FC2ブログ
11月23日(日) 2008 J2リーグ戦 第43節
山形 1 - 1 熊本 (13:04/NDスタ/13,018人)
得点者:64' 木島良輔(熊本)、88' 豊田陽平(山形)


やりましたね。胴上げ阻止。1万3千人で膨れ上がるスタジアムのファンも、多くのメディア関係者も、この日の山形の勝利とJ1昇格を目の当たりにしようと集まっていたのでしょうが、熊本の“意地”が彼らの期待を打ち砕いてしまいました。

寒波が訪れたあとのNDスタジアム。遠く望む山々の白い稜線が、TV画面からもその寒さを感じさせます。朝まで降っていたらしい雨をしっかりと含み、スリッピーな様子のピッチ。故障が発表されていた高橋、木島、市村がなんとか間に合い、しかし河端のいないDFラインには、闘将・福王が入った熊本のスタメン。満員のスタジアムにも何ら気負うところなく、いやむしろその雰囲気を楽しんでいるかのように…。

山形にしてみればこれまで2回の対戦で2-1、3-1と下している下位チームとの対戦。初めてのJ1昇格のかかった試合で、すっきりと一発で下して1万人のファンと歓喜を分かち合う腹積もりだったのでしょう。ただ、熊本がここまで7戦負けなしという状況は気になっていた。それにスカパーの解説者が戦前言っていた、山形は「熊本と同じ3トップ、4-3-3というシステムの甲府に勝ち星がない」という言葉も、妙に熊本に味方したようでした。

山形 (先発フォーメーション)
15長谷川 11豊田
7宮沢16北村
17佐藤31馬場
13石川14宮本
23石井3レオナルド
 1清水 
観ていて息苦しくなるような展開は、開幕戦以来でした。これが初めて経験するリーグ終盤、昇格を掛けた試合の雰囲気というものなのでしょうか。プレッシャーからなのか、山形は明らかに硬さが感じられ、これまで対戦したときのような、勢いのよい攻め上がりがない。やはりうちの3トップに山形得意のSBの上がりが封じられているのか。いや、3トップ以上に向こうのSBを押し下げていたのは、うちの両SB。最終ラインは福王、矢野の両CBにボランチの山本が下がって、チャも市村も驚くほど高い位置でプレーしていました。

「上がれ、上がれ」という山形・小林監督の声が集音マイクを通じて再三聞こえてきます。前半も終わり近くになってようやく山形の最終ラインも高い位置になりましたが、熊本の全員守備の前に、スコアレスで後半を迎えます。左SB石川からのクロスに豊田のヘッドがクロスバーに嫌われたのが、唯一の決定機でした。

後半開始早々の山形の攻勢をしのぐこと15分あまり、チャンスは熊本に訪れました。山形の攻めから反転した熊本のボール、あっという間の攻守の切り替え。ボールは木島に渡る。得意のドリブルでPAに迫る木島。DFを振り切って撃ったシュートは、GKの正面。しかし、これがまさかのファンブルを誘いゴールに突き刺さりました。「えっ?」という瞬間。おそらくNDスタジアムの1万人が一瞬沈黙したのではなかったのでしょうか。そして次の瞬間、遠くアウェーの地に駆けつけた熊本サポの歓喜の雄叫びが聞こえたような気がしました。

この日の山形なら勝てる。そう思わせたのですが、サッカーの神様はそんなに易々と微笑んではくれませんでしたね。25分に市村がこの日2枚目のイエローで退場。ひとり少なくなった熊本は、追加点を奪うことよりもこの1点を守りぬくことが優先順位になってしまいました。

FW中山を下げてDF鈴木を投入。守り抜くという意思統一がはっきりしたとはいえ、山形の嵩にかかった攻めには、さすがに守りきれなくなってきます。明らかに足も止まり始め、残り時間もあとわずかとなったところ、左サイドからのクロスに豊田が飛び込んで万事休す。同点に追いつかれてしまいました。

引き分けで勝ち点72に止まり、3位仙台が67で追いすがるため、山形の2位確定は見送り。ドローに持ち込んだものの、山形イレブンからは当然笑顔は見られるはずもありません。一方、追いつかれたロアッソ・イレブンが試合後、挨拶に駆け寄るゴール裏には「今シーズンありがとう。by aweyサポ」の横断幕が…。アウェー戦に駆けつけてくれる関東地区のロアッソサポーターにとっては、この日がシーズン最終試合なのかも知れません。

山形に引き分けたことで、今期すべてのチームからなんとか勝ち点を奪取することができました。しかも、この昇格が掛かった、恐らく今期の熊本のゲームとしては、最も注目を集めた舞台で相手に足踏みをさせ…。思えばリーグ終盤に入り、昇格戦線に意気込む鳥栖の出鼻をくじき、湘南の足元をすくい、仙台にも大阪にも勝ち星を挙げ、食い下がりました。J1年目にして、リーグ戦の軸となるゲームにしっかりと絡み、その存在感を示せたのではないか。最終順位がどうなるのかは別にして、「あのときの熊本戦が…」と対戦相手からいわれるリーグ戦歴を、熊本が戦った足跡を、しっかり残せた1年目だったのではないのでしょうか。

そしてその1年の締めくくりに、何と8戦負けなしの戦績を携えて、リーグ最終戦のホームゲームで王者広島にぶつかっていくという“舞台”が与えられました。文字通り今期のロアッソ・サッカーの“集大成”という内容になるように。ホームのファンも「今シーズンありがとう」と言えるように。一週間が待ち遠しくて仕方ありません。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/152-c85de63b