第一クールのこれまでの戦い。対戦する全てのチームがある意味で格上。われわれファンもまずは“胸を借りる”という気持ちで臨んできました。しかし、どうしても負けられない、いや“負けたくない”チームがひとつだけあります。
そう、FC岐阜です。

このJ昇格同期のチーム。緒戦に甲府と引き分け、次は仙台に黒星を喫したものの、3節に山形に撃ち勝つと、その後も徳島や福岡、水戸に白星を挙げ、現在4勝6敗2引分の堂々9位。昇格チーム旋風を巻き起こし、熊本を見下ろす位置につけています。

なんだか、同期入社のライバルが、大学は現役合格のひとつ年下で、会社に入ってからも派手な仕事振りで差をつけているといった心境。こちらは一浪のうえに、今コツコツと下積み仕事からこなし、なんとか会社に慣れようとしているのに・・・。
なによりJFL時代の二度の対戦、ここに勝ったことがないのです。なんとなく漂う相性の悪さ、根拠のない苦手意識。

しかも、あの時と今の“岐阜”は全く別物です。メンバーも戦術も。
確かにリーグ序盤のころは、昨年の面影がありました。すばやく自陣にリトリートして、相手がハーフウェーラインを越えたあたりでチェックを入れる。手数を掛けずに前線のFWにあずけるカウンター戦法。
ポゼッションは明らかに相手にあるのですが、守備の要である小峯の執拗なまでのマーク、福岡から移籍した高さのある川島の壁で攻撃を辛抱強く跳ね返し続けると、徐々にペースが転がりこむといった印象。ちょうど、テニスや卓球で守りのうまいストロークプレーヤーが、ラリーを続けて相手の自滅を待っているような。

ところが最近の試合では、攻撃力が上がっている。現時点の総得点21は広島の22に次いでリーグ二位です。
地域リーグから新加入のFW片山がひとりで6ゴールも取っていて注目がいきがちですが、実は中盤まで下がったり、サイドに開いたり、ドリブルで仕掛けたりと縦横無尽な動きの地元選手・片桐が攻撃の起点。
それに大分から獲得した右サイドの梅田がアタックしてくるし、高知大卒ルーキーのボランチ菅あたりがバランスよく上がってくる。
小峯、片桐といった従来のメンバーに、こういった新戦力がうまくはまって、いまの好調さがあるのだと思われます。

熊本としては、これまでとはちょっと違った試合運びになる可能性もあります。ある意味、ボールを“持たされ”たら、変なペースに持ち込まれそう。
お互いがコンパクトな陣形で、ポゼッションを奪い合う、文字通り「人もボールも動く」展開に持ち込みたい。だからと言ってサイドからの単調な放り込みや、後方からのロングフィード狙いでは、小峯の統率するDFラインの思うつぼにはまる恐れも。

“すっぽん”のような小峯のマーク。あのサッカープレイヤーに似つかわしくない体型に油断は禁物。読みに長けたポジショニングが身上で、後方からチームを鼓舞します。
高橋対小峯といった構図も避けたい。逆に小峯をペナルティエリアの外まで引き出したら勝機です。両サイドからの攻撃は、ファーサイド狙いで落とす、折り返すような揺さぶりが欲しい。その意味では、サイドプレーヤーの運動量への期待はかなり高くなるでしょう。

とまぁ、こんな素人のスカウティング以前に、池谷監督とスタッフは、しっかり岐阜を研究しているでしょう。前節、上村が奪ってすぐ前線に徹底してフィードを送り続けたのも、「(福岡の)最終ラインがロングボールの処理、セカンドボールの処理が良くないと感じていた」(J‘sゴール:池谷監督インタビュー)という事前のスカウティングの成果でした。

一方、敵将・松永監督も徹底した分析家として知られています。両司令官の事前の準備がどうおこなわれ、そして試合のなかでどう発揮され、そして90分の間にどう修正されるのか、それもまた次節の見所かも知れません。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/105-c6003f7a