池谷監督のGM兼任の人事が発表されました。

意味合いとしては岡社長のコメント「池谷監督にはこれまでもGM的な仕事をしてもらってきたが、正式に位置づけることで動きやすくした」(熊日朝刊)の通り「きちんと位置づけた」ということだろうと思います。

感想としては、ごく自然な人事ということでしょうか。他に誰かを連れてくることのリスク(能力面、合う合わない等…)や、今さらですが財政面の制約など、他の選択肢は現段階では現実的とは思えません。

そしてもうひとつ。これが、最終型ということではないだろうということです。以前、監督解任論が喧しい時期のエントリーで、われわれは「サッカーを知るもの」「監督を評価できるGMの役割」が不在の状態で監督交代を軽々に論じるべきではないこと。またAC熊本はいまだ「組織的に発展途上」にある、と書きました。

この状況は基本的に変わっていません。というより、まだまだ組織機能的には未分化の状態が続くということです。チームとして成熟し監督とGMが役割を分けて分担できるのはまだまだ先ということです。

しかし、このことは逆に発展途上の今のチームに大きな安定感をもたらしていることも見逃せないところです。最初のシーズンとは言え、なかなか結果が伴わない状態でも、われわれの救いは“チーム”が一貫していること。良い意味で変わらないこと。“安定”というのも人事の要諦ですね。

また、これもおぼろげながらの方向性ですが、松本育夫氏の鳥栖、植木繁晴氏の草津といった地方球団の発展モデルのパターンを踏襲する動きと見てもいいのかと。もちろん、かなり個性の強い指導者をベースにしたこの2チームとは違った熊本モデル。これからどう変化していくのか興味深いところです。

最初に“ごく自然な人事”と書きました。われわれは、今回の人事の一番のポイントは、その内容より“なぜ今?”というところではないかと思っています。シーズン途中、第二クールを終えたばかりのこのタイミング。池谷監督は「J1昇格という次の目標に向けた体制をつくっていきたい」とコメントしています。まさに“次”。つまり第三クールにかけて、“来シーズン”に向けた取り組みが同時に動き出したということだろうと思います。

監督とGMの権限、チームとフロントを兼ねるような大きな権限。“集中しすぎる”ということも一方で懸念されます。当然ですが、そこに立つ人間の資質や覚悟が問われるところです。ある意味で“われわれの夢”をより一層池谷氏に託すわけです。しっかりと見守っていかねばと思います。


TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/128-342c6fa0