ニッカン九州の村田記者がまた”言いがかり”をつけていますね。この記者はよっぽどロアッソもしくは熊本が気にくわないように思われます。

要は、先日の岐阜戦を(翌日の社長交代の記者会見のついでに)初めて観戦し、その試合内容から、「財産を残す1年というけれど、1試合1試合大事にしないと何も残らないのでは?」「J2に上がって降格の危険がなくなり、昨年の緊張感がなくなったのでは?」と言いたいみたいですが・・・。

確かに岐阜戦はかなり厳しい内容でしたが、初めて、しかもたった一試合を観た人間に、こんな勝手なことは言われたくないわけで・・・。まぁ、この記者については前にも書いたとおりですが、相変わらず”火の粉がかからないところで火事を見物している野次馬”のような文章なので、一笑に付すしかないのですが・・・。

『この日の入場者は4608人。今季平均での集客目標を平均5000人と低めに設定しているが、J1昇格時の目標設定は3倍の1万5000人を設定している。もちろん「5年以内」での話だ。』と、入場者数からして気に入らないようですが、今年のJ2の平均入場者数は6500人前後。熊本は現在9番目の数字。チームとしての無理な動員策は一切とらない方針なのですが、何か問題でもあるのだろうか。

そして彼が無理にでも比較しようとしている岐阜。われわれも、同期生の動向は気になるし、もちろん立派な成績を残している現状はレスペクトしてやまない。そして彼がもしその財政状況を知っているのなら教えてほしい。
熊本は発足当初から、決算など経営に関する重要事項は、プラスもマイナスもすべてプレスリリースし、熊日紙上で報道されている。今期の決算も記者会見を開き、質疑応答にも細かく応じている。このことが、クラブの現状についてファンとの間で情報共有を促すことになり、過大な期待や、無理な要求をする者は見られない。われわれのチームもファンもこの小さな身の丈を少しづつ大きくしていこうと頑張っているだけ。

さらに彼は「積み上げていく財産とは何なのだろうか」と、池谷監督の今期の基本方針に対し疑問を投げかける。限られた予算、限られた条件のもとで、JFLのままのチームを、J2という上位カテゴリーで1センチづつでも前に進めようというだけなんだけど。今のわれわれには他に選択肢はないんだから。

『「連戦のせいか、体が重かった」と選手は口をそろえたが、それはどのJチームにも共通でいえる言葉』とも書いている。岡社長が記者会見で、クラブの課題は何かと問われて、真っ先に「練習場の確保」と答えている。毎年この問題でボディーブローのようにチームの体力が奪われていることわれわれは知っている。何とかしたいし、様々な方面にアプローチされているが、残念ながらわれわれはまだ解決できていない。選手には申し訳なく思う。

クラブもチームも、ただただ一歩一歩前進。そういう”リアリティ”とは全く違う世界の評論屋。さすがニッカン。これでは親会社たる朝日の”百年構想パートナー”というスタンスも、なんだか程度が知れるというものです。末端の記者とはいえお寒い限りです。

さて、気をとりなおして・・・。

ようやく、注文していたレプリカユニがやってきました。右腕に燦然と輝く”Jのロゴマーク。背中、左腕にも新スポンサーロゴを追加でプリント。実はお気に入りの選手の背番号も入れたのですが、それは秘密です。
これから購入される方に参考意見ですが、けっこうタイトに出来ているので、サイズは思い切って2サイズ大きめがいいですよ。何回も試着して、そうしました。

胸には、もちろん「武者返し」のロゴ。エルゴラッソのユニフォーム人気ランキングでも総合4位に入ったそうで、いやJ2ではナンバー1のスポンサーロゴなのではないでしょうか。なによりJ昇格初年度モデル。ファンにとっては宝となるでしょう。

実は、J2で個人的に2番目に好きなユニフォーム・スポンサーロゴ、それが次節戦う徳島の「ポカリスウェット」。いやまさに、「武者返し」の漢字書体とは対極にある「ポカリスウェット」横文字ロゴですが、あのJFL大塚製薬がJ2に上がってヴォルティス徳島になり、白いユニフォームがブルーに変わってその胸に輝く「POCARI SWEAT」ブランド・ロゴを見たとき、わぁ、カッコイイな。と正直思いました。それは企業チーム大塚製薬から、完全にJクラブチームに脱却した新生”徳島”を感じさせて。なんだかまぶしかった。

そんな徳島。J昇格初年度こそ12勝で9位に入りましたが、2年目は8勝、昨年は6勝でいずれも最下位に甘んじました。今季はこれまで3勝7敗2引分で、熊本と全く同じ。得失点で順位こそ熊本が下につけていますが、堂々と”胸”をはって戦いたい相手といえましょう。

名前や形はお互い変わりましたが、久しぶりに相まみえる徳島。相手の高本社長は熊本・氷川高校出身。これもまた何かの因縁。楽しみな対戦です。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/108-8bd13ca4