日曜日の大津球技場。あいにくの天気のなか(熊日携帯サイトによれば)およそ1000人ものファンが詰め掛けました。屋根はあってもほとんど意味をなさない強風と横なぐりの雨にさらされながら、それでも皆がじっと身を縮めるようにして試合開始を待っている。初めて熊本で藤田のプレーが見られる練習試合。しかも鳥栖という恰好の相手。藤田のプレーを見たい、藤田の入った新しいロアッソが見たいという一心が勝っていたからでした。

試合の中身は…。うーん、詳細に書けないことがもどかしいですが。しかし、来週の長崎とのTMは非公開にするというチームの方針も慮って、ファンのひとりとしても自重したいと思うのです。しかしながら、ここにきていよいよスタメンの骨格が見えてきたことは確かなようです。そして新しい今年のロアッソは、前線で作るダイヤモンド、そこから生まれるバイタルエリアでの無数のトライアングル、ギアチェンジによる一発での崩しに注目です。そしてこれが相手のSBを釘付けにし、ボランチを押し下げる。そこにまたスペースができる。こちらのボランチはパスカットに専念できる。いやいや書き過ぎました…。まさしく北野新監督が標榜する「見ていて楽しいサッカー」。今日のホームファンからも、度々歓声が上がりました。宇留野、木島という今年点を取るべき選手にきっちり結果が出たのが本日の収穫。それにしても今年の木島。準備万端。すっかり仕上がっている感じがして頼もしい限りです。

熊本が2点を先取。しかし、鳥栖がサブメンバー中心のスタメンから後半、徐々に主力に入れ替えていったのと逆に、熊本がサブと入れ替え始めると見る見る形勢逆転。どこをどう崩していくのか考えているうちにボールを奪われ、カウンターやCKから同点に追いつかれてしまいました。鳥栖ではやはり途中から入った島田(前草津)が明らかに効いてましたね。途中、石井が鳥栖の清水の金槌のようなヘッドをくらって七転八倒のうえ退場して非常に心配しましたが、その後の公式発表では大事にいたらなかったようでひと安心。
同じチームコンセプトを、メンバーを代えても押し通せるのかという課題は残されたままでした。また、スタメン陣が果たして90分間パフォーマンスを維持できるかどうかは、この間のTMでは試されませんでした。51試合の長丁場と選手層を考えれば、これらの課題を克服できるかどうかが今年の熊本を占う大きな鍵になりそうです。

今年、選手名鑑はサカダイを購入しました。J2に関するコンテンツはこちらのほうが多そうだったので…。しかし、解説者、ライター各氏の順位予想では熊本の評価は惨憺たるものでしたね。特に柱谷幸一氏の「大展望」たるや。「たとえば、熊本は昇格する際、ベテランを残してそのままJ2入りしたけど、08シーズンは結果を出せず、今度は貢献者を外してまた新たなチーム編成に取り組んでいる。結局、上積みがないままJ2で2年目を迎えようとしている(後略)」。嗚呼…。

“貢献者”というのが、引退選手のことなのかあるいは移籍した高橋のことなのか真意は測りかねますが、さすが栃木で法外な補強費を要求した前監督だけのことはあるなあと、苦笑せざるを得ませんでした。いずれにしても多くの解説者・ライター諸氏の予想のベースになっているのは、この名鑑編集時点での編集者が用意した各チームの「補強状況」に違いなく、それは名前=経歴であり、また参考にしているのも“データ”に違いありません。もっと言えば、諸氏の何人が実際に咋シーズンのJ2の試合を見たことがあるのか…。昨年の予想にしても、C大阪を1位に推す多数に対して、山形に至っては9位から10位の予想が大半を占めた。わが熊本も大方が14、15位という“予想表”でしかありませんが…。

野球の話はお門違いなのですが、昨年の今頃のエントリーで、伊藤勤氏のこの時期のキャンプの「観かた」を紹介しました。こんな視点の解説者あるいは評論家は確かにまだサッカー界、少なくともJリーグには存在しないなと思うのです。もちろん、J1ならともかく、J2に至るまでキャンプ状況を熱心に観察して回るほどの解説者がいないのは、このリーグに関する“マーケット”自体の小ささを表す事実なのでしょう。それは寂しくもあり、仕方のないことなのかも知れませんが、まがりなりにもこの世界、解説で飯を食べようとするものが、この時期、宮崎や鹿児島に一歩も足を踏み入れず、一体何をしているのでしょうね。

いえ別にわが熊本の予想順位が低かったから言っているのではありません。われわれも、今期に関してそうそう楽観視はできないものと思っているのは確かです。ただ、挙げられるその理由や分析の方法論が、われわれ“当事者”からすればあまりにも的外れで、憂鬱な気分にさせられるということなのです。

そういう意味ではJ‘sゴールの「開幕直前!36クラブ別戦力分析レポート」で、“うちの”井芹記者が書いている表現が一番的を得ているように思えます。

「ベテラン選手の引退や発足時からのメンバーがチームを去ったが、JFL時代からのエースだった高橋泰が抜けた以外は主力の流出はほとんどなかったオフシーズン。1年を通してリーグを戦った経験が選手たちにとって少なからず自信となっているように、“財産を残す”というスタンスで戦った昨シーズンの土台は、ほぼ残ったと見ていいだろう。」

そう。咋期の“財産”を知らない他者からは、12位という順位と得点ランキング2位の高橋の移籍という大雑把な事実しか残らないのです。目に見えない(見ていればわかるはずなんですが)、データとしては残らない“財産”に思いは至らない…。それはある意味、自らが注視する(応援する)チームを持たない“解説者”ですから当たり前のことなのでしょうか。あるいは、プロ野球なら12球団、Jだとその3倍の36球団。やはりそのすべてを掌握し尽くすような本当のプロの解説者が現れていないと言うべきでしょうか。

さてさて、長崎戦が非公開になったことで、われわれファンとしては、あとはただひたすら開幕を待つ身となってしまいました。ポジティブ?orネガティブ? しかし、どちらかと言えばなるべく不安材料を見つけてきて、それで逆に安心しようとしている自分がいたりします。開幕を待つこの季節の気持ちは、微妙に複雑です。でも、まあ結局はホームチームの試合を早く観たい。それ以外には何もないんですけどね。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/170-80803967