5月3日(土) 2008 J2リーグ戦 第11節
横浜FC 5 - 0 熊本 (13:03/ニッパ球/4,061人)
得点者:25' アンデルソン(横浜FC)、42' アンデルソン(横浜FC)、46' アンデルソン(横浜FC)、52' 難波宏明(横浜FC)、62' チョヨンチョル(横浜FC)


見るからにコンディションの差が明らかでしたね。思わぬ大差になりました。

出場停止のチャジホに代えて前節途中出場の宮崎。そのほかは、ほとんど前節、前々節と同じメンバーで挑んだロアッソに対して、横浜は前節休み。試合開始まで降り続いた雨でしっとりと濡れた三ツ沢のピッチも、アウェーチームにとっては厳しい条件となりました。

アンデルソンも、難波も、三浦知良もキレがあったことは間違いありませんが、ロアッソの選手達は、完全に競り負けていました。中盤でも前を向けない、チェックにはファールを取られる。
なにより、CBの二人が、今日はアンデルソンと難波に翻弄されていました。闘将上村も疲れは隠せず。ボールを追ってしまい目線が下がる分、視野が狭くなっていたのでしょうか。

初めて2点のビハインドを背負って迎えた後半。
前半もところどころでは熊本らしい攻撃を垣間見ることができていたので、立て直しも可能かと思われたのですが、開始早々のアンデルソンの3発目が、大きく効きました。今季初出場の町田、山内を投入するも流れは変わらず。逆に、横浜には次の試合を考慮して、アンデルソンや三浦淳を休ませる余裕すら与えてしまいました。

ここまでどんなFWにも決定的な仕事はさせてこなかったうちの両CB。しかし、どうも外人FWには、弱みを見せてしまうようです。福王は今日もしっかり自分の仕事をしましたが、限られた3人交代枠のなかで、彼の持つユーティリティ性ゆえにどうしてもベンチスタート、”置いておきたい”選手になってしまうのでしょう。

総体的な選手力の差が埋められているか。今節の見どころをそう書きましたが、それ以前にこのリーグ日程の厳しさに膝をついた感じがします。11日間で4試合。まったく未知の世界です。
チーム全体が常にトップコンディションの動きでなければ戦えないリーグ。それもまた全体の選手層の差と言っていいかもしれません。できれば、いいコンディションで2月のTMの借りを返したいところでしたが、全ては言い訳にしかなりません。

これもまた試練。

くしくも今節、多くの試合で大差完封試合となっているのも、そんな日程との調整力や選手層というチーム力の”差”が出ているのではないかと感じさせました。

次節戦う福岡も、本日の試合で湘南に0-4で敗れています。
どちらがこの嫌なイメージを引きずらず、切り替えて戦うことが出来るのか。対戦まで中二日。コンディションはある意味一緒。”新・九州ダービー” 初の福岡戦です。
われわれもまた、気持ちを切り替え、新たなモチベーションを胸に、福岡戦に臨みます。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/103-caef56f3