0 - 1 熊本 (14:03/長崎市/4,262人)
得点者:10' 園田拓也(熊本)


「まるでホーム」と篠原は言いました。長崎市総合運動公園かきどまり陸上競技場のアウェイゴール裏は、遠路駆け付けた熊本サポーターで真っ赤に埋め尽くされて。響き渡る力強いコールは場内を威圧し、「苦しくなったときに熊本から駆け付けた多くのサポーターが背中を押してくれた」(小野監督)というコメントにもリアリティアがこもっていました。テレビ画面を覗くわれわれでさえグッとくるものがあったくらい。選手たちも大いにその意気に感じたのではないでしょうか。

熊本は前節、磐田戦とまったく同じスタメン。Jスタメンデビューだった嶋田を再度起用してみせます。彼の自信にもなったのではないでしょうか。

20141026長崎

相手の戦術分析に長けた両監督。まずは「熊本の映像を6試合ほど見て、かなり準備しなければいけないと思った」と高木監督がそう言えば、「長崎はわれわれが苦手とするサッカーを徹底してきた」と小野監督が言う。

「長崎が中央の起点からサイドにロングボールを入れて、そこでセカンドボール勝負」(小野監督)と見立てたように、イ・ヨンジェ、佐藤、小松という前線3人の高さをターゲットに押し込む長崎。高さの魅力と魔力と。高木監督は特に高さに対する志向が以前から強いのは承知のうえですが、戸惑い気味の熊本。

ゲームはこれまた、ここ数試合の典型的なパターンが繰り広げられます。激しくせめぎあい、削り合うようなぶつかり合い。攻守の切り替えは激しいが結局、前半のシュート数は長崎2、熊本1。違ったのは前半10分、CKから早々と先制したこと。

キッカーの嶋田から澤田へ、リターンを嶋田に落とし、これを中山にさばく。中山はフワリと中で待ち構える齊藤に。齊藤はヒールでゴール左のスペースへ出す。走り込んだ澤田が中に折り返すと、最後は飛びこんだ園田が頭でどんぴしゃのフィニッシュ。セットプレーとはいえ、すべてをダイレクトでつないだ流れるような展開。美しい! これはある種の“催眠術”とも呼べようか。ダイレクトが3本もつながると、相手はもう完全にボールウォッチャー。後手に陥れました。

凌げば後半の展開に持ち込める。先制できれば、今日のような結果がついてくる。

例えば小野監督の今日の采配での一番の見どころ。前半13分に片山が、クロスを上げさせない必死の守備から近距離でボールを受け脳震盪で倒れると、すかさず篠原を入れますが、左にキム・ビョンヨンをまわすと、右SBは園田ではなくそのまま篠原に任せます。

「最終ラインの4枚がセンターバックタイプになってしまった」と嘆く高木監督。「キム選手もほぼアタッキングサードにアタックしない」「篠原選手も1回か2回」。そして二人は、長崎のロングボールを跳ね返す。SBの特に片山サイドの裏を狙っていただろう高木監督の狙いを、このアクシデントのなかで“消して”しまいます。これも先制点があったればこそなのですが…。

ハーフタイムの小野監督の指示は「ボールの出所を押さえよう」「セカンドボールを拾おう」「強気で強気で最後まで行こう」「熱いハートで泥臭く最後まで戦おう」。要するに、相手にサッカーをさせるな。強気で戦いきるぞ。ということか。ほとばしるような気合い。

しかし、嶋田慎太郎は「相手のセンターバックからロングボールが出てくるので、そこから蹴らせないようにとハーフタイムにも言われて、後半はそこを意識して前からプレッシャーをかけました」と。メンタルを鼓舞する一方で、ボールの出所を押さえるうえでの明確な指示も加えられ、更なる修正が図られます。

さあ勝負の後半45分間。後半の戦いについて高木監督は「熊本が点を取ったということがあると思います。ひょっとしたら無理せずに耐えるということがあったかもしれません。」と、その印象を語っています。

押し込まれた時間帯での落ち着き。高いラインの維持、押し返し。早い段階で1点をとったことの重みが感じられます。

そして耐えることへの自信。今日も最後まで切れなかった集中。安定してきたGK・畑のハイボールの処理。3試合連続の完封。そしてなにより、展開のうえでとはいえ、1-0での勝利を“美学”としていた高木監督のお株を奪うような勝利。

リーグの最終盤、あと4試合というところで俄然、熊本のサッカーのイメージが鮮明な像を結びつつあります。今日も繰り出す交代カードに“意図”を感じましたが、今のベンチに座るメンバーは、誰が出ようと頼もしい。

残りは山形、愛媛、岡山、福岡。過去には、もう早く終わって欲しいと(内心)思うようなシーズンもありましたが、今はこのメンバーで、この体制で、どこまでのものを見せてくれるのか…、名残惜しい、そんな気持ちがいつにも増して強く感じられます。

前週の藤本主税の現役引退表明に続いて、今週はロッソ戦士・吉井孝輔も引退を発表しました。今季は日程的にホーム最終戦が思いのほか早く、慌ただしく過ごしてきたシーズンとともに、心の整理が追いついていない。それもまた実感です。

10月19日(日) 2014 J2リーグ戦 第37節
熊本 0 - 0 磐田 (16:03/うまスタ/12,661人)


二週続いた週末の台風接近。しかしホームゲームの今週末は抜けるような快晴の青空。秋の風物になったくまもとサッカーフェスタも第8回。試合前のスタジアムはまさに“フェスタ”。会場のどこかしこでミニイベントが開かれ賑やかな雰囲気。訪れたみんながそれぞれ思い思いに楽しんでいる。サッカーはピッチ上だけではないんだなと。今季最高の1万2千人を超える観客が集まりました。

さて、そんな雰囲気とは別に、磐田のゴール裏には先週17日に自動車事故で亡くなった、元日本代表にして磐田の名MF奥大介の死を悼むメッセージが掲げられていました。チーム・ベンチには背番号8のユニフォームが。

かつて共にピッチに立った名波監督はもちろん、チーム、サポーターの悲しみが伝わってきます。それだけではなく「…かつて日本代表として共に戦った奥大介君の悲報が入ってきました。」「少なくとも両チームがしっかりと力を出し合い、出し切る試合にもっていかなければいけない。」試合後、熊本の小野剛監督も、今日のこのゲームに込めた思いがあったことを語ってくれました。

しかし、そんな経緯がなくても、われわれにとっては藤田俊哉の磐田であり、名波浩の磐田であって。チームそのものが仰ぎ見るレジェンドです。そんな磐田を初めてホームに迎える。1-3で敗れた今季の前半戦の残像も鮮明で、無意識のうちに居住まいを正してキックオフの笛を待ちました。正直なところ、これだけの大観衆の前で、どんなゲームになるんだろう…。期待と心配と…。

そんなゲームの前に、早くもスタメンのアナウンスで場内がどよめきます。今日の小野監督の仕掛けは18歳、嶋田慎太郎のJ2デビュー、初先発でした。このゲームにこの選手起用。どんなプレーを見せてくれるのか。さらにワクワク感も盛り上がってきます。

20141019磐田

「あの相手に全く臆することなく勇敢にラインを上げて最後までプレッシャーをかけて、裏を取りに行って、つなぐところはつないで、最後の最後まで勇敢に戦ってくれたと思っています。選手達は力を出し切ってくれて、今季の試合の中でも最高の試合の1つじゃないかと思います。」(小野監督)

その試合自体は、一言でまとめてしまえば、この監督コメントで終わってしまうくらいシンプルで、本質的な内容に満ちていて、われわれファンとしてはちょっと心を揺さぶられるようなスコアレスドローだったと感じています。

「立ち上がり、だいぶ我々の背後を突いてくるロングボールが多くて、そのラフなボールに対応しきれなかったのと、熊本のアタッカー陣の動き出しが非常に早かったので、ちょっと重心が後ろになってしまって…」(名波監督)

もうすっかり見慣れたような熊本序盤の攻勢。しかし、今日のその厳しさは磐田のリズムを混乱させるに十分な迫力、激しさがありました。

前回対戦では、あれほど剥がされ、いなされた熊本のプレス。今日はがっちりと磐田を捕まえて離さない。前田にボールを出させない。

そしてハーフタイム。
小野剛監督「全員で強気の戦いができている。」
名波浩監督「怖がらずに縦へのパスを出していこう。」
両監督のコメントにこのゲームの底にあるキーワードが、対照的に出てきていて実に興味深い。

ほかにも「強気」「勇敢」という言葉が試合後の監督コメントに何度も出てきます。前半戦の敗戦後、小野監督はこう言いました。
「できることなら、我々の経験の浅い選手たちにどれだけ恐怖心を払拭させ、自信を持ってピッチに送り出せるかというところが一つ勝負でした。相手の日本代表選手が並ぶ中、ちょっと最初バタバタした時間帯があり、そこでミスが出てしまったと」。
3月のその悔しい敗戦から半年あまり。チームが成長し、それぞれの指揮官がまったく逆のコメントを発している。

後半、磐田もロングボールを使い始め、押し上げてオープンな展開を狙いますが、熊本も落ち着いた十分な対応を見せます。後半12分、嶋田慎太郎→岡本賢明の交代以降は、どこと言ってカードを切る必要がないくらいのバランス、運動量。しかしこのタフなゲーム、さすがに次第に守ってカウンターという形に押し込まれる熊本。そのなかで再三、澤田が高く上げた磐田のDFラインをひとり切り裂き場内を沸かせる。

後半31分、その澤田が足を攣って×が出ると、間髪を入れず巻を投入。片山もまた足を痙攣させ、引きずりながらのプレーが続く。

終了の笛と同時に、倒れ込み膝を折る熊本の選手たち。

相手の強みを消したというより、真っ向から勝負を挑んで、相手のサッカー自体を圧倒した。磐田にサッカーをさせなかった。90分間。最初から最後まで。決定機すら与えなかった。

4試合無得点。ではあるが、京都、磐田と2試合無失点。勝利という結果にはつながっていないが、「こういう試合を続けていけば後ろは無失点でいけると思うので、そこから攻撃につなげていかなきゃいけない」と、以前より前への勇敢な飛び出しが目立ったGK畑が言う。この2試合のスコアレスドローには、ずっしりとした重みを感じる。もう名前負けなどしない。する必要もない。顔を上げて、胸を張っていい試合ぶりではなかったでしょうか。

10月11日(土) 2014 J2リーグ戦 第36節
京都 0 - 0 熊本 (16:04/西京極/5,906人)


いかに大黒を封じるか…。

ひとりの選手の名前を挙げてゲームプランを語るべきではないかもしれませんが。全体の戦術面も含めて、ある意味この試合、熊本にとってはその点がかなりのウェイトを占めていたと思います。

今シーズン、6月のホームでの前半戦。澤田のゴールで先制したものの、大黒からなんと3ゴールを奪われ1-4の逆転負けを喫してしまいました。分かっていても、警戒していても、一瞬の隙をつかれてやられてしまった。異次元ともいえるその存在感。リーグ得点ランキング1位をひた走る男。

とにかく、少なくともわれわれはには、大黒への警戒感、緊張感で張りつめたディフェンスから入った。そんな感じのゲームでした。

20141011京都

そして、熊本のそれ(ディフェンス)は単純に厳しいマークということではなく、強気でプレッシャーをかけ続けるとうもの。いわば”超攻撃的”なディフェンスというのが、今日の試合の一番の見どころでした。

「少しでもこちらが弱気になってラインを下げると、中盤にプレッシャーがかからなくなる。そうなると、(京都の)決定力というのが表に出てくるので、なんとか強気でプレッシャーをかけ続けられる様に、そしてそういう形から攻撃のチャンスを見出そうと思ってやりました」と、試合後の小野監督は明かす。ここで言う(表に出てくる)「決定力」というのが大黒を指していることは明白でした。

その前半は前節、東京V戦と同じような、お互いに消しあうような中盤での激しい潰し合い。小野監督の狙い通り、高いDFラインによるコンパクトな陣形で思いっきりのプレッシャーをかけ続ける。セカンドも拾えて、逆に京都には拾われず。しかし、なかなかシュートまでたどりつかない。トップの齊藤に対して縦のパスが入らないことを気にするスカパー解説者の長谷川氏の言葉。

京都はと言えば、「縦に急ぎ過ぎる」と長谷川氏。確かに中盤省略のロングフィードが多い。これに対する熊本、数的なバランスは崩れておらず、あまり脅威は感じない。

結果、前半のシュート数は熊本2、京都3。最近、よく見る数字。どうも、激しく行く熊本の戦術に対して、相手チームもガツガツに来る。そんなせめぎ合いでお互いに譲らないゲーム前半の戦いは、必然的にこうなってしまう。そんな気がしています。

スコアレスのままハーフタイム。確かにあまりシュートを打てなかった熊本ですが、ゲームの感触としては決して悪くない。ポゼッションやシュート数だけではゲームは語れない。どちらかと言えば熊本のゲームプランに近い形ではないか。

「ベンチには闘える選手がいる。寝ている選手がいたらサッカーにならないぞ!」「このユニフォームのために全力で闘うこと!」(川勝良一監督)
「前半よく闘っている。集中している。後半ももっと強気でいこう!」(小野剛監督)

両監督のハーフタイムコメントに、数字には表れないピッチの上のゲームの“形勢”が実によく出ているように思います。

そして、このハーフタイムで熊本は片山→蔵川の交代カードを切ります。守備のバランスのためにほぼ攻め上がりを自重していた片山でしたが、この交代は何だろう?と思いました。

「ウチのディフェンスがあまり機能しないと、そこ(=サイドバックのところで)のヘディングでの競り合いは出てこない。でも、はまってきた時に、そこがどうしても一つの逃げどころになって、そこでのヘディングの競り合いに勝てていなかった」と、小野監督はサイドバック交代の理由を語ります。要はドウグラス。唯一の不安材料は、そこでの高さの差。今日、初めて右サイドバックで先発のキム・ビョンヨンを左に、右に蔵川を入れ、ドウグラス選手の頭にキム・ビョンヨンの高さをぶつけます。

ゲームとは直接の関係はないんですが、密かな楽しみ、というのか、小野監督の選手起用には、必ずどこかに1枚ないし2枚、積極的な仕掛けというのか、選手の可能性やチームの引き出しを増やしていくような起用が散りばめられているような気がします。

キム・ビョンヨンを先発で右サイドバックに起用した意図を問われて「…非常に高い能力、これからの可能性を持った選手…。」「ひょっとしてサイドバックでも行けるかなと」「彼がそこまでポジションの幅を広げてくれれば、チームとしてもレベルアップになるなと」。リーグ終盤の連戦のなかにあって、このチャレンジは大きな収穫でした。

後半も20分を過ぎると、これだけの運動量のゲーム、さすがに熊本の反応が少しづつ遅れ始めます。もちろん、よく見れば京都の選手も明らかに息が上がってきている。

67分、GKからのフィード一本で熊本DFが交わされMF・駒井にわたる。大黒への折り返しはわずかにタッチミスで枠を逸れる。

77分、FKからのこぼれをエリア内で拾った大黒、振り向きざまのシュートは、畑が右足でかろうじて跳ね返す。よし!

ゲームは完全にオープンな展開に。押し込まれる熊本。厳しい時間帯が続きます。
後半38分。養父→巻。
後半43分。 キム・ビョンヨン→五領。

流れを変えようと必死にカードを切る熊本。徐々に押し返す場面が見え始める。攻守が目まぐるしく入れ替わる。

アディショナルタイムもほぼ3分。熊本のラストプレー。FKを左サイドで受けた五領が、持ち味を生かして中に切れ込むドリブル、低く上げたクロスを巻が後ろにスラすと、待ち構えていたのは園田。左足で引っ掛けるように抑え込んだシュートでしたが、惜しくもクロスバーの上。

結局、どちらのゴールネットも揺らすことなく、ゲームセットの笛が鳴りました。

コンパクトで高いDFの裏のスペースを引き受けてカバーしたGK・畑。時に思い切りよく飛び出し、確実にボールを処理しました。

そして橋本。うまく、強くなった。大黒という”個”に対して、戦術的なシステムで向かった熊本でしたが、これを封じ切ることについては、橋本という”個”の果たした役割は小さくないと思いました。前回の京都との対戦時のエントリーで書いた「敗戦で学ぶことの大きさ」を体現して、成長著しい感じがします。特に熊本で任されているCBというポジションが、彼を大きく育てているのは間違いない。

3試合連続での無得点ではありましたが…。

「能力的には京都さんの方が上かもしれないけど、そういうところ(セカンドボールだったり、球際だったり、攻守の切り替えだったり)で差をなくしたり、ウチらしい形がたくさん出た試合だったんじゃないかと思います」(巻誠一郎)

分が悪かった対戦成績で苦手意識が先に立つ京都戦でしたが、そんなネガティブな思いもようやく乗り越えられそうな…。そんな意味を持つ重要な引き分けのように感じました。


10月4日(土) 2014 J2リーグ戦 第35節
東京V 1 - 0 熊本 (13:03/駒沢/2,924人)
得点者:90'+5 平本一樹(東京V)


「ヴェルディは、前半戦の時、前から前からくるというよりは、ある程度引いてラインを作るという感じだったのですが、監督が代わって、前へのアグレッシブさが前半戦よりもあったかなという印象を受けました」(中山雄登)

冨樫剛一新監督が就任した東京V。3試合を戦い結果は1勝1分1敗。ここ2試合は無失点できています。シーズン途中での監督交代。良くも悪くもチームがリセットされていて、それまでとは違うモチベーションで向かってくる。29節、ホームで零敗を喫した札幌戦の残像がよぎります。やりにくい…。

そんな変化も織り込みながら「東京Vがここ数試合、アグレッシブな方向に舵を切って、攻守ともに積極性が出てきたので、そこにまずは受け身に入らないでそこを上回れるように入りました」と小野監督が言うように、十分な警戒感を持ってゲームに入った熊本でした。

20141004東京V

前半のシュート数は、熊本も東京もわずかに2。お互いに消し合うような展開でなかなかシュートまでつながらない。解説者が思わず「固いゲーム…」と呟く。ジリジリするようなせめぎ合いに終始した前半はアッと言う間に終わりました。

ハーフタイム。先手を打ったのは熊本。仲間に代えて昨年まで東京に在籍していた巻を前線に。

「相手がプレッシャーをかけられた時に細かいパスで相手の勢いをちょっと逆に勢い付かせてしまっていたところを変えようというところと、それと前にボールを奪いに来ていたので巻が少し前線で頑張って押し下げてくれればそこの間のスペースが使えるという2つの理由で後半から使いました」(小野監督)

狙い通り、前線のスペースにうまくボールが入りはじめ、立て続けに決定機を作る熊本。ここでゲームが動くか…と思わせましたが、しかしこれを決めきれず、逆に東京に押し返されてしまいます。

「…僕がいた頃は、若い選手はプレーがまだ淡白だったのですが、今日は球際もガツガツきて、セカンドボールとかもしっかりと対応してゲームを作ってくる姿をピッチの中で見て、すごい成長を感じました。」(巻誠一郎)

終盤は全くヴェルディの時間帯。“伝統”の細かいパス回しに切り刻まれ、押し込まれる。しかし、そんななかPAからつなごうとする熊本のプレーには、これまでの“課題”に対する修正が見られました。苦しい時間に、むやみにクリアしても相手の波状攻撃は終わらない。

ただ、東京Vの今日の終盤の圧力は、それをも上回りました。

結局、後半アディショナルタイムのラストプレーで失点してしまう。それまでゾーンディフェンスで失点を重ねていたヴェルディが、新監督になってそれを“捨て”、同じくゾーンで守る熊本からゴールを割って見せました。われわれもそうでしたが、現場の関東サポーターの皆さんには腰の抜けるようなショックな結末になってしまいました。

台風の接近もあって天気もすぐれず、週末は気持ちが沈み、落ち着かず、どうやって自分を納得させようかと思い悩んでいました。情けないですね。決めるべきところを決め切れなかったから…では、ちょっと前には向けませんよね。

「ヴェルディも泥臭くやっていたので、その差が最後に出てしまったかなと思います。僕らもそういうところをストロングポイントとしてやっていたので、そこで差をつけたかったのですが、逆にやられてしまった。もう一度みんなで修正したいと思います」(巻誠一郎」

2試合連続の0-1。零敗。終盤の失点。十分に戦術的なゲームで、決定機も作り、相手を追い詰めている。しかし…。明らかに差をつけて、圧倒しないと勝ち点はつかない。そんな典型のようなゲームでした。