FC2ブログ
11月17日(日)
【J3第31節】(えがおS)
熊本 2-0(前半0-0)岩手

<得点者>
[熊]原一樹(83分)、伊東俊(90分+2)

観衆:3,720人
主審:藤田優


勝ちました。最下位に沈むとはいえ、若手主体でアグレッシブな戦いをしてくる岩手をなんとかねじ伏せました。

昼間に他競技が使用していたため、この時期には珍しく19時キックオフとなったゲーム。冷え込みます。

13時キックオフの試合で藤枝がC大阪U23に敗れていたので、ここは差を縮めるチャンス。しかし、こういった大事な試合をこれまでことごとくモノにできてなかった我々のチーム。ロートルの心配は募ります。

試合後、渋谷監督が「本当に難しいゲームでした」(熊本蹴球通信) と振り返るように、攻守の入れ替わりの激しい試合になりました。

20191117岩手

熊本は小谷を右SB、岡本をその前に置き、ボランチの一角には酒井を当ててきました。そして4試合ぶりに原が先発。

中原が1.5列目のようなポジションで試合を作る。18分にはうまくターンしてドリブルで持ち込み、大外に走りこんだ高瀬にラストパス。しかし高瀬のダイレクトシュートは惜しくも枠の右。

前半終了間際にはゴール前で貰ったFK。原が壁を越えるシュートで直接狙いますが、相手GKが横っ飛びで防ぐ。惜しい。

後半も岩手のエリア内に人数を掛けた守りをなかなか崩せない。岩手にセカンドを拾われ続けて波状攻撃を受ける時間帯もありましたが、ラストパスやシュートの精度に助けられている。

65分にベンチが動きます。左SBの高瀬に代えて坂本。おやおや?そこまで主に高瀬からのクロスが攻撃材料だったのに、坂本をどこに入れるんだろうと思っていると、同じポジション。ただし相当高い位置を取らせる。

更には岡本を下げて伊東を前線に。中原は右SH。

すると74分、自陣からの長いパスを受け取った伊東がノールックパスで原を左に走らせる。エリアに入った原の強烈シュートでしたが、相手GKがパンチングで防ぐ。続いても左CKのクリアが高く上がったところを、坂本がみごとにダイレクトボレーで捉えますが、これもGK。焦れったい時間が過ぎていきます。

残り10分で三島を投入。すると、パワープレーではないにしても「最後はミシに蹴れば良いという、プレーの面での落ち着きをもたらしてくれる」(同・渋谷監督談話)。これは岩手を困らせるに十分。

83分、遂に均衡が破れます。自陣からGK山本のFK。三島が競ってつぶれ、こぼれてきたボールを原が胸トラップから反転ボレーシュートでゴールにねじ込みます。

これ、これ!これが原にしかできないアクロバティックな”変態”シュート。これを待ち望んでいたのです(笑)。

さて、終了間際の俗に言う「いい時間帯」での得点。これまでならこのまま時間を費やしゲームをクロージングするところですが、今日はそれで満足しなかった。ゴールから原がボールを拾うとまっしぐらにセンターラインに走ってセットする。

「我々の今の状況で言ったら、少ない時間でも2点目を取りにいく、3点目を取りにいくっていう心意気が必要だと思った」(同)という指揮官の指示。

この”心意気”がアディショナルタイムに実を結ぶ。自陣右サイドからのスローイン。三島が反らして、それを原が競る。こぼれ球を伊東が拾ってドリブルで運ぶ。一旦味方の上りを待とうともしましたが、自分で仕掛けて倒れながらのシュートが決まります。ベテラン勢の連携でした。

「彼らは本当に『勝たなければいけない』という状況を今までに多分、いろんなチームで経験をして」「あの厳しい時間に彼らはすごく頼りになる」(同・渋谷監督談話)。

同時刻に行われていた群馬と北九州の直接対決は、北九州に軍配が上がったため、これで熊本は群馬と勝ち点差で並び、昇格圏の藤枝との差を3に縮めました。残りは3試合。まだまだ諦めない。

しかし殊勲の原が言う。「駄目だった部分を映像で見直したい。順位表を見つめるより、自分たちの対戦相手や足元を見つめることが大切」(18日付・熊日)と。

くぅ~。痺れる台詞です。