6月21日(土) 2008 J2リーグ戦 第21節
熊本 0 - 1 鳥栖 (15:04/熊本/3,292人)
得点者:44' 藤田祥史(鳥栖)


勝負には負けましたが、内容は五分五分だったと言えるでしょう。九州ダービーでのホーム戦は今節で最後。“隣町”のJリーグチーム・鳥栖をKKに迎えました。

鳥栖 (先発フォーメーション)
9 キム・シンヨン 25藤田
19山城7廣瀬
15鐵戸8衛藤
28谷田5飯尾
13日高2柴小屋
 21室 
熊本は朝から注意報が灯るほどの豪雨。開催が危ぶまれるほどでしたが、水前寺の福岡戦のときと同じように、千人近くの鳥栖サポーターの来襲。これで試合中止となっては、怖じ気づいたと言われかねません。
熊本の選手紹介の際、鳥栖サポからひときわブーイングを浴びたのは、矢野と高橋。矢野は元鳥栖戦士として“お約束”。一方、高橋に対しては前回対戦での同点弾を思ってのことでしょう。
その矢野がこの試合は奮起しました。タイミングよく上がり、幾度と攻撃に参加します。最後の最後に、決定的なシーンもあったんですが…。あれはさすがに悔しかったでしょう。

明らかなように、前半の20分過ぎくらいから、完全に熊本の時間帯でした。鳥栖の前線とボランチの間が空いてしまっているため、面白いようにセカンドが拾え、パスが繋がります。波状攻撃。ここが点の取りどころ!
しかし枠がとらえられない。前半スコアレスもやむなしと思ったロスタイム、中盤での奪い合いから鳥栖のボールは前線のキム・シンヨンに。思わず「そこは厳しく(行け)!」と叫んだんですが、河端がかわされてしまいます。なんだか前回対戦を思い出すようなシーン。切り返しもみごとに、センタリングに飛び込んだ藤田に決められてしまいます。

わずかな隙でした。1対1に敗れたというより、ライン自体が曖昧で緩慢だったのでしょう。
内容の悪いなかで奪った1点。攻めながらわずかな残り時間で奪われた1点。この1点が重くのしかかりました。

内容の悪さに、ハーフタイムで敵将・岸野監督の激しい“檄”が飛んだことは想像に難くありません。後半開始早々、鳥栖は猛烈に押し込んできました。
これまでの熊本ならこの時間帯で、追加点を奪われていてもおかしくなかったでしょう。
しかし今日は、これをいなす。
それは、熊本の成長を感じさせました。誰一人とも“怖がっていない”。「勝ちたい!この試合に」。この一心が全ての選手から感じられました。いずれ同点にする。そして逆転もある。そう感じさせるものでした。

後半途中、木島、西森を投入して攻撃的に。何度も好機があれど決めきれず。最後の最後まで、前節から続く鳥栖の泥臭い身体を張ったディフェンスに阻まれまれてしまいます。

敵を上回る14本のシュートに対して、その“決定力”を嘆く向きも多いかと思います。
しかし、この試合で見えたのは、コンディションが悪くても勝ち点に“執着”する鳥栖の勝負強さ。
熊本に足りないものは、ほんの一瞬の判断。それは、失点の場面だけでなく、攻撃の組み立てについても…。
足元にもらってから考えている余裕は、このカテゴリーにはない。味方のボールになったら、どう動き出すのか。ボールを奪ったらどこに出すのか。アイコンタクトはなくても、「きっと、そこに走り込んでいるはず。」というパス、そういったチーム全体での連動性がなければ…。個の力だけでは、敵の強固な守備はそうそう崩せない。

そういう意味で、お手本のようなサッカーをする鳥栖に対して、そのカウンター攻撃を芽の部分で完全に潰していただけに、この敗戦は非常に悔いが残りました。なによりホイッスルが鳴った瞬間の選手たちが、一番悔しそうだった。

あと一皮、あと少し。その差が、1失点であり、同点に追いつけない“1点”。ひいては勝ち点3という差なのではないでしょうか。
「負けに慣れないように…。」前節、池谷監督はそうコメントしましたが、選手たちはそんなことより、手応えと更なる課題、そして人一倍の”悔しさ”を感じているような気がします。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/116-7939ab6c