9月24日(日)
【J2第34節】(NDスタ)
山形 0-1(前半0-0)熊本
<得点者>
[熊]安柄俊(89分)
<警告>
[山]荒堀謙次(68分)
[熊]嶋田慎太郎(56分)、植田龍仁朗(84分)
観衆:5,877人
主審:塚田智宏


試合直前の先週22日に配信された熊日の「がんばれロアッソ熊本!」の記事を読んで、暗たんとした気持ちになりました。「山形戦前の囲み取材で、池谷友良監督が苦々しい表情を浮かべた」「22日に取り組んだ紅白戦の内容。ゴール前で待ち構えるFW陣へサイドからのクロスがピンポイントで合わず、クロスが入ってもいい形でのシュートにはならなかった」とあったからです。

前節のエントリーでわれわれも「最後のクロスの精度が甘い」と嘆きました。くだんの野島記者は「試合日までに少しでも物にしたいところだ」とも書いていますが、不安がつのったのはわれわれだけではなかったと思います。

しかし、蓋を開けてみれば…。左WBの片山からのアーリークロスが安にピタリと上がったのも2度、3度。そして決勝点を決めたのも、代わって入った田中からのピンポイントのクロスでした。

山形との前回対戦は3月。あの劇的なGK佐藤のヘディングで同点に追いついた。もう遠い昔のような気がします。山形は現在12位。5試合連続引分けで、6試合勝利から遠ざかっている。なんだかそういう相手がこのところ多い(笑)。

20170924山形

ゲーム序盤は山形に押し込まれました。いきなりのSB高木のシュート。FW阪野のヘッドなどでゴールを脅かされる。その後もボールを持たれ続け、自陣にくぎ付けにされました。

しかし15分あたりから熊本も徐々に反撃に。相手ボランチへの厳しいプレスで前を向かせないと、山形はDFラインからアバウトな長いパスしか出せない。サイドは主に片山を使っていくが、古巣対決で気合の入った園田が、積極的に上がってサポートしている面も大きい。

29分、小谷から右奥への長いボール。安が前を向いて一人交わすと中の嶋田へ。嶋田は一人交わそうとしましたが、後ろから入られて決定機は潰される。

しかし、“いい守備”からの攻撃。熊本のカラーが出ていた場面でした。

中盤で奪ってボールが運べるようになった熊本。ハーフタイムでの山形・木山監督の“修正”が不気味でしたが、初っ端のCK、中央で反らしてファー鈴木のシュートは枠の上。

これを凌ぐと、戦況は一進一退。ホームで勝ちたい山形は攻勢を強めますが、熊本も球際の激しさを緩めない。1点勝負の堅い展開に、われわれも心臓の鼓動が速まります。

好守にわたって相当の運動量を誇った中山が“落ちて”きたとみるや、菅沼を投入する熊本。山形も松岡に代えてドルブルに定評のある汰木を入れてくる。

残り15分を切るころにはオープンな展開に。81分、山形のスローイン。バイタルを襲うと熊本のクリアが小さく、Pエリア内で瀬沼が強烈なボレーシュート。間一髪、GK畑が好セーブ。

最終盤、両者ともに苦しい時間帯。このまま敵地で勝ち点1でも仕方ないかいう思いも頭をよぎりました。しかし、DAZN解説の越智氏が言うように「山形の方が重たい」感じもした。アディッショナルタイムに入ろうかとする89分でした。

片山に代わって左に入っていた田中がクロスをいれるがクリアされる。拾ってまた田中に回すと、切り替えして再びクロス。ニアへの低く速いボールに飛び込んだ安。難しい角度で反らしたヘディングシュートが、山形のゴール右に吸い込まれました。クロスの質も良かったし、安の技術も優った。

瞬間、喜びで爆発したような熊本ベンチ。駆け寄る安をしっかり“熱く”抱きしめるのは北嶋コーチ。

「ここ数試合、守備陣が踏ん張っていたんで、得点が取れてうれしい。今日のゴールは、コーチの北嶋さんにクロスの入り方をコーチされていたんで、キタジさんに感謝したい」と、DAZNのインタビューで安も答えた。

好アシストの田中も、「全体練習後に、2人でクロスボールの自主練習を毎日続けてきた。多いときは30、40本クロスを蹴ってきた」(熊日)と明かす。

冒頭のわれわれの心配を吹き飛ばすように、地道な練習に裏打ちされたコンビプレーが実を結んだのでした。

迎えたアディッショナルタイム。山形はパワープレー。アーリークロスに途中出場のDF荒堀が頭で合わせますが、これもGK畑がクリア。今日も守護神の再三に渡るビッグセーブが、クリーンシートに導きました。

まさに“虎の子の1点”を守り切りましたね。少し前の時間に終了した試合で、山口が松本を下していただけに、尻に火かついた気分でしたが、勝ち点差5のままにできました。目標とする勝ち点40までは、あと7。

NDスタにこだまする勝利の凱歌「カモンロッソ」。実に8試合ぶりでした。

「これで選手たちのストレスが吹っ切れて、やってくれるんじゃないかと期待している」と、指揮官はDAZNのインタビューで言う。負けられないゲームは続きますが、この勝利を勢いに代えて、次節はホームでも「カモンロッソ」を見たいものです。

9月18日(月)
【J2第33節】(えがおS)
熊本 1-1(前半0-0)福岡
<得点者>
[熊]嶋田慎太郎(73分)
[福]ウォン・ドゥジェ(69分)
<警告>
[熊]園田拓也(86分)
[福]岩下敬輔(64分)、亀川諒史(88分)
観衆:5,202人
主審:三上正一郎


その瞬間、思わず椅子から腰が浮きました。時計は後半アディッショナルタイム。もうほとんど時間がない。最後に両チーム、オープンになった展開のなかで、中盤のチェイスから嶋田が拾って左へ運んで奥から柔らかいクロスを上げた。ゴール前にはグスタボ。ヘディングは、しかし、バーに当たると直下に落ちる。ゴールは認められず、勝ち越しを逃しました。

20170918福岡

台風18号の影響で、1日延期になったこの試合。熊本は安と嶋田の2トップで臨みました。「前に2枚置いて、オーガナイズを変えたなかで先制できれば」(熊本蹴球通信)というのが池谷監督の狙い。入場時は、前節で右膝前十字靭帯を損傷し6カ月の加療が必要となって戦列を外れる村上を思い、全員が背番号6のユニフォームを上から羽織って気持ちを統一。勝利を目指します。

しかし蓋を開けてみれば、思いのほか守備がはまらない。

福岡はウェリントンが、前節の愛媛戦での悪質行為で2試合の出場停止。これが発表されたのが15日。「(ウェリントン)対策でスタートしたので少し拍子抜けした部分はありますけど、逆に嫌なタイプが来た」(熊本蹴球通信・池谷監督)という面もあるかも知れません。前線には仲川、坂田。2列目に石津と山瀬。5試合勝利から遠ざかっている福岡。すでに長崎が大分を下して暫定2位に浮上していた。ここで熊本にしっかりと勝利して自動昇格圏の2位を取り戻しておきたいという気持ちは強かったでしょう。サポーターも多くが駆けつけ、ゴール裏を青く染めました。

前半は全くボールを保持できない時間帯が続きます。福岡の大きなサイドチェンジが続き、スライドで走らせられる。

前半唯一のシュートは、左45度からの安のFK。低い弾道で壁の右を通過するもGK杉山のパンチングに阻まれました。

前半を終えてすぐのDAZNのインタビューで「ランニングが必要になってくる。脇を取られているので若干の修正が必要」と語った池谷監督。後半から2トップを止めて、これまでの5-4-1に戻します。その効果もあって、熊本もセカンドボールが拾えるようになり、ボールを縦に入れ、カウンターの形も増えてきた。

58分のカウンター。中山から右の嶋田へ。嶋田が中央PA内の安にパスすると、更に詰める。安のトラップを入れ替わって奪うように近距離からシュート。これはGKにクリアされます。惜しい。

しかし逆に69分。福岡は途中交代のジウシーニョが、スローインを右サイド奥で粘ってマイナス角度でニアに入れると、上がってきたウォン・ドゥジェが右45度から打つ。植田が足を出して当てたものの、これが逆に災いして、ボールは高く上がってGK畑、DF小谷の頭を越え、ゴール左隅に吸い込まれてしまう。後半も半ばを過ぎた嫌な時間に痛い失点。

ただ熊本もすぐに取り返す。サイドチェンジぎみに左の片山にパスが通ると、中の状況を見極めた片山が持ち直してドリブル。これをジウシーニョが倒して得たPKでした。

嶋田がボールを持って離さない。ちょっと助走が短かすぎないかと心配したのですが、GKの逆を突き、鋭いゴールを決めます。同点。

一気に勢いづいた熊本に反して、福岡は三門に代えて前線に松田を入れて”勝ち越したい”。ここから、5試合勝てていない福岡のメンタルがマイナスに働いた面もあるかも知れません。

熊本は片山に代わって入ったアビスパの下部組織育ちの光永が、挨拶代わりのように左サイドを抉り、DFを交わして躍動。しかし、片山もそうでしたが、どうも最後のクロスの精度が甘い。

そして最後はオープンな展開のなか、冒頭書いたような決定機を外すと、熊本vs福岡戦、バトルオブ九州の一戦は、ドローに終わりました。

後半、かなり攻勢を得た時間帯もあったのですが、90分間を通してみたら、両者の今を象徴するような内容、結果ではなかったかと。

ただ指揮官は、「押し込むことは後半できていたので。最後まで走るとか戦うとか、そういうところはできるようになって、上のチームとやっても粘り強く戦えるようになったことは、自信として持っていきたい」(熊本蹴球通信)と言う。引き分けが続くなかでも、「どっちに転ぶかというゲームも多いので、そういうゲームがやれていることをプラスにとらえたい」と。

この積み上げた勝ち点1で、足踏みした19位讃岐との差は1に縮まり、下の山口とは5の差に広げました。前節のエントリーで書いたように、まさにこの状況では勝ち点1を積み重ねるサッカーがベースになるということ、そのものでした。

われわれにしては、PKとはいえ、久しぶりに自チームの得点が見られ、そのときにタオルマフラーを思い切り振れたのは、何よりの”吹っ切れ”感がありました。得点は何よりの”良薬”かも知れない。

しかし、指揮官は記者に問われて改めて応えます。「選手とも確認しているのは、残り9試合も最後まで(この状況は)続く」のだと。

それはすでにわれわれも覚悟を決めたこと。この試合の勝ち点1を見届けて、スタンドに挨拶に来た選手たちに、大いに拍手を送ったものでした。“次は勝てるぞ”、“絶対に負けないぞ”、という応援の気持ちを含めて。

9月10日(日)
【J2第32節】(ピカスタ)
讃岐 0-0(前半0-0)熊本
<警告>
[熊]三鬼海(74分)
観衆:3,208人
主審:野田祐樹


否が応でもモチベーションが高まる試合でした。勝ち点2差で上を行く讃岐との直接対決。更には前日の敗戦で金沢も足踏みしたので、この試合で勝利すれば一気に順位は2つ上がる。

しかし、結果はスコアレスドロー。DAZNの実況も、休刊日明けの熊日も「痛み分け」と言いますが、酷な言い方をすればこの引き分けの意味はふたつある。讃岐にとってはこれで7試合負けなし。一方の熊本にとっては6試合勝ちなしと言われるということ。

熊本はかなり選手を入れ替えて臨みました。ボランチに木村。黒木を左に回して右のWBには田中。シャドーに中山と嶋田。

20170910讃岐

讃岐にとって熊本は1勝2分4敗と、分が悪い。しかし、好調の今だからこそ、この”因縁深い”熊本を倒したかったでしょう。そういう敵将・北野監督の「過剰に意識した部分」(熊本蹴球通信)が出るカード。だからなのか、試合直後のDAZNのインタビューには、「勝ちゲームであり負けゲームであった」と、憮然として応えました。

確かに試合前のDAZNのインタビューで北野監督が「池谷さんは相手の良いところを消してくる」と予測していたように、熊本は讃岐の勢いある攻撃を抑えにいきました。特に”熊本キラー”ともいえる原に仕事をさせなかった。

攻撃も12分頃の安の遠目のFKがワンバウンドで枠をかすめたときは、”今日は行ける”という感じがしたし、26分頃には田中がワンツーで右サイドを駆け上がってのクロス。これをファーから上がった黒木が切り返して撃ったシュートは、実況も「入ったか」と叫んだほどでしたが、アランに阻まれました。

32分頃には右サイド遠目からのFKを園田がゴール前に送ると、アランと入れ替わるように中山がGKの前で触って反らした。ボールはゴールに向かっていましたが、アランが戻って描き出します。いずれにせよゴールまであと一歩というところ。

一方、38分の讃岐は熊本ゴール前の原に向かってロングボールを送ると、下がってクリアしようとした村上がGK畑と交錯。クリアしたボール、無人のゴールをヘディングで狙われますが、園田が戻って撥ね返す。しかし、これで村上が痛んでしまって小谷と交代。素早い指揮官の判断でした。

ハーフタイムに北野監督がどんな檄を飛ばしたのかはわかりませんが、前半あれほどあったスペースが縮まり、セカンド争いも熾烈になってきました。当初は中山、嶋田がボールに触るシーンが増えてきたと感じていましたが、徐々にアタッキングサードで出しどころがなくなる”いつもの”展開に。前半の自分たちの時間帯に点が取れていれば、という反省の言葉もいつもどおりです。

「ゴールエリア内でも動き回り、パスの出し手、受け手以外の3番目の人が出てこないと、こじ開けられない」(熊日・三鬼)と、選手自身も分かっているのですが・・・。

熊日・樋口記者は、「相手のゴール前に入り込む選手は1、2人止まり。攻撃の迫力、スピードいずれも足りない」と評しました。確かに重心がどうも後ろにある感じがするのは、まず池谷監督就任後に着手した守備の構築のところで、帰陣を早くし、ポジションニングの”曖昧さ”をなくすことを徹底したことが、まだ”ここぞ”というところで行くという、攻守切り替えの速さのバランスを欠いているのかも知れない。そして、今置かれた現状で「先に失点をしたくない」という意識が、そうさせたているのもあるでしょう。それは讃岐の方にも感じられ、なんとも堅いゲームになりました。

起用する選手が確かに持ち味は出すものの、それが試合毎には相手もあって、全体としてうまく相手に”はまらない”というジレンマも監督にはあるかも知れません。今日も、安が中盤に落ちてきたときに、そのスペースに八久保なら入っていただろうという場面がありました。

熊日には、6試合無得点を踏まえ、見出しで「ゴールへの執念どこに」と煽り、「池谷監督は『最低限の結果』と厳しい表情で振り返った」と書いてありました。

確かに”最低限”の結果でしかなかった。しかしゼロではなく1であったことは、熊本蹴球通信で井芹さんが書くように、降格圏の山口との差を1試合以上に広げ、まだ次節で金沢と讃岐を抜くことができる位置にしているということ。この状況では勝ち点1を積み重ねるサッカーがベースになりはしないかと。

今節も群馬が千葉に完封勝利を納めたように、戦う前からの勝ち点計算など無意味なこのリーグ。この勝ち点1を強くかみ締め、次節福岡に向かっていくのみです。


2017.09.05 町田戦。連敗
9月2日(土)
【J2第31節】(えがおS)
熊本 0-1(前半0-1)町田
<得点者>
[町]戸島章(8分)
<警告>
[熊]三鬼海(76分)
[町]深津康太(28分)、増田繁人(51分)、谷澤達也(70分)、鈴木孝司(89分)、吉田眞紀人(90分+3)
観衆:3,944人


われわれの下手な文章をどんなに綴るよりも、勝利こそ「拍手」数に影響するというのは百も承知ですが、そんななかでも毎回「拍手コメント」を送っていただく“ゆうらん”さん、ありがとうございます。

また負けてしまいました。

今節の0-1は、力の差どおりの点差でした。同点に迫る攻撃も見せたのですが、逆転できるほどの勢いはありませんでした。これで5試合得点もなし。ゴールが遠い。

負け試合のシーンを細かく書いてもしょうがないので、今週も簡潔に振り返ります。

20170902町田

これまでの「入りの悪さ」を払しょくするようなスタートではありましたが、それが持続しない。ボールサイドに人数を掛けてくる町田に対して、大きなサイドチェンジでスペースを突くという意図は、最初から感じられましたが、片山が相手に入れ替わられたあたりから、様子がおかしくなってきました。

「やはり早めにクロスを入れてくるな」と思っていると、右サイドで作って入れたクロスが、この日の強風に煽られてGK畑はパンチングで逃れる。それを左サイドで作りなおして井上が入れ直すと、中央で長身の戸島がほぼフリーの状態でヘディング。ゴールに転がり込みます。DFラインを上げ切れていませんでした。

早々と失点。

しかし、普通なら「まだ十分時間はある」と考えるものですが、今の熊本のメンタルではそう思えなかったのか。「1点がかなりビハインドとしては重い感じになったゲームだった」(熊本蹴球通信)と池谷監督は言う。

ただ、前半も左サイドをえぐった片山からのクロスのクリアを拾った黒木が中央で撃つ。DFに当たったこぼれ球を安が拾ってGKと1対1。これはGK高原のビッグセーブというシーン。あるいは後半も、スローインから巻が繋いで、ニアの安が反転してシュート。こぼれをファーの片山がシュート。このGKブロックの跳ね返りを上里が放ったヘディング。これはゴールマウスに立っていたフィールドプレーヤーに跳ね返されたシーンなど、冒頭書いたように、同点に迫る決定機もいくつかあったのですが…。

指揮官は、「攻撃の3分の1に入っていったときの冷静さや余裕が無い」(同)と悔やみますが、それよりわれわれが問題視したいのは、サイドからアタッキングサードに運んでからの手詰まり感。町田が次々に入れ代わり立ち代わり選手がスペースに動いて崩す、いわば身体が覚えているようなオートマティズムを見せるのに対して、熊本は動かず足元のパスを求めるので楽に奪われてしまう。ここに点差どおりの“差”がありました。

この部分を選手たちのアイデア任せにしていては苦しい。練習で出来ないことが試合で出来るとしたら、それはまったくの幸運でしかないわけで…。

監督交代からまず守備の再構築から取り掛かったので、そこには“ツケ”が回っているのかも知れませんが。

ただ、もはやこの時期。「点が取れないという中で、攻撃にテーマにシフトするのかどうかという課題もあるんですけど、この1週間、もう一度、守備の湧き出てくるようなパワーというものを呼び起していきたい」(同)という指揮官の言葉には賛成です。この試合もセカンドボール争いでことごとく負けていましたので。

そして、順位が近い他チームとの勝ち点差を今日はくどくど書きませんが、「一つ、二つ勝てば抜け出せるということではなくて、残り11試合、最後まで厳しい状況の中でやっていく」(同・池谷監督)という言葉にも賛成します。

ただ、「逆にそういう部分を楽しんでいけるような」(同)という気分には、われわれファンはなれませんけれど…(笑)。