FC2ブログ
例年なら、シーズン前の壮行会が開かれるこの時期なのですが、新型コロナウイルス感染対策で、今年は中止になりました。その代わり今年はTMをよく見に行けている。熊本での感染者発生のニュースを受けて、ちょっと心配ではあったのですが、22日(土)の鹿児島とのTMも見に行ってきました。

今月10日に新加入発表されたばかりの相澤が、岡本とのコンビでボランチを務めていました。「相澤!」「相澤!」と、まだ周りの選手からポジショニングの指示を受けてはいましたが、なかなかどうして、ボールを持たせると視野が広い。右左への配球はもちろん、時に鋭いスルーパスも送ります。楽しみな選手が加入しました。

45分の2本目には、ワントップに高橋、右に浅川が入りました。谷口もどこかで入ったと思いますが、このあたり前回の見学時はまだコンディションが・・・と書きましたが、それぞれかなり調子が上がってきている様子です。いい動きをしていました。

2本目にショートコーナーから相澤が入れたクロスを、ファーで誰かが折り返して酒井が押し込む。3本目は右サイドのパス交換で崩して、浅川が左足で巻くようなシュートを決めました。トップ下に入った小島が気の利いたパスを出しましたね。

順調そうに見えたのですが、最初の45分は大木監督の大声が始終飛んでいました。どうもポジショニングの指示のようでしたが・・・。

翌日の熊日によれば、「指揮官が語るキーワードは『知識、意識、無意識』」なのだと。「攻撃パターンを『知識』として頭に入れ、『意識』して反復練習し、『無意識』でプレーできるようになること」だそうです。要するに”オートマティズム”ということなのでしょうか。確かにこれまでもうちに一番欲しかったことです。

練習は見に行けていないのですが、TMのアップのときのショートパスのボール回しにも、それを目的としたような要素が見受けられますね。狭いところを打開するような・・・。

さて、J1、J2が開幕して、われわれのリーグ開幕まではあと2週間。春がやっとやってこようとしています。

追記
Jリーグは25日理事会を開き、新型コロナウイルス感染の拡大を受けて、3月15日までの全ての公式戦を中止し、延期することを決定しました。J3としては開幕戦と第2節が対象となります。われわれの春はまた遠のきました。


2020.02.10 練習試合見学
なかなか新チームの様子を見に行くことができなかったのですが、ようやく8日にあったヴェルスパ大分とのTMに都合があいました。

運動公園のサッカー場にできた見学者用のベンチで空き席を探していると、ジュー君の姿が。古い付き合いの彼の隣に座って、新加入選手の番号・名前を教えてもらいながら見学できたので、よーく分かりました。

まずは大木新監督が、どんなサッカーを志向しているのかが最大の興味だったのですが、想像していたこれまでの「ボールサイドに人数を集め密集を作る」スタイルではありませんでしたね。ただ、ポジショニングを意識してボールを奪ってから素早いダイレクトパスでつないで、相手の空いたスペースを突くという意図が垣間見れました。球際も強く、パススピードも早くなったような。

最初の45分。4-2-3-1のワントップは北村で、トップ下には竹本が入ってました。上村、岡本のダブルボランチ、右SBの黒木、この辺りは外せない。左SBは河原が務めていましたが、その後は右SHに回ったりしていたので、監督が選手に複数のポジションを求めているのが分かります。久しぶりに黒木のボランチ姿も見られました。

CBで酒井とコンビを組んだのはルーキーの菅田でしたが、なかなか落ち着いてボール処理していました。安定している。

ところが、メンバーを大きく入れ替えた後半は、ちょっと不安定になりました。前線に入った浅川、谷口、石川らは、これまで別メニュー調整中だったらしく、まだコンディションが上がっていなかったのでしょう。明らかに前線からのプレスの強度が落ちたため、鈴木、小笠原らのDFラインが押し込まれてしまいました。周りとの連携もこれからのようです。

あと目を引いたのは、ボランチで使われたユース上がりの田尻でしょうか。うまいし、立ち姿がいいです。

中原が近くで見たら随分胸筋が厚くなってびっくりでしたね。当たりに強くなろうとしているのでしょう。コンディションも上々に見えますし、今年も彼がキーマンになるのではないでしょうか。

TMで連続得点を決めている坂本も好調さが見てとれます。

守護神・山本の故障が発表されていましたが、もう走っていましたので、開幕には間に合うんじゃないですかね。もちろん内山も安定していましたが・・・。

熊日の報道でも怪我人が多いと報道されていました。練習の負荷が高いせいかも知れませんが、ここを乗り越えて、特に後半前線に入った故障明けの選手たちは、これからも数多く組まれているTMで実践感覚を上げて、スタメン争いに加わって行って欲しいものです。