FC2ブログ
2018.12.28 年末ご挨拶
恒例により年末のご挨拶を申し上げます。

昨年の年末ご挨拶を読み返してみると、震災に見舞われ逆境のなかで残留した一昨年より苦境だったと書いています。しかし運よく降格は免れた。「ならば、この“幸運”を活かすしかない」と。

けれど今シーズン同じ轍を踏み、同じ21位という順位。幸運には恵まれず、あえなくJ3降格という結果に見舞われ、ファン、サポーターにとっては辛い年となってしまいました。

と、感傷的な書き出しになってしまいましたが、そんな気持ちに浸っている暇もないように、クラブからは移籍情報が発表され続けています。先日の原一樹に加えて、今週はFW三島康平、ボランチの岡本知剛をいずれも松本山雅からの完全移籍で獲得。十分な実績を兼ね備えた両選手の加入。先に「熊本蹴球通信」の記事で、織田GMが言っていたとおりの“チームの形”が出来ているようで、期待感が高まります。

「熊本蹴球通信」では、その後も渋谷監督インタビュー、初めての試みとして蔵原専務を始めとしたスタッフの次期シーズンへの方針などが読めて、非常に興味深いものがありました。

こういった内部の情報や考え方を明らかにしていくクラブ側の姿勢もうれしいですが、それを引き出すメディアに恵まれていることも、熊本の良さのひとつではないでしょうか。井芹さん、この1年も大変ありがとうございました。

それから弊ブログとしては、毎回のように拍手コメントをいただく読者の方にも1年のお礼を申し上げなければいけません。お名前を上げてご返信できませんが、ありがとうございました。

古巣に戻る皆川、新しいチャレンジをする安。二人のFWもたくさんのゴールをありがとう。タオルマフラーをびゅんびゅん回したシーンを忘れません。

さて、われわれは来季、明らかになりつつある新しい陣容でJ3を戦い、1年でのJ2復帰という“ミッション”を達成しなければいけません。それ以上に、目標はJFL時代も達成できなかった「リーグ優勝」。その願掛けに、元旦は初詣に出かけます。

寄る年波に負けそうになりますが、なんとか綴ってまいります。来年もどうぞよろしくお願いいたします。


2018.12.19 移籍
選手たちの契約交渉の進むこの時期、かねて報道もされていた田中達也選手のガンバ大阪への完全移籍が、14日にクラブから正式発表されました。

今シーズンの攻撃のかなめだった選手の流出は痛いところではありますが、ガンバというJ1でも有数のビッグクラブへの移籍。長くはない選手生命のなかで、「自分自身のサッカー人生のために挑戦させてもらうことを決めました」(公式)という彼の決断に、拍手を持って送り出したい。

これは契約に関わる話なので、書いていいものかどうか迷いましたが、聞いた話ということで勘弁ください。田中の今季の活躍を見て、シーズン途中に当然他のクラブから声がかかっていたそうです(ガンバかどうかは不明)。しかし、苦境にあるチーム状況を鑑みて、その話は断った。そればかりか、シーズン途中で自ら提案し、クラブに移籍金が残る契約に変更したのだとか。(おそらく今シーズンで切れる契約だったのでしょう)

美談にもほどがあります。

さて、もうひとりの個人昇格移籍は米原。移籍先が松本山雅というのが、個人的にはちょっと残念なのですが、五輪代表監督の経験もある反町監督のたっての希望だったと聞くと、うまく育ててもらって、是非東京五輪メンバーに食い込んでもらいたい。こちらも応援したいものです。

お金の話ばかりで申しわけないのですが、米原の場合は下部組織出身なので、その在籍年数を換算した育成補償金がクラブに支払われるものと思われます。意外に高額だとか。
こうやっていい選手を育てて、クラブに移籍金を残してくれるという形は、“プロビンチャ”たるわがクラブのある意味理想の形でもあると思っています。

田中の移籍発表と日を同じくして、まるでその悲しみを吹き飛ばすように、讃岐の原一樹の完全移籍加入も発表されました。これには正直驚かされました。

原一樹といえば、ネット上では「熊本絶対殺すマン」と称されたように、対戦のたびに点を決められた選手(その他のチームからも○○絶対殺すマンと呼ばれていたとか笑)。神出鬼没な裏への飛び出しや、決定力は脅威でした。昨日の敵は今日の友。前線の選手たちの去就が不安視されるなか、これはビッグネームの獲得でした。

クラブは大学新卒選手4人の加入も発表しています。駒澤大学10番を背負うMF中原輝、筑波大学の主将、DFの小笠原佳祐、東海大学熊本からDF酒井崇一、宮崎産業経営大学からFW北村知也。いずれも即戦力を期待しての獲得。織田GMは、「池谷(友喜)に対してそういう厳しい判断をしているわけですから、大卒の選手は即戦力でやってもらわないといけない」と断言する(熊本蹴球通信)。

「夏ぐらいには、次の構想の芯はできていました」と言う織田GM()。

フロント側の反省として、「やっぱり選手の人数が多かった。33人でスタートして、夏の補強で36人。これではトレーニング効率が下がりますし、試合に絡める選手と、ちょっと試合から外れてしまうメンバーとに分かれがちで、チームの一体感を醸成しにくくなっていた」(同)「来年はスタートが28人くらいになる」(同)と明言します。

一方では契約満了の選手たちも発表されました。われわれは選手を追いかけたりすることはあまりないのですが、一度は赤いユニフォームに袖を通した、縁ある選手たちには、今後もどこかで頑張って行ってもらいたいと思います。

寂しさもあり、わくわくする気持ちもありの師走。「1年でJ2に戻るために、来年は臥薪嘗胆」だと言う織田GM。今最大の腕の見せ所です。