2014.12.30 年末ご挨拶
2014年も暮れようとしています。恒例により年末のご挨拶をさせていただきます。

しかし、まさにこの時期、クラブもチームも人事真っ盛りで落ち着かない状況。これに関しては、年明けにでも改めてエントリーさせていただきたいと思います。

今年もこの拙ブログをご愛読いただき誠にありがとうございました。

毎年同じような言い訳をしていますが、今シーズンも青色吐息、息も絶え絶えでなんとか毎試合後エントリーしたというのが実感です。特に9月の22節から23節、24節のリーグ過密日程の頃は、ちょうど父の葬儀とも重なり、試合を観ることさえ危うい状況でした。

そんな事情は原稿にも影響するのでしょうか。「今日は文章に迫力が無い様に感じました。」という叱咤をいただいた日もありました(汗)。

さて2014シーズンのわがチームについては、前々エントリーで総括させていただいたつもりですが、追加で書くとすれば、クラブ経営の視点から大きな出来事があったことでしょう。

第16節5月31日のホーム富山戦。後半27分、橋本拳人に代えて出場した上村周平。熊本ではじめて下部組織からの選手がJ公式戦のピッチに立った瞬間でした。そのときのエントリーでは「われわれは、決して大げさではなく、チームの歴史に新たな、大きな一章が書き加えられたと感じました。全くゼロの何もないところからスタートした下部育成組織。選手本人の努力はもとより、関係の方々のご苦労に心からの敬意を申し上げます。」と書きました。

この後、第37節10月19日のホーム磐田戦では同じく嶋田慎太郎がJ初先発で続きました。嶋田は11月9日のホーム最終戦(対愛媛FC)ではJ初得点をあげ戦力として十分に通用することを証明しました。

地域密着の県民クラブとして育成型を志向するというのは理解できるのですが、それを鮮やかに目に見えるかたちで方向性を示してくれました。まさに快挙。これが今年わがクラブのトピックスなのは間違いないでしょう。

さて、それと同時にチームを去っていく選手たちへの思いも格別なものがあります。昨年の年末ご挨拶では福王について書かせていただきました。今年は、この二人に触れざるを得ないでしょう。引退する吉井と原田。

吉井が熊本に加入したのは2006年の10月。まだロッソと名乗っていたころの熊本。1年でのJFL突破を目指して奮闘している頃でした。湘南からの完全移籍。吉井は試合に絡むものの、しかしチームは4位に終わりJ2入りを逃す。そのとき吉井は、もうサッカーは辞めようかと思っていたのだといいます。このあたりの心境について吉井は(井芹さん運営の)「Kumamoto Football Journal」で次のように語っています。そこにあるリアリティ。

「給料も下がってやっていけないような感じだったし、親にも相談して。電話でしたけど、『鹿児島に帰って、ヴォルカででもサッカーしながら働こうかな』って。そしたら父親が、『もし鹿児島に帰ってきて働くのなら、もうサッカーはするな』『帰ってくるんだったらちゃんと働け、でもサッカーを続けたいなら、サポートしてやるから続けろ』って。そのひと言がなければ、僕はもしかしたら、今まで選手としてやってこれなかったんじゃないかと思う。だからJ2に上がれた時は、本当にね、嬉しかったんです」

熊本は吉井をJ2に上げました。

原田選手も思い入れが深い選手です。彼が加入したのは2009年。川崎を満了になってからの熊本移籍。しかしその加入はシーズン開幕をまたぎ、4月の札幌戦まで待たなくてなりませんでした。その間はずっと練習生。その事情は、先日22日のRKKラジオ「VIVA ROASOO RADIO」での彼の告白で推測するしかありませんでしたが。

「練習生としての受け入れもまだちょっと待って欲しいといわれた」「その間、大津高校のグラウンドで高校生相手に調整した」などという事情も明らかになりました。2009年の頃のクラブのありよう。先のエントリーで書いたとおり、選手人件費も含めて、どの程度の管理体制にあったのか。それが原田の練習生受け入れに影響していなかったのか、など。

そして、はたして原田拓は練習生から選手登録される。しかし、この年の契約は、ベース給与なしの、出場給だけだったという驚くような噂を耳にしたおぼえがあります。

それは原田に対する消極的な評価ということではなく、それほどに厳しいクラブの状況だったのかということ。現に原田はその年から主力として活躍。彼が左SBで初出場した札幌戦のエントリーでわれわれはこう書いています。

「一昨日に加入が発表されたばかりでの今日の先発出場でした。後半途中からはちょっと息があがっているようにも見え、コンディション的にはまだまだのような印象を受けましたが、その能力の高さは十分に見せてくれました。なにより上体を起こした美しい立ち姿が、視野の広さを裏付けています。サイドを駆け上がったり、敵陣奥深くまで切り裂くといったプレーではなく、左サイドからのアーリークロスや大きなサイドチェンジ、あるいは前線へのロングパス、流れに変化をつけるちょっとしたプレーぶりなどなど。それは、長くボランチをやっていたから。しかしこの特性、今期のロアッソの戦術面では、左SBに置いておいても面白い、攻守の新たな“起点”になる選手だと感じさせました。」(2009.04.06 完封! ホーム初勝利。札幌戦

当時の経営陣の能力はいかほどだったのかという思いとともに、それに屈せず、ここまで熊本を支えてくれたプレーに対して頭が下がります。

そんな熊本の時代の苦労人2人が今年引退する。そして熊本出身の矢野がまたその列に加わりました。

熊本の礎になり、草創期の歴史を彩った選手たち。決してわれわれは忘れない。いや忘れてはいけないでしょう。

そんな気持ちを持って、

2014年の年の瀬。彼らの引退とともに、熊本もまた新たな時代に進んでいくのでしょう。ありがとう。お疲れ様でした。

手元のスクラップ帳を読み返してみました。

「J2ロアッソ熊本の運営会社アスリートクラブ(AC)熊本は23日、参戦資格『クラブライセンス』の来季の交付に必要な債務超過解消を目指し、7千万円を増資する2014年期の事業計画を発表した。」(4月24日付 熊日朝刊) 

クラブ創設10年目のこのシーズン。ピッチ上の戦いとは別の、もうひとつの“負けられない戦い”はこのニュースではじまりました。

2011年決算期で計上した7千万円の赤字。今でこそ当時のクラブ経営の実態がわれわれにも少しわかってきましたが…。

「無理な売り上げ予想や月次報告を怠るなど管理体制の不備」
「組織として体をなしていない時期があった」
「体力以上の資金を強化費に使った。運営体制にも問題があった」
「以前は商品の棚卸しもなく、2年前に辞めた選手のグッズが残っていたこともあった」

J2参入時に掲げられていた「5年でJ1」のスローガンの前には思考停止とも言える空気だったのか。これにずさんな経営体制の問題が重なり、2010~11年に実施した計1億2千万円の増資で解消した債務超過をわずか1シーズンで無にしてしまいました。

この増資に向かう事業計画発表を受けて熊日運動部の山本記者は「サッカーJ2ロアッソ熊本が、“存続の危機”問題に直面している。」(5月9日 熊日朝刊)と表現し、この状況を分析してくれました。

この問題は、われわれのなかでも第一の関心事であり、小心者としてはどんなに快勝したゲームでも、常にどんよりとした重石になっていたような、そんな重大事でした。今のクラブの収益力ではクラブライセンス制度の適用期限までに残された時間を考えると、増資しかない。それは関係者に共通する暗黙の了解事項だったと思います。

募金活動も含めて、この間の経緯は色々と語られていますので、ここで同じような評価うんぬんをするつもりはありません。

しかし、増資しかないとわかっていても、クラブとしては2010~11年に増資をお願いしている経緯があり、出資企業・団体の反発は容易に予想されることで、なかなかその方針を出すことには躊躇があったのでしょう。

結果、「Jリーグから8月までに債務超過を解消するよう指導され、時間がないため増資を決めた。自分たちがやれることは全てやる。同時に県民の皆さんの力も借りたい」「(増資引き受けのメドは)まだない。」「見通しは全く立っていないが、増資を実現する責任感を持って取り組む」(池谷社長)と総会後の会見で述べたように、ある意味で“素早いカウンター”を仕掛けました。事前の根回しもなく(根回しの段階で起こり得る不協和音やそれに対処するエネルギーを回避するために)、発表一発でスタートをきりました。

その後は一気に既存、新規の株主へのアタックに走り「県などから、増資に応じるという回答をもらい、民間企業や個人からも申し込みがあった。入金の手続きはまだ済んでいないが、増資の目標としていた7千万円のめどは立った」(8月2日付熊日朝刊 池谷社長)という(今でこそ言える)速攻ぶりでした。

熊本の株主資本は「県民クラブ」の看板通り、筆頭株主といわれるような大株主はおらず、個人も含めた多数の小口株主で構成されています。主要企業さえ口説き落とせれば方向性が出るというようなものでもなく。出資側も説明責任を負っているわけで単純にはいかない。7月末の期限までにひたすら回り続けるスピード勝負だったことは想像できます。

「AC熊本によると、増資に応じたのは既存の株主39団体・個人の3400万円と、新規の35団体・個人の2700万円。県と熊本市からも各300万円の増資が見込まれるなど最終額は7300万円になる見通しという。」(9月30日付熊日朝刊)

前回の増資からとにかく時間を置くタイミング設定。そしてこれはクラブの「運」ということもあるでしょうが、少しづつ回復しつつあった景況感と消費税増税のマイナスがせめぎ合うギリギリのスケジュール。ピッチ外ではありますが、色んな意味で戦術を尽くした戦いだったのではないかと思います。

クラブの危機を回避した現経営陣の営業センスに拍手と感謝を送りたいと思います。

一方でクラブから協力のお願いが発表された「ロアッソ熊本存続支援募金」活動。その“存続”という文字はセンセーショナルでした。そのネーミングの意図をライター井芹さんが運営する「Kumamoto Football Journal」で池谷社長から引き出しています。(井芹さん、有料なのに勝手に引用してすいません)

「『あまりにもネガティブだ』という意見もありましたよ。」
しかし
「クラブのあり方を変えて体力をつけていくことが大事だと思うんです。そのためにもいい機会だということで、そこは一回、全てを皆さんにお伝えしようと。それは僕の中ではネガティブではなかったんですが、やっぱりJクラブとしての存続がかかっていたので、あえてその表現にした」。(Kumamoto Football Journal

まずサポーターたちがこれに呼応しました。ペットボトルで募金箱を作ると県内隅々まで設置のお願いにまわった。なんとその数457カ所。そして3カ月で集まった金額は249万5214円。また、お小遣いを投げ打ってスタジアムの樽募金をしてくれた子供たち、そのお父さん、お母さん。県外から募金してくれた人たち。企業ぐるみで募金してくれた人たち…。そのほかにも、本当に多くの皆さんに支えられ、現在目標の3000万円に手が届きそうな勢いです。

いや額よりもなによりも、この募金活動は、県内隅々までの人に改めてロアッソの存在を考えさせ、そして絆を作ることにもつながったのではないかと思うのです。消してはいけないチームとして。県民クラブとして、そして“わたしの”クラブとして…。

絶対に負けられない戦いに勝った。

停止条件付きだった鳥取も条件をクリアし、最終的にはJ1、J2、J3の全44クラブにライセンスが付与されることになりました。それぞれのクラブが必死にそれぞれの生き残り策を模索してたどり着いた結果です。厳しくもあり、また、リーグとしては当然の要求でもある制度ですが、同時にわれわれのクラブ、われわれのチームというものを深く、深く考えさせられる機会になりました。

先の山本記者の記事は「市民や行政、企業など県民の意思も問われているのだと思う。どんな結論になるか分からないが、クラブ設立から10年の歩みを県民がどう評価するか、注視していきたい。」と結ばれていました。

10年目のシーズン。クラブはとりあえず大きなハードルをクリアし再スタートをきった節目の年になりました。「5カ年計画~ロアッソ熊本の挑戦~」のビジョンもでき、J1にふさわしいクラブ体力(予算規模拡大)や昇格プレーオフ圏内定着など、今後5年間の目標が明文化されました。

これから5年、10年の次なるクラブの歩み。その時はわれわれも年老い、見届けられるかどうかもわかりませんが。きっとファン、サポーターのまた次の若い世代がクラブと一緒に、道を拓いていくんでしょうね。

昨日の今日ですが。昨夜、アップしたシーズン総括のエントリーに対して、早速、ご指摘のコメントがありました。

「…何年か前ですが、湘南の監督時代に反町さんが、『熊本の先発は今朝の新聞に載ってました』とうそぶいた熊日の予想フォーメーション…」の部分について、このコメントは仙台の手倉森監督では?というご指摘。

慌てて当時のエントリーを読み返してみました。

2009年4月26日(日)J2リーグ戦第10節 熊本0-3仙台
「…しかし、勝ち誇った敵将は口が滑らかになるもんですね。先日の湘南・反町監督の“うそぶき方”にも苦笑しましたが、今節後の手倉森氏も。熊本のシステムへの対応を問われていわく『「昨日、ホテルに入った時に、熊日新聞に、今日のシステムが書いてありました(笑)』(J`sゴール)…」

典型的な思い込みによる記憶の混同です。ご指摘ありがとうございます。こんな基本的なところを間違えるとは…。お詫びして訂正します。


そして、これこそ昨日の今日ですが。今朝の熊日。まだ薄暗い、凍える空気のなか。スポーツ面を開くと小野監督続投の見出しが飛び込んできました。待ち焦がれたニュースは、本当に目に飛び込んでくるんですよね。クラブ側には「長期的にチームを率いてほしい…」として複数年契約も…みたいな観測もあるようです。

何はともあれ、ホッとしました。良かった。

最終戦以来、シーズンの総括を書かねばと思いながらも、振り返って思うのは、今季はまさに小野監督のシーズンだったということ。そしてその動向がはっきりしないままでの総括は難しいなあと。しかし、下手をすると年を越してしまうような日程になってしまい…。ギリギリまで悩んだあげく、昨夜、続投を信じてアップしたところでした。記事によれば、やはり当初の任期は一年だったとのこと。クラブ側は「…シーズン終了前から契約更新にあたって動いていた」とのこと。続投にあたってはそれなりの交渉があったようです。

さあ、これでまた来シーズンへ向けた動きがいっそう本格化しますね。

Jリーグはこの週末全てのカテゴリーの日程を終えました。J1はガンバが優勝。J2への降格は徳島、セレッソ、そして大宮。J1昇格プレーオフはリーグ6位の山形が天皇杯の勢いそのままに、4位磐田と5位千葉を破って昇格3枠目を手にしました。そしてJ3との入れ替え戦は、讃岐があの木島の虎の子の1点を守りきり長野を退け、残留を果たしました。

J2最終戦後の2週間、周囲で繰り広げられた戦いは、われわれにとっては蚊帳の外の他人事だったとはいえ、いや他人事だったからこそ楽しめたのかも知れない。しかし、6位の山形がプレーオフで昇格する姿を見るにつけ…。可能性という意味では、願わくばいつかあの(身の毛もよだつような)緊張感を体験してみたい。いや来季こそ、あの中にいたい。そういう思いが募ります。

さて、われわれのシーズンが終わって2週間のお休みをいただいて、遅ればせながら、例年のように今シーズンを総括してみようかと。とりあえず開幕戦のエントリーから読み返してみて、ちょっと驚きました。長いシーズンとは言っても、たかだか10か月ほど前のこと。しかし、改めてその3月の戦評を読んでみると、そこに書いていたのは、全くもってシーズンの予告編のような…。あるいはこの終了後の総括に関する”伏線”だったんじゃないかと。それほどブレることのない、スジの通った小野監督の2014年シーズンだったというのが、われわれの偽らざる感想です。

例えば、そのエントリーではこんなことを書いています…。

「日本サッカー界きっての“知将”。しかし、まずわれわれに見せてくれたのは、背筋の伸びるようなシンプルなサッカーの原点でした。闘うこと。そして走ること。」
「90分間ノンストップと言っていいくらいのゲームのテンポ。」
「目が離せないようなリスタートの早さ。」
「奪った瞬間に、可能性があれば前線のターゲットを1本でシンプルに狙っていく。」

まさに、今シーズン、繰り返し書いてきたことであり、今季の熊本のプレースタイルそのもの。

「小野・新生熊本。これから徐々にその姿が明らかになっていくと思いますが、まず開幕戦で感じたのは、チームとしてのその”一体感”に違いありませんでした。」

これはもう、最終戦後の会見で小野監督が強調していた「結束力」と同義語。また、開幕戦と最終戦が奇しくも同じ対戦相手・福岡という偶然もあって、その同じ”方向性”のなかでの確かな成長がより鮮やかに感じられました。

そして、開幕時のスタメンと最終戦のスタメンを見ていただきたい。

開幕戦:巻 斉藤 仲間 中山、養父 橋本 片山 矢野 篠原 園田、畑。
最終戦:アンデルソン 斉藤 澤田 嶋田、養父 高柳 蔵川 野田 橋本 園田 金井。

同じポジションで同じ名前は、なんと斉藤、養父と園田の三人だけ。変化でもあり、成長でもあり。そして激しい競争の結果。最終節にはルーキーの嶋田、強化指定でまだ大津高校生の野田、アンデルソン、高柳の途中移籍組が先発。ベンチには上村がいて、不動のスタメンだった片山も外れています。

メンバーを固定せず、練習でのパフォーマンスで常にチャンスを与え続ける。ものにするかどうかは選手次第。理屈はわかるけれど、このスタメンの”変化”はいかにも激しい。しかも、開幕スタメンで最終戦に外れた選手が脱落したのかと言うと、そんなことは全くない。これは非常に重要なことだと思います。巻、中山は途中出場。片山もベンチにいたし。完全に出場機会を失った選手はいない。それほど選手間の競争が激しかったということ。

チーム内での激しい競争が層を厚くする。われわれもそれをずっと願っていました。しかし、なかなか実現しなかった。何年か前ですが、湘南の監督時代に反町さんが、「熊本の先発は今朝の新聞に載ってました」とうそぶいた熊日の予想フォーメーション。これが今シーズンはことごとく外れていたような。正確に記録はしていないのですが、完璧に“当たった”ゲームがどれだけあったか。熊日の番記者もなかなか読み切れなかった。紅白戦のメンバーを書き起こすだけではわからない小野采配。

小野監督の練習方針と起用法が、”競争”を重視し、そして誰が出てもチームの総合力を損なわない”層の厚さ”を求めた。

そんななかで、ルーキーの澤田がチーム内得点王になり、同じく中山がアシスト王になったこともエポックです。さらには下部組織出身の上村や嶋田を早速スタメンで起用し、しっかり”通用”することを証明した。広島時代の高柳のように…。積極的に、迷いなく若い力を起用しました。

今シーズンの印象として、もうひとつ。結果が敗戦でも、残りあと10分あれば…と思わせる試合が多かった気がします。ハーフタイムでの修正力の高さは目を見張るものがありました。それはシーズン全体についても言えるのかなと。あと10試合あれば…。

どんな敗戦でも下を向いた負けはなかった。それは、小野さんの”言葉の力”の大きさもあったでしょう。誰のせいにもしない。しかし、敗因は明確に分析している。次への課題にしている。

そういう意味では、シーズン中盤の6月から7月の大量失点での3連敗も、今思えばそれほど絶望的な気分にはなってなかったなと。敗因も整理されていたし、チームの方向性がまったくぶれる気配がなかったし、何より、選手、チームが闘っていることだけは伝わってきていました。なんでしょう?それが今季この成績でも、観客動員数が増えていったことともシンクロするのかと。

もちろん、実際には書きようがないなあ…と途方に暮れた試合もあったのは事実です。終盤の山形戦。確かに山形に勢いがあったにしても、終盤戦の勢いからするとらしくない戦い。ハーフタイムの”修正”で一矢報いたものの、スタメンのDF布陣には首を傾げざるを得ないものがありました。一説には、その週に小野監督がFIFAの仕事のための海外出張でチームを見ていなかったから、などというまことしやかな分析も流れてきましたが、それはそれで軍師”小野”を担ぐ熊本の課題のようにも思われます。

また、10月のアウェー東京V戦。0-1の敗戦のエントリーに関しては、読者の方から「今日は文章に迫力が無いように感じました…」と、早速のお叱りのコメントがあり、身を引き締めることとなりました(汗)。

さて。

小野監督に謝らなければいけません。シーズンが始まる前、正直なところ弱気なわれわれは、この戦力では再び降格圏をさまようのではないか、とさえ思っていました。しかし、「シーズンははじまったばかりなのだから。これから、どうなっていくんだろう。どう成長していくんだろう。そう思わせます。照準は開幕ではないということがよく伝わってくる」と、すでに開幕戦でその弱気を修正させられました。

そして、この1年、最初のシーズンを終えた今、さて小野監督の視線はどこに向いているんだろうか。どのあたりを見ているんだろうか。などと思ったりします。

そうは言っても、まだ小野監督の続投がクラブから発表されたわけではありません。過去、監督の契約更新情報が公式発表されていたかも定かではない。(だから発表されないのかも知れないし、もともと複数年契約かも知れません)。

そんな12月の現時点では勝手に、そして当然の続投を信じてということで、シーズンの総括を記録しておきます。(明日何が発表されるかはわからないという気持ちを持ちながら…)

それと、今年、クラブのもうひとつの重要な出来事だったクラブライセンス問題に関してのことはエントリーを改めて書きたいと思っています。