2009.01.25 09年の船出
新体制が発表されました。その内容を読み解いていくと、なかなかに深い、感じ入るものがありました。中長期的な展望のなかで、チームが目指している今年のコンセプトが明確にされたのではないでしょうか。

3人と予想されていたJチームからの移籍補強は、先日報道された藤田選手を含め、元甲府の宇留野、元京都の石井という顔ぶれ。なんというか…。チームの置かれた現状のなかで、地道な、そして夢も与えてくれる合格点の補強だと思います。

宇留野純。既に様々な報道やあちこちのブログで、その選手としての経歴や大病を越えた逸話なども紹介されていますが、われわれロートルファンとしては、“青の時代”に対戦したHondaのときから「いい選手だ」という確信めいたものを持っていました。それは当時とすれば、単に羨望でしかなかったのですが…。当然、甲府に“ひとり昇格”してからも気になる選手だったわけで、このタイミングでこの“カード”をきっちり引いてくるとは。池谷GMの好み=やりたいサッカーが垣間見えるようですね。新体制発表の会見で「抜けたエース高橋の付けていた11番を受け継ぐ気持ちは?」という少々的外れな記者の質問に、「あまり気負わず、自分の番号と言われるようにしたい」と大人の受け答えで返した宇留野。甲府の時代も確かに同じエースナンバーでしたが、決して「点取り屋・ゴールゲッター」というタイプのエースではなく、昔でいうならウイングタイプ。前線をサイドいっぱい活動エリアとする運動量の多い選手ですね。ちなみに以前も紹介したわれわれの好きなライター後藤勝氏が彼について書いたものを見つけましたので、(ちょっと古いんですが)貼っておきます。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jtoto/column/200703/at00012476.html

石井俊也選手については、少し意外でもありました。われわれも大方の意見と同じく補強ポイントはSBだという認識だったので…。しかし、考えてみればSBというポジション。現代サッカーの重要なポジションであり、今、日本中で求められている競争の激しい“市場”です。いまや市村がJ2屈指の右SBに成長したように、しばらくは自前での育成を心がけるしかないのかも。そういう意味では、CBを含めた中央の層を厚くして、矢野や福王やその他の選手のサイドへのポリバレント性を高めていくということでしょうか。もちろん石井そのものが即戦力であり、大阪や甲府など強敵の攻撃力を押さえ、削いでいく仕事を大いに期待されての獲得であることは間違いないでしょう。実力は十分です。

新卒の選手ではFWの井畑とMFの西、高卒ですが大迫希などには、今期中にもスタメンを張ってほしい。見てみたいですね。もちろん在籍の選手たちにもより一層のレベルアップが求められるのですが、特にガンバから完全移籍になった中山、松岡の両選手のブレイクに期待しています。昨年までの戦力がさらにもう一段レベルアップし、これに藤田を含めた新戦力が絡んでくれば、間違いなく北野監督が描いている「面白いサッカー」に近づいていくような気がします。

51試合の長丁場。いろいろなシステムが試されることになるでしょう。また90分のなかでも、臨機応変のベンチワーク、ポジションチェンジが見られることになると思います。固定観念を捨て、さらに各選手にはポリバレント性が求められるのでしょう。この陣容なら小森田のワントップ、「熊本版ゼロトップ」なんてものもオプションとしてはあるのかも…といった妄想までしてしまいます。

今年は、開始早々からボールを使った練習が織り込まれています。居残り練習では、コーチになった上村がDF陣を集めて、奪ったボールをいかに中盤の選手がもらい易いように出すかを、細かく(そして熱く)手ほどきする姿が見られました。元日本代表の“技術”が伝授されています。ロングボールによるカウンターからの得点を否定はしませんが、昨年の得点シーンはあまりにもその比重が高かった。縦に急ぐあまり、単調になり読まれてしまう場面も多かった。その反省がすでにスタートしています。その受け手の先にはあの藤田がいて、熊本が誇る運動量の多い中盤陣がいて…。

一日でも早く見てみたい今年のロアッソのサッカーですが、おそらく補強はこれで終わったわけではないとも思っています。通常の移籍“市場”が閉まった後、コストパフォーマンスよろしくお眼鏡にかなった選手を“相対取引”で獲得するのが、これまで池谷GMが示した手腕でした。加えて、昨年、他チームが見せた「リーグ中盤でのポイント補強」に関しても、何がしかの強化予算を残しているのではないかと…。なにしろ世界一厳しい長丁場のリーグですから。

最後に余談ですが、わがクラブで今期契約満了となった選手たち。小林陽介が松本、関がNW北九州と発表されていますが、その他にも長野やソニー仙台、ホンダロックなどへ移籍する選手もいるようで…。側聞に過ぎませんが、チームは“補強”と同時進行で、契約満了選手の次の行き先へできるかぎりの対応をしようと手を尽くしているそうです。目には見えません。また、これについてはいろんな考え方もあるでしょう。しかし、そういう、クラブとしての“信念”は、間違いなく、いつか必ず何らかの形で自らに返ってくるのではないかと。うまく表現できませんが、そんな気がしてならないのです。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/166-8fdfcfd0