FC2ブログ
ロアッソ熊本は18日、新体制発表と新加入の選手・スタッフの記者会見、19日はえがお健康スタジアアムで初練習、20日にはサポーターやスポンサーを招いて新体制の“お披露目”を行いました。

ただその前に、やはり触れておかなければいけないのは、15日に公式発表された巻誠一郎選手の引退でしょう。

「クラブは、巻選手との契約を更新するべく話し合いを続けてまいりましたが、巻選手から引退の申し出があり、その意志が固いことから現役引退を受諾することといたしました」(公式)。チーム最年長選手。いつかは来る日でしたが、この機会とは思ってもみませんでした。

翌日の記者会見で引退理由を問われ、「J3降格に終わった昨季を踏まえ『チームをまとめきれなかった』と述べ、リーダーの役割を果たせなくなった点」(熊日)を上げた巻。「自分の価値を還元できなくなった時はプロをやめようと思いながらプレーしてきた」と言う。

16年間のプロ生活のうち、5シーズンを熊本で共に戦いました。熊本出身で初のW杯戦士。その加入は、長いことわれわれ熊本側の“片思い”でしたが、あれは忘れもしない2014年の新体制発表会。最後に名前を呼ばれ、突然ステージに姿を現した巻。「今日契約を取り交わした」という池谷GM(当時)のコメント。と同時に、ロアッソの公式HP、全く時を同じくしてヴェルディのHPで移籍が発表されました。まさにサプライズでした。

この5年間。ピッチ上はもちろん、ピッチ外でも欠くべからざる選手でした。やはり思い出すのは、熊本地震後、チームが熊本に残ってやっていくことを発表した、クラブハウスでの涙の記者会見。練習後も自主的に避難所を精力的に訪問するその姿。その後、リーグ戦に復帰してすぐに連敗し、結果が伴わない悔しさもどかしさを吐露した試合後のインタビューでの涙。常に“熊本”を引っ張り続けたリーダーの姿でした。

「出場機会は少なかったけれど、わずかな時間に90分間のエネルギーを注いだ」(熊日)という。それは見ているこちらにも十分伝わってきた。決して満足のいく5年間ではなかったでしょう。けれど「このロアッソ熊本というクラブが僕の中で、もちろん誰にもそういう話はしてないんですけども、最後のクラブにしようという覚悟を持って(2014年に)帰ってきました」「やっぱり最後は、生まれ育った自分の街のクラブで引退できるのは幸せなこと」(熊本蹴球通信)と言ってくれた。

「新たなリーダーを育てる必要に迫られる」(熊日)と言う織田GMの言葉は正直な気持ちでしょう。ひるがえって、J3に舞台を代えて戦う新体制のわがチーム。1年でJ2復帰というミッションがあるなか、“降格組”“優勝候補”と目される熊本に対して相手チームもしゃかりきになって戦ってくるに違いありません。相当なプレッシャーが予想される。

そのとき、チームメイトを鼓舞するのは誰になるのか。もちろんピッチの外からは、われわれファン・サポーターに課せられた仕事にもなってくるでしょう。今年もどうぞよろしくお願いいたします。