FC2ブログ
2007.02.12 北川ルーニー
最近、仕事や出張でなかなか更新ができていません。この時期の練習試合、仕事を休んででも行きたいところですが。

本日15:00からの益城での練習。日差しも暖かく、ギャラリーもおよそ100人は集まっていて、なかなか賑やかな雰囲気でした。練習は例によってパスゲーム。5対5と5対5対5(ビブス3色でボールを奪ったほうが10対5になる)の2つに分かれて、で延々と(1時間あまり)ワンタッチプレーをやっていました。選手のスピードやパスの精度も前回見たときよりかなり上がっているのが感じられたんですが、コーチも再三、指摘していたようにボールを持っていない選手の動きが物足りないなあと。私の目にも止まっているプレーヤーが目立って。だいぶ疲れているのか。

さて遅れましたが先日の横浜FC戦について。昨年も同じ相手と大津でプレシーズンマッチを行いましたね。昨年は1万人近くの観衆を集めましたが、大半はキングカズ目当ての横浜ファンだったような。それに比べて、今回は5千人でしたがホームのファンが大半を占めていたような、まず、そんなスタジアムの雰囲気の違いを感じ、何か嬉しく思いました。

試合内容については翌日朝刊の熊日・萩原記者の評価の通りだったと思います。左サイド関のプレーが光っていたこと、その後ろを支える有村の動き。ただ本来は、有村自身がさらに前線に絡む頻度が高くなっていくのかと。その課題の裏には、昨シーズン同様に後ろの真ん中の2枚の選手層が、今のところ”薄い”ということ。もう怪我人は一人も出せない状況です。

そして、何と言っても、松岡の、この時期としては出色の運動量と高い技術が際立っていたことです。10点満点の8点をやってもいいようなプレーぶりでした。右といっても、おおまかにコートの真ん中から右側に位置する司令塔という、セルティック・中村のような戦術的な役割というように見えました。でも同じ位置、役割で斉藤と完全に被ってしまいました。ここは、厳しい、レベルの高いポジション争いになるでしょう。

それと、横浜・久保を抑えた鈴木の働きも忘れてはいけないでしょう。

あとは喜名。まだよくわからない感じです。もうちょとチームのなかでの役割を見極めたいところです。そして北川(ルーニー)佳男。いいですね。DFを引きずってでもいきそうな、なかなか倒れそうにない突進力。バイタルエリアでの強さは魅力的で個性的。見ていて楽しいし、ちょっと入れ込んでしまいそうです。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/14-b677bcbc