FC2ブログ
10月28日(日)
【J2第39節】(えがおS)
熊本 0-0(前半0-0)岡山
<警告>
[熊]植田龍仁朗(59分)
[岡]増田繁人(45分)
観衆:6,211人
主審:小屋幸栄


20181028岡山

京都か岐阜が敗戦に終わり、熊本が勝利したときだけ降格圏脱出の可能性が残るという厳しい状況でした。しかし両者は勝利し、熊本は引き分けに終わる。これにより21位以下が確定してしまいました。

先発を6人入れ替え、しかも安と皆川の久しぶりの2トップに、中盤のアンカーに横山を起用した3-5-2のシステム。この日は全員が球際強く、皆川も必死にボールを収めようとしていたし、安も前を向こうとしていた。

しかし岡山のプレスも厳しく、アンカーの前の上村、上里のインサイド二人が徐々に押し込まれ始めると、前線の二人との距離が空いていく。

中盤でうまく奪ってスペースに出したとき、チャンスになるシーンが何度かありましたが、決めきれず。逆に、後半もアディッショナルタイム近くの岡山の怒涛の攻撃を受け続けた印象が強く残り、なんとか凌いで引き分けたというゲームになってしまいました。

これが精いっぱいかも知れない。しかし選手たちの気持ちは伝わった。試合後には(静かに)拍手を送りました。

「監督をやっている以上、結果の責任は私にあります」(熊本蹴球通信)。試合後のインタビューで渋谷監督は言いました。そのうえで、足りなかったのは「戦い方の落とし込み」だったと。

「ボールを動かしたサッカーをやるというのを、私はやってきました」()、しかし、それがいざ試合になるとできなくなるのは「頭の理屈、プレーの理屈」の“落とし込み”が足りなかったと。

総括は最終戦が終わったあとにしたいと前置きしたあと、「J2で戦ううえでの、私のメモリーが足りなかったんじゃないかと」(同)思うと監督は述べました。

「今日、選手たちはすごく、ボールぎわを頑張っていました。いままでの対戦相手を含めると、相当セカンドボールを拾ったり、そこから前に行く。岡山さんも全部裏に蹴ります。J2はすごくそういうのが多いです。ボールを動かしているチームが下にいます。ですからやっぱりそれを踏まえて、私自身の甘さがあったなと感じています。そういうところで方向転換しなければいけなかったのかなと思いますし、もっと今日みたいなゲームのトレーニングであったり、試合であったりを続けていた方が勝てたのかなと感じました」(同)と。

監督は就任会見で、大宮のときの対戦時、熊本のことをハードワークするいいチームだと思った。その良さを生かしていきたいというようなことを述べていたと思います。皮肉なことに、今季を通して渋谷・熊本は、ボールポゼッションは高いが球際に劣るためにわがチームに大敗したあの日の大宮のようなチームになっていなかったでしょうか。いや、大宮ほどのポゼッション力もない。

今流行りの言葉で言えば「インテンシティ」。そこがなくしてボールを保持すること(敢えて動かしてとは言いません)だけに固執していても、J2どころかJ1、J3どのカテゴリーでも勝てないでしょう。国際的にもそこが基本です。

シーズン3試合をまだ残していますので、われわれもまだ総括的なことは別の機会にしたいと思いますが、監督の言葉のなかで、われわれ素人には分かりかねる部分が気になったので、つい突っ込んでしまいました。

あとの目標は順位をなんとか21位に上げること。そこは熊本に残された“意地”のようなものだと思います。

10月21日(日)
【J2第38節】(Ksスタ)
水戸 3-2(前半1-0)熊本
<得点者>
[水]ジェフェルソン・バイアーノ(45分)、小島幹敏(53分)、茂木駿佑(72分)
[熊]田中達也(78分)、小谷祐喜(83分)
<警告>
[水]ジェフェルソン・バイアーノ(90分+5)
[熊]中山雄登(7分)
観衆:4,055人
主審:中村太


20181021水戸

守勢一辺倒の前半を凌ぎ切れず終了間際にPKで失点すると、後半も崩されて2失点。3点のビハインドを背負ってようやく火の付いた熊本は、田中、小谷の得点で1点差に詰め寄ったが、追撃もそこまで。5連敗となり最下位から抜け出せず。残り4試合、20位の岐阜との勝ち点差は10、21位の讃岐(1試合未消化)との差は3に広がった。


10月14日(日)
【J2第37節】(ピカスタ)
讃岐 1-0(前半0-0)熊本
<得点者>
[讃]原一樹(79分)
<警告>
[讃]荒堀謙次(87分)
[熊]片山奨典(23分)、巻誠一郎(28分)、小谷祐喜(82分)
観衆:3,850人
主審:上田益也


20181014讃岐


“裏天王山”と呼ばれた22位讃岐(1試合消化が少ない)との対戦。熊本は非公開練習を敢行し、先発メンバーを大幅に入れ替えて臨むが、ホーム讃岐の出足の速さに後手を踏みピンチの連続。攻めあぐねるなか前掛かりになったところにFW原に一本のロングパスを通され、これを決められると、反撃もかなわず敗戦。遂に讃岐に抜かれて最下位に転落した。


10月7日(日)
【J2第36節】(えがおS)
熊本 1-3(前半1-1)千葉
<得点者>
[熊]鈴木翔登(7分)
[千]船山貴之(45分)、近藤直也(62分)、指宿洋史(63分)
<警告>
[熊]植田龍仁朗(26分)、小谷祐喜(53分)
観衆:3,936人
主審:谷本涼


20181007千葉

毎週、週替わりで列島を襲う台風。今節も大型の25号が九州に接近し、通過した翌日。台風一過、蒸し暑いコンディションになりました。

先制点を挙げたものの、逆転負け。くしくも前回対戦時と同じ結果になりましたが、今回全ては前半終了間際の千葉のシステム変更にありましたね。ただ、「おやっ?」と思ったのは、渋谷監督が試合後、「後半、相手がシステムを変えてきて、向こうが先に動いた」(熊本蹴球通信)と言っていること。システムを変えてきたのは、前半終了間際。それが紛れもなく船山の同点弾に繋がっている。別の意味があるのかも知れませんが、もし見誤っているとしたらコーチを含めたベンチ全体の責任ということでもあり・・・。

前半始まってすぐの鈴木の先制点は、アグレッシブな守備の賜物でした。前線から厳しく寄せることによって、ハイラインで知られる千葉にボールを下げさせ、自陣にくぎ付けにした。久しぶりに入った片山や、中山の鋭いえぐりからCKのチャンスが何度もありました。

しかし、そんな至福の時間も長くは続かず…。

4-2-3-1のトップ下で、時にはボールを引き出すために後ろまで降りてきたりしていた船山を、4-3-3の左アタッカーに配置換え。すると前半アディッショナルタイム、ボールを収めた船山が左サイドをするすると仕掛け、相対した小谷を振り切ると、ゴールに流し込みました。どうしても1-0で終わっておきたい前半でした。

前述の監督コメントは、「我々が戦い方を変えたりということも必要だったのではないかなとも思います」と続きます。しかし、なされたベンチワークは、3点目を失ったあと、「自分でナーバスになったのかわかりませんけど、彼のプレーが少し臆病になっていたと思うので」と、小谷を引っ込め水野を入れた。CBの一角には米原を下げました。

ベンチに本職のCBはいませんでしたから、不測の事態は米原でとは決めていたことでしょう。ただ、12試合ぶり、しかも本職でない米原は、長身FW指宿のボールを収める懐の大きさに苦労して再三ファールを犯す。植田がピッチ上でアドバイスを送るも、リズムはどんどん悪くなってしまいます。

千葉の布陣変更は、船山をサイドアタッカーに変えただけでなく、熊本のパスコースを遮断することにもなりました。テクニックのあるボランチの熊谷が、完全フリーでボールを配給し続けました。

ふぅー(ため息)。ここまで読んでいただいて、最近随分監督批判が強くなってきたなぁとお思いかもしれません。ただ、ピッチ上のことはピッチ上の選手たちが解決すべきとはわかっていても、試合途中、途中の変更指示、ベンチワークを期待したい。それらを含めて“サッカー”だと思っているわれわれは、そんな快勝があれば、いくらでも手のひら返しして、褒め称えます。

愚痴っぽく言うなら、今季ホームゲームだけはしっかりレポートしようと決意したわれわれ。しかし、こんな残念な敗戦のレポートばかりで、情けないことに投げ出したい気持ちになりそうです。けれど、ゴール裏のサポーターも一緒かも知れない。ひょっとしたら選手たちも…。

そう思うと、いや待て、やはり応援こそ全て。ハッとわれに返り、気を取り直して、われわれが下を向いてる場合じゃない、選手たちを奮い立たせなければいけない、声を出さなければいけない、と。まだ何も終わっていない。諦めたところが終わり。これまで何度も経験してきたことじゃないか、と。

9月30日(日)
【J2第35節】(えがおS)
熊本 0-4(前半0-2)京都
<得点者>
[京]本多勇喜(17分)、田中マルクス闘莉王2(20分、81分)、小屋松知哉(74分)
<警告>
[京]仙頭啓矢(55分)
観衆:3,429人
主審:池内明彦


20180930京都

猛烈な台風24号が午前中に最接近。その吹き返しの強風雨のなか開催もあやぶまれた京都戦でしたが、3千人以上の観客が訪れました。もちろんそれは、この試合の重要性を皆がわかっていたから。消化試合数もようやく並び、勝ち点差は4に離されたものの、この一戦で勝利してなんとか付いていきたい。そんな20位京都との試合だったからに違いありません。

しかし、3千人のファン、サポーターは落胆して帰ることになった。

前半17分、20分と立て続けに失点。まだ1点でも返していければと思って見ていましたが、後半にも2点を失い、0-4の大敗となりました。

試合結果ももちろんですが、この“あっさり”と取られる、点の取られ方が、応援しているものをまたがっかりさせる。

「後ろの選手がやられたから後ろの選手の責任なのかっていうと、そこでもないですし、やっぱりもっとボールへのプレッシャーをかけていかないといけない、寄せないといけない。というふうに私自身は思っています」(熊本蹴球通信)と、渋谷監督は言う。「そこに配球する選手に対して、絶対に(クロスを)あげさせないとか、そういう気持ちが、気持ちで守備ができるかどうかはわかりませんけど、やっぱりそこの部分じゃないかと思います」とも。

この時期になって、まだこんなことを言わざるを得ない状況なのかという気がします。もちろん選手だけでなく、言わざるを得ない状況を招いてしまった監督の責任も重い。

一方、敵将・ジュロヴスキー監督は、「今シーズンのベストゲーム」と、この試合を評価し、熊本の11番、9番、14番を抑えることが重要だったと試合後言う。それは、もちろんどのチームもわかっていることでしたが、ジュロヴスキー監督は田中の使うスペースを徹底的に消しにかかった。ある程度のリスクも抱えながら。やむなく熊本は、中央を崩そうと試みますが、京都にがっちりとブロックされてしまう。カウンターで崩せる場面でも、後ろの上がりを待つ間に、相手は素早く戻って守備をセットする。

リーグ戦の早い段階から、どのチームも熊本対策は確立している。要するに“裸”だということです。対して、わがチームはどうなのでしょう。その裏をかくでもない。相手の強みを消す戦術にも見えない・・・。

確かに20位に沈んでいたとはいえ、京都との対戦は分が悪い。これまであまり快勝した覚えもありません。しかし、この大事な一戦。選手たちには特別なモチベーションを持って向かってくれるだろうと期待していました。けれど、これが現在の彼我の力の差なのでしょうか。

試合終了後、選手たちがスタジアムを一周するとき、いつもなら野次や、それを打ち消すような拍手まじりになるスタンドが、人数もあったのかも知れませんが、今日はやけにどちらも静かなような気がしました。それはまるで、嵐が去ったあとの静けさに似たようにも感じながら、雨上がりの家路を急ぎました。