FC2ブログ
例年なら、シーズン前の壮行会が開かれるこの時期なのですが、新型コロナウイルス感染対策で、今年は中止になりました。その代わり今年はTMをよく見に行けている。熊本での感染者発生のニュースを受けて、ちょっと心配ではあったのですが、22日(土)の鹿児島とのTMも見に行ってきました。

今月10日に新加入発表されたばかりの相澤が、岡本とのコンビでボランチを務めていました。「相澤!」「相澤!」と、まだ周りの選手からポジショニングの指示を受けてはいましたが、なかなかどうして、ボールを持たせると視野が広い。右左への配球はもちろん、時に鋭いスルーパスも送ります。楽しみな選手が加入しました。

45分の2本目には、ワントップに高橋、右に浅川が入りました。谷口もどこかで入ったと思いますが、このあたり前回の見学時はまだコンディションが・・・と書きましたが、それぞれかなり調子が上がってきている様子です。いい動きをしていました。

2本目にショートコーナーから相澤が入れたクロスを、ファーで誰かが折り返して酒井が押し込む。3本目は右サイドのパス交換で崩して、浅川が左足で巻くようなシュートを決めました。トップ下に入った小島が気の利いたパスを出しましたね。

順調そうに見えたのですが、最初の45分は大木監督の大声が始終飛んでいました。どうもポジショニングの指示のようでしたが・・・。

翌日の熊日によれば、「指揮官が語るキーワードは『知識、意識、無意識』」なのだと。「攻撃パターンを『知識』として頭に入れ、『意識』して反復練習し、『無意識』でプレーできるようになること」だそうです。要するに”オートマティズム”ということなのでしょうか。確かにこれまでもうちに一番欲しかったことです。

練習は見に行けていないのですが、TMのアップのときのショートパスのボール回しにも、それを目的としたような要素が見受けられますね。狭いところを打開するような・・・。

さて、J1、J2が開幕して、われわれのリーグ開幕まではあと2週間。春がやっとやってこようとしています。

追記
Jリーグは25日理事会を開き、新型コロナウイルス感染の拡大を受けて、3月15日までの全ての公式戦を中止し、延期することを決定しました。J3としては開幕戦と第2節が対象となります。われわれの春はまた遠のきました。