FC2ブログ
いつかはこんな日が来るだろうと思っていましたが、まさかこんな形で池谷氏が熊本を去ることになるとは思ってもいませんでした。ただ、6月の監督就任時の、「前回の”監督代行”のときとは違う」という永田会長の言葉や、「覚悟を持って」という池谷氏の決意を思い出すと、最終節のあの最悪な結末。もしかしたらと思わないでもなかった。

井芹さんの熊本蹴球通信に、永田会長の会見の全文が書き起こしてありますが、それによると池谷氏から辞任の申し出があったのは、大分戦当日の夜だという。しかし、「先月の末ぐらいから、彼とは週に1、2回ずつ、ずっと2人きりで話をしており」(永田会長)、「『潮時かな』という感じで」と言いますから、クラブとしてもこの熊本にとっての”貢献者を切る”場面は、実に阿吽の呼吸を必要としたのではないでしょうか。解任ではなく辞任。最低限の名誉は保たれた。

池谷氏が監督として招聘されたのは2004年。ただ、当時熊本にはJリーグチームを作るための「県民運動推進本部」という名の”ビジョン”が存在するだけで、選手どころかスタッフさえも満足にはおらず。プロチームあるいはプロクラブがどうあるべきで、何が必要か。そういったことを知る人材は、熊本にはひとりもいないような状況でした。「騙されたと思った(笑)」といつか池谷氏が言っていましたが、監督に専念するどころか、そういった一つひとつのことから、池谷氏にゆだねられたのです。

ロッソが出来て、それから現在のロアッソに至る歴史をここで今更書きませんが、JFLの初年度にJリーグに”昇格”できなかった時が、今思えば一番の危機でしたね。ファン、サポーターに留まらず県民全体からバッシングを受けた池谷氏。「もう帰ろうかとも思った」とあとで言います。あの頃、ホームチームやクラブは”与えられる”ものではないんだ。クラブと言っても、中身はまだ”スカスカ”なのに。もっとチームを、クラブを後押しして、擁護していかなければ…という思いが、こんな稚拙なブログを始めるきっかけでもありました。

昇格したあとも、クラブ作りに関しては、毎年毎年、足りないピースを埋めるような作業を必要としてきた。逆にいえばそこに関してもクラブは池谷氏の手腕に期待するしかなかった。当然、彼個人のサッカー界での経験や知己に頼らざるを得ない状況が続きました。

そこには色々な意味で”限界”も出てきたでしょうね。当時からの事情をよく知る熊日の上妻記者が、21日付の記事で「時には”池谷商店”とやゆされることもあった」と書いていますが、われわれの知る株主のひとりも、”池谷王国”と酷評していましたし、永田会長の会見でも「『このままじゃ大変なことになるぞ』という方もいらっしゃいました」と証言しています。

J2に入ってからの10年間の総括や、クラブとしての問題点を記者に問われて、「皆さんがご覧になってきているように、ちょっとマンネリ化しているんじゃないのか、とかですね、慣れが出ているんじゃないのかとか、本当の意味での戦う厳しさ、そういうものがちょっと薄れているんじゃないのかとか」感じていたと応えた永田会長。「(池谷氏も)勇退の時期ということを、10年目の区切りということもシーズン前から思っていたみたいです」と言う。

われわれが今心配しているのは、今後サッカー界とのパイプがどうなるかということです。まさしく次の監督は誰を呼べるのか。強化責任者は誰になるのか。全てのことを池谷氏に依存してきただけに、どうなるのか全く想像できない。池谷氏の”覚悟”も察知し、「1ヶ月ほど前から、こういうことももしかしたら想定されるかもしれないということを予感して」「何人かの方がリストアップされて」いたと永田会長は言う。しかし「リストアップはできているけれど、具体的な交渉には至っていない」というのが先週の時点でした。

監督が決まらなければ、強化責任者不在の今、選手の去就も定まらない。チーム作りが完全に出遅れ、来シーズンが見通せないこと。今の熊本は大きな試練にさらされています。

ただ、先の熊日の記事が「池谷氏がいなくなる今後、ここまで築いたものをさらに発展させることができるかは、クラブを取り巻くすべての人々に問われている」と結ばれているように、すべての人々、われわれファン、サポーター、スポンサー企業、行政にも、これを節目に、更にクラブを、チームを発展させることに何ができるかを問うことが、求められているのだと思います。

最後に、われわれからは池谷氏に、このエントリーを捧げます。2010年、柏がJ2に落ちてきて、水前寺で戦ったときのエントリー。当時はGMでした。

池谷GMが熊本に請われて赴任する際に、柏のクラブ幹部から「そこ(熊本)に“サッカー”はあるのか?」と問われたのだと言 います。もしかしたら、その時、GMは答えに窮したかもしれません。しかし、5年余りが経った今日なら、きっと、黄色のサポーターを取り囲むようにぎっしりと詰まった赤いスタジアムを指差しながら、胸を張って答えてくれたことでしょう。「もちろん。ここはサッカーがある街です」と。2010.04.25 柏戦。力の尺度

池谷さん。あなたが育ててくれたチーム、そしてわれわれファン、サポーターもあなたに育ててもらった。クラブ創設以来の試練の時ですが、この“サッカーのある街、熊本”のみんなで乗り切っていきたいと思います。熊本に来てくれて本当にありがとうございました。そして13年間お疲れ様でした。

11月19日(日)
【J2第42節】(大銀ド)
大分 2-1(前半0-0)熊本
<得点者>
[大]清本拓己(86分)、後藤優介(89分)
[熊]菅沼実(65分)
<警告>
[大]鈴木惇(63分)
[熊]中山雄登(45分+1)、三鬼海(58分)、佐藤昭大(77分)
観衆:10,146人
主審:高山啓義


20171119大分

J2の全てのゲームが16時同時にキックオフする最終節。しかし、この日その前に行われたJ3の試合結果で、J2ライセンスを持たない秋田と沼津いずれかが、リーグ戦2試合を残して2位以内が確定したため、J2の21位チームの降格はないということがはっきりしました。

正直、ホッとしたものの、このまま21位のままでは終われない。普通なら自動降格圏内という21位で終わりたくない。他力はあってもまだ19位の目も残した最終節。それはわれわれ熊本の“意地”でもありました。そういう思いが大分・大銀ドームに千人もの赤いサポーターの足を運ばせたのです。

しかし、結果は伴いませんでした。五分五分と言えた前半を折り返すと、後半熊本は嶋田が痛んだのか、菅沼を投入した。これが奏功して65分、クロスの折り返しをPA内でトラップ一発で切り返すと、左足で冷静にゴールに決め込んだ。菅沼らしい、みごとなテクニックで、熊本が先制を果たします。勝てる!その時は、そう確信しました。

だがその後は、その菅沼自身が、「勝っているんだけど攻められている感じがして」(熊本蹴球通信)という展開。「そのなかでも耐えていくしかなかった」()とは池谷監督が言うとおりでしたが、残り時間もわずかのところで守備網が遂に決壊。交代出場の大分・清本にDFラインの裏を突かれ、ボレーシュートを決められる。すると、その3分後には自陣PA内でファールを犯し、PKを後藤に決められ万事休止ます。浮き足だっていた。試合をうまくクローズする力がありませんでした。

「今季を象徴するような試合(負け方)だった」という意見が、われわれの周りにも多い。先制点が取れていれば、という試合を続けながら、いざ先制点を取った試合では、こうもあっさり逆転されてしまう・・・。それよりなにより、この最終節での敗戦で、”自ら”21位に甘んじる結果となってしまいました。

厳しい現実。どうしてここまで熊本は弱くなってしまったのか・・・。

先制点の菅沼は自分に問いかけるように言いました。「僕が開幕スタメンを取って、もっと点を取ってチーム内の競争をできれば良かったけど、何試合かしか出れなかったし、結果も残せなかったという部分で自分の力不足です。出たらやれるという自信は常に持っていましたけど、チャンスがこないのは自分のせいだし。今日負けたことも理由がある」(同)と。

「でもまたJ2でやれるから。もう1回、反省して、足元を見てチャレンジできるから」と、菅沼は続ける。それはJ3の結果ではあるものの、サッカーの神様がくれた熊本への”猶予”なのかも知れない。昨年死に物狂いで頑張ったおかげの、今年与えられた”幸運”なのかもしれない。

だとしたら活かすしかない。

「強くなる、九州で一番だねって、J1がいちばん近いねって、熊本はならないといけないし、なれると思う」。菅沼はそう言い切ります。そうならなければいけない。一年の猶予を貰ったわれわれは・・・。

今シーズンが終わりました。この一年の総括は、じっくりとしなければいけない。そう思っていたわれわれでしたが、翌日、池谷監督の辞任、しかもクラブからも離れるというニュースが飛び込んできました。改めて、われわれとしても、しっかり書かねばならないことだと思っていますが…。10年の決算のシーズンの最後がこれか…・。どう向き合っていいのかわからないような、そんな気持ちです。

11月11日(土)
【J2第41節】(えがおS)
熊本 1-4(前半0-0)金沢
<得点者>
[熊]巻誠一郎(90分+1)
[金]宮崎幾笑(65分)、沼田圭悟(72分)、佐藤洸一(83分)、山崎雅人(87分)
<警告>
[熊]グスタボ(77分)、嶋田慎太郎(89分)
[金]垣田裕暉(70分)
観衆:9,584人
主審:上村篤史


20171111金沢

どうしてこうも大一番に弱いのでしょうかわが軍は。なんで、どうして厳しい状況に自ら持っていってしまうのか。

金沢に4失点して得失点差で山口と同じにし、翌日その山口が町田に1-0で勝利したことによって勝ち点で並ばれ、得失点差1で自動降格圏内21位に落ちてしまいました。

「受け入れがたい結果になってしまった」(熊本蹴球通信)と、試合後の会見で池谷監督は言う。いや、それはファンやサポーターが言うべき台詞であって・・・。

「前半はかなりいい形で進められ」(同)たことは確かでした。右WBで先発した田中が緩急をつけたドリブルで相手を交わして持ち上がる。グラウンダーで入れたクロスを安がスルー。嶋田からもらい直してのシュート。しかしブロックされる。その後も自陣からのリスタートに左サイド黒木が奥まで走り込んでクロス。中山がPA内で粘って戻したところに嶋田が走り込んでのミドルは枠の上。

しかし「前半に1点取りきれなかった」(同)。

「熊本の選手たちのミスによって随分助けられている」()と言ったのは敵将・柳下監督。「後半は向こうも修正してくるだろうから前半のことは忘れて」(同)と池谷監督も警戒していたようですが、「いくつかのスペースがあるので、そこを使いながら」(DAZN)という柳下監督の狙いには対応できませんでした。

サイドハーフの選手が中に絞ってDFラインとボランチの間を使うと、SBの選手に上がられて3バックの間も開けられる。金沢得意のカウンターを一番警戒していた指揮官でしたが、圧力を持った攻勢にさらされての4失点。「それが決まるか」というシュートもありましたが、熊本側の足が止まったのも、最後のところの“緩慢さ”もあってのことでした。

愚痴ばかりになるので、もう多くを語りません。先日引退を発表した岡本が後半途中出場して、彼らしさ溢れる気の利いたスペース取り、パスを送りますが、ホーム最終戦を勝利で飾れませんでした。最後に巻が意地の1点を決めてくれたのが、なによりの救いか。

薄氷は割れて冷水のなかに落ちてしまいました。しかしまだ終わったわけではない。他力本願ではありますが、まだ這い上がれるチャンスはある。われわれは、目の前の相手を倒すだけ。最終節はただそれだけです。

11月5日(日)
【J2第40節】(ニッパツ)
横浜FC 2-0(前半2-0)熊本
<得点者>
[横]ジョン・チュングン(2分)、イバ(40分)
<警告>
[横]カルフィン・ヨン・ア・ピン(90分+1)
観衆:8,955人
主審:三上正一郎


20171105横浜

負けました。しかも降格圏脱出を図ったこの連戦で2連敗。しかも前節同様、前半のうちに2失点。引かれた後半に追いつくこともできず…。はぁ~…(溜息)。

「立ち上がりの1点がすごく重くのしかかったゲームだった」(熊本蹴球通信)とは、試合後の会見での池谷監督の弁。開始から2分。右サイドのスローインから野村に出ると、カットインしてミドルを打たれる。畑が触って一旦はバーに嫌われたものの、こぼれ球をジョン・チュングンに押し込まれます。

今節こそと意気込んでいたわれわれも、あっと言う間もない失点に言葉もでない。

ただ、「早い時間に失点しましたが、皆やりやすい感じでプレーできていて、いつか点は入るという感覚でやっていました」()と八久保が言う通り、熊本も持ち直してチャンスを作ります。ボランチには三鬼が戻り、2列目には累積の嶋田に代わって中山が入った。そしてCBの真ん中には米原を抜擢。ボールを動かせるメンバーが入ったことで、ピッチの幅を大きく使って展開している。黒木に代わって入った田中が何度も駆け上がり、そしてクロスの先には反対側から片山が上がっている。

しかし、ゴールネットが揺らせない。

なんとか前半のうちに同点に追いつけないものかと思っていた40分、反撃から横浜がCKを得ると、ニアで飛んだのはイバ。植田も付いてはいたものの、身体をねじるように頭に当てるとゴールマウスに叩き込む。警戒していた選手にきっちりと仕事をさせてしまう。その一瞬だけ。もう何度この言葉を書いたことか。

三ッ沢の西日の影響を考えて、先に逆光側のエンドを選んだ熊本だったのですが、プランどおりに行く前に痛い2失点。特にGK畑には辛い環境だったでしょうね。

2点先取した横浜が、後半がっちり守備ブロックを敷いて、あとはカウンターという戦法を取ってくると、全く前節と同じような状況。バイタルにスペースがなくなってくると、足元のパスだけでは繋がらないし、崩せない。かと言って裏を狙っても、飛び出す選手がいない。

ジレンマを抱えながら、時間ばかりが過ぎていく。交代カードが奏功しないのも前節同様でした。

彼我の力の差はあるものの、相手の強みを消して自分たちの良さを出してきたこれまでのいくつかの試合に比べ、この2連戦は、力の差どおりに負けてしまった。そんな印象があります。

もちろん長崎には自動昇格という強いモチベーションがあり、横浜もPO圏内を諦めてはいないという状況はあった。しかし、あったにせよ、せめて一矢報いるなど、ファンに光を見せて欲しかったなと。これが今の熊本の力だと思わせられるのは辛すぎる。

山口が勝って勝ち点3差まで迫ってきました。残り2試合。まさしく薄氷の上に立っている。

しかし思い出しました。昨シーズン、あの辛いシーズンのなかで最終的に残留を決めたのも41節、ホーム最終戦でした。全くあの時と同じような条件ですが、昨年はある意味で特別な状況があって、苦しいなかでも強い気持ちになれた。しかし、今の状況は多分、これまで経験したなかでも、最も追い込まれている感じがします。連敗とかなんとか何も関係ない。首の皮一枚有利な状況ですが…。今週土曜日、金沢戦は14時キックオフ。間違いなく次の試合はチームの歴史の中で最も重要なゲームです。簡単に勝てる相手ではないが、決して負ける相手でもない。天王山などというカッコいいものでもない。しかし、われわれにとって何よりもかけがえのないゲーム。かけがえのないチーム。さあ決戦。行くぞ熊本。