【J2第19節】(駒沢)
東京V 0-2(前半0-2)熊本
<得点者>
[熊]黒木晃平(18分)、齊藤和樹(30分)
<警告>
[熊]黒木晃平(57分)、養父雄仁(74分)
観衆:2,691人
主審:今村義朗
副審:高橋佳久、村井良輔


前節は随分ネガティブなことを書き連ねましたが、今週は実に心弾むような週始めを迎えています。一喜一憂のファン心理。まったくですね。

スカウティング、選手起用、システム、ゲームプラン、試合中の交代カードと、これほどまでに小野監督の”思惑”がピッタリとはまった試合はなかったのではないでしょうか。

前線は常盤、齊藤の2トップ。2列目は嶋田と中山。ボランチは高柳の相方に、藏川ではなく上村を選びました。対するヴェルディも4-4-2。前節は7試合ぶりに敗戦を喫していましたが、ぴったりと9位に位置しています。

20150621東京戦

熊本は、前節の”残像”が強かったのか、とにかく自らのディフェンスラインの前のスペースを消して、くだらない失点をしないようにとても慎重な運び。終始一貫、守備的な意識、バランスを重視する姿勢が強かったゲームと見えました。それは、「今日負けたらまずい」という共通認識があったからに違いないでしょう。実際、今日負けていたら21位。いや順位云々ではなく、先週の敗戦以来チームを取り巻く雰囲気は微妙なものでしたね。

これに立ち向かう選手たち。その気合いがひしひしと感じられました。

開始早々、中山からの大きなクロスにファーサイドで常盤が飛び込む。スライディングしながら合わせ、逆サイドに流し込む。これはGKが好反応してクリア。常盤にとって前節に続く”古巣”との対戦。モチベーションは十分でした。

とにかく球際は非常に強かった。しかし無闇に追っ掛けてはいない。”取り際”を心得た対応というべきか。自陣に入ってきたパス。ここぞというところで確実に奪い切り、マイボールにできています。

先制は18分。ヴェルディのCK。熊本のクリアのボールに対して、ヴェルディDFがお見合いするような隙を中山が鋭い詰めで襲うと、瞬間の判断で左足アウトで前に出す。カウンターに駆け出していた黒木はまだハーフウェイラインを越えた位置でしたが、そのパスをダイレクトに蹴った。スライディングしながら。ループシュートで。ゴールを狙って。「ヴェルディのGK(佐藤)が味方のCKの際に、高めのポジションを取る」(熊日)という事前のスカウティングが頭にありました。「枠に入ってくれ」(黒木)という願いどおり、値千金の先制点となります。してやったり!

さらには30分、熊本の自陣からこれはカウンターというより齊藤が頭で競ってクリアしたボール。その処理をヴェルディDFがまごつくところを嶋田が奪ってカウンターに持ち込む。ドリブルで攻め込むと、Pエリア前で、追走してきた齊藤にパス。齊藤が寄せてきたDF、GKをあざ笑うかのような浮き球で、ゴールに流し込みます。

齊藤のうまさ。落ち着き。これで7得点目。得点ランキング10位に入る。そしてこれまでだったら自分で撃っていただろう嶋田が、瞬時の判断でよくぞラストパスを出した。この追加点でかなり楽になりました。

2点を取られたヴェルディは、前半のうちに3-4-3にシステムを変更します。さすがにヴェルディFW・平本に収まると、ズルズルと下がらざるを得ない。安西に代えて南を入れてくる。ヴェルディの攻勢。ただ、後半の45分間熊本も、しっかり引くところは引く、行くところは行くで対応しました。もはや黒木や養父の両SBは戦術的に上がらない。スペースを与えない。

ハーフタイムの指揮官の指示は、「立ち上がりから圧倒していこう」というものでしたが、これはヴェルディのシステム変更とその勢いに押し返されました。ただ、「アドバンテージを利用しよう」ということは遂行できたのではないでしょうか。球際の強さは上回りながら、中山に代えて巻を前線に投入して、DFラインにプレッシャーを掛ける。常盤に代えて藏川を入れ、ヴェルディの攻撃の芽をとにかく潰す。その集中力を萎えさせるように、とにかく攻撃の連動性を断つ。ヴェルディにとって”嫌なこと”をとにかくしつこくしつこく続ける…。

それがヴェルディを時間とともに焦れさせる。これぞ「アドバンテージを利用する」試合展開ではなかったでしょうか。

今日の勝因はいくつも挙げられます。なかでも黒木も言っていたとおり、事前の”スカウティング”が一番でしょう。 前半、嶋田が相手ボランチだけ潰しにかかったのもスカウティングだろうし、2失点した相手ディフェンスの連携の悪さも、もしかしたらスカウティングしてたのかも知れません。

そして、セットプレーの不安が格段に解消した。あれだけコーナーをとられても不安がない。やはりシュミット・ダニエルの安心感。同じクリアするのでも、クリアの”質”が違うというと言いすぎでしょうか。周りの選手があたふたしない。なんとなくこぼれ球も、味方にこぼれるから不思議…。

先にセットプレーから失点するのとしないのでは、こんなに違うものかと。後半の30分間は試合を運んで、時間を使っただけ…。見ている方からすれば、面白くない展開かも知れませんでしたが、”心理戦”としては手に汗を握るゲームでした。

また、ある意味、小野監督がこれだけ選手の役割を決めて、動きに制約を加えたのはあまり見たことがないなとも思いました。もちろん、それが機能したのは、最後まで足が止まらず、ゲームをコントロールしたピッチ上の選手たちのハードワークがあったからだろうけれど。そういう意味でも、指揮官の意図と選手たちのパフォーマンスが見事にかみ合った”ベストゲーム”だったと。

高柳は試合後、自身のtwitterでこうつぶやきました。「全員が仲間を信じてチームの勝利の為に走り切った結果だと思います。 試合を通じて個人としてもチームとしても修正点があるので、また明日から全力で取り組みたいと思います。 ホームで勝利を」。

そう。ホームで勝利を。色々な意味で次の讃岐戦が非常に重要なゲームになるなと思いました。

【J2第18節】(本城)
北九州 2-0(前半2-0)熊本
<得点者>
[北]原一樹2(32分、45分)
<警告>
[熊]高柳一誠(10分)、上原拓郎(86分)
観衆:3,498人
主審:藤田和也
副審:蒲澤淳一、秋澤昌治


魔物でも住んでいるのでしょうか。この本城で勝てない。勝ったためしがない。北九州側からも「相性がいい相手」と言われる始末。本当に悔しいです。

熊本は前節長崎を下して、今季初の連勝を目論む。対する10位の北九州はクラブ記録タイの4連勝を賭けた戦いでした。

常盤と平繁の2トップは今季初。古巣との対戦に奮い立つ常盤。2列目に斎藤、嶋田という布陣は十分攻撃的に映る。前節の藏川のボランチもそのままで、黒木が新しく左SBを務める。今考えうるベストメンバーで臨む一戦。いい試合になりそうな予感がしたんですが。

20150614北九州

試合の入り方は決して悪くはなかった。前線からプレスを掛ける組織的守備もそこそこ機能していました。ただ、試合前に小野監督が言っていたという「ピッチ上の選手たちが同じ絵を描く」(スカパー!)ということでは首を傾げたくなるシーンが多い。微妙にチグハグな攻めの連携。

嶋田が左サイドをドリブルで上がってボックス内に侵入。ラストパスは平繁との呼吸が合わない。DFラインで奪ってからすぐにロングボールを裏に出すが、誰も走り込まず敵GKの手中に収まる。もったいない。

その間、北九州は虎視眈々とゴールを狙い、シュートを重ねていました。対する熊本がようやくシュートを放てたのは、前半も23分になってから。中盤でインターセプトした黒木からのミドルシュートでした。

押し込まれるでもない、“うまくいかなさ”を選手たち自身が感じていたのかも知れません。それが焦りを生んでいたのかも。失点はミスからでした。嶋田から前の常盤、そして嶋田へ返すくさびのパス交換からのミス。ボールが北九州FW原に収まると、一気にカウンターに持ち込まれる。園田が抜かれ、藏川が交わされるとゴールに流し込まれます。一瞬の出来事でした。

北九州にとって、自分たちの試合運びにするためには、この1点で十分でした。しっかりと守備でブロックを敷いて、あとはカウンター狙いに転じる。

前半のうちに同点にしておきたい熊本でしたが、その守備ブロックを前にして、急ぐところ、急ぎたいところで急げない。「同じ絵」を描けないでいました。

唯一40分頃、高柳からのパスを平繁がスルーして常盤、反転した平繁が貰うと、DFの裏にスルーパスを出す。嶋田がエリア内に入り込みエンドラインぎりぎりでキーパーへの股抜きシュートを狙う。クリアされますが、これこれ、いいぞ!

まだ前半時間がある。これから。と思わせたときでした。ダニエルからのキック。中盤で競って落としたボールは北九州が奪って、素早く前に出す。DFの裏を狙っていた原が、グッとスピードを上げ園田を再び振り切ると、前に出てきていたダニエルをあざ笑うかのようなループシュート。これがワンバウンドしてゴールに吸い込まれます。時間帯といい、取られ方といい、へたり込んでしまうようなダメージの大きな追加点でした。

「カウンターは思い切って仕掛けよう」。ハーフタイムの指揮官の指示は、攻撃に緩急を付けたいという意図だったのでしょう。しかし、戻りの早い北九州に素早くブロックを敷かれると、パスの出し先を失ってしまう熊本。中盤で奪ってからアタッキングサードまではテンポよく繋がっていくのですが、最後のパスの精度、そこへ呼応する選手とのコンビネーションが悪い。65分に、右サイドへの長いボールに走り込んだ嶋田が追走してきたDFをうまく交わして、得意の左足でシュートを放ちましたが枠の左外。これが決まらないと…。

その後はその嶋田、平繁と巻、中山の2枚替え。あるいは常盤に代えて上原を入れ、黒木を一列上げる。最後はハンジンも前線に上げてパワープレーを図りましたが、時間だけが過ぎていく。北九州相手に、またも本城で零敗の笛を聞きました。

なにも得るものがなかった。そういうファンの声もあります。試合後のゴール裏もがっくりと下を向いていました。

「失点はちょっとしたところのミスから得点のチャンスを与えてもったいなかった」(九州J-PARK)と指揮官は言います。「早い攻めにかかったときにどうしてもミスが出てしまう。(中略)一つ通せばビッグチャンスになりますが、そのかわり失ってしまうとピンチになる」と。

そして、チーム状況への手応えはあるか?との記者への問いに対しては、「一つ一つのクオリティ、それから、かなりトレーニングにも体が付いてきてくれるようになってきたので一歩ずつは前進していると思います」と結んでいる。

しかし、すでにリーグは18節を終えましたが、われわれはこのブログでの試合内容に関して、繰り返し何度も同じようなことを書いているような気がします。それはわれわれの目が節穴で、チームの前進、進歩に気づいていないのかも知れない、あるいは表現力が稚拙で毎度毎度同じようにしか書けないのかも知れませんが…。

4連勝目をホームで飾った敵将・柱谷監督は試合後のインタビューでこう言いました。「連敗しているときも内容はそんなに悪くなくて、ただ両ゴール前。守備の時の自分たちのゴール前、自分たちが決定機を作ったときの決めるところが甘くて結果が出てなかった」。なんだか、今の熊本の状況を言い表されているような気もして…。

そして「これから夏になってギラヴァンツの季節」と豪語しました。対照的にわがチームにはいつになれば好調な“季節”がくるのだろうか。このまま、この勝ち点のペースを続けると、とても不安になります。勝敗に一喜一憂はファン心理の常とはいえ、次節への気持ちの切り替えに、少し時間のかかりそうな敗戦でした。

【J2第17節】(水前寺)
熊本 1-0(前半0-0)長崎
<得点者>
[熊]齊藤和樹(60分)
<警告>
[熊]齊藤和樹(71分)
[長]李栄直(86分)
観衆:4,560人
主審:飯田淳平
副審:相樂亨、三原純


いやー。やっと…です。梅雨入りしてしまいましたが。ようやくホームで勝てました。待ちわびた生「カモンロッソ」。

勝因は色々あると思います。ボランチに入った藏川の攻守にわたる活躍。DFラインに安心感をもたらしたシュミット・ダニエル。最近切れっ切れの斎藤。なにより最後まで走り抜いた選手たち。等々・・・。ひとつひとつ触れていきましょう。

20150606長崎

前半は、正直ちょっと長崎のサッカーに見とれていました。水前寺競技場のピッチは、前回の岐阜戦のときより更に状態が悪く見える。それなら、いえ、それでなくても高木サッカーは中盤を省略して長いボールで押し込んでくるものと思っていました。難しい試合になるだろうと・・・。

しかし3-4-3に敷いた長崎の布陣は、中盤が厚く、縦にグラウンダーのパスを急ぎ、後ろから次々に追い越してくる。攻守の切り替えも早く、流動的に動き、なにより球際が強い。指揮官に随分鍛えられているという感じがして、現在4位というリーグ順位もうなずけました。

ただ、平繁、常盤もようやくフィットしてきた感のある熊本も、縦に入れようという意図は十分感じられ、カウンターから斎藤がエリアに入ってGKと1対1。これはキーパーにセーブされるも、直後スローインからのクロスにハンジンの絶好機のボレーは惜しくも枠外…など、30分以降は熊本にも幾度かチャンスがありました。

「裏を意識しよう!」「球際はもっといける!」。そういうハーフタイムの小野監督の指示があったように、熊本は後半開始から一段ギアをシフトチャンジしましたね。ちょうど、前節の京都がそうであったように・・・。

球際で優りはじめ、セカンドも奪い始めた。長崎のピッチを広く使った攻撃にもスライドできている。足が出る。詰め寄る。攻勢はやや熊本に傾いていきました。

それが実を結んだのは60分。右SB養父からのサイドチェンジのボールを、高柳がダイレクトにヘッドで入れる。エリア内ゴールニアサイドにいた齊藤。それを胸トラップで落とすと、付いて来た2人の長崎DFを振り払うかのように反転。右足を振り抜き、ゴールを押し込みます。

うーむ。このシュートはちょっと別次元のうまさ。岐阜戦のときの得点シーンが思い出される落ち着きでした。

先制した熊本。ただ、この先制点を生かせず、すぐに失点・同点にされてきた試合展開のもろさもこれまでの熊本。しかし今日は、その後の試合運びに関して、ピッチ上の選手たち自身も頑張りましたが、ベンチワークも的確で、納得できるものでした。

すぐに嶋田に代えて巻を投入。長崎のDFラインを牽制する。72分、一番足が止まるきつい時間帯に、平繁に代えて運動量のある黒木でかき回す。そして、そして…。追加点が難しくなった終盤残り10分を切ると、逃げ切りの守りのサインで、SBに鈴木を入れる。

養父が足を攣るが、立ち上がる。告げられたアディッショナルタイムは4分。巻が身体を張って前線でキープを図る。常盤も。長崎のクロスにダニエルが飛びついてキープ。長崎・梶川のアーリークロスにイ・ヨンジュがファーからシュートするも藏川がブロック。点差は1点。同点に追いつかれれば勝ち点は1になる。まだか、まだか、まだか!と待ちわびた終了のホイッスルを、そのときようやく主審が吹いてくれました。

以前も触れましたが、ウノゼロ(1-0)での勝利を理想とする高木・長崎に対し、まさにその展開での勝利は格別です。ただ、先制したあとに2列のブロックを敷いて守った高木体制のあの頃とは違い、今は前線から走りまわって組織的に守備をする熊本。どちらかがいいということではありませんが、ずいぶん違うサッカーです。

今日の殊勲は攻守に貢献した藏川。そのボランチ起用の理由を尋ねられた指揮官は、「実は自分の中ではぐっと伸びて来た選手の1人だ」としたうえで、こう答えました。「彼の持っているゲームを読む力、状況に応じたプレーの選択、チームの他の選手の良さを引き出す力を発揮してくれてるんじゃないか」と。

チーム最年長の彼が、「ぐっと伸びて来た」と評価される事実もある意味驚きなのですが、藏川の持ち味は、現場でのその適応力にあるのではないかと思っています。今日の試合も、序盤はフィットしていないように思えました。ミスも見受けられた。しかし、時間が経つにつれ徐々に修正し適応していく。犯したミスから、次にどうすればいいのかを考える判断力と対応力がある。年齢を感じさせない運動量もすごいのですが、実は経験からくるその適応力こそが、藏川の”本当の力”であり、常々「選手自身がピッチ上で状況を変化させられる」ことを望んでいる小野監督からすれば、信頼し、期待を込めて起用したい選手なのでしょう。

しばらく試合から遠ざかり不安を隠せなかったDF・園田も、今日の試合での最後は随分戻ってきたように思えました。それは相方のクォン・ハンジンの高さによる読みの”強さ”、押し込まれても奪ってからの反転の技術の安心感がもたらしたものではないかと思うのです。クォン・ハンジン。そのパフォーマンス。本当に良いDFを得たのは間違いない。

そしてそして、再び育英型期限付き移籍で仙台からやってきたGKシュミット・ダニエル。昨年は相次ぐGK陣の故障で1ヵ月間の超短期移籍。しかし、今回はだいぶ事情が違います。「チームに入りやすい環境を作ってくれた他の4人のGKに感謝したい」とのコメントはそのあたりの意味を十分に意識しています。

出場機会には恵まれていなかったものの、相変わらずの安定したプレーぶりやゴール前に立ちはだかるその存在感は、この一年間の成長を感じさせます。その高さを警戒する長崎は、CKもショートコーナーからの変化を狙うしかない。クロスの球筋も全く勝負してきません。短い振り足から繰り出すパントキックの距離は驚くほど遠く伸びて、その弾道は低くゴールに向かい、一瞬で好機を演出する。

久々の勝利でちょっと感情が高ぶっているわれわれですが、冷静に振り返れば、熊本の今日のプレーぶりがこれまでと大きく変わっているわけではなく。決して悪くないが結果がついてこない…。セットプレーでやられる…。そんな悪循環を断ち切った今日のGK起用だったと言ってもいいかもしれません。

今日はそれほどゴールを脅かされることもなかったのですが、一瞬ひやりとしたのは長崎・高杉の左から攻撃参加しての意表を突くシュート。ダニエルが完全に見切ったかに見えたボールはあわやでバーを叩く。しかし、「ちょっと低かったけど、外に出ると思っていた。狙いどおりのプレー」(熊日)と意に介さない。

熊本はこの試合に勝利して、ようやく4試合ぶりに降格圏内を脱して19位になりました。しかし、21位(水戸)とは勝ち点差2でしかない状況。安心とはほど遠い状況にあります。

まだまだ。ひとつひとつを勝っていかなければなりません。

【J2第16節】(西京極)
京都 2-1(前半0-0)熊本
<得点者>
[京]駒井善成(53分)、菅沼駿哉(65分)
[熊]クォン・ハンジン(90分+5)
<警告>
[京]石櫃洋祐(45分)、バヤリッツァ(90分+3)
観衆:7,827人
主審:塚田健太
副審:今岡洋二、熊谷幸剛


一言で言えば“メンタルゲーム”ではなかったでしょうか。前半と後半でガラッと変わった展開の奥底に、そんな要因が見え隠れしているような気がします。

17位の京都。何故こんな順位に甘んじているのかわかりませんが、失点数が23というのは熊本と同じくリーグ19位。そのうちセットプレーからの失点が11と多いのも、なんだか熊本の状況と似ているようです。

前節、タレント揃いのC大阪の攻撃をしのいで零封した熊本の組織的守備。「これをベースに」と畑が言うように、試合開始からアグレッシブに入った熊本でした。

20150531京都

右サイドを齊藤がえぐってのクロスは、ニアに走りこんだ平繁の前でDFがクリア。右CKはショートコーナー。クリアを齊藤がシュート性のクロス。GKのパンチングが後ろにそれてポストに当たってあわやオウンゴール。惜しい…。

しかし、この立ち上がりのイケイケの時間帯に先制弾を押し込めるかどうか。その後のゲーム展開はそこにかかっているのですが。これが今の熊本の実力なのかも知れません。

中山、嶋田のサイドの守備が効いていて、奪って前に出すところまではうまく行っているのですが、ゴール前は平繁と齊藤に任せっきりで、人数が足りない。前節の反省で、「もっとゴール前に顔をだす回数を増やしたい」と言っていた高柳でしたが、やはり黒木とともに、重心は後ろにある。

それは、”先に失点をしたくない”というメンタルの表れ。同じことは京都にも言え、両者の今の順位からすれば、しかたないとも言える慎重な戦い方。互いにリスクを犯さない前半。そんななかでも、チャンスの多かった熊本の方が、この時間帯で点を決めておくべきでした。

後半、熊本は前半の調子のままで”行ける”という展望だったのかも知れません。しかし、京都は、開始からリスクを犯して押し込むことを選択しました。ギアを一段上げるように、球離れを早く、パススピードを速くしてきた。

熊本の守備が剥がされて、後手に回る。ジリジリとDFが押し下げられていく。

53分、京都・奥川が左から養父を抜いていく。グラウンダーのクロス。ダニエルロビーニョのシュートは、一旦GK畑がパンチングで凌いだものの、右から駒井に押し込まれます。この時間帯で取るんだという京都の集中力。

その後も、前半あれほど取れていたセカンドボールが、ことごとく京都に収まる。こんなにも足が止まるものか。先制されたあとに、盛り返していけるか、押し返していけるかどうかが熊本の課題。まさしくメンタルの課題でしたが、いかんせん勢いが出せない。

65分には、CKからのダニエルロビーニョのヘディング。これもゴールマウスに入った熊本の選手が一度はブロックしたものの、詰めていた菅沼に押し込まれます。なんだか、意気消沈したままで、あっさりと追加点を許した感じがしてしまう。

中山に代えて巻。嶋田には岡本。しかし、京都はダニエルロビーニョを下げて山瀬を入れると、ポゼッションよろしく、熊本を更に走らせる。いいようにやられてしまう。交わされて追いかける熊本選手が下を向くキツさ。

もはや体力とともに、判断力も鈍ってきたのか。久しぶりに熊本がうまくインターセプトして、平繁が左から上がってくるビョンヨンを待ってパスしますが、ダイレクトで放ったアーリークロスは大きくエンドラインを越えて行く。まだまだ前に大きなスペースが広がっていたにも関わらず。拙攻。

アディッショナルタイムに与えられた4分の時間も費やしたラストプレー。齊藤がCKを取る。右からの養父のCKをファーのハンジンがクリーンにヘッドと捕らえてゴールに突き刺す。ようやく一矢報いるも、それが精一杯でした。

冒頭に書いたように、”チーム”のメンタルが伝わってくるようなゲームでしたね。先に失点したくないというメンタル。ところが失点してしまうと、自信を失い、それを回復できないメンタル。あれほどうまく行っていても、一気にミスを連発してしまうメンタル。思いやりのないパスを送り、アバウトなクリアに終始し、消極的なプレーをしてしまう。

うーむ。どう打開すればいいのか。京都の出来が特別によかったとも思えなかっただけに、ちょっと嫌な内容の敗戦になりました。

大分が北九州に負けたことで、最下位転落は免れました。