10月1日(日)
【J2第35節】(えがおS)
熊本 2-1(前半2-0)愛媛
<得点者>
[熊]嶋田慎太郎(17分)、小谷祐喜(22分)
[愛]三原向平(68分)
<警告>
[熊]嶋田慎太郎(86分)
観衆:4,005人
主審:西山貴生


連勝は、今季ようやく2度目だというのですから、どれほど厳しくつらいシーズンかがわかるというものです。愛媛との前回対戦は4月。今シーズン初めての4連敗を喫した試合でもありました。

今節は、村上の負傷以来、3バックの真ん中を担っていた植田が累積警告で出場停止。池谷監督は、直前まで木村、上原を代わる代わる試して悩んでいたようですが、結局先発には上原を起用しました。

上原にとっても初めてのポジションだったようですが、なかなかどうして、器用に、そしてしっかりとこなしました。これは単なる“代役”に止まらない、新しい組み合わせの発見かもしれません。まぁ、久しぶりの90分だったこともあって、最後に足を攣ってしまったのはご愛嬌というところでしょうか。

20171001愛媛

試合前のDAZNのインタビューで、対戦相手のことを問われて「オーガナイズが似ているチーム」と池谷監督が答え、愛媛・間瀬監督も「攻守のコンセプトが似ている」と述べていて興味深い。

熊本は開始早々から飛ばします。スローインを回り込んで奪った中山が、右サイドをえぐってクロス。安のヘディングは直前にDFがブロック。8分にも安が落として嶋田が持ち上がり、中山がエリア侵入。左足を振りましたがGKにクリアされる。中山の執拗なプレスは身上ですが、それに嶋田、三鬼、上村も加わって愛媛を前に向かせない。高い位置で奪うと次々にショートカウンターを浴びせ、スタジアムを沸かせます。

相手ボールホルダーへの素早い出足。それは“後ろを信じてプレスに行く”という感じ。交わされてもいい、後ろを信じていると…。

すると17分。三鬼の得意のノールックパスが縦に入ると、中山がすかさずDFライン間に走り込んだ嶋田にスルーパス。少し浮きぎみでしたが、これを嶋田が絶妙にトラップしてDFの裏を取ると、両手を広げたGKパク・ソンスをあざ笑うかのようにニアサイドを抜いて流し込みました。先制点!

その後も“受け”に回らなかった熊本。22分には安のボレーシュートで得たCKのチャンスに、三鬼がインスイングのボールを送ると、ニアサイドのDFの間から小谷が頭を出して突き刺す。追加点を奪います。

ほとんど危ない場面を作らせない完璧な守備、そこからくる攻撃での2点先取で前半を終えます。

しかし、後半は逆に愛媛の一方的な攻勢。プレス、球際とも愛媛が上回ってきた。愛媛が前半の熊本と同じことをしてきたと言っていいでしょう。前を向かせない。

さらに59分にアクセントとしての安田、66分には前線に有田を加えると、熊本も我慢の限界でした。河原が1度シュートモーションを掛けて左にはたくと、白井がダイレクトでクロスを入れる。大外のブラインドから三原がダイビングヘッドで入り込んだ。1点差に迫ります。「オーガナイズのところで混乱した」(DAZN)と指揮官も悔やむ。

選手交代で流れを変えたい熊本でしたが、上原が足を攣って光永と交代の用意。しかし小谷も痛んで一旦ストップ。結果的には園田に代えて光永。このあたりは、難しいベンチワークを迫られました。

終盤のきつい時間帯。踏ん張れた方に勝利の女神がほほ笑む。巻が入るとひときわ大きな拍手。最後は頼れる男の登場。

アディッショナルタイムの4分も愛媛が拾い続けて波状攻撃。最後の最後に来たチャンス。途中出場の田中のカウンター。右サイドをドリブルで運んで一人交わしてのシュートは枠の左。そして終了の笛が吹かれると、多くの選手たちが崩れるように膝を着きました。

互いのことを「似ている」と分析していた両監督。敗戦の将・間瀬監督は、「ゲームの入りに熊本の選手たちが本当に素晴らしい攻撃と守備、守備ではプレス、球際、セカンドボール、攻撃ではつなぎ、飛び出しというものを本当に思い切ってやった」「あの時間帯に上回られたことがこのゲームのほとんどすべてを決めた」(熊本蹴球通信)と言う。

しかし一方で、まるで野球の表と裏のように後半は愛媛がそれを上回る。“似ている”だけに、“上回った”わずかな差が、勝敗を分けた。そんな試合ではなかったでしょうか。

熊本は逃げ切って勝ち点を36に積み上げ、足踏みした降格圏・山口との差を8に広げました。順位も金沢、讃岐を抜いて18位に浮上。「ふーぅ」と息を吐きたいところですが・・・。

しかし、池谷監督が「この状況は最後まで続く」と言っていたように、一喜一憂せず、目の前の1戦1戦を戦い続けなければいけない。それが今シーズンでしょう。