FC2ブログ
9月23日(日)
【J2第34節】(松本)
松本 2-0(前半1-0)熊本
<得点者>
[松]セルジーニョ2(11分、80分)
<警告>
[松]岡本知剛(70分)、藤田息吹(70分)
[熊]皆川佑介(55分)
観衆:12,478人
主審:飯田淳平


20180923松本

敵地アルウィンでの松本山雅戦は、0-2で敗戦。開始早々のFKを高さのある高崎が落とすとPエリア内のセルジーニョがバイシクルシュートで豪快に押し込む。熊本は終始ポゼッションを保ちアタッキングサードまで持ち込むものの、松本の守備が厳しく枠を割れない。後半終了間際にも高崎の落としからセルジーニョに追加点を許し完封負けを喫した。順位は21のまま。
9月16日(日)
【J2第33節】(味スタ)
東京V 2-2(前半1-1)熊本
<得点者>
[東]佐藤優平(13分)、ドウグラス・ヴィエイラ(57分)
[熊]安柄俊(7分)、田中達也(78分)
<警告>
[熊]上里一将(50分)、園田拓也(69分)
観衆:5,560人
主審:清水勇人


20180916東京V

敵地での東京ヴェルディ戦は、出場停止明けの安のミドルシュートで幸先よく先制するも、すぐに追いつかれる。後半早々にはドウグラスが追加点を上げて逆転を許す。その後、園田がエリア内で犯したハンドでPKを与え絶体絶命のピンチ。しかし、ドウグラスのPKをGK畑が1点目の汚名を返上する活躍で好セーブ。これで勢いのついた熊本は、安のシュートのこぼれ球を田中がエリア内で拾って押し込み同点とし、敵地で貴重な勝ち点1を手にした。順位は21位のまま。1試合消化が少ない讃岐との勝ち点差を2とし、同じく20位京都には1差のままくらいついている。


9月8日(土)
【J2第32節】(えがおS)
熊本 1-3(前半0-1)大分
<得点者>
[熊]八久保颯(63分)
[大]三平和司(32分)、丸谷拓也(79分)、藤本憲明(80分)
<警告>
[熊]八久保颯(42分)
観衆:10,226人
主審:岡部拓人

今季からの胸スポンサー平田機工さんのサンクスマッチ、ホーム大分戦は、大雨にもかかわらず1万人を集めましたが、あえなく敗戦となりました。

20180908大分

先発布陣を見て、「お!」っと思いました。出場停止の安はともかく、これまでどちらかが必ず先発していた皆川の名前がない。代わりにワントップを務めるのは、前節後半から入って流れを引き寄せた伊東。そしてシャドーには前日の熊日で復調が伝えられた八久保。そして坂本。

この布陣の意図を問われた渋谷監督は、「相手のセンターバックの選手がボールに強くくるので、我々が数的優位を作ってボールをしっかり動かすということが目的でした」(熊本蹴球通信)と答える。そのとおり試合序盤は、前線が流動的に動くと、相手へのプレスも厳しく、大分にロングボールしか許さない。

対面する松本を警戒して田中が前に出られないのか、熊本の攻撃は主に右サイドから。スリッピーなピッチながら、互いに流れを引き寄せようとする互角の展開が続きました。

しかし32分、大分にエリア内に持ち込まれると三平がシュート。これをブロックした小谷にハンドの判定。三平自身がPKを決めて、大分に先制されてしまいます。

納得がいかない渋谷監督が、執拗に主審、第4の審判に抗議する。このときDAZNの解説・松岡氏は冷静に、「主審にプレッシャーを掛ける駆け引き。審判も人間だから帳尻合わせのジャッジもこれから有り得る」とコメントする。


後半、シャドーの坂本、八久保とともに、WBの高瀬、田中の左右のポジションを入れ替えた熊本。より一層、ボール回しがスムーズになると、田中が右サイドをえぐる回数も増えてくる。

すると63分、敵陣スローインからの繋ぎからPエリアに侵入。八久保がドリブルを引っ掛けられてPK獲得。GKに読まれ、手に当たったものの、勢いのあるシュートはゴールネットを揺らします。この日、熊本ファンに配られた平田機工さん特製のタオルマフラーが、ぶんぶんと振られるスタジアム。

ただ、高瀬に代えて黒木。上村が腰を痛めて座り込んだあたりから雲行きが怪しくなります。「残念ながらインテンシティがなくなり」(同)と指揮官が言うとおり、球際の一歩が遅れ始める。

伊東に代えて皆川を投入。最後のカードで横山が用意されていたところでした。前節、同点のまま引っ張って、このままクローズするのか、得点を狙いに行くのか意思統一ができなかった。横山の投入は、4バックにするつもりだったか、どちらかのボランチとの交代だったかわかりませんが、悪くても引き分け、連敗を止めるという意思表示だったでしょう。

けれど間に合いませんでした。79分、大分の右からのクロスに畑のパンチングのクリアが小さい。そこに寄せきれず、丸谷に落ち着いたループシュートを決められる。

そのすぐ後には、中盤で奪われ、素早く右からアーリーで入れられると、体制が整っていなかった熊本。畑が飛び出すも途中投入の藤本に交わされ、ゴールにねじ込まれます。「失点して落ち着かずに前を狙って取られて、持っていかれた」「本来であればあそこでフリーマンを見つけて、(上村)周平が完全にフリーでしたし、横パスを1本入れていけばチャンスになったと思うんですが」(同)と指揮官が言う。体力とともに瞬間的な判断力も奪われていました。

準備されていた横山はとりやめになり、2失点に絡んだといえる上里に代わって水野が投入される。

存分に水を含んだ重馬場のピッチ状態とはいえ、ホーム側が相手より先に足が止まってきてはいけないとも思うのですが、それ以上に、大分の我慢と勝負強さが感じられた試合となりました。

ただ、90分間走れた八久保の復調。新しい前線の布陣。DAZNが示すチームのパス数ランキングで、いつものDFではなく、上里、上村が上位に付けたこと。いくつか光明も見えたゲームでした。

9月1日(土)
【J2第31節】(NDスタ)
山形 2-1(前半1-0)熊本
<得点者>
[山]阪野豊史(9分)、ブルーノ・ロペス(90分+4)
[熊]伊東俊(62分)
<警告>
[山]安西海斗(29分)
[熊]安柄俊(39分)
観衆:4,866人
主審:鶴岡将樹


20180901山形

開始早々、山形の圧を受けて失点。その後、前半を凌いだ熊本は、後半から伊東を投入。するとボール運びにぎこちなさがなくなり、好機が増える。62分に、左からのクロスを安とGKが交錯してボールが高く上がったところを伊東が流し込み同点に。しかし、このままドローかと思われた終了間際、途中交代のブルーノ・ロペスに鋭いミドルを撃ち込まれ万事休した。讃岐、京都も敗戦だったため、勝ち点が欲しかった試合。