6月10日(日)
【J2第18節】(水前寺)
熊本 0-1(前半0-1)福岡
<得点者>
[福]森本貴幸(31分)
<警告>
[熊]米原秀亮(6分)
観衆:5,118人
主審:小屋幸栄


首位を争う福岡をずいぶん苦しめたのですが結果は敗戦。3連敗を喫し、順位もずるずると18位まで後退してしました。

熊本はミッドウィークに行われた天皇杯でのいい内容を踏まえて、そのエッセンスを加えたスタメンで臨みます。前3人は変わらないものの、左のWBに片山、ボランチの一角には田辺。そして試合の途中からのポジション変更はこれまでもあったものの、今節はスタートから黒木をCBの右に置いてきました。

20180610福岡

渋谷監督の黒木への信頼は相当厚いと前々から感じていましたが、この試合後のインタビューでも「常に相手にとって嫌なプレーを選べるしキックの技術もあるので、特に前半はチャンスもありましたし、後半のビッグチャンスが生まれる前も、彼のところからの発信が多く、彼から行って左サイドからクロスとか、そういう部分はたくさんあった」「狙い通りの攻撃がたくさん生まれていた」(熊本蹴球通信)と誉める。チームのキーマンでした。

オーソドックスな4-4-2の布陣の福岡に対し、3-4-3のミスマッチを作る熊本でした。あまり激しくプレスに来ない福岡でしたが、その代わり熊本のパスコースを読んでいるかのように中盤で奪われる。熊本側のパスのずれも見逃さない。

30分、中央のパス交換からドゥドゥが抜け出しPエリア侵入。右足アウトで素早くシュートしますが、これはGK佐藤が好セーブ。事なきを得ます。しかしすぐ後、ドゥドゥがドリブルで運ぶと右から追走してきた森本にパス。青木が対峙していましたが、股抜きシュートを恐れた青木が足を閉じた瞬間を狙ったように脇を抜く。技ありのシュートは佐藤の伸ばした手も届かず、ゴール左隅に転がり込む。

堅守を誇る井原・福岡は、ここから本領を発揮して守り抜きます。その立役者となったのは、大津高出身で、熊本の澤村GKコーチの教え子でもあるGK圍でしたね。

53分頃。片山のアーリークロスに皆川のヘディングシュート。これを片手一本でナイスクリア。64分頃には、片山から入ったグラウンダーパスをニアで受けた安がうまく反転してシュートするも圍がナイスセーブ。続いて右の田中から入れ直したクロスに安のヘディングでしたが、これもはじき返しました。

一度ナイスセーブしたGKが“当たってくる”という表現をしますが、やはりこの男を“当たらせて”しまった。

熊本も伊東、高瀬、池谷と入れて攻勢を掛けましたが、最後まで点には結びつけられませんでした。

「天皇杯と今日のゲーム、この2試合は本当に悔しい試合」(同)と渋谷監督は総括しました。内容に手応えがあっても、ゲームには勝てなかったことへの悔しさということでしょうか。「1つのミスが失点に結びつくんだということを今日も学んだので、こういうことを無くしていかなければ、勝つこと、自分たちが勝利を掴み取るということは難しい」と。

わずかな差のようで、それがこの節で首位に立った福岡との実は大きな“勝ち点差”なのかも知れません。「それはトレーニングでしか解決できない」と指揮官はきっぱりと言い切る。それは果てしない“作業”なのかも知れませんが、選手たちには「がんばれ!」と言うしかないところです。