5月18日(日) 2008 J2リーグ戦 第14節
徳島 2 - 0 熊本 (14:04/鳴門大塚/2,665人)
得点者:37' 大島康明(徳島)、42' ドゥンビア(徳島)


テレビ観戦なので短く。

チャンスを逃し続ければ、いつしか向こうに流れが移ってしまう。というのはサッカーに限らず、勝負事の常ですが、今日は2つのカウンターで沈められた感じです。

前半、風上に立つロアッソ。セカンドボールも支配して、まるでJFL時代のポゼッションサッカーを彷彿とさせる試合運びでした。

しかし、幾度もあったチャンスで決められない。シュートが枠をとらえない。いや、ちょっと不満だったのは、シュートチャンスのときに積極性が見られなかった点。それと、各人がなんだか難しいことをしようとしていた。もちろん、あの一本が入っていたらと思わないではないです。あれほど外してしまうのもつらいものです。しかし、得点はある意味、確率的なもの。やはり、失点こそ課題としたいですね。

1失点目は早いサイドチェンジをゴールファーサイドに送られ、ドゥンビアの折り返しを中央に走り込んだ大島に決められました。前半のうちに同点にしたかった熊本でしたが、CKのこぼれ玉を早めに前線に放りこまれ、ドゥンビアが抜け出しGKとの1対1を綺麗に決められました。戦前に最も警戒すべきとしていたドゥンビアにです。

前半途中までは、ドゥンビアに対して執拗なマークで、思うような動きを封じていましたが、失点の場面では一瞬、離してしまった。ある意味でミスとも見えました。そう、“一瞬”がすべて。失点も、得点も。やはり90分間、一瞬も途切れない集中が課題。

2点のビハインド。

中山に代えて北川。福王を最終ラインに入れて3-5-2など図るも、打開せず。
解説の高野勝正氏が言っていたように、前半途中からボランチのダ・シルバにポジションを修正されて、高橋、中山に入っていたボールがカットされはじめた。しかし、熊本は相変わらずそこに固執する。風下に立ってからは、ロングフォードもうまくいかないばかりか、得意の大きなサイドチェンジでの数的優位を作る場面もなく・・・。

高橋のFKも、小森田のFKも相手の壁に当たっていました。両者とも枠を越えないように押さえて撃とうと”修正”していたともとれますが、徳島も、この距離は両者の得意距離という認識があって、油断なく”ジャンプしていた”とも言えます。

研究され始めている・・・。そう思います。
もちろん4連敗中の徳島が、この一戦になみなみならぬ気概で臨んできていたことは間違いないのでしょうが。
一方、熊本のプレーには気迫が感じられなかった。時間が経過するごとに気迫が萎えていくような。ワンプレーにかけるものが。接触プレーを厭わないような激しさが。
度々、滑るのは何故なのでしょう。敵地の芝にシューズのポイントの高さが合わないのか。それともやはり体力の問題なのでしょうか。

第1クールも残すところ次節仙台戦のみとなりました。いろいろとスカウティングも進み、ますます厳しい戦いになってくるのは間違いないでしょう。しかし、選手もわれわれファンももう一度原点に戻って、チャレンジャーの気持ちでぶつかっていかなければ”勝利”は得られないのではないかと思うのです。
そう思わせる一戦でした。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/109-29b4a892