3月14日(土) 2009 J2リーグ戦 第2節
横浜FC 1 - 2 熊本 (14:03/ニッパ球/5,431人)
得点者:12' 三浦知良(横浜FC)、33' 木島良輔(熊本)、47' 宇留野純(熊本)


第2節。ニッパツ三ツ沢球技場に熊本の勇姿を観に行ってきました。実に8年ぶりの三ツ沢。何度かこの欄でも書いたことがあるとおり、”青の時代”の天皇杯以来です。あのとき、横浜駅前で不案内なわれわれがモタモタしているのを見かねて声をかけてくれた熊本出身の横浜FCサポ。親切にも球場まで案内してもらったことを思い出します。もしかしたら今日も向こうのゴール裏で応援されているのか。今はお互い同じカテゴリーなのも感慨深いものがあります。

午前中の風雨がおさまり、スタンドも徐々に埋まり始めます。メインよりバックよりゴール裏から埋まっていく。彼らにとっては今日がホーム開幕戦。野太い声で始まるチャント。圧倒的な声量。スタンドと一体となった手拍子。これぞ関東アウェー。こんな心細い状況のなかで、いつもわが関東サポは戦っているというのが肌で実感されます。更に気の小さいわれわれの脳裏に浮かぶのは、あの昨年の大敗。そんな気持ちを関東サポと遠征組の精一杯の声が振り払おうとしてくれます。

横浜の先発にはカズ。一方、熊本は前節と違って中盤に山本を使ってきました。

横浜FC (先発フォーメーション)
11三浦カズ 19難波
13片山15加藤
5八角25須藤
6吉田14田中
2早川4戸川
 16岩丸 
開始早々から飛ばしてくる横浜。前節、湘南相手に落としているだけに勝ち気満々。難波がポストプレーで身体を張り、カズが神出鬼没に動き回る。そんなプレッシャーに気後れしたのか、またしてもキーパーと最終ラインで回しているパスを奪われるミス。エリア内で相手に後ろから絡んだ河端のプレーがファール、PKの判定。これを記念すべきカズの今季初・最年長ゴールとして献上してしまいました。

あまりにも早い時間帯での失点。自滅して作りだしたようなビハインドの状況に、前節の悪夢が蘇ります。藤田の頭上を飛び交う相変わらずのロングボールの応酬。しかし、前節と違ったのはプレスの意識の高さでした。それも、昨年を思い起こさせるような二人、三人のグループによるプレス。果敢な前線からのプレス。33分、チャジホが執拗に追い込みをかけ。相手DFが苦し紛れのバックパス。これを予測したような動きで奪った木島が、自ら持ち込み、左足アウトでシュート回転をかけたボールはゴール右隅ギリギリに吸い込まれる同点弾。青一色のスタンドを一瞬沈黙させ、赤いチームメイトを奮起させる、値千金のゴールでした。前半の終了間際には、今期のロアッソの攻撃を象徴するようなバイタルエリアでの崩し。流れは全く熊本に。選手が自信を取り戻したようにも見えました。

15分のハーフタイムは休息ではなく修正のためにあります。その時間を挟み、劣勢のチームは挽回の手を打ってくる。横浜がまず後半開始から再びとばしてくるのは目に見えていました。熊本はそれをがっちりと受け止める。つかんだ流れを決して放さない、という強い意志が伝わってきます。

開始2分、ハーフウェーライン付近から木島がフィード。ボールは小森田のスペースに走りこんだ宇留野へ。競り合いのなかでワンバウンドのボールの処理を誤る相手DF。宇留野がうまくボールを奪ってシュート。またしても彼のテクニックが光るゴールでした。早々と逆転。取るべき選手が点を取る。いずれも相手のミスがらみのように見えますが、これもそれまでの畳み掛けるような波状攻撃、前からの激しいプレスで、徐々に相手の気持ちのなかに臆する部分が現れてきたからでしょう。なんとか押し返したい横浜でしたが、自らのミスがことごとくその勢いを止めてしまいました。ひとり難波が縦への突破を見せますが、シュートは枠を外れてくれました。

後半17分。やや疲れの見える小森田に代えて井畑を投入。千葉の巻のようなプレーを目指しているという井畑が、再び前線でかき回します。この時間帯、熊本が面白いようにボールを自由に回す。相手の疲労を誘い、戦意を鈍らせる。そしてその中心には藤田がいました。横浜はカズを諦めて池元を入れてきます。交代のカズに藤田が駆け寄り軽い抱擁。互いの健闘を称えあう。オールドファンの涙腺を刺激するシーンでした。

残り5分。熊本のカードは西。ユーティリティ溢れるこの才能を、今度は宇留野に代えて右サイドで使ってきました。起点を作っていた片山を抑えたかったのかも知れません。このクールガイの落ち着いたプレーが、最後の時間帯、早く逃げ切ろうとリズムを崩しがちなるチームをガッチリと支える役割を果たしたのが伝わってきました。駄目押しの追加点こそ奪えなかったものの、これまでなら持ちこたえられず同点、逆転を許していた最後の時間帯。バランスを保ち、カウンターの芽を潰し、「勝ち切る」という一点にチームの意思が集約されていた結果だと思います。それもこれも昨年の終盤を彷彿とさせるような組織的プレスで90分間ハードワークし続けた成果だと。“闘う気持ち”。それを思い出させてくれたのは、前節の相手・草津だったのでは。目が覚めた。そんな感じでしょうか。

試合の終了と同時に横浜サポーターの規律のとれたチャントは、一転して自チームへの激しいブーイングに変わりました。赤い戦士たちは疲労のなかにも白い歯をみせて、最後まで声を枯らしてくれたゴール裏に挨拶にいく。それが終わって、戻ってくる藤田が満面の笑みで手を振るメインスタンドの先には、関東に残している家族の姿がありました。

チームとしての課題はまだいくつもあります。しかし、今日はまずこの勝利を喜びたい。「アウェーで最後まで辛抱強く戦えたことは良かった。少しずつ進歩していると思う」(15日付熊日:藤田のコメント)。多勢に無勢な完全アウェーの地。それも嫌な思い出しかなかった三ツ沢で、劇的な逆転でのシーズン初勝利。北野新監督にとっても初勝利。とりあえず一晩ぐっすり眠れるのかも知れません。
帰り道は凱旋よろしく横浜駅西口まで歩いて帰ることにしました。大勢の横浜ファンの人波に紛れて、その愚痴やボヤキを聞きながら三ツ沢の丘を下る。アウェーでの勝利をかみ締めてひとり笑みをこぼしながら。眼下に広がる横浜の街に、雨上がりの明るい陽が差していました。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/173-6bb69cac