7月27日(日) 2008 J2リーグ戦 第28節
湘南 4 - 1 熊本 (19:03/平塚/4,350人)
得点者:14' 小森田友明(熊本)、41' 石原直樹(湘南)、64' 加藤望(湘南)、77' 菊池大介(湘南)、89' 三平和司(湘南)


大差が付きましたが、敵将菅野監督がいうとおり「ゲームの流れ」での結果でしたね。
湘南はここまでなかなか波に乗れず6位。しかも、ここにきてアジエルが怪我で長期離脱、DFの中心、ベテラン斉藤が累積で出場停止という今日のゲーム。この緊急事態に起用されたのは若き日本代表、U-17の菊地でした。この思い切った菅野監督の采配(途中交代の神奈川大の三平しかり)が、みごとに実を結びました。
前節愛媛戦を、いい感じで勝利した熊本にとっても初の連勝を懸けたゲームでしたが、昇格を目指すうえでもう負けられない、ここが踏ん張りどころと心得た湘南のモチベーションの方が数段上回っていた感じです。

湘南 (先発フォーメーション)
18阿部 11石原
24加藤35菊地
8坂本6田村
21鈴木5臼井
19山口3ジャーン
 25金 
この試合、熊本の入り方は珍しく悪くなかったと思います。厳しく押し込んでくる湘南をいなしているといってもいい印象。前節から結果を出している4-1―4-1(流動的な4-3-3)のフォーメーションが、アジエルのいない湘南から中盤を奪い、セカンドボールも含めて支配する時間帯が多かった。湘南の激しい攻撃を分厚い守備ブロックで凌ぎ、すばやく前線に展開。山内、山本と繋いで、小森田のヘッドで先制。目指していた3人目の連動性を発揮できた見事な得点でした。
ところが、この直前の接触プレーで河端が痛んで退場。矢野がCB、急遽投入の有村がSBに。熊本にとって、先制弾は理想的なゲーム展開でしたが、河端の負傷退場は完全なアクシデント。当然、ゲームプランにはないものでした。

この日、サブに入っていたディフェンダーは有村一人。CBが本職の矢野が河端のあとに入ることになるのですが…。有村ももちろん相当の場数を踏んだベテランなのですが、最近はどちらかというと最後の逃げ切り、5バックにするとき任せられる要員でした。
なにしろここのところの「試合勘」について言えば、SBについては矢野に一日の長があり、CBについては矢野にない、と言えるわけで…。
そんなところが、ジワジワと熊本を苦しめていったと言えるのではないでしょうか。
ユーティリティー性に優れる福王がベンチにいたら・・・と思っても仕方ないことですが。

それでもなんとか前半は優位なままで終わりたかったのですが、なんでもないアーリークロスに対し石原をフリーにしてしまい同点に。これが非常に残念。まずきついボディーブローを一発くらった感じでした。

ハーフタイムで菅野監督は、相当檄をとばした様ですね。それがこの試合にかける湘南の意気込みの大きさを表しているようです。
後半早々、激しく押し込んでくる湘南を、しばらくしたら凌ぐことができるかと見ていたのですが、押し返せないままPKを献上。いやな感じの展開に。
その後は勢いのままに、菊地にミドルを決められると、終了間際にも駄目押し点を決められます。
石原、加藤、菊地、三平と、湘南のこの日警戒すべきだった“役者”全員に、結果的には見事に“演じさせた”ゲームになりました。

冒頭の菅野監督言うように「流れ」のなかで(それはアクシデントも含めて)、押し戻せなかった熊本と、上手に波に乗った湘南との違いがでたゲームでしたね。

ユースを含めた“選手層”などと言う「無いものねだり」をするつもりは毛頭ありませんが、J1と違いJ2はベンチメンバー5人というレギュレーション。このなかでアクシデントも想定したゲームの流れの変化にどう対応していくのか。ベンチワークでさえもが、非常に高い精度と、戦略性を求められるリーグなのだと再確認させられたゲームでした。

本当に甘くないと…。

試合数や日程も含めて、本当に世界で一番“厳しいリーグ”なのかも知れません。大敗とも、惨敗とも、心の折れた選手が何人かいたとも言われているようですが、この厳しいリーグはそんな敗戦の感傷に浸っている暇も与えてはくれません。結果にはかならず原因がある。そしてそれを愚直に修正し続けるものだけが生き残るのではと。
とりあえずわれわれは今日の敗戦の原因を考えてみました。次のゲーム、どんな形でまた新たな答えが示されるのか、次のゲームはすぐ一週間後にやってくる。
厳しくもあり、また、楽しみでもあります。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/125-5ec62fa3