皆さんご無事でしょうか?

5年前の3月。東北大震災の際のエントリーで、「“未曾有”などという3文字で表現することすらもはや憚られます。11日からこのかた、報道で目にする被災の状況を目の当たりにして、何を綴ればいいのか戸惑っていました。ただただ、われわれは運がよかっただけではないのか、そしてわれわれに出来うることの何と小さいことかと…。」と綴っていました。そこには、今にして思えば、同じ日本といえどまだ少し遠い世界の感覚だったことが漂います。”報道で目にする”という表現がそれを明らかにします。

けれど今、被災地はテレビ画面を通さずとも目の前にあり、われわれがまさしく被災者そのものでした。

われわれのなかのひとりの住まいは益城町にありますが、自宅別棟が全壊、周囲の家々も軒並み壊滅状態。お隣では亡くなった方も。なんとか自宅で踏ん張っていますが、このストレスはなかなかのものです。

16日の”本震”の夜から今日まで休みなしで、余震を気にしながら、家のこともしながら余裕もなく動き、そして働いて・・・。キーボードに向かう余裕も気力もなかったのが現実ですが、ようやく今日、PCに向き合っています。ライフラインに携わる人々の不断の努力のおかげで水や電気が早期に復旧し、quality of lifeが明らかに現状復帰してきたことも大きな要因です。感謝の言葉もありません。

この間、まず直近のアウェー京都戦は中止され、そして先週末のホーム・横浜FC戦も延期が決定されたのは、当然の措置でした。

そして20日、クラブはJリーグの原博実副理事長の現地視察を受け、さらに監督・選手らを交えたミーティングの結果を踏まえて、今後の方針を発表しました。その内容は、続く4月29日の山形戦、5月3日の愛媛戦、7日の札幌戦まで追加3試合の延期であり、リーグ戦復帰は5月15日の第13節・アウェー千葉戦から、とするものでした。

そしてその間、リーグからは一時的に県外に拠点を移すことも提案され、具体的に候補として手を挙げてくれたところもあったようですが、「選手だけの話し合いで、『熊本に残って参戦を続けたい』と決め」(22日付・熊日)、それをクラブも、リーグ(原副理事長)も尊重する形で決定したのだという。

発表の記者会見は感動的なものになりました。熊本の”象徴”とも言える巻は、感極まり涙を流しながら「熊本に勇気を与えたいし、逆に勇気づけられることもある。互いに励ましあって、今まで以上の熊本をみんなの力でつくっていきたい」(熊日)と言いました。そうまとめたものの、おそらく直前の選手だけのミーティングでは、色々な意見が出たのではないでしょうか。家族持ちの選手ならなおさら、生活安全上の不安があって当然の状況ですから。そういった選手たちの色々な意見を、40分もかけて、このようなひとつの方向に導いた想いの辛さも、巻選手にのしかかっての涙だったのではないかと推測するのです。

震災後すかさず、個人的に開設しているフットサル施設を開放して、避難所の子供たちとサッカーで戯れ、子供たちに起こりがちな避難所ストレスの解消に務めました。個人的なネットワークを駆使して、被災地への支援を求めるサイトを直ちに立ち上げた。支援物品を集め、それを仲間たちと仕分けする姿は精力的でした。今まさにこの状況下において、心から愛する熊本を”今まで以上”にしようとする姿は、熊本というチーム(あるいはクラブと言ってもいいかも)の”中心的存在””象徴的存在”のように思います。

もちろん巻だけではない。清武は実家のある大分に帰らず熊本に残り、同じくサッカー教室やボランティア活動に従事してくれている。被害の酷い益城町出身の上村や森川は、地元のボランティアを買って出ている。広島に一時避難した佐藤は、この決定を聞いて、幼い子供を抱えた妻を残して、熊本に飛び立った。

Jリーグの仲間たちもすぐに動き始めてくれています。各クラブ、各ゲームでの支援募金集め。そのなかでも、県出身選手たちの思いは大きい。それから、過去熊本に在籍した選手たちの活動協力も・・・。

そして一番ありがたく、そして温かく励みになるのは、J1、J2、あるいはJ3、いやその他のカテゴリー問わず、戦い、敵対し、あるときは罵倒しあうに違いないのに、”いざ”というときは支えあう。このサッカーという競技を愛し、通じ合う各クラブのサポーターたちから今、「熊本がんばれよ」と応援される。涙がでるほど嬉しい。これもサッカーだなと。

まだまだ余震の続く熊本。アウェー戦からとはいえ、5月15日の再始動にもなんの確証もない。支援物補給基地になっている「うまスタ」が、その時期に作業が終息し、ホームスタジアムとして使えるかどうかは、極めて怪しいとも思っています。しかし、どこかに目標を持たなくてはいけない。誰かが言いました。「最善を想像して、最悪に備えろ」と。

そういう意味で、ひとつの指針が出されたのだと思っています。われわれは、その再開(再会)のときに、スタジアムで久しぶりに逢う仲間たちに、「元気だったか?無事でよかったね」と言えるように、一人ひとりそれぞれの復旧に励んでいきましょうか。巻選手が言う”今まで以上の熊本”を互いの目標にしながら・・・。

そしてそして、くれぐれも余震にご注意ください。油断は禁物です。

2016.04.11 山口戦。連敗
【J2第7節】(うまスタ)
熊本 1-2(前半0-2)山口
<得点者>
[熊]平繁龍一(46分)
[山]中山仁斗2(1分、45分+1)
<警告>
[熊]嶋田慎太郎(22分)、巻誠一郎(88分)
[山]北谷史孝(20分)、三幸秀稔(51分)
観衆:6,731人
主審:大坪博和
副審:竹田明弘、鈴木規志


20160409山口

試合中、「これはちゃんと山口をスカウティングしていたんだろうか?」と首を傾げたくなりました。ファンレベルのわれわれでさえ、山口が短いパスを繋いで攻撃に一気に人数をかけてくることぐらい知っている。それに対して、なすすべなく後手に回る熊本。

前節のエントリーでは、ちょっと清川監督に厳しいことを書きましたが、熊本蹴球通信のマッチプレビューでは、この山口戦を前にして清川監督は、「去年から選手もあまり変わっていないようだし、つなぐサッカーをやり通してきている。周りの選手が分かって動き出していて、流動的。身体が自然に動いているので、慌ててしまうと後手後手になっていく。行ける時には厳しく行って、相手のやりたい事に制限をかけたい」と、まさにその通りで、決してスカウティングが出来ていないことではない。では、何故にその悪い事態を招いてしまったのか。スカウティングビデオは今季誰が作っているのか。それによるミーティングと対策は?前節、ベンチワークと書いたように、これは監督だけでなく、3Sという首脳陣全員、そしてそれを支えるスタッフ全員の責任のような気もします。

「慌てて」という意味では、立ち上がりのいきなりの失点が、選手たちをそうさせてしまったのでしょうか。電光掲示板の時計が、まだ1分を数えない時間でした。熊本にとっては右サイドからの山口のスローイン。短く繋いでバイタルを崩すと福満が正面から強烈シュート。GK佐藤がこれを弾いたところに中山に詰められました。山口のパス回しに熊本の選手は全く対処できず。最後は詰めた黒木も交わされて。

戦前の選手たちの言葉、「つながせるところはつながせる」(平繁龍一)、「最終的に入ってくるところの“狙いのパス”を摘んでいければ問題ないかなと思う」(上村周平)から察するに、そういう戦術だったのか。いや、井芹さんも今度は試合後のマッチレビュー(熊本蹴球通信)で書いているとおり、「立ち上がり早々の失点で『飛び込んではまずい』という意識も働い」たのか。試合後の監督インタビューでは、「プレスをかけるということは伝えています」と応えていますが、今日の熊本の守備は2列のブロックを敷いて、いつものようにはボールを取りにいかないように見えた。逆に山口の方が前からプレスを掛け、球際強く奪っていく。われわれがやりたいサッカーを山口にやられてしまった。

早い失点でしたが、熊本も前半の半ば頃にはチャンスを作り始める。嶋田がドリブルで敵をひきつけて、左から上がってきた黒木にパス。黒木の強烈シュートはGKがクリア。黒木のモビリティは、山口も苦しめます。

しかし、「相手のボランチが2人とも引いたときに、前へ出るかとどまるか駆け引きしたが、うまく捕まえきれなかった」(熊日)と高柳が言うように、山口の攻撃を組み立てる庄司と三幸をフリーにさせると、攻撃をクリアしてもまた山口に拾われ、パスを出してもカットされる。特に、足元で待つパスを後ろからカットされては、危ない場面を作られるシーンに、スタンドからも「後ろ!後ろ!」という声が飛びます。

前半終盤、GK佐藤からのキックを清武が収めてパスを出すと平繁がPエリアに侵入。しかしシュートはGKに阻止される。そのあと、アディッショナルタイムに入った時間帯でした。1点目と同じような展開。山口がスローインからまた短く繋いで島屋に入れるとPエリア左から角度をつけてシュート。これを佐藤が横っ飛び触って出そうとしましたが、右に詰めていたのはまたしても中山。ふかすことなくゴールに突き刺します。熊本にとっては、なんとも残念な時間帯での追加失点でした。

熊本は後半メンバーを代えませんでしたが、ハーフタイムでは戦術面の修正が図られたのではないでしょうか。そして清川監督は「自分達からパワーを出さなければ、この2点ははね返せない。信頼している。45分しっかりやろう」と選手たちを送り出しました。清武が胸のエンブレムを何度もたたく。スカパーでは解説者の松岡康暢氏が「2-0はサッカーでは一番怖い点差。立ち上がりで取れればわからない」と言う。そのとおり。

その後半開始早々でした。左サイド奥で得たFK。清武の右足から放たれたボールはニア。飛び込んだ平繁がブラインドになってGKがこぼす。これが平繁の身体に当たってゴールに転がります。まず幸先よく1点返した!

続いても左から嶋田のクロスに平繁がシュート。これはGKがクリアするも、熊本は前半とうって変わって、守備をセットして待つのではなく、激しくプレスに行き始めました。

しかし、2-0から1点返された山口の選手たちに、慌てた様子は見られませんでした。戦前「熊本はボールを取りに来てくれるのでやりやすいところもある」(スカパー)と敵将・上野監督が不敵なことを言っていたように。63分には右から作って星のシュートを、また佐藤がクリアしたところに中山が詰めてきましたが、その前で藏川が足を出してCKに逃れます。危ない。3点目は許せない。

この日の気温から選手たちの消耗も激しい。熊本は中盤の運動量を上げるために上村。そして昨季J3で山口を苦しめた齋藤と2枚替えのカードを切る。78分には岡本を下げて前線に巻。

上村こそ、狙いすましたインターセプトから気の効いたパスを出し、次は回り込んでの攻撃と、攻撃を活性化させましたが、同時に入った齋藤は、ファーストプレイでDF裏に飛び出しPエリアでDFと競いあったものの、その後は意気消沈したように良いプレーが出ない。活かされない。どうしたのか。

頼みの黒木も、兄恭平をストッパーに入れられて苦戦すると、アディショナルタイムは4分。清武のロングスローからニアでこぼれて、そのクリアを拾った上村の抑えたミドルシュートを、黒木が角度を変えようとヘディングしましたが枠の左。好機を活かせず、残念ながら主審が終了の長い笛を吹きました。

うーむ。残念な敗戦です。しかし、この試合についての疑問点は、冒頭に書いたとおりで、選手たちがどんなイメージで試合に入っていったのかというところに尽きる。試合後、挨拶に来た選手たちに、スタンドから野次や怒号も飛んでいたようですが、それにもちょっと違和感が…。ましてやスカパーでは試合途中、「もう連敗は許されない試合!」と実況の山崎アナが叫んでいましたが、「もう」とはどこからくる感覚なのか。

確かに敗戦は悔しいし残念です。そして連敗ということも。もちろんわれわれもガッカリしています。しかし、敢えて言うなら”連敗は避けたい試合だった”というような状況ではなかったかと。結果は残念ながら力及ばず敗戦となりましたが・・・。

あの最下位に苦しんでいた昨季。どん底の選手たちを鼓舞するようにひとつのチャントをずっと歌い続けた、われわれの誇らしいゴール裏はどうしたんでしょう。スタートダッシュに成功して、一時単独首位に立ったことで、ファンもサポーターも、周りのマスコミも、少し“感覚”がズレてしまったのでは…。

次節はアウェイで京都と対戦。2勝4分1敗、順位は10位と苦しんではいますが、熊本にとってはあまり良い印象のない、どちらかと言えば相性は悪い。けれど、このリーグに簡単に勝てる相手などいないと同時に、最初から負けと決まっている相手もいない。

7節にして順位は5位。上等です。長いシーズン、今日のように思うようにいかないゲームもある。どんな時にもわれわれのホームチームを、選手たちを信じていこうじゃないですか。チームには、今日の敗因を省み、相手を上回るスカウティングと戦術的修正、自分たちの強みを前面に押し出した戦いを望みます。まだまだリーグ戦は長い戦いです。

【J2第6節】(うまスタ)
熊本 0-2(前半0-0)清水
<得点者>
[清]大前元紀2(72分、74分)
<警告>
[清]大前元紀(84分)
観衆:9,727人
主審:柿沼亨
副審:村井良輔、小曽根潮


負けてしまいました。この相手に勝てれば大いに自信になる。そういう対戦だったのですが、結果は初めての複数失点であり、そして完封負け。

しかし、彼我の差がこの点差ほどあったかとも思えない。一見、エース大前の個人技にやられたようにも思えますが、実際は”総合力”の差による敗戦だったと思えます。

「勝っているからといって選手を固定しない」という清川監督、この試合は、前節途中出場を果たしたキムテヨンをボランチの一角に先発で据えてきました。清水のサイドハーフには、2年前に熊本でJデビューした澤田。

20160403清水

今日も熊本の入りは良かった。開始2分、GK佐藤からのボールを巧みにトラップした清武が前を向くと、DFの頭を越えるパス。平繁のヘッドはうまく合わずゴールの左へ。

9分にも清武がエリア右奥で受けると折り返し、ニアに平繁が入るが押し込めず。GKが弾いたボールに嶋田が詰めるが枠の上。

11分にも、清水の攻撃を凌いでからのカウンター。平繁から清武。エリア内に味方も上がってきたが、清武は自分で切り返してDFを交わすと撃つ。しかし枠外。

このあと20分過ぎからは清水が息を吹き返す。清水のクロスを何度も撥ね返し続け、最後は六平の強烈ミドル。これを身体を投げ出すようにヘディングでクリアしたのは黒木。

熊本もいつもように粘り強く守り、そして切り替え早く攻撃に転じる。どちらかというと熊本が押し気味で前半を終えます。

先手を打ってきたのは熊本の清川監督の方でした。後半から嶋田に代えて巻を投入。「高さを入れてのセカンドボール(回収)から、マイボールにできる時間を作りたい」(九州J-PARK)という意図で、試合を動かそうとしました。

その巻の存在感を相手に十分意識させたのは49分。清武の左からのアーリークロスにゴール前の巻。ちょっと下がりながらのヘディングは惜しくも枠の上を越えます。

その後、春の曇り空が我慢しきれずに雨を降らせてくると、ピッチが濡れてくる。そして59分、清水が澤田を諦め、俊足FWの村田を入れてきた。ここから試合がガラッと清水側に転がります。

村田のスピードに手こずる熊本の左サイド。そしてミッチェルデュークの体躯を活かした前線からのディフェンス、あるいはポストプレーにも懐に飛び込めない。奪えない。テンポが上がった清水の攻撃。カウンターをなんとか止めていたのですが・・・。

63分に上村が痛んで中山に交代。今日の上村はまさに獅子奮迅の働きでした。このアクシデント交代がまた試合の流れを変え、清水の勢いを加速させたように思います。

72分、清水の右サイド。ミッチェルデュークがワンタッチヒールで右サイド奥のスペースにボールを出すと、一気に村田が突破。ゴールラインぎりぎりから折り返すと、ファーに走り込んだ大前がスライディングで押し込む。失点。

下を向く間もない続く2分後にも、ミッチェルデュークのキープから左。アーリークロスをゴール前で大前が納めると、付いていた植田、園田、両CBを振り切って反転するとゴールにねじ込まれます。あっという間の2失点でした。やはり大前。

熊本がジョーカー齋藤のカードを切ったのは77分でしたが、この展開、この相手に対して2点ビハインドを撥ね返すには遅すぎましたし、今日のチームのギアはシフトアップしませんでした。

アディッショナルタイムは6分もあったのですが、最後のFK、清武からのキックに、ファーの植田のヘッドが揺らしたのは残念ながらサイドネット。一矢報いることもできず万事休止ました。

「(前半)バタバタしたと思うんですけど、そこを上手く乗り越えたのが良かった」と敵将・小林監督は言いました。後半は、「(村田)和哉のコンディションが良かったのもありますけど、少し(熊本の)守備がゆるくなったところをうまく衝けた」と。

うーん、確かにわれわれからすれば前半決めるべきところで決め切れなかったし、後半村田を入れられたあとにダイナモの上村を失い、テヨンも疲れが見えはじめた。

清川監督は「選手交代で後手に回ったのは自分の経験不足」(4日付・熊日)と反省を口にする。確かに開幕戦と同じように、ジョーカー齋藤投入は、随分じれったいものでしたが、その前に上村に代えてそこに入れるのが中山という選択でよかったのか、それは守備だったのか攻撃だったのか。何も変化しなかっただけに、「後手」という意味とは別に、ちょっとベンチワークに首を傾げるところがありました。

課題である後半の試合運びという意味では、選手のハードワークの維持はもちろん、チームとしての意思統一、そのうえでベンチが切っていくカードがより重要なわけで…。

清水は、というより小林監督は前述のコメントのように、劣勢と言えるような展開のなかでも、しっかりと駒を進め、試合をものにした。やはりこの人の経験からくる指揮には一目置かざるを得ない。選手ひとり一人の使い方を熟知したうえで、試合展開を引き寄せていく。負けや引き分け試合を勝ちに引き寄せていく。

もちろんこの試合、2点を決めたのは個人技にも優れる大前。しかし、展開を変えたのは村田であり、しかし常にわれわれを苦しめ、実はその存在感を示していたのはオーストラリア代表のミッチェルデュークの献身的ともいえる運動量とその技術だったように思います。

冒頭”総合力”に屈したと書いたのは、悔しながらもその選手層の差。そして残念ながら指揮官の経験値の差が勝敗を分けてしまった試合のように感じたからでした。ただ同時に書いたように、点差ほどに感じたわけではないということも・・・。決してその差は越えられない壁ではないということも。

次の試合。連敗しないことが大事。この試合を終えて選手の誰もが口にする。GKの佐藤が言う。「次の試合が真価を問われると思います。ここでバタバタしてしまったり、切り替えができずにズルズルと負けてしまったりということがないように、次の試合もホームで戦えるので、自分たちの戦う姿勢を皆さんに見てもらいたいですし、それを結果につなげたい」と。

この日のうまスタには1万人近いファンが詰めかけました。これと言って動員があったわけでもないのですが…。対戦相手が清水だったこともあったのか。あるいは、今シーズンからクラブはマーケティング部を新設して、グッズやチケットの販促を戦略的に取り組んでいくとのことでしたが、早速、それが効果を表しているのか。しかし、スタンドを見回してみると、やはりチームの好調さがジワリとファン層に厚みをもたらしているような気がします。

もちろん、連敗は避けたい。次の試合が大事。しかし、逆に選手たちに変なプレシャーがかかるのは良くない。次もホーム戦。チームが普段どおりの力を発揮できるように。今日のスタジアムの雰囲気に、さらに数を増して応援していきたいですね。