2008.07.10 自滅。水戸戦
7月9日(水) 2008 J2リーグ戦 第25節
熊本 1 - 3 水戸 (19:03/熊本/2,985人)
得点者:12' 堀健人(水戸)、42' 小森田友明(熊本)、44' 荒田智之(水戸)、69' 堀健人(水戸)


前節のエントリーで、「J1経験チームに1勝2分。胸を張っていいファイトだった」と書きました。それは、これで上位陣と同等の力が着いたとの慢心でもなく、ましてやもう下位チームには劣らないだろうという意味でもない。そこには常に「力の差を埋めるハードワーク」がベースなければならないし、われわれにとって、全チームとの対戦が“チャレンジ”であるという状況に変わりはありません。

順位どおりにはいかないのがサッカーの勝敗。それは自らが体現したことであるし、全く紙一重の勝負のリーグだという経験の真っ只中なわけです。

水戸 (先発フォーメーション)
18赤星 9荒田
6堀8菊岡
16パク・チュホ7村松
2小澤4鈴木
32大和田3平松
 1本間 
水戸は強い。前節、湘南に完封勝ちをおさめているし、その前の仙台戦では前半だけで負った3点のビハインドを後半一機に同点まで追いつく底力を持っている。
前回対戦では先制されながらも逆転に成功。しかし、最後に引き分けに持ち込まれました。その後、韓国U-20代表の主将を務めたパク・チュホが加入。技巧派の赤星が、突破力の荒田と2トップを組んでいるという。もともと、ハードワークを身上とする似たタイプのチームだけに、ここまで培った熊本の“経験値”がどう活かされるのか、今節の対戦はそれを測る絶好の機会と非常に楽しみだったわけです。

しかし、悔しいことに全く自分たちのサッカーが出来なかった。

明らかに水戸のプレスが早くて強い。ワンタッチの素早いボール回しに後手を踏むロアッソ。ゴール前で回されて最後は元佐川急便の堀に決められて早々と失点。

けれど、“我慢”し続けチャンスを引き寄せるという試合運びを憶えた熊本も、40分頃からようやくゴール前に詰め寄るシーンが増えました。小森田のシュートで同点に。エンドラインぎりぎりまでドリブルで切れ込んだ木島のマイナスパスに、高橋が敵DF2人を引き寄せ、“すこーん”と空いた中央のスペースに入り込んだ連動性あふれる得点でした。

怪我から復帰した小森田。松岡に代わって左サイドを努めましたが、得点は奪ったものの、この日の出来は評価が分かれるところです。
元々サイドに張るタイプではありませんが、この日は特に誰が見ても中に絞りすぎ。監督から「フリーに」という指示があったのか、あまりにもバランスを欠き、ボランチや後ろに負担をかけたのではないかと思うのです。

セカンドボールは全て水戸に。ポゼッションは相手側に。中盤を完全に支配され、久しぶりに相手の方が人数が多いのではないか、という錯覚すら覚えました。

同点のまま終わりたかった前半終了間際、中盤から荒田にパスが入り、河端が振り切られ失点。荒田に縦にシンプルに入れてくるここ最近の水戸の真骨頂であり、いつかどこかで見たような失点シーンでもありました。

ハーフタイムを挟んで後半、熊本はどう修正してくるのか、経験値を上積みした“修正力”が楽しみだったのですが・・・。

結果は“悲惨”なものでした。

前半、ポゼッションを維持した水戸は、後半の疲労度を配慮したのか、少し熊本に持たせて、要所でのブロックとチェックで追加点を奪うという戦略に見えました。
対して熊本は、寄せきれない。詰めきれない。チェックが甘い。
相手の強いプレスは、選手の判断力を低下させ、視野を狭くさせました。フィールドを広く使えない。狭いところ、狭いところを目指し、そこに数的優位な水戸が襲いかかります。

63分頃、福王の軽いバックパスを荒田が奪って小林と1対1.これは左に反れて事なきを得ます。他にもパス自体がゆるいのか、受け手の出足が遅いのか、カットさせるシーンが相次ぐ。

小林の痛恨のハンドからFK。赤星のキックは一旦は跳ね返されたものの、PA内の堀にこぼれたところを3点目にされました。ここも寄せきれていなかった。

コンディションどころか、まるで11人全員のバイオリズムが“絶不調”だったような試合でした。

広島からバスで深夜に帰熊して中二日のゲーム。厳しい条件ではありましたが、しかしここはホーム。ファンには高いモチベーションだけは示してほしかった。
中二日であろうが、首位広島との激戦の後であろうが、ホームゲームでは(結果はともかく)“魂”のこもったプレーが観たかった。

コンディションを調整するのは、選手個人の高いプロ意識の問題でもありますが、アウェーからの移動方法、移動時間の選択、フィジカルコーチの調整力を含めたスタッフ全体の問題でもあります。そしてフィジカル以上に重要な、メンタルのコンディショニング。試合に入るときにチームの気持ちがひとつに整理されていたのか?対する水戸との戦いに集中されていたのか?

そんな色々なことがとても残念に思われたこの試合。
自分たちのサッカーをする以前の問題。チーム全体の勝手な“自滅”ではなかったかと思います。こんな気持ちになったのは昇格以来、初めてかもしれません。でも、これもまた貴重な経験。これからも続く長い長い熊本の歴史のほんの一歩ではなかろうかとも思います。
チームとして取り組む課題はまだまだ沢山ありそうですが、ただただ「がっかりしている。」それが今の正直な心境です。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/121-f4e10c42