7月6日(日) 2008 J2リーグ戦 第24節
広島 2 - 2 熊本 (18:04/広島ビ/7,924人)
得点者:27' 木島良輔(熊本)、35' 佐藤寿人(広島)、55' 佐藤寿人(広島)、67' 山口武士(熊本)


広島 (先発)
 11佐藤寿人 
15高萩7森崎浩司
17服部16李
25高柳6青山
5槙野3結城
 8森崎和幸 
 31佐藤 

広島は怪我人続出で、満身創痍のフォーメーションだったそうです。ストヤノフが累積で欠場。その最終ラインには、森崎和幸が入って。先制点は、その森崎を木島が襲ったもの。こぼれたボールを高橋が拾って、再び木島にパス。PAで木島はワントラップ。みごとにゴールに流し込みました。高い位置での守備意識が奏功したもの。なんと熊本が先制という展開になりました。

広島は“ガチ”できていましたね。前節は山形に悔しい黒星。最下位熊本から愛媛、岐阜と続く3連戦を“取りこぼさない”ことが重要と、前回対戦以上の高いモチベーションを感じました。

激しいプレスから前線へ運ぶパスワーク。PA前で鋭く入れてフィニッシュ。全くフルスロットルの広島でした。熊本は、序盤にやや押し気味の時間帯があったものの、その後は防戦一方。前半35分には、佐藤寿人が同点弾。熊本の両CBが詰めましたが、GK小林との連携ミスでこぼれたボールを、逆回転に切り返しシュート。日本代表の個人技を見せつけました。これは致し方ない。

後半、勝ち越し点も佐藤。PA内に切れ込んだ佐藤を河端がしっかり引っ張ってしまいましたね。このPKを本人がきっちり決めて広島勝ち越し。

ところが、最後まで諦めなかった熊本。後半22分、左サイド奥まで走った山本からの“タメ”の利いたクロスにピンポイントで山口が合わせ、ゴール右隅に。GK触れず。値千金の同点弾でした。

ゲーム全体を通して見れば、前回対戦以上に、力の差は歴然としたものでした。しかし、ここ数試合、歯車がかみ合ってきた“ハードワーク”が、首位広島から2得点をもぎとり、勝ち点1を奪い取った。

前線でのアグレッシブな守備からの1点目。インターセプトしたボールを高橋に預けたときには、木島はもうゴール前に突進していた。
そして山本の諦めない走りからの2点目。このとき実は山本が狙っていたのはゴール前の高橋の頭だったらしいのですが、わずかに合わず。しかし、山本にパスを出した山口自身が、同時にファーに走りこんでいた。いずれも一本前のパスの出し手がゴールを決めるという、少ないチャンス、少ない人数での攻めの典型。

もちろんこれは、佐藤の2得点のほかにも数々あった広島の決定的なチャンスを、本当に“愚直”に“辛抱強く”潰し続けた全員守備があったからこそかと。スカパー解説者も、熊本の守りを“8人の守備ブロック”と高く評価していましたね。それでも引いて守っているイメージにならないのは、熊本の前線2枚の脅威があったからでしょう。熊本FWの納める力、シュートの意識の高さなど相手DFへの圧力は一定のものがありましたね。

広島との歴然とした“力の差”を埋めようかというまでに改良された熊本型“ハードワーク”。初期の“行けるところまで行く”プレスから、様々な経験を糧として時間帯に応じた非常に細かい連携、意思統一が見えてきました。今日は相対的に劣る戦力の配分を割り切って、全員が非常にクレバーに汗をかき、水を運び、少ないチャンスに集中したという印象です。

リーグ戦も折り返しにかかるこの時期、J1経験の上位チームとの3連戦を1勝2分で締めくくりました。ようやくこのカテゴリーで戦うベースができた、そんな確信を持ってもいいような、胸を張っていいファイトだったと思います。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/120-77776045