FC2ブログ
10月13日(日)
【J3第26節】(富山)
富山 1-1(前半0-0)熊本

<得点者>
[富]大谷駿斗(65分)
[熊]原一樹(83分)
観衆:3,301人
主審:宇田賢史


連敗は免れましたが、またも追いついてのドローという結果になりました。

前日から猛烈な台風19号が列島を襲いました。その余波でアウェー富山戦は、2時間キックオフを遅らせ、午後4時に変更となりました。

20191013富山

開始早々ビッグチャンス。ハーフウェイライン近くで佐野が敵DFからボールを奪うと、一気にドリブルで持ち込みGKと一対一。しかし、これを枠の左に外す。

ピッチ上では、まだ風が強いように見えました。熊本は前半風下。5連勝中の富山は、その勢いもあって、長く熊本を自陣にくぎ付けにします。

熊本はサイドが押し込まれ、前線に繋がらない。6本連続の富山のCKをなんとか凌ぐ。

30分過ぎから徐々に高瀬が上がれるようになると、熊本もゴール前に迫れるように。一進一退のなかスコアレスで後半に折り返すと、脚を攣った佐野に代えて伊東を投入。

しかし、そのすぐ後、富山が左サイドで作って、これも途中投入の伊藤からのクロスに、ファーサイドの大谷が頭で合わせて先制。

熊本は田村に代えて原を入れ、北村を右サイドに配置して3トップぎみの布陣に。

すると右サイドからのクロスにニアで伊東が交わされるも、詰めた北村が倒されてPKを奪取。これを原がきっちりと決めて同点にします。

その後の勢いは熊本にありましたが、富山に逃げ切られるように引き分けで終わりました。
富山の安達監督もDAZNのインタビューで、満足する内容だったようです。

熊本は勝ち点1しか積み上げられず4位のまま。首位・群馬こそ引き分けたものの、北九州、藤枝が共に勝利したため、この上位3チームとの勝ち点が3に開いてしまいました。

なかなか負けない上位。これはもう他力本願ではなく、これから残す直接対決で勝利していくしかない。まずは次節、藤枝戦。久しぶりのホームです。後押ししましょう。