FC2ブログ
4月3日(われわれにとっては5日藤枝戦)の再開は、再び延期となりました。「J3は4月25日、J2は5月2日、J1は5月9日と段階的に再開する」としています。しかし、この発表の後も、事態は悪化の一途を辿っている。東京の感染者は連日40人以上を超えているし、熊本でも東部の温浴施設から新たなクラスターが発生しました。これを受けて、クラブもスタッフのクラブハウスへの入室制限や、報道関係者の取材制限などの新たな厳しい措置を始めているようです。

再々延期決定以前に、リーグは今季上位2クラブが自動昇格することと、J1参入プレーオフの中止も決定。「競技上の不公平」が懸念されるとして降格制度は採用しないことも発表しました。

また、再開移行も遠距離移動によるアウェー観戦の自粛を促すために「ビジター席を設けない」などの試合運営上の規制措置もあるようで、これは関東や関西住まいのわれわれのサポーターにとっては悩ましい問題になります。

いずれにしてもJリーグはこのコロナ禍に際して、素早い対応をとってきたと思えます。それはやはり全てのJリーグクラブの存在意義が“地域密着”であるということであれば、クラブが、チームが、あるいは実施するゲームが決してこの恐怖の感染症のクラスターになってはいけないという共通認識のうえに立ってのことだと思います。全く予断を許さない状況のなかで、今後も常に厳しい判断を迫られることでしょう。

延期によるクラブ財政の不安については、前に少し書きました。バスケットボールリーグは、今季リーグ戦の打ち切りを決断し、これによって熊本ヴォルターズは「予定の60試合のうち13試合(うちホーム6試合)を消化できないまま西地区4位で今季を」終えました(29日付・熊日)。そのなかで今期決算は「純損益がBリーグ参入後初の赤字となる見通し」(同)であることを明らかにしました。同じ地域プロスポーツクラブとして、切実な思いです。

一方、今年のビッグイベントであった東京五輪も、紆余曲折のなかおよそ1年先までの延期が決定。世界的なパンデミックのなかで賢明な判断だったと思いますが、われわれサッカーファンとしては、U23の年齢制限措置がどのようになるのかゆくえが注目されます。

もはやいつ自分が、あるいは身近な人が感染してもおかしくない、感染させてもおかしくない状況といえます。愛する人を守るために、愛するチームを守りゲームを再開させるために、今われわれ一人ひとりの行動(自粛)が問われています。

2020.03.13 再延期。
新型コロナウイルスの感染拡大に沈静化の兆しが見えません。WHOは11日、パンデミック(世界的な大流行)になったとの見解を表明。13日には、「緊急事態宣言」が発令できる改正新型インフルエンザ等対策特別措置法が参院本会議で可決、成立しました。

Jリーグは12日、公式戦の中断を3月いっぱいまで延長することを正式に発表しました。「4月3日の再開を目指し努力する」との方針を強調していますが、「予断を許さない状況が続いている」と語っています。われわれのJ3リーグはまだ開幕すらしていません。25日をめどに判断を下すとのこと。

再びの開幕延期ですが、この“決定”にも安閑とはできませんね。感染拡大が収まるのか、増え続けるのか。日々の状況変化が注視されます。

今年はよく見に行けていた練習試合ですが、とうとうこれも見学禁止になってしまいました。ファン・サポーターにとっては、とにかく我慢の時間が長く続きます。

一方で心配なのは、試合開催がないことによるクラブの財政面です。周知のように試合のチケット収入は、ホーム側の収入になります。ただ、幸いなことにわがクラブは、この延期期間に予定されていたホーム試合は1試合のみ。「昨季の1試合平均の売り上げは約500万円」、「永田求社長は『2019年1月期の純資産は約7600万円。前期も黒字でキャッシュはある。ただ、延期期間が長引けば経営が苦しくなる可能性もある』」(11日付・熊日)と言います。

AC熊本に以前いらっしゃったG専務から、「Jリーグ加盟クラブは、まるでフランチャイズの店舗経営のようだ」という話を聞いたことがあります。J3リーグに止まらず、J2も含めて脆弱な財政のクラブはいくつでもあります。Jリーグには、選手、観客の健康安全面、リーグのブランド管理だけでなく、加盟クラブの財政面に関しても一歩踏み込んだ支援の目を持って欲しい。今回は一律中断ですが、熊本地震の際のリーグ措置に、若干不満を感じたものですから・・・。

日本代表にも当然影響しているようです。3月下旬にU23代表と対戦予定だった南アフリカが来日を辞退。A代表が遠征予定だったモンゴルは日本人の入国を制限。「日本戦にとどまらず3月と6月に開催するはずだったW杯アジア予選は原則延期」(12付・日経)となりました。

もちろんサッカー界のみならずスポーツ界全体に、この激震は襲い掛かっている。大相撲は無観客。センバツ高校野球は中止。東京五輪もどうなるのか。足元ではヴォルターズも・・・。

熊本も、やがて桜の開花宣言が伝えられる頃。季節は春がやってきていますが、われわれの心は一向に晴れない。

大西・熊本市長のtwitterではありませんが、われわれも叫ばせて下さい。

新型コロナウイルスの、ばか野郎――――――!!!